カテゴリー
automation BIOLOGICS

[Bio-Lab] 実験の自動化 – 小型PLCでUF/DF工程を低コストで自動化する – ID 16252 [2020/05/25]

[Bio-Lab] 実験の自動化 – 小型PLCでUF/DF工程を低コストで自動化する – ID 16252 [2020/05/25]
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

はじめに

バイオの実験でUF/DFは、結構面倒です。メーカーからは、大袈裟な装置が市販されています。もっとシンプルに簡単に低コストで、サンプルを調製することが可能です。

スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

PLCとは

スポンサーリンク
by Rakuten ID:15895

PLCとは、三菱電機は、「シーケンサー」と言っています。業界では、Programable Logic Controller (PLC)といいます。ラダー言語で、リレーのON/OFF、タイマーをプログラミングすることで、シーケンシャルな自動制御を行うことを担うコントローラーです。

シーケンス制御は、JISでも定義されています。至る所で密かに使用されています。AIではないので、学習はしません。

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
編集履歴
2020/05/25 はりきり(Mr) 図などは、また今度、追加します。

シーケンス制御

予め定められた順序又は手続きに従って制御の各段階を逐次進めていく制御 (JIS Z 8116:1994 自動制御容疑 一般)

スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

用途

とにかくどんなところにも使用されています。

  • 自動販売機
  • 自動ドア
  • エレベーター
  • 洗濯機
  • FA (ファクトリーオートメーション)
    • 大規模工場のマシンからのデータの収集 (→ネットに載せる)
  • 発電所、変電所
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

Bioの実験に応用する

自作でクロマトグラフィー装置もUF/DFシステムも構築できます。

  • 液体クロマトグラフィー装置
  • UF/DF System
  • ろ過システム
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

必要な機材

  • PLC
    • Omron PLC: 1万円~
    • 入力は、5V~24Vのトランジスタ入力
    • 出力は、100V ACが可能なリレー接点
    • 100V AC可能なリレー接点
  • PLC プログラミングソフトウェア
    • Omron : 5千円
  • 送液ポンプ
    • MasterFlex Pump (600rpm, ヤマト化学)
      • 10万円~20万円
  • 延長タップ
  • 液面センサー
    • KEYENCE FUシリーズ
    • KEYENCE アプユニット
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

組み立て

組み立ては、以下の通りシンプルです。

  • PLCに100Vコンセントプラグの接続
  • PLCの出力リレーと100Vを接続して、延長タップ(メス)に接続
  • 送液ポンプの100Vコンセントを、前述の延長タップ(メス)に接続
  • 液面センサーとアンプユニットを接続
    • 赤外線がアンプから1つ出ている。
    • センサーに繋ぎ、センサーからの戻りをアンプに繋ぐ(センサーのファイバー2本をアンプに繋ぐ)
    • アンプは、12~24Vの電源に繋ぐ
    • アンプの設定により、センサーの感度を設定する
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

プログラミグ

PCにソフトウェアをインストールして、プログラミングします。

確認事項

  • 入力リレーのアドレス
  • 出力リレーのアドレス

ラダー

  • 左と右に縦線があります
  • 最小単位は、左から右にプログラミグします
    • 入力リレー(ロード命令)を配置する
    • その右側に、出力リレーを配置する
    • 以上で、1行です。
    • 基本的にこれで制御は可能です。
    • 入力リレーがONの場合、出力リレーがONとなります
  • でも、これでは、チャチリングします。入力リレーがONになってから、数秒間のタイマーを入れます。その間は、無条件に出力リレーを維持します。
  • 基本的には、以上で完了です
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

UF/DFに使用する

濃縮段階

  • ビーカーに濃縮したいサンプル溶液を入れます。
  • ファイバーセンサーをビーカーの側面において、スライドさせて、液が有る/無しで、リレーがON/OFFするように、感度を調節します
  • 濃縮の完了位置に、センサーをビニールテープで固定してします
  • この状態では、出力リレーはONになっているので、ポンプは稼働状態になっているはずです
  • 濃縮が進んで、液面が下がり、ファイバーセンサーに達した時に入力リレーはOFFになり、出力リレーもOFFになり、ポンプは停止します。

以上で、濃縮段階での自動化は、完成しました。

UF/DF段階

上記の完了状態から、もう一台用意していた送液ポンプ(2)で、用意していたバッファーを、サンプルのビーカーに送液します。すると、液面が上がり、ファイバーセンサーが反応して、濃縮が開始されます。送液ポンプ(2)の流速をろ過流量より小さく設定しておくことで、バッファー交換の自動化運転が行われることになります。

以上が基本的ですが、安全装置も必要です。以下にシンプルにできるかも課題なので、以下のようなアイデアも有るので、ご参考にしてください。もちろん、フル構築も可能です。

以上

スポンサーリンク
  • by Amaozn ID13196
  • by Amazon ID13339

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

automation

[Bio-Lab] 実験の自動化 – 小型PLCでUF/DF工程を低コストで自動化する – ID 16252 [2020/05/25]

protein-purification

[Bio-Lab] 実験の自動化 – 小型PLCでUF/DF工程を低コストで自動化する – ID 16252 [2020/05/25]
[Bio-Edu] 沈殿化法によるタンパク質の回収・分離 – 検討方法 – ID4376 [2020/12/11]
[Bio-Edu] 細菌・ウイルスをフィルターろ過で除去する – ID11548
[Bio-Lab] マニュアル式のラボスケール・カラムクロマトで蛋白質精製の条件 – ID3106 [工事中]
[Bio-Edu] タンパク質の沈殿化法の原理 – ID2669 [2019/11/02]
[Bio-Edu] タンパク質(蛋白質)の精製 – 基礎編 – 不純物の定義、RefoldingからUF膜精製、タンパク質精製の定石まで – ID686 [2020/07/07]
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

