カテゴリー
BIOLOGICS education purification

[Bio-Edu] 組換え大腸菌で造らせたタンパク質のリフォールディングおよび、その後の精製手順 – ID18567 [2020/08/19]※

[Bio-Edu] 組換え大腸菌で造らせたタンパク質のリフォールディングおよび、その後の精製手順 – ID18567 [2020/08/19]※
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293

はじめに

研究段階のタンパク質の取得は、組換え大腸菌(E.coli)から取得することが多いですが、そのタンパク質は、un-foldingしていることが殆どです。可溶性として取得できたとしても、その活性は非常に低いことも良く知られています。そこで、Re-foldingという手法により、un-foldeしたリコンビナント・タンパク質を自然な状態に巻き戻してあげます。

Re-foldingは、バッファー組成が一般的な組成に置換できて、初めて成功です。置換で濁るようではRe-foldingは失敗です。

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417

Re-foldingできたタンパク質は、クロマト・レジンを使用して精製します。

Refoldingとは

スポンサーリンク
by Rakuten ID:15895

タンパク質は、アミノ酸の数珠つなぎでできています。酵素が活性化するときは、一般的には、ある活性化酵素によって、その前駆体の酵素のどこか一か所が切断され、二本鎖と呼ばる構造になり、立体構造が変化して活性化します。

タンパク質の機能は、構造にあるということです。

そのタンパク質が、その本来の機能を発揮するには正しい立体構造になっている必要があります。立体構造を構成する要素はいくつかあります。キーワードは、αヘリックス、βシート、SS結合などです。

  • アミノ酸配列のαヘリックスとβシートのインタラクションによる構造
  • システインとシステインによるSS結合による強固な構造

組換え大腸菌の産生タンパク質

組換え大腸菌でタンパク質を産生させると、ほとんどが不溶化してInclusion Bodyと呼ばれる不溶物として大腸菌内に溜まります。これをリフォールディング(refolding)する方法を以下に示します。

  1. ただし、refoldingできるタンパク質の分子量に制限があります。分子量が10kDa未満のInsulinなどは、比較的簡単です。
  2. 分子量20kDa程度のInterferonは、refoding可能です
  3. 分子量が30kDaに付かずくとrefolding効率は低下してしてきます。

Inclusion bodyの回収

  1. 組換え大腸菌の培養
  2. 菌体の回収
  3. 菌体の破砕(以下のいずれか)
    1. 超音波処理(粘度がなくなるまで十分に)
    2. フレンチプレス(圧力で破砕)
    3. ダイノミル(ビーズで砕く)
  4. 遠心によるpptを回収(Inclusion body)

可溶化とrefolding

  • Inclusion bodyに6M 塩酸グアニジンで溶解
  • 遠心または清澄ろ過(省力も可能)
  • His-tagを付けていて、もしも純度が低ければ、Ni-NTA Sepharoseなどでbinding/elutionにて精製します。
    • 1M Imidazole(pH調整不要、pH8程度)を添加して25mM最終
    • Niカラムに添加
    • 25mM Imidazole, 6M 塩酸グアニジンで洗浄
    • 0.1M Imidazole, 6M 塩酸グアニジンで溶出
  • Niカラム精製してななければ
    • 1M Tris-HCl pH8を添加して20mM最終
  • 1M DTT添加して50mM最終 (還元剤)
    • refoldingで重要なSS結合は、pH8.3で最も効率的が高まります
  • 1M シスタミン(2塩酸塩)を添加して100mM最終 (酸化剤)
    • 後に希釈した際、DTT濃度が低下するとともに、タンパク質が本来の立体構造に戻ろうとします。その際、本来のSS結合としてシステイン同士が近づきますが、それを酸化して強固な立体構造にします
  • 即、水で6倍希釈
    • 1M 塩酸グアニジン
    • 8.3mM DTT
    • 16.7mM システイン2塩酸塩
  • 室温または15℃、あるいは4℃で一晩静置
    • 分解しやすい場合は、適宜、低温にする
    • あるいは、NaClを最終濃度として、0.15Mから0.5Mの範囲で添加すると分解酵素が抑制できる
表 Buffer preparation
Buffer Name調製方法
1M ImidazoleImidazoleを水に溶かして1Mとする
6M 塩酸グアニジン塩酸グアニジンを水に溶かして1Mとする
1M Tris-HCl, pH8Trisを1Mとなる水より少ない量で溶かして、1M HClでpH8とし、水を追加して1Mとする
1M DTTDTTを水に溶かして1Mとする
1M Cistamine (2HCl)シスタミン2塩酸塩を水に溶かして1Mとする

