SSD

[Synology] NAS DS918+のcacheとして挿していた2枚のWestern Digital (WD)製SSDの内、1枚が不調になったので交換 ID14317

Synology NASのSSDの不調

概要

年末に1枚購入してcacheを構築しようとしたが、1つではcache構築ができない仕様であることが分かり、急遽もう 1枚買い足してcacheを構築していました。

今年の3月に入り、1つのSSD cacheが不調である、とのシステムアラートが出ていた。

予算が無かったことから、キャッシュ・エラー(キャッシュ不使用)のまま過ごして、4月に入って同SSDを購入して交換しました。

  • DS918+には、SSDのスロットが2か所ある
  • SSDを1枚(1スロット)では「キャッシュ構築の設定」を進めることができなかった
  • 2枚目のSSDを購入、2か所目のSSDスロットに装着しキャッシュを有効にでき運用していた
  • 3ヶ月後、キャッシュ・エラーが出た
  • 同SSDを購入し、交換
  • 故障したSSDは、WDに連絡して交換

交換方法

交換方法は至って簡単だった。DS918+の電源ボタンを数秒押してシャットダウンさせた後、NASの底面にあるSSD (No.1)の蓋を開けて交換し、電源ボタンを押してシステムを再起動させた。

  • DS918+のシャットダウン
  • 電源コンセントを外す
  • DS918+の底面のSSDスロットのフタを取り外す
  • SSDを装着し、フタを付ける
  • 電源コンセントを装着する
  • 起動スイッチをオン

ログインが可能になるのを待って、愛用のiPadからDS918+にログインして、ストレージマネージャを起動。SSDキャッシュ・タグを選び、修復ボタンを押した。数十分後修復が完了しシステムは正常に戻った。

  • 端末からDSMにログインする
  • ストレージマネージャを起動
  • SSDキャッシャ・タグから修正ボタンを押す
  • SSDキャッシュの修正が開始される
  • 完了する数十分間待つ

後始末

故障したSSDは5年間保証を謳っているので、Western Digital日本法人に連絡して交換してもらう予定です。

  • WDサポートに問い合わせ (事前、実手続)

事前の問合せ

以前に、今回の故障について電話で問合せしたときには、デバイスのシリアル番号を伝えて欲しいと言われていました。番号は控えて電話していなかったので、後ほど改めて連絡するとことで電話を切りました。

実手続

その後、故障したSSDのS/Nを控えてWDのサポートで電話をして交換を申し入れました.

2枚挿しで片一方がシステムエラーを吐いたことを伝えると,故障している可能性が高いので交換して頂けるとのことでした.

自分のe-mailアドレスを伝えました。その後、送って頂いたメールには、商品の交換方法等を記載してました。

この記載された手順に従って交換手続を行また。

詳細は、以下のリンクに、WDの故障対応についてまとめていますので、ご参照ください。

まとめ

DS918+のSSDの交換は、至って簡単でした。WDのSSDは、5年間の保証がついています。WDサポートも親切に対応していただけました。交換してもらったSSDは、今後の故障に備えて予備品としておきます。

編集履歴

2019/05/06 はりきり(Mr)
2019/06/07 追記 (WDへの電話での問い合わせ)
2020/04/24 文言整備

関連記事

Post Views: 520 ID7504 SSDがエラーした 1年前、DS918+にWD製SSDを2枚挿してWrite/Readのキャッシュ(cash)を構築していた。ほぼ1年後の昨日、2枚のうち1枚にエラーがあると…
Post Views: 901 ID1089 はじめに DS918+にSSD cacheを2枚挿してRAID5の速度の効率化を測っていたが、ある時、1枚のSSDにエラーがあるとアラートが出ていた。Western Digi…
Post Views: 900 Synology NASのSSDの不調 概要 年末に1枚購入してcacheを構築しようとしたが、1つではcache構築ができない仕様であることが分かり、急遽もう 1枚買い足してcacheを…
synology NASを導入するにあたり、将来性を重視してエントリーモデルではなくDS918+を選択した。当初はデフォルト構成 + 1 x 8TB HDDから始め、その後予算に併せて、+ 2 x 8TB HDDで RAID5、+メモリー追加、SSD cache追加、+ 1 x 5TB HDDでフルスペック化した。

最新記事(Synology, ID:14676)

Post Views: 100 アイキャッチ画像:DALL:E3 2.4G Wi-Fiが不能? SwitchBotのミニハブは,2.4G Wi-Fiにしか接続できない.RT2600acの設定を確認してみると (Wi-Fi…
Post Views: 232 はじめに 最近,Windows11のupdateが多かったように思います(2024/02/02追記, そっか!金曜日に定期的なupdateがあるんだったな).昨日(203/10/13)まで…
Post Views: 224 はじめに Synolog NAS製品でDS1621xs+ (数字の21は2021年に発売したことを示す)は,現在(2023/08)所有しているSynology NAS (DS918+, D…
Post Views: 38 クラウドストレージ 端末のストレージ容量を節約するために、クラウドストレージを使用するのが良いですね。iCouldの場合、端末のストレージに保管されている写真データでは、縮小化データサイズま…
Post Views: 336 DS920+とDS923+の比較 大きな違いは2つ はじめに DS920+とDS923+はDS9シリーズです。その意味は、拡張ボックスの取り付けにより、収納可能なデバイススロット数は「9」…
Post Views: 245 はじめに サイトの反応速度をあげるには,PHPのバージョンを最新にしましょう.PHP7シリーズよりもPHP8の方が高速に処理できるようです 移行手順 PHP8.0の適用手順の要点は,プロフ…
Page: 1 2 17

ランダム表示(Synology)

Post Views: 267 はじめに 会社のNASや個人のNASでも複数の拠点がある場合、本拠地のNASとサテライトのNASのファイルを同期して、データインテグリティを高めたいという需要は当然出てきますね。 Syno…
Post Views: 461 ID3461 Synology Router RT2600ac Synology社は、台湾の企業です。個人レベルのNASから、ラック収納するタイプの大規模サーバー製品も作っており、世界的な…
Post Views: 407 Synology NASのRAID HDDの1つが故障 NASのHDDにエラーが出た。5年程度連続稼働していたRAIDを構成するHDD (以下HDD a)の一つです。NASに発生するイベン…
自宅のNASにWordPressを導入して、blogを発信するには、ドメイン名とセキュリティ対応が必要です。ドメイン名は、無料のDynamic DNS (DDNS)サービスで取得し、httpsでアクセスするためのセキュリティ対策は、第三者からの証明書の取得として、無料のLet’s Encryptで対応します。
Post Views: 219 はじめに WordPressの投稿において,登録したワードに吹き出しをつけることができる「Encyclopedia」というプラグインに関する内容です.現在,このサイトでは,Encyclop…
Post Views: 179 ID9090 はじめに ネットワークに接続された記憶装置 (Network Attached Storage (NAS)ナス)を、NASと呼んでいます2)。 現在では、NASも高性能が求め…