カテゴリー
BIOLOGICS education Lab purification

[Bio-Lab] マニュアル式のラボスケール・カラムクロマトで蛋白質精製の条件 – ID3106 [工事中]

[Bio-Lab] マニュアル式のラボスケール・カラムクロマトで蛋白質精製の条件 – ID3106 [工事中]
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

はじめに

タンパク質精製の戦略

高価な装置が無くても始められる蛋白質の精製について解説する。

予算が少ない大学の研究室や高価な装置を整備できないベンチャーでの蛋白質精製について、タンパク質精製に関して初期教育、原理を理解しながらの目的蛋白質の精製サンプルの取得が可能である。

取り敢えず、1mLカラムでのスモールスケールによるサンプル調製から、400mLカラム程度のスケールアップも可能です。

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417

初期のサンプル調製においては、クロマト装置は重厚長大です。使用前と後のシステムの洗浄など、結構面倒です。こんな初期に使うものではありません。

AKTAの出番は、その先に待っています。そもそもタンパク質精製は、集中して条件設定を実施し短期間で片付けるのです。

編集履歴
2019/11/10 はりきり(Mr)
2020/06/19 追加 (未完)
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

準備

スポンサーリンク
by Rakuten ID:15895

情報収集

精製しようとしているタンパク質はなんですか? 精製タグは付いていますか? Refoldingは必要ないですか? 分子量を把握していますか? 等電点は? 疎水性?

タンパク質の情報

まずは、敵を知ることからです。情報を収集しましょう

  • アミノ酸配列 : 以下の情報を知るために必要です
    • 分子量
    • 等電点
    • 疎水性
  • 精製タグ : 精製タグは、最大でもHis-tag程度にしておきましょう。その他精製タグは、物性を変化させたり、活性にも影響します
    • His
    • GST
    • etc

出発材料

生産

  • 微生物培養 → Inclusion Body(この解説では、これを前提)
  • 動物細胞培養 → 培養上清

検討準備

目的蛋白質の測定法を考える (SDS-PAGE, ELISA, RPHA, 逆相HPLC、アフィニティカラム)

目的蛋白質についてRefoldingが必要か検討する。ここでは、Refoldingについては記載していない。

プレパックカラムは使わず、エンプティカラムにバルクのレジンを自己充填したカラムを使用する

クロマト装置は、基本的に必要ではなく、ピペット操作かペリスタリックポンプを使う

カラムサイズは、0.5mLから100mLを想定する。取得する蛋白質は、数mgから1g程度。

小さいカラムサイズでは、自然落下でクロマトを行う。

大きいカラムサイズではペリスタリックポンプを使用する

装置

SDS-PAGE装置
[Lab-Equip] SDS-PAGE電気泳動システム – ID9509 [2020/02/16]

Post Views: 16 SDS-PAGEシステム 硫酸ドデシルナトリウムを添加したポリアクリルアミド・ゲル・電気泳動は、タンパク質の純度を分析する最も一般的な方法です。40年前では、自作のゲルを1日かがりで作り、翌 […]

UVメーター(A280, A260なとを測定)
[Bio-Lab] NanoDrop – タンパク質濃度の測定 – ID9517 [2020/02/16]

Post Views: 13 少量でOD測定 4μLでUV スペクトルおよび固定波長も測定できます。タンパク質の条件等二は、欠かせないアイテムです。 ThermoFisher NanoDrop 超微量分光光度計および蛍光 […]

ピペット、チップ
[Bio-Lab] Pipette – ID9523 [2020/02/16]

Post Views: 17 ピペット ThermoFisherの実験用のマイクロ・ピペットには、抗菌加工を施したタイプもあります。少し高価です。 ThermoFisher ピペットおよびピペットチップ

ペリスタリックポンプ
  • シリコンチュープ
  • シリコングリス
[Bio-Lab] MasterFlex Pump – ID9538 [2020/02/16]

Post Views: 15 MasterFlex Pump マスターフレックス・ポンプは、ラボにおけるタンパク質の精製には欠かせない機材です。バッファー組成を置換する場合にUF/DFシステムの構成に必要です。オープンカ […]

pHメータ
[Bio-Lab] HORIBA pH Meter – ID9527 [2020/02/16]