バッファ組成の置換

バッファ置換により還元剤を取り除き、構造を確定させます。Refoldingがうまくいっているかの最初の判定としては、可溶性を維持しているかにかかっています。ほとんどのケースでは、説明した方法でRefoldingは問題ないはずですが、場合によっては可溶性が維持できず、バッファ組成の置換において不溶化します。そうなると結構厄介ですね。検討時間がなければ、このまま行きましょう。

Refoldingの評価

  • UF/DF工程でバッファ置換しても可溶性を維持している
  • RP-HPLC (逆相クロマト)分析で、シングルピークであること(ミス・フォールドしていると2峰性のピークを示すことが多いので、それで判定できる)

UF/DFの手順

  • UF/DF (タンジェンシャル・フロー)によるバッファ置換
    • 元のボリュームに戻す(6倍濃縮)
    • この濃度(ボリューム)を維持しながらDiafiltrationを実施
      • 透析バッファの例示
        • 10mM Histidine-HCl pH7
        • 10mM Tris-HCl pH8
        • 33mM Sodium Acetate pH5
      • 塩は入れない方が不溶化しないことが多い
    • 1000倍以上の希釈を目指す(8 diavolumeで1000倍希釈の計算となる)

タンパク質の精製

タンパク質の精製を行います。決して、二度目のNiカラム精製はNGです。精製特製が同じクロマトの使用は意味がありません。

  1. 陰イオン交換体による精製
    1. タンパク質の等電点pIが中性以下なら、その等電点より高いpHでパススルーさせるだけでも、DNAやEndotoxinが取り除けます。
    2. 回収率が悪い場合は、NaClの添加濃度を検討します
  2. ハイドロキシアパタイトによる精製
    1. BIO-RADのCHTが多用される
    2. リン酸が含まれていないバッファなら、取り敢えず、タンパク質は吸着します
    3. K2HPO4濃度(1M K2HPO4-HCl, pH7)を1mM, 5mM 10mM, 20mM 50mM 100mMと順番に、ステップワイズで処理します。どこかで、タンパク質が出てきます.
    4. 十分な濃度のK2HPO4にはせず、最低必要濃度に設定します
    5. その後、回収率や不純物の分布を知るために、0.3M K2HPO4でpost eluation/回収します。
    6. 更に、6M GuHClを1カラムボリュム(CV)添加、5 CVの水を添加して押し出してpost elution/回収します(なべく低いGuHClとしたいので。SDS-PAGEサンプルバッファーでGuHClが析出しますが、お湯で加熱して可溶化したら即、SDS GEL WellにInjectionできます。Wellで析出しても分析を強行します。多少の泳動の乱れは気にしません)
    7. 更に、0.1N NaOHを1カラムボリュム(CV)添加、5 CVの水を添加して押し出してpost elution/回収します(酢酸でpH中生にする)
編集履歴
2020/07/06 Mr.はりきり
2020/07/10 追加(Buffer preparation)
2020/07/11 追記(Refoldingの結果の評価)
2020/08/19 追記(「はじめに」を追加、ハイドロキシアパタイト;CHT操作の追加、SDS-PAGE分析の注意点)

