カテゴリー
BIOLOGICS education purification

[Bio-Edu] 組換え大腸菌で造らせたタンパク質のリフォールディングおよび、その後の精製手順 – △ID18567 [2020/08/19]

[Bio-Edu] 組換え大腸菌で造らせたタンパク質のリフォールディングおよび、その後の精製手順 – △ID18567 [2020/08/19]
スポンサーリンク
by Google Ads ID24747
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

はじめに

研究段階のタンパク質の取得は、組換え大腸菌(E.coli)から取得することが多いですが、そのタンパク質は、un-foldingしていることが殆どです。可溶性として取得できたとしても、その活性は非常に低いことも良く知られています。そこで、Re-foldingという手法により、un-foldeしたリコンビナント・タンパク質を立体構造として自然な状態に巻き戻してあげます。巻き戻すという表現は、タンパク質が複数のアミノ酸が1本の鎖状になった構造をしていることから用いられます。

Re-foldingは、バッファー組成が一般的な組成に置換できて、初めて成功です。置換で濁るようではRe-foldingは失敗です。

Re-foldingできたタンパク質は、クロマト・レジンを使用して精製します。

Refoldingとは

スポンサーリンク
by Rakuten ID:15895

タンパク質は、アミノ酸の数珠つなぎでできています。酵素が活性化するときは、一般的には、ある活性化酵素によって、その前駆体の酵素のどこか一か所が切断され、二本鎖と呼ばる構造になり、立体構造が変化して活性化します。

タンパク質の機能は、構造にあるということです。

そのタンパク質が、その本来の機能を発揮するには正しい立体構造になっている必要があります。立体構造を構成する要素はいくつかあります。キーワードは、αヘリックス、βシート、SS結合などです。

  • アミノ酸配列のαヘリックスとβシートのインタラクションによる構造
  • システインとシステインによるSS結合による強固な構造

組換え大腸菌の産生タンパク質

組換え大腸菌でタンパク質を産生させると、ほとんどが不溶化してInclusion Bodyと呼ばれる不溶物として大腸菌内に溜まります。これをリフォールディング(refolding)する方法を以下に示します。

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
  1. ただし、refoldingできるタンパク質の分子量に制限があります。分子量が10kDa未満のInsulinなどは、比較的簡単です。
  2. 分子量20kDa程度のInterferonは、refoding可能です
  3. 分子量が30kDaに付かずくとrefolding効率は低下してしてきます。

Inclusion bodyの回収

  1. 組換え大腸菌の培養
  2. 菌体の回収
  3. 菌体の破砕(以下のいずれか)
    1. 超音波処理(粘度がなくなるまで十分に)
    2. フレンチプレス(圧力で破砕)
    3. ダイノミル(ビーズで砕く)
  4. 遠心によるpptを回収(Inclusion body)

可溶化とrefolding

  • Inclusion bodyに6M 塩酸グアニジンで溶解
  • 遠心または清澄ろ過(省力も可能)
  • His-tagを付けていて、もしも純度が低ければ、Ni-NTA Sepharoseなどでbinding/elutionにて精製します。
    • 1M Imidazole(pH調整不要、pH8程度)を添加して25mM最終
    • Niカラムに添加
    • 25mM Imidazole, 6M 塩酸グアニジンで洗浄
    • 0.1M Imidazole, 6M 塩酸グアニジンで溶出
  • Niカラム精製してななければ
    • 1M Tris-HCl pH8を添加して20mM最終
  • 1M DTT添加して50mM最終 (還元剤)
    • refoldingで重要なSS結合は、pH8.3で最も効率的が高まります
  • 1M シスタミン(2塩酸塩)を添加して100mM最終 (酸化剤)
    • 後に希釈した際、DTT濃度が低下するとともに、タンパク質が本来の立体構造に戻ろうとします。その際、本来のSS結合としてシステイン同士が近づきますが、それを酸化して強固な立体構造にします
  • 即、水で6倍希釈
    • 1M 塩酸グアニジン
    • 8.3mM DTT
    • 16.7mM システイン2塩酸塩
  • 室温または15℃、あるいは4℃で一晩静置
    • 分解しやすい場合は、適宜、低温にする
    • あるいは、NaClを最終濃度として、0.15Mから0.5Mの範囲で添加すると分解酵素が抑制できる
表 Buffer preparation
Buffer Name調製方法
1M ImidazoleImidazoleを水に溶かして1Mとする
6M 塩酸グアニジン塩酸グアニジンを水に溶かして1Mとする
1M Tris-HCl, pH8Trisを1Mとなる水より少ない量で溶かして、1M HClでpH8とし、水を追加して1Mとする
1M DTTDTTを水に溶かして1Mとする
1M Cistamine (2HCl)シスタミン2塩酸塩を水に溶かして1Mとする