Post Views: 15 ハンディーpHメーター 100μLのサンプル液量があればpH測定可能。精度は型番により0.1, 0.01のタイプがある。 タンパク質の精製条件の検討には、同シリーズの電導率計とともに欠かせな […]

試験管
  • マルエムチューブSS14
  • 50mM遠心管

手順

1. 手順 – 装置、カラムの充填及びカラムの取り回し(マニュアル)

GE HealthcareのEmpty Columnにレジンを充填(0.5mL or 1mL)

カラムクロマトは、自然落下による(線速は大きくなるが、レジンの最大キャパシティより1/3程度低いアプライ量で行うため、クロマト自体に問題は少ないが、常に考慮する必要がある点である)。

フラクション回収は、6カラムボリューム(CV)

6CV分のバッファを調整しておき、順次カラムにアプライしてカラムからでる液をチューブで回収する

2. 手順 – 吸着条件の決定

各種バッファの準備

水洗いしたバルクのレジンを使って0.5mLカラムの準備 30%から50%程度のスラリでカラム充填する

カラムの洗浄と平衡化

血漿や培養液の前処理してアプライサンプルを準備する : 水と酸及びアルカリにより電気伝導度とpHの調整

アプライサンプルのロードとパスした未吸着画分の回収及び目的蛋白質の測定 : 身吸着画分の量が多い場合は、未吸着画分に更に水と酸及びアルカリを添加して吸着しやすく調整し、その未吸着画分をそのまま再アプライする。満足する未吸着画分量から、水と酸及びアルカリでの調整量を最終決定する。

3. 手順 – 洗浄及び溶出条件の決定(1)

アプライpHと同じpHで、塩濃度を確認する : ベースバッファを作成し、3M NaClで段階的になるよう塩濃度の異なるバッファを作成し、順次カラムにアプライしフラクションを回収する。蛋白質量を測定し、目的の蛋白質が洗浄画分に溶出されない条件を洗浄画分に決定、溶出が完了する条件を溶出条件に決定する。

4. 手順 – 強固に結合した目的物と不純物の存在について心証をえるための操作

6M 塩酸グアニジン(GuHCl)を0.5CVアプライ、水を5.5CVアプライし全てを回収する。この画分は、アプライサンプル、洗浄画分、溶出画分と一緒にSDS-PAGE分析を行う。目的蛋白質の染色バンドと同位置に対して、6M GuHCl画分にどれくらいの割合が含まれているか、不純物はどれくらいの割合が含まれているか確認する。

6M GuHCl画分中に容認できない量の目的蛋白質が含まれていた場合、上述の手順で6M GuHClの手前までの手順を再度実施する。その後、以下の手順に従い最適な溶出pHを決定する。

5. 手順 – 溶出条件の決定(2)

pHを上げるか下げるか方針を決定する。カラム内の塩濃度を下げるために水6CV添加する。溶出条件の決定(1)で実施したようにバッファを作成するが、今度は、異なるpHでNaCl濃度を決定していく。最後に6M GuHCl画分を回収し、前回と同様にSDS-PAGEを行い溶出効果の違いを確認する。洗浄する場合のpH及び溶出する場合のpHを、この検討から決定することができる。もしかすると洗浄のpHは溶出のpHと異なることもある。

今後、各手順の詳細や根拠は随時アップデートする予定、2019/11/10 by はりきり(Mr)

高価な装置が無くても始められる蛋白質の精製

スポンサーリンク

by Google Ads ID8603

マニュアル操作によるカラムクロマト条件の決定

蛋白質の精製を行おうと思う時は、その必要性に迫られてのことだと思うので、原材料は準備されているとの前提で、以下話を進めます。装置の洗浄やその他準備が必要ないため小回りが効き短時間で条件設定し精製品を取得できる

大学や高価な装置を整備できないベンチャーでの蛋白質精製についての初期教育はもとより目的蛋白質の精製品の取得に役立つ。例えば、ツール蛋白質の取得には有効である。

準備

目的蛋白質の測定法を考える (SDS-PAGE, ELISA, RPHA, 逆相HPLC、アフィニティカラム)

目的蛋白質についてRefoldingが必要か検討する。ここでは、Refoldingについては記載していない。

プレパックカラムは使わず、エンプティカラムにバルクのレジンを自己充填したカラムを使用する

クロマト装置は、基本的に必要ではなく、ピペット操作かペリスタリックポンプを使う

カラムサイズとして0.5mLから100mLは対応可能(数mgから1g程度まで取得可能。小さいカラムサイズでは、自然落下でクロマトを行う。大きいカラムサイズではペリスタリックポンプを使用する

