カテゴリー
BIOLOGICS culture education

[Bio-Culture] 大腸菌; E.coliの増殖率は細胞長の増大に関わる – ID28121 [2021/02/27]

大腸菌の増殖率 一般的に、大腸菌の増殖率(growth rate)、1時間あたり1未満であり、それを超える増殖率になってくると、大腸菌の長さが増大するのだという。 大腸菌の1時間あたりの増殖率を近似して1だとすると、1時 […]

カテゴリー
BIOLOGICS education purification

[Bio-Edu] 組換え大腸菌で造らせたタンパク質のリフォールディングおよび、その後の精製手順 – ID18567 [2020/08/19]

研究段階のタンパク質取得は、組換え大腸菌(E.coli)から取得することが多いと思います。組換え大腸菌由来タンパク質は、un-foldingしていることが殆どで、可溶性として取得できても、その活性は低い場合がよくあります。そこで、Re-foldingという手法によりun-foldeしたリコンビナント・タンパク質を自然な状態に巻き戻します。

研究段階のタンパク質取得は、組換え大腸菌(E.coli)から取得することが多いと思います。組換え大腸菌由来タンパク質は、un-foldingしていることが殆どで、可溶性として取得できても、その活性は低い場合がよくあります。そこで、Re-foldingという手法によりun-foldeしたリコンビナント・タンパク質を自然な状態に巻き戻します。

カテゴリー
AAV BIOLOGICS education gene-therapy

[Bio-Edu] Plasmid – バイオロジクスには欠かせない遺伝子組換え技術、そして rAAVを作るまで! – AAV Vector配列の例 – ID12915 [2020/08/05]

rAAVによる遺伝子治療薬の開発には、遺伝子組換え技術が使われている為、この知識がなくてはならい。
rAAVを作るには、これまでのタンパク質を作ることとは、何倍も複雑かつ多数の手間が掛かっている。
遺伝子組換え技術からrAAVを作るまでの基礎知識を解説する。

rAAVによる遺伝子治療薬の開発には、遺伝子組換え技術が使われている為、この知識がなくてはならい。
rAAVを作るには、これまでのタンパク質を作ることとは、何倍も複雑かつ多数の手間が掛かっている。
遺伝子組換え技術からrAAVを作るまでの基礎知識を解説する。

カテゴリー
KNOWLEDGE

[Kw] 細菌にも性がある – 核外遺伝子: プラスミドを持っているものが雄 – ID3716 [2020/05/08]

細菌の性 細菌の細胞も動物の細胞も、細胞内に核があり、そこにはDNAがあります。このDNAを雌の菌に注入できるのが雄の細菌です。 編集履歴2020/05/08 はりきり(Mr) 雄には、Fプラスミドというリング状の遺伝子 […]

カテゴリー
BIOLOGICS education material production

[Bio-Edu] インスリン: Insulinの製法 – ID9405

インスリン http://www.madehow.com/Volume-7/Insulin.html insulinは、preporinsulinから酵素による分解を受けてproinsulinとなり、更にある酵素により2 […]

カテゴリー
BIOLOGICS education production

[Bio-Edu] 遺伝子組換え大腸菌からタンパク質を精製する製造フロー概略 – ID6624 [2020/01/09]

製造方法の概要 大腸菌に目的蛋白質の遺伝子を導入 大腸菌の培養 刺激剤(IPTG)添加 低温培養 大腸菌の最大増殖(蛋白質は大腸菌内に蓄積) 蓄積した蛋白質は、立体構造が異常(Inclusion body) Inclus […]

カテゴリー
BIOLOGICS cell education

[Bio-Edu] 今昔 – 天然型から遺伝子組換え型への移行圧力 – ID6626 [2020/01/09]

天然原材料のリスク 血漿由来の蛋白製剤は、ヒト由来病原性の混入リスクがあるため、遺伝子組換え型への移行が望まれている。 ある遺伝子組換えアルブミン(Albumin)の酵母による医薬品開発は、その最たる事例である。血漿分画 […]

カテゴリー
BIOLOGICS cell education

[Bio-Edu] 高分子蛋白質の組換え宿主細胞として大腸菌、酵母に勝るCHO細胞 – ID6629

大腸菌 大腸菌では、翻訳後修飾における糖鎖付加機能がないものの、糖鎖の付加がされないタンパク質で、且つ比較的分子量が小さいバイオロジクス製品に採用されている。その理由は、不溶化(Inclusion Body)するほど高い […]

カテゴリー
BIOLOGICS education purification

[Bio-Edu] タンパク質(蛋白質)の精製 – 基礎編 – 不純物の定義、RefoldingからUF膜精製、タンパク質精製の定石まで – ID686 [2020/07/07]

タンパク質精製に関する温故知新、誰でもできるタンパク質の精製概要が理解できる基礎編を解説。最近のrAAV精製を学ぶにしても、一読しておきたい精製戦略について解説しました。

タンパク質精製に関する温故知新、誰でもできるタンパク質の精製概要が理解できる基礎編を解説。最近のrAAV精製を学ぶにしても、一読しておきたい精製戦略について解説しました。