バッファ組成の置換

バッファ置換により還元剤を取り除き、構造を確定させます。Refoldingがうまくいっているかの最初の判定としては、可溶性を維持しているかにかかっています。ほとんどのケースでは、説明した方法でRefoldingは問題ないはずですが、場合によっては可溶性が維持できず、バッファ組成の置換において不溶化します。そうなると結構厄介ですね。検討時間がなければ、このまま行きましょう。

Refoldingの評価

  • UF/DF工程でバッファ置換しても可溶性を維持している
  • RP-HPLC (逆相クロマト)分析で、シングルピークであること(ミス・フォールドしていると2峰性のピークを示すことが多いので、それで判定できる)

UF/DFの手順

  • UF/DF (タンジェンシャル・フロー)によるバッファ置換
    • 元のボリュームに戻す(6倍濃縮)
    • この濃度(ボリューム)を維持しながらDiafiltrationを実施
      • 透析バッファの例示
        • 10mM Histidine-HCl pH7
        • 10mM Tris-HCl pH8
        • 33mM Sodium Acetate pH5
      • 塩は入れない方が不溶化しないことが多い
    • 1000倍以上の希釈を目指す(8 diavolumeで1000倍希釈の計算となる)

タンパク質の精製

タンパク質の精製を行います。決して、二度目のNiカラム精製はNGです。精製特製が同じクロマトの使用は意味がありません。

  1. 陰イオン交換体による精製
    1. タンパク質の等電点pIが中性以下なら、その等電点より高いpHでパススルーさせるだけでも、DNAやEndotoxinが取り除けます。
    2. 回収率が悪い場合は、NaClの添加濃度を検討します
  2. ハイドロキシアパタイトによる精製
    1. BIO-RADのCHTが多用される
    2. リン酸が含まれていないバッファなら、取り敢えず、タンパク質は吸着します
    3. K2HPO4濃度(1M K2HPO4-HCl, pH7)を1mM, 5mM 10mM, 20mM 50mM 100mMと順番に、ステップワイズで処理します。どこかで、タンパク質が出てきます.
    4. 十分な濃度のK2HPO4にはせず、最低必要濃度に設定します
    5. その後、回収率や不純物の分布を知るために、0.3M K2HPO4でpost eluation/回収します。
    6. 更に、6M GuHClを1カラムボリュム(CV)添加、5 CVの水を添加して押し出してpost elution/回収します(なべく低いGuHClとしたいので。SDS-PAGEサンプルバッファーでGuHClが析出しますが、お湯で加熱して可溶化したら即、SDS GEL WellにInjectionできます。Wellで析出しても分析を強行します。多少の泳動の乱れは気にしません)
    7. 更に、0.1N NaOHを1カラムボリュム(CV)添加、5 CVの水を添加して押し出してpost elution/回収します(酢酸でpH中生にする)

編集履歴

2020/07/06 Mr.はりきり
2020/07/10 追加(Buffer preparation)
2020/07/11 追記(Refoldingの結果の評価)
2020/08/19 追記(「はじめに」を追加、ハイドロキシアパタイト;CHT操作の追加、SDS-PAGE分析の注意点)

以上

スポンサーリンク
  • by Amazon ID13211
  • by Amazon ID13339

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

CHT

[Bio-Edu] 組換え大腸菌で造らせたタンパク質のリフォールディングおよび、その後の精製手順 – △ID18567 [2020/08/19]
[Bio-Material] ポリッシング用精製担体 – CHT (セラミック・ハイドロキシアパタイト)とは、BIO-RAD – ID9865
[Data Link] rAAV特許 – アパタイト・クロマト精製法 [工事中] – △ID4443 [2019/12/20]