手順

1. 手順 – 装置、カラムの充填及びカラムの取り回し(マニュアル)

SDS-PAGE装置

UVメーター(A280, A260なとを測定)

ピペット、チップ

ペリスタリックポンプ、シリコンチュープ、シリコングリス

HORIBA ハンディpHメータ及び伝道度メータ

マルエムチューブSS14, 50mM遠心管

GE HealthcareのEmpty Columnにレジンを充填(0.5mL or 1mL)

カラムクロマトは、自然落下による(線速は大きくなるが、レジンの最大キャパシティより1/3程度低いアプライ量で行うため、クロマト自体に問題は少ないが、常に考慮する必要がある点である)。

フラクション回収は、6カラムボリューム(CV)

6CV分のバッファを調整しておき、順次カラムにアプライしてカラムからでる液をチューブで回収する

2. 手順 – 吸着条件の決定

各種バッファの準備

水洗いしたバルクのレジンを使って0.5mLカラムの準備 30%から50%程度のスラリでカラム充填する

カラムの洗浄と平衡化

血漿や培養液の前処理してアプライサンプルを準備する : 水と酸及びアルカリにより電気伝導度とpHの調整

アプライサンプルのロードとパスした未吸着画分の回収及び目的蛋白質の測定 : 身吸着画分の量が多い場合は、未吸着画分に更に水と酸及びアルカリを添加して吸着しやすく調整し、その未吸着画分をそのまま再アプライする。満足する未吸着画分量から、水と酸及びアルカリでの調整量を最終決定する。

3. 手順 – 洗浄及び溶出条件の決定(1)

アプライpHと同じpHで、塩濃度を確認する : ベースバッファを作成し、3M NaClで段階的になるよう塩濃度の異なるバッファを作成し、順次カラムにアプライしフラクションを回収する。蛋白質量を測定し、目的の蛋白質が洗浄画分に溶出されない条件を洗浄画分に決定、溶出が完了する条件を溶出条件に決定する。

4. 手順 – 強固に結合した目的物と不純物の存在について心証をえるための操作

6M 塩酸グアニジン(GuHCl)を0.5CVアプライ、水を5.5CVアプライし全てを回収する。この画分は、アプライサンプル、洗浄画分、溶出画分と一緒にSDS-PAGE分析を行う。目的蛋白質の染色バンドと同位置に対して、6M GuHCl画分にどれくらいの割合が含まれているか、不純物はどれくらいの割合が含まれているか確認する。

6M GuHCl画分中に容認できない量の目的蛋白質が含まれていた場合、上述の手順で6M GuHClの手前までの手順を再度実施する。その後、以下の手順に従い最適な溶出pHを決定する。

5. 手順 – 溶出条件の決定(2)

pHを上げるか下げるか方針を決定する。カラム内の塩濃度を下げるために水6CV添加する。溶出条件の決定(1)で実施したようにバッファを作成するが、今度は、異なるpHでNaCl濃度を決定していく。最後に6M GuHCl画分を回収し、前回と同様にSDS-PAGEを行い溶出効果の違いを確認する。洗浄する場合のpH及び溶出する場合のpHを、この検討から決定することができる。もしかすると洗浄のpHは溶出のpHと異なることもある。

今後、各手順の詳細や根拠は随時アップデートする予定、2019/11/10 by はりきり(Mr)

スポンサーリンク
  • by Amazon ID13211
  • by Amazon ID13339

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

protein-purification

[Bio-Lab] 実験の自動化 – 小型PLCでUF/DF工程を低コストで自動化する – ID 16252 [2020/05/25]
[Bio-Edu] 沈殿化法によるタンパク質の回収・分離 – 検討方法 – ID4376 [2020/12/11]
[Bio-Edu] 細菌・ウイルスをフィルターろ過で除去する – ID11548
[Bio-Lab] マニュアル式のラボスケール・カラムクロマトで蛋白質精製の条件 – ID3106 [工事中]
[Bio-Edu] タンパク質の沈殿化法の原理 – ID2669 [2019/11/02]
[Bio-Edu] タンパク質(蛋白質)の精製 – 基礎編 – 不純物の定義、RefoldingからUF膜精製、タンパク質精製の定石まで – ID686 [2020/07/07]