以上

スポンサーリンク
  • by Amazon ID13211
  • by Amazon ID13339
スポンサーリンク
  • 【Amazon.co.jp 限定】HP USBメモリ 128GB USB 3.1 スライド式 金属製 HPFD796L-128 GJP by Amazon - ID 24751
  • 3Dプリンター ダヴィンチ Jr. 1.0(造形サイズ15×15×15cm) - 環境に優しい土に返るPLAフィラメント - ダビンチ Jr. 1.0 XYZプリンティングジャパン by AMAZON ID21513
  • XYZプリンティング3Dプリンター|ダヴィンチ1.0 pro|オートキャリブレーション機能付|オープンフィラメント可|ABS対応|造形サイズ20×20×20cm|レーザー刻印機能拡張可|積層ピッチ0.02mm~|高性能|3F1AWXJP00F - ダビンチ 1.0 Pro - XYZプリンティングジャパン by AMAZON ID21511
  • ABS使用可 造形サイズ175×175×175mm オープンフィラメント可 オートキャリブレーション機能付き レーザー刻印機能拡張可 金属系PLA拡張可 3FJSPXJP00G - ダビンチ Jr.Pro X+ XYZプリンティングジャパン by AMAZON ID21509
  • zedela 5-in-1 USB-Cハブ【3ポート5Gbps by Amazon - ID 24751

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

CHT

[Bio-Edu] 組換え大腸菌で造らせたタンパク質のリフォールディングおよび、その後の精製手順 – ID18567 [2020/08/19]※
[Bio-Material] ポリッシング用精製担体 – CHT (セラミック・ハイドロキシアパタイト)とは、BIO-RAD – ID9865
[Data Link] rAAV特許 – アパタイト・クロマト精製法 [工事中] – ID4443

E.coli

[Bio-Edu] 組換え大腸菌で造らせたタンパク質のリフォールディングおよび、その後の精製手順 – ID18567 [2020/08/19]※
[Bio-Edu] Plasmid – バイオロジクスには欠かせない遺伝子組換え技術、そして rAAVを作るまで! – ID12915 [2020/08/05]※
[Kw] 細菌にも性がある – 核外遺伝子: プラスミドを持っているものが雄 – ID3716 [2020/05/08]
[Bio-Edu] インスリン: Insulinの製法 – ID9405
[Bio-Edu] 遺伝子組換え大腸菌からタンパク質を精製する製造フロー概略 – ID6624 [2020/01/09]
[Bio-Edu] 今昔 – 天然型から遺伝子組換え型への移行圧力 – ID6626

refolding

[Bio-Edu] 組換え大腸菌で造らせたタンパク質のリフォールディングおよび、その後の精製手順 – ID18567 [2020/08/19]※
[Bio-Edu] 遺伝子組換え大腸菌からタンパク質を精製する製造フロー概略 – ID6624 [2020/01/09]
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145

Update ID21920

LIFE, TRIP
[Trip] 神戸・北野異人館 – KOBE IJINKAN – アフリカのアート:”この世成らざるもの”は心が踊った ID21007 [2020/08/08]※

目次1 KOBE IJINKAN2 参道と呼んでもよい坂道を上がっていく3 途中に、スターバックス4 北野神社5 オーストリアの家6 山手八番館6.1 山手八番館のコレクション7 Cafe8 うろこの家8.1 西洋のコレ […]

cafe, LIFE
[Cafe] STARBUCKS in 枚方 蔦屋書店 でblogメンテ – ID24905 [2020/11/21]

STARBUCKS in枚方 蔦屋書店 いつものコースです。昼食に中華の飲茶セット(本場台湾にもある、JIN DIN ROU: 京鼎樓、T-SITE 8F)、その後、3FのSTARBUCKSでホットコーヒーを買って、bl […]

BIOLOGICS, CMO, gene-therapy
気になる企業 ベクタービルダー /デザイン/受託/開発/GMP製造 [2020/11/21] ID24901

目次1 VectorBuilder1.1 サイトでできること1.2 ベクターデザインできる種類2 GMP施設 VectorBuilder ベクタービルダー・ジャパンのサイトより。 2015 foundingの受託会社です […]