E.coli

[Bio-Culture] 大腸菌; E.coliの増殖率は細胞長の増大に関わる – ID28121 [2021/02/27]
[Bio Edu] Quality by Design – [2021/05/11]
[Bio-Edu] 組換え大腸菌で造らせたタンパク質のリフォールディングおよび、その後の精製手順 – △ID18567 [2020/08/19]
[Bio-Edu] Plasmid – バイオロジクスには欠かせない遺伝子組換え技術、そして rAAVを作るまで! – AAV Vector配列の例 – △ID12915 [2020/08/05]
[Kw] 細菌にも性がある – 核外遺伝子: プラスミドを持っているものが雄 – ID3716 [2020/05/08]
[Bio-Edu] インスリン: Insulinの製法 – ID9405

refolding

[Bio-Edu] 組換え大腸菌で造らせたタンパク質のリフォールディングおよび、その後の精製手順 – △ID18567 [2020/08/19]
[Bio-Edu] 遺伝子組換え大腸菌からタンパク質を精製する製造フロー概略 – ID6624 [2020/01/09]
スポンサーリンク
by Google Ads ID24747

Update ID21920

world
[ナレッジ] 日本を知るために「世界の状況」を日々追加する [2022/01 〜 ]

Post Views: 0 ID37423 2022/01 新型コロナウイルス感染・1日あたりの感染者数は、オミクロン株の広がりにより急拡大した。日本では1月4日には1,000人を超え1月6日には4,000人を超え、特に […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
world
[ナレッジ] 日本を知るために「世界の状況」を日々追加する [2021/08 〜 2021/12]

Post Views: 15 ID31203 2021/12 イスラエル、新型コロナウイルスの変異株の実行再生産数は7人と高くワクチン摂取4回目を決定 イギリス、新型コロナワクチン・オミクロン株に対する2回摂取したケース […]

BIOLOGICS, company, vaccine
[Vc] 各社が開発したCOVID-19ワクチン情報リンク – [2021/10/08]

BioNTech社とPfizerが共同開発するmRNAをベースの新型コロナウイルス感染症に対するワクチンです。開発ワクチンは、SARS-CoV-2受容体結合ドメイン(receptor binding domain; RBD)をコードするヌクレオチド修飾メッセンジャーRNAをベースにしている(BNT162b2)

更新された投稿の最新順

スポンサーリンク
  • by Amaozn ID13196
  • by Amazon ID19245
スポンサーリンク
by Google Ads ID24747

最新記事(Biologics, ID:14673)

BIOLOGICS, company, medicine, Pfizer, product, virus
[COVID-19] ファイザーが開発している飲む治療薬 ritonavir (Paxlovid) – EUの当局(EMA)が臨床データ検討を開始 [2021/11/19]

Post Views: 24 ID35108 EMAはCOVID-19患者を治療するためのPaxlovidのレビューを開始します EMAは、ファイザーが開発したCOVID-19の経口治療であるパクスロビッド(Paxlov […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
BIOLOGICS, medicine, product, virus
[COVID-19] 飲む治療薬 Molnupiravir (Lagevrio) – EUの当局(EMA)が各国に対して使用に関するアドバイスを発行した [2021/11/19]

Post Views: 15 ID35044 CODIV-19の飲む治療薬 先日、イギリスの当局 (Medicines and Healthcare products Regulatory Agency (MHRA)&n […]

BIOLOGICS, medicine, product, virus
[COVID-19] 飲む治療薬 Molnupiravir イギリスで世界初承認、日本にも承認申請 [2021/11/06]

Post Views: 20 ID34477 [2021/11/06] CODIV-19の飲む治療薬 イギリスの当局 (Medicines and Healthcare products Regulatory Agenc […]

BIOLOGICS, mAb, medicine
[抗体医薬] COVID-19治療用抗体医薬カクテル

Post Views: 18 ID31303 [2021/09/13] はじめに 新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するには、ワクチンが有効です。しかし、ワクチンを投与しても感染予防効果が得られるまで1ヶ月以上必要です。 […]

BIOLOGICS, manufacturing, safety
[用語] ADC : – Antibody Drug Conjugates – ID27100 [2021/01/19]