カラム操作

[Bio-Lab] マニュアル式のラボスケール・カラムクロマトで蛋白質精製の条件 – ID3106 [工事中]

条件検討

[Bio-Lab] マニュアル式のラボスケール・カラムクロマトで蛋白質精製の条件 – ID3106 [工事中]
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID24747
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

Update ID21920

HEALTH, kidney
[健康] 血中クレアチニン(Cr)濃度とeGFR /関連表の理解と腎機能の閾値 – eGFRはCr/年齢/性別で計算 – ID27337 [2021/01/28]

Post Views: 20 目次1 はじめに2 血中クレアチニンでeGFRを計算3 計算された簡易表4 編集履歴 はじめに 高尿酸血症は、痛風につながります。痛風を持っていると腎臓の機能にも影響すると言われています。痛 […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
company, gene-therapy
気になる企業: IDファーマ – センダイウイルス・ベクターの技術で希少疾患に対する遺伝子治療薬の開発を進める – ID27360 [2021/01/30]

Post Views: 23 目次1 IDファーマ2 アイロムグループの概要3 編集履歴 IDファーマ 株式会社IDファーマは、CROなどを手がけるアイロムグループの100%小会社で、先端医療関連の開発を担う。センダイウ […]

gourmet, hotel, LIFE, restaurant
[Hotel] スイーツバイキング,リーガロイヤルホテル大阪 – ID17463 [2019/08/14]

Post Views: 12 目次0.1 リーガ ロイヤルホテル大阪でスイーツバイキング0.2 ロビーのソファー0.3 部屋の雰囲気0.4 スウィーツバイキングの様子0.5 軽食1 まとめ リーガ ロイヤルホテル大阪でス […]

更新された投稿の最新順

スポンサーリンク
  • by Amaozn ID13196
  • by Amazon ID19245
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

最新記事(Biologics, ID:14673)

BIOLOGICS, culture, education
[Bio-Culture] 大腸菌; E.coliの増殖率は細胞長の増大に関わる – ID28121 [2021/02/27]

Post Views: 10 目次1 大腸菌の増殖率2 編集履歴 大腸菌の増殖率 一般的に、大腸菌の増殖率(growth rate)、1時間あたり1未満であり、それを超える増殖率になってくると、大腸菌の長さが増大するのだ […]

BIOLOGICS, culture, education
[Bio-Culture] Poloxamer 188 – バイオリアクターの撹拌翼によるダメージを抑制 – ID28021 [2021/02/24]

Post Views: 8 目次1 Poloxamer 1882 毒性2.1 動物の静脈内注射 (Poloxamer)2.2 ヒトの静脈内注射 (Poloxamer 188)2.3 創傷治癒2.4 動物実験2.5 AME […]

BIOLOGICS, education, purification
[Bio-Edu] イオン交換クロマトグラフィの原理 – バイオロジクスの製造における基本 – ID27722 [2021/02/13]

Post Views: 14 目次1 イオン交換の原理を使ったクロマトグラフィ2 実務では3 原理4 なぜpHを上げていくと電荷がマイナスチャージになるのか4.1 pHの理解5 編集履歴 イオン交換の原理を使ったクロマト […]

BIOLOGICS, safety
気になる企業 — 生物科学安全研究所 (RIAS) – ID27434 [2021/01/03]

Post Views: 17 RIASと丸紅ケミックス 2021年より、日本国内でのウイルス安全性試験の受託強化を図る。日本国内の総代理店は、丸紅ケミックス。 RIASのウイルス測定関連施設の改修によりBSL2, BSL […]

company, gene-therapy
気になる企業: IDファーマ – センダイウイルス・ベクターの技術で希少疾患に対する遺伝子治療薬の開発を進める – ID27360 [2021/01/30]

Post Views: 23 目次1 IDファーマ2 アイロムグループの概要3 編集履歴 IDファーマ 株式会社IDファーマは、CROなどを手がけるアイロムグループの100%小会社で、先端医療関連の開発を担う。センダイウ […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
analysis, BIOLOGICS, equipment-chromato, vaccine
[Bio-Equip] 培養シャーレ – セルスタック ; CellSTACK – 接着性の細胞の培養を効率的に作業できるアイデアに満ちた構造 – ID27145 [2021/01/20]