BIOLOGICS, CMO, company, COMPANY-FAVOR, CRO, regeneron
気になる企業 – Coriolis Pharma – Virus Vector Formulation Development – ID23991 [工事中]

Coriolis Pharma HomePage LinkedIn 2009年 Founding Employee : 100 バイオロジクスのcGMP 分析、Formulationサービス 論文発表も多数している We […]

HEALTH, KNOWLEDGE
COVID-19関連 — PCR全自動検査装置: エリートインジーニアス – フランスから感謝状が送られたとい素晴らしい装置 – Precision System Science社、は日本の企業です – でも、装置だけでは測定はできない – ID20650 [2020/11/21]

目次1 エリートインジーニアス2 でも、装置だけでは測定できない エリートインジーニアス エリートインジーニアスは、プレシッション システム サイエンス社(Precision System Science; PSS)が開 […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
english
今日の英語 – リスクを伴う – management and execution are subject to a number of risks [2020/11/22]

are subject The management and execution are subject to a number of risks.マネジメントと実行は、多くのリスクを伴う

更新された投稿の最新順

スポンサーリンク
  • by Amazon ID19245
  • by Amaozn ID13196
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID24747

最新記事(Biologics, ID:14673)

BIOLOGICS, CMO, gene-therapy
気になる企業 ベクタービルダー /デザイン/受託/開発/GMP製造 [2020/11/21] ID24901

目次1 VectorBuilder1.1 サイトでできること1.2 ベクターデザインできる種類2 GMP施設 VectorBuilder ベクタービルダー・ジャパンのサイトより。 2015 foundingの受託会社です […]

BIOLOGICS
[Bio-Develop] PC原薬とcGMP原薬を共用するスケジュールは大前提がありバイオロジクス開発では合理的でない – [2020/11/14] UM – ID24792

目次1 低分子開発と同じと考えていないか?2 結論 低分子開発と同じと考えていないか? バイオロジクスに限って言えば、Pre-clinical用の原薬(PC原薬)とClinical用の原薬(cGMP原薬)を供用することは […]

BIOLOGICS, equipment-chromato, vaccine
[Bio-Equip] Cytiva – Plasmidselect Xtra [2020/11/14] ID24783

PlasmidSelect Xtra Super coilになっているplasmid DNAを精製するクロマト担体。 Plasmidselect Xtra – Cytiva – 製品情報 http […]

AAV, BIOLOGICS, CMO, gene-therapy
気になる企業 – Molecular Medicine ;MolMed – ID12516 [2020/11/09]

目次1 MolMed1.1 サービス2 AGCが買収 MolMed イタリア ウイルス・ベクターを用いた遺伝子治療薬製造のCDMO サービス MolMed独自のテクノロジーを持っている。 MolMedは、ベクター製造用の […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
BIOLOGICS, company, vaccine
気になる企業 – Bayer – ID24577

Bayer ドイツのバイエルも、米Asklepios BioPharmaceutical社を買収することで、遺伝子治療の分野に本格的に参入するようです。もともとバイエル社は、遺伝子細胞治療薬(CGT)の開発を推進していま […]

Page: 1 2 66
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID23293

最新記事(Education)

AAV, BIOLOGICS, education
[Bio-Edu] ウイルスの等電点(pI) – 組換えAAVでは,empty/fullの違いでpIは異なる – ID24561 [2020/11/04]

目次1 ウイルスの等電点(pI or IEP)2 ウイルスの等電点の検証結果の詳細3 AAV1~AAV10のpI計算4 AAV8, AAV9のpI5 AAV tree ウイルスの等電点(pI or IEP) 以下,文献に […]

BIOLOGICS, education
[Bio-Edu] DNAとRNAの違い – レジメ – ID24191 [2020/10/11]※

目次1 DNAとRNAの違い1.1 3つの部品単位 DNAとRNAの違い DNAはRNAの設計図になります。 DNAを設計図にして、RNAポリメラーゼという酵素により、RNAが作られる 3つの部品単位 「糖」と「核酸塩基 […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
BIOLOGICS, education
[Bio-Education] 医薬品の開発スケジュール