Post Views: 8 ADC Antibody-Drug-Conjugatesの略号。 抗がん剤などのDrugをある組織に特異的に届けたい場合に、その組織に特異的なモノクローナル抗体(Antibody)とDrugと […]

AAV, BIOLOGICS
[rAAV-Edu] rAAVベクターのFull/Empty ratioの改善のヒント

Post Views: 27 ID32218 Full & Empty ratio rAAV Vectorの実製造にあたって、ウイルス粒子に封入させたい目的の遺伝子をパッケージングしている完全体粒子(full)と […]

Page: 1 2 79
スポンサーリンク
by Google Ads ID24747

最新記事(Education)

BIOLOGICS, culture, education
[Bio-Culture] 大腸菌; E.coliの増殖率は細胞長の増大に関わる – ID28121 [2021/02/27]

Post Views: 53 大腸菌の増殖率 一般的に、大腸菌の増殖率(growth rate)、1時間あたり1未満であり、それを超える増殖率になってくると、大腸菌の長さが増大するのだという。 大腸菌の1時間あたりの増殖 […]

BIOLOGICS, culture, education
[Bio-Culture] Poloxamer 188 – バイオリアクターの撹拌翼による細胞のダメージを抑制 – ID28021 [2021/02/24]

Post Views: 65 Poloxamer 188 Poloxamer 188という名称は、馴染みがないが、商品名のPluronic F-68はよく知られている。細胞培養において、バイオリアクターの撹拌翼による細胞 […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
BIOLOGICS, education, purification
[Bio-Edu] イオン交換クロマトグラフィの原理 – バイオロジクスの製造における基本 – ID27722 [2021/02/13]

Post Views: 65 イオン交換の原理を使ったクロマトグラフィ 文字通りイオンを交換反応で結合できる樹脂 (レジン) を使ったクロマトグラフィです。カラムにパックすれば陰イオン交換カラムクロマトグラフィーとなりま […]

education, 未分類
[用語] pDNA ; Plasmid DNA – プラスミドという遺伝子の存在形態の1つ

Post Views: 68 pDNA ; Plasmid DNA, 輪っか状のダブルストランドDNA

AAV, BIOLOGICS, education
[Bio-Edu] ウイルスの等電点(pI) – 組換えAAVでは,empty/fullの違いでpIは異なる – 分離精製は工業化の課題である △- ID24561 [2021/02/23]

Post Views: 106 はじめに 遺伝子治療用のウイルス・ベクターとしてAAVを使用した場合、目的通りに目的の遺伝子をAAVの殻にパッケージングできるとは限りません。導入する遺伝子の大きさが大きい程、その導入効率 […]

BIOLOGICS, education
[Bio-Edu] DNAとRNAの違い – レジメ – [2020/10/11]

Post Views: 60 ID24191 DNAとRNAの違い DNAはRNAの設計図になります。RNAは、タンパク質の設計図になります。 DNAを設計図にして、RNAポリメラーゼという酵素により、RNAが作られる […]

Page: 1 2 14
スポンサーリンク
by Google Ads ID24747

その他記事(ALL-RANDOM, ID:16786)

KNOWLEDGE
[Kw] 境界知能 – ID9418 [2020/02/14]

Post Views: 64 境界知能 かんさい熱視線, 2020/02/14放送より 知能指数70前後を境界知能指数という。障害とは判断されないグレーゾーンであるため、社会では気付いてもらえず長い間困難を強いられている […]

AAV, BIOLOGICS, patent
[Data Link] AAVベクター関連特許 – ID4163 [2019/12/09]

Post Views: 56 公開特許公報(A)_組換えAAV生産の効率を上昇させる方法 (2008) 神経系細胞への遺伝子導入のためのアデノ随伴ウイルスビリオン (自治医大、2015)

BIOLOGICS, company, COMPANY-FAVOR, regeneron
気になる企業 – Regeneron – 2つのモノクローナル抗体(カクテル)でCOVID-19治療 – △[2020/10/05] ID15697

Post Views: 46 Regeneron 2019年の売り上げは、7,800億円source 大手バイオテクノロジー企業。NASDAQ: REGNは、創業約30年。7つのFDA承認の治療薬と開発途中のパイプライン […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
スポンサーリンク
by Google Ads ID:11143(2)

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block