カテゴリー
BIOLOGICS education

[Bio-Edu] 遺伝子 – 生体内におけるDNAからタンパク質の合成 ・基礎知識 – [2020/06/13]

[Bio-Edu] 遺伝子 – 生体内におけるDNAからタンパク質の合成 ・基礎知識 – [2020/06/13]

ID2216

遺伝子

遺伝子組換え技術を知るには、遺伝子の知識が必要だ。基礎知識について以下記載した。

遺伝子からタンパク質まで

細胞核にはDNAがあり、その遺伝子が働く時、mRNAに変換されます。mRNAは、タンパク質の鋳型となってタクパク質が合成されます。

  • 細胞
    • {染色体;
    • chromosomes →
    • (unpackaging) →
    • Nucleosome structure (Histone + DNA; 構造を意味する = genome; 全遺伝子情報を意味する) →
    • スプライシング (必要な遺伝子のみを取り出す工程) →
    • gene (遺伝子) →
    • DNA(と呼び変える) →
    • (RNA polymerase, by Transcription )→
    • mRNA} → (核からmRNAが飛び出る)
    • mRNA →
    • 細胞質
    • 細胞質 {mRNA →
    • Ribosome (tRNAとAmino Acid, rRNA(ribosomal RNA), RibosomeはERに付着している )でタンパク質合成, by Translation ) →
    • protein →
    • ER; 小胞体 (folding, glycosylation ) →
    • Golgi body (de-mannosylation, fucosylation, galactosylation and sialylation) }

遺伝子 (gene)はDNAであり、それを鋳型として転写酵素 (RNA polymerase)によりmRNAが合成される。RNAの場合は、構成ヌクレオチドは、DNAの場合の 「T」が、「U」に置き換わる。

構成物質

以下の示すヌクレオチドは、A(or U)はT、GはCと結合します。この相補性が鋳型となる基本機能となって働いています。

DNAを構成するプリン塩基、即ちヌクレオチドは4種類

  • A アデニン
  • T チミン
  • G グアニン
  • C シトシン

mRNAを構成するプリン塩基も4種類(AがUに替わる)

  • U ウラシル
  • T チミン
  • G グアニン
  • C シトシン

コドン

開始コドン

一般的にメチオニン(AUG)が開始コドンである

終止コドン

対応するアミノ酸(とtRNA)が存在しないコドン。一般的に以下の3つがある。

  • UAA(オーカー)
  • UAG(アンバー)
  • UGA(オパール)

翻訳の場所

細胞内にあるリボソームの中でmRNAからproteinへの翻訳が行われる。

希少なコドン

プリン塩基(U, T, G, C)の3の組み合わせでコドンが作られます。最も多い種類のコドンで同じアミノ酸を作れたり、1つのコドンでしかそのアミノ酸を作れなかったり、アミノ酸によって異なっています。プリン塩基はコドンの原材料、コドンは、アミノ酸の原材料です。原材料は、生体に依存しています。原材料が枯渇することもあります。

6種のコドンで作ることができるアミノ酸は、Arg, Leu, Ser, の3つです。この3種類のアミノ酸は、これらを作る原材料であるプリン塩基が枯渇しにくいと言えます。一方、生体には沢山必要としているとも言えます。

一方1種類のコドンでしか作ることができないアミノ酸は、Metです。Metの場合は、枯渇しやすい/少量でしか必要でない、と言えます。

残りのアミノ酸は、コドン種が2種類、3種類、4種類で作ることができます。

まとめると、1種類、2種類、3種類、4種類、および6種類のコドンでアミノ酸は作られます。

アミノ酸コドン

厳密には、(mRNAの)コドンがアミノ酸なのではなく、コドンがアミノ酸に変換されることを意味します。コドンに相補的に一致するtRNAがアミノ酸を結合して連れてきます。これがアミノ酸への変換です。

3文字記号1文字記号呼称 (link to wikipedia)コドン
AlaAアラニンGCU、GCC、GCA、GCG
ArgRアルギニンCGU、CGC、CGA、CGG、AGA、AGG
AsnNアスパラギンAAU、AAC
AspDアスパラギン酸GAU、GAC
CysCシステインUGU、UGC
GlnQグルタミンCAA、CAG
GluEグルタミン酸GAA、GAG
GlyGグリシンGGU、GGC、GGA、GGG
HisHヒスチジンCAU、CAC
IleIイソロイシンAUU、AUC、AUA
LeuLロイシンUUA、UUG、CUU、CUC、CUA、CUG
LysKリシンAAA、AAG
MetMメチオニンAUG
PheFフェニルアラニンUUU、UUC
ProPプロリンCCU、CCC、CCA、CCG
SerSセリンUCU、UCC、UCA、UCG、AGU、AGC
ThrTトレオニンACU、ACC、ACA、ACG
TrpWトリプトファンUGG
TyrYチロシンUAU、UAC
ValVバリンGUU、GUC、GUA、GUG
開始コドンAUG、(AUA)、(GUG)
終止コドンUAG、UGA、UAA
https://ja.wikipedia.org/wiki/コドン#コドンはmRNA上にある

遺伝情報の発現、転写と翻訳 ~ 転写 > なぜ直接DNAから蛋白質を作らないのか?

https://www.nig.ac.jp/museum/genetic/03_c.html

コドン – ウィキペディア より

https://ja.wikipedia.org/wiki/コドン

リボソーム - ウィキペディア

https://ja.wikipedia.org/wiki/リボソーム

スポンサーリンク: ID6183593457

DNAからタンパク質に変換

以下の動画は、染色体のDNAがmRNAに変換され、細胞質にあるRibosomeというタンパク質でできた装置とtRNAによりタンパク質が合成される様をわかりやすく3D動画で説明されています。

YouTubeより
編集履歴
2020/01/13 はりきり(Mr)
2020/06/13 追記(希少なコドン)
2021/10/30 文言整備
[用語] RNA, tRNA, rRNA, etc. [Biotech] [2022/09/03] はコメントを受け付けていません
[Bio-Edu] DNAとRNAの違い – レジメ – [2020/10/11] はコメントを受け付けていません
[Bio-Edu] 各種RNAの生物学的な作用点のマップ – by Qiagen – △ID9331 [2020/02/13] はコメントを受け付けていません
[Bio-Edu] RNA とは – mRNAはタンパク質を作る直接的な設計図 – その他 rRNA, tRNA – ID7254 [2020/01/15] はコメントを受け付けていません

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

bio-edu

[Bio-Edu] Fcエフェクター活性 – ADCC活性を増強するafucosylation技術 – △[2020/05/22]

codon

[Vc] mRNAワクチンとは – Sanofi, Modernaなどが開発を進めている – △ID15091 [2020/05/23]
[用語] codon ; コドン – 遺伝子の構成要素はA,T,G,C、アミノ酸は3つの組み合わせ

Post Views: 78 codon コドン(英: codon)とは、核酸の塩基配列が、タンパク質を構成するアミノ酸配列へと生体内で翻訳されるときの、各アミノ酸に対応する3つの塩基配列のこと wikiped […]

mRNA

rebosome

ヌクレオチド

[用語] ヌクレオチド : nucleotide

Post Views: 77 nucleotide ; ヌクレオシドにリン酸基が結合した物質。ヌクレオシドは五単糖の1位にプリン塩基またはピリミジン塩基がグリコシド結合したもの。 関連記事: [Bio-Edu] 遺伝子 […]

翻訳

スポンサーリンク ID 7130582967

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block