カテゴリー
HEALTH

[健康] アルツハイマー型痴呆症 – 脳内でのアミロイドβの蓄積機序・九州大が発表 – 歯周病菌が関係している – ID24269

アルツハイマー型痴呆症 アルツハイマー型痴呆症では、脳内での「老人斑」が必ず見られる。老人斑が見られる確率は、30歳代では0%、40歳代では8%、50歳代では16%、80歳代以上では60%という。老人斑は、アミロイドβと […]

カテゴリー
HEALTH

[健康] 筋肉量を増やす – 体タンパク質を合成するめために利用されるタンパク質量は2g/kg/day – ボディビルに関わるタンパク質の摂取量とは – ID23968

ヒトのタンパク質合成率 昔、ウエートトレーニングを熱心にしていた時期がありました。ボディビルの雑誌には、筋肉量としては、一日当たり3グラム程度であると記載されていたと記憶しています。 製薬会社(大塚製薬)のホームページに […]

カテゴリー
HEALTH

[健康] ウォーキングについて – 1日10000歩ってどうなのョ – ID22464 [2020/09/13]

1日10000万歩は誤解がある 1日10000歩を目標にして、携帯の万歩計を確認している人は多いと思います。 1日10000歩は、数値としては当たらずとも遠からずで、統計的には、8000歩が良いとのことです。1日1000 […]

カテゴリー
HEALTH

気になる成分 – AKG; αケトグルタル酸 – ID22185 [2020/09/07]

AKG AKG; Alpha keto glutarate; αケトグルタル酸 AKGは、グルタミン酸の前駆体であり、トリカルボン酸サイクルの重要な中間体である Alpha-ketoglutarate (AKG) low […]

カテゴリー
HEALTH

[健康] 新型コロナウイルス感染症・今日までの世界のトレンドをまとめた – 世界的な新規感染者数は高止まりしつつある – (~2020/08/27) – ID21804

新型コロナウイルス感染症 世界のトレンド 2020/08/27における世界の新型コロナウイルス感染症のトレンドを、Google検索からまとめました。セレクトした国・地域は、個人的に気になる観点を中心に選択しました。 世界 […]

カテゴリー
BIOLOGICS HEALTH

[健康] 潰瘍性大腸炎とは(レジメ) – 免疫系の異常 – ID21763 [2020/08/26]

潰瘍性大腸炎 発症率のピークは、男性は、10代後半、女性は、二十歳前後、発症後は、寛解を目指す治療方針です。1日に5から10回の下痢・血便が続く。指定難病97 source 特徴 病変の拡がりによる分類 全大腸炎 左側大 […]

カテゴリー
HEALTH

[健康] 過呼吸; 過換気症候群: 血液中の炭酸ガス濃度が低下する – 新型コロナウイルス感染対策のマスク装着で注意する事 – 血液のpHがアルカリ性になることが危険の原因 – ID20996 [2020/08/20]※

過換気症候群 不安や極度の緊張により過呼吸になると、その呼吸により体内の二酸化炭素が体外への放出過剰に繋がり、血液中の炭酸ガス濃度が低下する事で、危険な症状が現れる。これを過換気症候群という。 呼吸中枢は、血中の二酸化炭 […]

カテゴリー
HEALTH

[健康] COVID-19に対する「ポビドンヨードによるうがい」- 大阪府が公表した効果を考える – ID20867 [2020/08/05]

ポビドンヨード ポビドンヨードとは所謂、消毒薬の褐色のイソジンです。 2020/08/04, 大阪府、吉村知事がポビドンヨードの「うがい」により、軽症患者(対象群を含めて41人)の唾液中の新型コロナウイルス(SARS-C […]

カテゴリー
HEALTH KNOWLEDGE

COVID-19関連 — PCR全自動検査装置: エリートインジーニアス – フランスから感謝状が送られたとい素晴らしい装置 – Precision System Science社、は日本の企業です – ID20650 [2020/07/30]

エリートインジーニアス エリートインジーニアスは、プレシッション システム サイエンス社(Precision System Science; PSS)が開発するPCRの自動検査装置です。機能、オプションの違いにより数種類 […]

カテゴリー
BIOLOGICS education HEALTH

[Virus-Edu] 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染機序 – ID20003 [2020/07/27]※

新型コロナウイルスの感染機序 新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染のある過程で、以下に説明する薬剤の臨床試験における抗ウイルス効果のポイントが存在する。 1a Fusionでの感染 SARS-CoV-2は、 […]