医薬品の開発スケジュール バイオロジクスの開発スケジュールは、以下のようにモダリティの開発を進めつつ、臨床試験を実施し、その結果をもとにさらに臨床試験を実施し、最終的に製造許可を受けます。 その後、製品についてのモニタリ […]

BIOLOGICS, education, reagent
[Bio-Edu] 核酸の抽出 – QIAGEN製品 – ID21335 [2020/08/17]

核酸抽出に使用されるキット 検体によって使い分けされます。 Source: DNAチップ研究所 ■ QIAamp DNA Mini Kit (通常組織用)https://www.qiagen.com/jp/shop/sa […]

BIOLOGICS, education, HEALTH
[Virus-Edu] 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染機序 – ID20003 [2020/07/27]※

目次1 新型コロナウイルスの感染機序1.1 1a Fusionでの感染1.2 1b 貪食での感染 新型コロナウイルスの感染機序 新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染のある過程で、以下に説明する薬剤の臨床試験 […]

BIOLOGICS, education
[Bio-Edu] mAbの不安定性について – ID17993 [2020/07/31]

目次1 mAbの不安定性1.1 IgG抗体の構造1.2 抗体の種類1.2.1 アイソタイプ1.2.2 サブタイプ1.2.3 翻訳後修飾の違い2 不安定化の局面2.1 原因2.2 結果3 不安定化のメカニズム mAbの不安 […]

Page: 1 2 13
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145

その他記事(ALL-RANDOM, ID:16786)

eye, HEALTH
[健康] 目の機能を保護し維持するアントシアニンとは – ID3209

目次1 1. アントシアニンは配糖体2 2. 色素成分アントシアニジンの構造3 3. アントシアニンに属している個別の具体例4 4. 効能4.1 4-1. アントシアニンの抗酸化作用はビタミンCより持続的4.2 4-2. […]

gourmet, LIFE
[食] まぐろ丼 ー 今が旬のアカモク海藻トッピングがうまい – ID2822

目次1 大阪駅ルクアイーレ、さかなやのmaru1.1 オーニング & ファニチャー1.2 マグロ丼 大阪駅ルクアイーレ、さかなやのmaru オーニング & ファニチャー マグロ丼 以上

KNOWLEDGE, patent
[Patent] アメリカの特許法は2011年からやっと先発明主義から先願主義になった – ID7979

先発明主義 世界の特許制度は、先願主義であったがアメリカは2011年まで先発明主義であり、かつ、公表制度がなかったため、「ステルス特許」と呼ばれる特許が問題になっていた。 米国の特許制度 – ウィキペディアよ […]

TRIP
[Trip] 箕面(みのお)の滝は初夏だった! (令和元年5月11日) – ID358

目次0.1 箕面0.2 車で走る0.3 箕面の滝1 まとめ 箕面 箕面の滝には,高校生時代にはよく訪れました.当時は,まだ自然の水による滝でした.今では,トンネル工事などの影響で,箕面の滝の水は,ポンプアップしているので […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
BIOLOGICS, culture, education
[Bio-Culture] CHO細胞の培養における制御パラメータ、添加物及び装置・設備の事例 – ID6721[2020/09/08]

目次1 細胞培養とは1.1 参考文献 細胞培養とは 細胞を無菌・人工的に育てること 制御パラメータ 培養装置 細胞バンクの保管容器 フラスコ (ポリ材質) WAVE培養装置 iCellis (付着細胞用) Bioreac […]

BIOLOGICS, mRNA, purification, vaccine
[Data Link] mRNAワクチンの情報収集 – ID15773 [2020/05/16]

目次1 mRNA製品に関連情報収集2 参考文献 mRNA製品に関連情報収集 バイオロジクス関連のデータリンクとしてここに格納します。 参考文献 mRNA 医薬開発の世界的動向 – 医薬品医療機器レギュレトリー […]

Page: 1 2 145
スポンサーリンク
by Google Ads ID:11143(2)

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block