Update ID21920

WordPress
[WP] UMをSimple WP Membershipに変更 – ID29745 [2021/05/13]

Post Views: 0 目次1 はじめに2 編集履歴 はじめに WordPressサイトでメンバーシップ機能を実現するプラグインの話です。Ultimate Member (UM) プラグインについては、当サイトをいず […]

AAV, BIOLOGICS, drug
[遺伝子治療薬] ZOLGENSMA – AveXis-Novartis社が開発した筋萎縮性側索硬化症 (SMA)治療薬 – UM-ID23165 [2020/07/27]

Post Views: 115 目次1 筋萎縮性側索硬化症2 ZOLGENESMA2.1 薬価収載3 詳細 筋萎縮性側索硬化症 筋萎縮性側索硬化症(Spinal Muscular Atrophy (SMA))は、10万人 […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
KNOWLEDGE
[Kw] Soft Bankの2020年度の最終利益が4.99兆円と発表 – 今、昔を思うこと – ID29721 [2021/05/12]

Post Views: 0 Soft Bankで思うこと もう35年も前のことです。Soft Bankは書籍を出していました。シャープが開発したApple Computerを目指す意欲的なPC、X68000です。Soft […]

更新された投稿の最新順

スポンサーリンク
  • by Amazon ID13211
  • by Amazon ID19245
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

最新記事(Biologics, ID:14673)

BIOLOGICS
医薬品添加物規格 (薬添規)

Post Views: 3 医薬品添加物規格 https://www.mhlw.go.jp/content/11120000/000336088.pdf

BIOLOGICS, culture, education
[Bio-Culture] 大腸菌; E.coliの増殖率は細胞長の増大に関わる – ID28121 [2021/02/27]

Post Views: 20 目次1 大腸菌の増殖率2 編集履歴 大腸菌の増殖率 一般的に、大腸菌の増殖率(growth rate)、1時間あたり1未満であり、それを超える増殖率になってくると、大腸菌の長さが増大するのだ […]

BIOLOGICS, culture, education
[Bio-Culture] Poloxamer 188 – バイオリアクターの撹拌翼による細胞のダメージを抑制 – ID28021 [2021/02/24]

Post Views: 17 目次1 Poloxamer 1882 毒性2.1 動物の静脈内注射 (Poloxamer)2.2 ヒトの静脈内注射 (Poloxamer 188)2.3 創傷治癒2.4 動物実験2.5 AM […]

BIOLOGICS, education, purification
[Bio-Edu] イオン交換クロマトグラフィの原理 – バイオロジクスの製造における基本 – ID27722 [2021/02/13]

Post Views: 22 目次1 イオン交換の原理を使ったクロマトグラフィ2 実務では3 原理4 なぜpHを上げていくと電荷がマイナスチャージになるのか4.1 pHの理解5 編集履歴 イオン交換の原理を使ったクロマト […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
BIOLOGICS, safety
気になる企業 — 生物科学安全研究所 (RIAS) – ID27434 [2021/01/03]

Post Views: 27 RIASと丸紅ケミックス 2021年より、日本国内でのウイルス安全性試験の受託強化を図る。日本国内の総代理店は、丸紅ケミックス。 RIASのウイルス測定関連施設の改修によりBSL2, BSL […]

company, gene-therapy
気になる企業: IDファーマ – センダイウイルス・ベクターの技術で希少疾患に対する遺伝子治療薬の開発を進める – ID27360 [2021/01/30]

Post Views: 32 目次1 IDファーマ2 アイロムグループの概要3 編集履歴 IDファーマ 株式会社IDファーマは、CROなどを手がけるアイロムグループの100%小会社で、先端医療関連の開発を担う。センダイウ […]

Page: 1 2 68
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID24747
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

その他記事(ALL-RANDOM, ID:16786)

BIOLOGICS, equipment-harvest, merckmillipore, process, production
[Bio-Equi] TFF – MerckMillipore – ID23123 [2020/9/19]

Post Views: 24 MerckMillipore TFF タンジェンシャル・フロー・フィルトレーションによるバッファー置換と濃縮を行う機材 Merck site 種類 Pellicon sigle pass T […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
HEALTH, LIFE
[健康] 忘れかけていた健康の大事さ(1) – 愚者は経験から学ぶ – ID12955 [2020/04/08]

Post Views: 21 僕は、 「愚者は経験から学ぶ」ことを繰り返しながら長らく生きてきました。 COVID-19で入院する患者さん、特に重症の方のことを慮る(おもんばかる)。体はしんどくて、呼吸は息苦しくて、いつ […]

Gear, soft
[Gear-App] OmniPlan 3 for iPad/iPhone – 目標設定と達成は、詳細な計画立案と進捗管理が重要 – 学生にも使って欲しい ガントチャート(Gantt chart )アプリ 導入編 – Mac版ではMS Project Planのファイルも読める – ID16199 [2020/12/26]

GANNTが考案したガントチャートとは、横方向に日程、縦方向にはタスクを配置して、実行するタスクの計画を見える化したもの。タスクとタスクを矢印でつなげることで依存関係も明確になり、クリティカルパスを認識できれば重点的に管理を集中して計画遅延がないようにプロジェクトを進めることができる。iOSのOnmiPlanを解説。

スポンサーリンク
by Google Ads ID:11143(2)

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block