Post Views: 18 目次1 セルスタック1.1 多品種には セルスタック Corning CellSTACK培養チャンバー。プラスチック製の接着細胞用の多段培養シャーレです。これはもう「ラボ用」とは呼べないかも […]

Page: 1 2 68
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID24747
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

最新記事(Education)

BIOLOGICS, culture, education
[Bio-Culture] 大腸菌; E.coliの増殖率は細胞長の増大に関わる – ID28121 [2021/02/27]

Post Views: 10 目次1 大腸菌の増殖率2 編集履歴 大腸菌の増殖率 一般的に、大腸菌の増殖率(growth rate)、1時間あたり1未満であり、それを超える増殖率になってくると、大腸菌の長さが増大するのだ […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
BIOLOGICS, culture, education
[Bio-Culture] Poloxamer 188 – バイオリアクターの撹拌翼によるダメージを抑制 – ID28021 [2021/02/24]

Post Views: 8 目次1 Poloxamer 1882 毒性2.1 動物の静脈内注射 (Poloxamer)2.2 ヒトの静脈内注射 (Poloxamer 188)2.3 創傷治癒2.4 動物実験2.5 AME […]

BIOLOGICS, education, purification
[Bio-Edu] イオン交換クロマトグラフィの原理 – バイオロジクスの製造における基本 – ID27722 [2021/02/13]

Post Views: 14 目次1 イオン交換の原理を使ったクロマトグラフィ2 実務では3 原理4 なぜpHを上げていくと電荷がマイナスチャージになるのか4.1 pHの理解5 編集履歴 イオン交換の原理を使ったクロマト […]

AAV, BIOLOGICS, education
[Bio-Edu] ウイルスの等電点(pI) – 組換えAAVでは,empty/fullの違いでpIは異なる – 分離精製は工業化の課題である – ID24561 [2021/02/23]

Post Views: 17 目次1 はじめに2 ウイルスの等電点(pI or IEP)3 ウイルスの等電点の検証結果の詳細4 AAV1~AAV10のpI計算5 AAV8, AAV9のpI6 AAV tree7 編集履歴 […]

BIOLOGICS, education
[Bio-Edu] DNAとRNAの違い – レジメ – ID24191 [2020/10/11]

Post Views: 19 目次1 DNARNAの違い1.1 3つの部品単位 DNARNAの違い DNAはRNAの設計図になります。 DNAを設計図にして、RNAポリメラーゼという酵素により、RNAが作られる 3つ […]

BIOLOGICS, education
[Bio-Education] 医薬品の開発スケジュール – ID23493 [2021/04/08]

Post Views: 18 目次1 医薬品の開発スケジュールの概要2 バイオロジクスの開発における細胞株から製造方法3 Cell Bankの作成3.1 Fraunhofer ITEMのサービスから4 ICHQ5D5 編 […]

Page: 1 2 13
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

その他記事(ALL-RANDOM, ID:16786)

BIOLOGICS, manufacturing, safety
[用語] Safety; 医薬品の製造から出荷における安全性 – どのように確保されているのか – GMP Compliance – ID26275 [2020/12/25]

Post Views: 21 目次1 はじめに2 医薬品の安全性3 医薬品メーカーのタイプ4 編集履歴 はじめに 医薬品は、GMPというルールに従い、予め定めた方法に従い作業を実施し、予め定めた品質に合致することを確認す […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
automation, BIOLOGICS
[Bio-Lab] 実験の自動化 – 小型PLCでUF/DF工程を低コストで自動化する – ID 16252 [2020/05/25]

Post Views: 13 目次1 はじめに2 PLCとは3 用途4 Bioの実験に応用する5 必要な機材6 組み立て7 プログラミグ7.1 確認事項7.2 ラダー8 UF/DFに使用する8.1 濃縮段階8.2 UF/ […]

BIOLOGICS, cell, education
[Bio-Edu] バイオ医薬品 (バイオロジクス)は、CHO細胞の技術革新と共に進展してきた – ID15624 [2020/08/05]

Post Views: 20 目次0.1 抗体医薬品・Fc融合タンパク質1 バイオシミラーの基礎知識2 抗体医薬の品質について3 CHO細胞以外の哺乳類細胞3.1 セルラインの種類 抗体医薬品・Fc融合タンパク質 抗体医 […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID:11143(2)

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block