カテゴリー
BIOLOGICS Lab process purification

[Bio-Process] Polishing Process of mAb purification – ID8312 [2020/02/01]

[Bio-Process] Polishing Process of mAb purification – ID8312 [2020/02/01]

Polishing (高度精製)

目的

  • 一般的な高度精製は、陰イオンと陽イオン交換クロマトグラフィで行われる
  • それでも十分な精製度が得られない場合、疏水やマルチモーダルの担体が用いられる
  • 基本的なレジンとその条件設定が確定できれば、レジンの粒径を小さくすることで、ピークの分離は向上する

考慮事項

  • 抗体の場合は、プラットフォーム精製が存在する
    1. Protein A (Binding/Elution)
    2. AEX (Flow-through )
    3. CEX (Binding/Elution)
    4. Virus Filtration
    5. UF/DF (バッファ交換/濃縮)
    6. 添加剤添加
    7. 分注保管
  • 研究初期段階で、抗体以外のレアなタンパク質の精製の場合
    • AECまたはCEXでCapturing工程として精製する
    • その場合、バッファ交換が必要ない条件設定を構築した方が良い。以後の追加精製が楽になる
      • Conductivityは、容易に低くすることができないため、低いconductivityで回収できれば、続く精製工程の手間が省略できる
      • 後のpH調整で簡単に調整可能であり、pH調整によるconductivityの変化は少ないため、pHは問わない。
      • リン酸を含まないバッファで回収できれば、Polishingに使用するハイドロキシアパタイトでの精製に使える
    • Polishingのクロマトは、ハイドロキシアパタイトが推奨できる。
      • pHは5.5以上(でないと、レジンが溶ける)
      • アルカリ側は、Resinは安定
      • リン酸を含まない、あるいは、低い(~5mM)でないと吸着できないタンパク質もある。前工程で緩衝液の組成は、この工程に備えて考慮しておく
      • NaCl濃度で溶出されるタンパク質やリン酸で溶出されるタンパク質など、マルチモーダルな条件設定が可能
      • Endotoxinは、分子が色々あるため、パス画分にも、溶出画分にも現れる
      • 精製戦略としては、パス画分に目的タンパク質をパスさせないこと、目的タンパク質が溶出する直前の洗浄条件を求めること、目的タンパク質が溶出できる最小条件を求めること、である。

GE Healthcare HiPrep™ IEX FF 16/10 Columns, Fisher Scientific –

https://www.fishersci.fi/shop/products/ge-healthcare-hiprep-iex-ff-16-10-columns-2/10607855

関連記事(タンパク質質精製)

Post Views: 72 遺伝子導入装置 バイオ医薬品の目的タンパク質をコードする遺伝子を産生細胞株に注入する装置。その操作の後、導入できた細胞のセレクション → クローニングへと進む。 MaxCyte ExPERT…
Post Views: 115 AKTA Ready System Flow Kitというシングルユースの配管キットを装置する方式のクロマト装置である。配管の洗浄が必要なく、バイオロジクスのCMOでは汎用されている。 ク…
Post Views: 56 処理目的 得られたサンプルは、in vitro, in vivo試験で評価するために、除菌ろ過を行い、無菌状態にする スポンサーリンク: ID6183593457 考慮事項 膜面積 サンプル…
Post Views: 68 UF/DF工程 目的物資の安定な電気伝導度とpHに組成を変更することを目的とします。 膜面積 処理時間 室温と冷温室 TMPの設定 (システムへの入りの圧力と出の圧力管理) クロスフロー(ポ…
Post Views: 67 Polishing (高度精製) 目的 一般的な高度精製は、陰イオンと陽イオン交換クロマトグラフィで行われる それでも十分な精製度が得られない場合、疏水やマルチモーダルの担体が用いられる 基…
Post Views: 58 Bio-Process スポンサーリンク: ID6183593457 Low pH Virus Inactivation Process 低pH処理によるウイルス不活化は、pHの調整後は静的…
Page: 1 2

ランダム表示(Bio)

Post Views: 121 免疫グロブリンの種類と役割 免疫グロブリンは、自然免疫の代表格ですが、その種類は5つあり、それぞれ役割があります(図1)。 ひと昔前では、測定技術低さ・検出感度の低さの問題から、IgMの増…
Post Views: 71 Vigene Home Page : Vigene Biosciences 下表に示したように独自に開発したProducer Cell Lineを持っている source Cell Line…
Post Views: 197 ハーベスト 規定の期間の培養が終了した細胞培養液は、細胞を取り除き培養上清を取得する。この工程をHarvestと呼美ます。 図1に示すミリポアのPODファイターはカセット式になっていて、図…
Post Views: 105 ID12872 BioMarin 血友病Aに対する遺伝子治療薬が現実なもにとして世の中に出ます。待ち望まれた患者さんは多くいらっしゃると思います。遺伝子サイズが大きいことから、世界の大手医…
Post Views: 53 Master Cell Banking GMPに従いマスターセルバンク(Master Cell Bank; MCB)を製造し液体窒素による超低温保管する。日本、米国、欧州の3つの薬局方(3局…
IgG1のFc領域は、FcγRIIIaと結合親和性があり、その結合強度によってADCC活性が増強されます。この結合親和性の強さに影響するのが、Fc領域の糖鎖です。一般的にFc領域には、糖鎖結合部位がありますが、付加されている糖鎖として「フコース; fucose」含有量が少なければ、ADCC活性(エフェクター機能)が高まります。
Page: 1 2 82

用語の解説リンク、関連投稿および広告

flow-mab

[Bio-Equipment] 遺伝子導入装置 ; Transfection for Plasmid to cells – ID23809
[Bio-Equip] Cytiva – AKTA Ready System – ID23805
[Bio-Process] 除菌ろ過 (Sterile filtration) – ID8318 [2020/02/01]
[Bio-Process] UF/DF Process – ID8315 [2020/09/30]

…end

スポンサーリンク ID 7130582967

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block