カテゴリー
LIFE

[Life] VMAXというバイク、昔乗っていた当時は、1200cc、今は1700cc (写真by Goo) – ID3103 [2020/08/10]

VMAXは、ドラッグレースのバイクのフォルムを連想するデザインで、カウルも無いシンプルなバイクです。燃料タンクはダミーで、実は、シートの下に12Lだったか大型バイクにしては小さいタングが仕込まれています。前と後ろのシートの仕切りがメカニカルになっていてグイッと力を入れてピックアップすると燃料タンクが見えます。

[Life] VMAXというバイク、昔乗っていた当時は、1200cc、今は1700cc (写真by Goo) – ID3103 [2020/08/10]

スポンサーリンク: ID6183593457

VMAX

VMAXはYAMAHAのバイクだ。僕が乗っていたのは、1990年代で1200cc, 145馬力でした。当時、10秒代と凄いマシンだった。04とは、用意ドンで400mを何秒で走り抜けるかの時間。カウルもないので、凄い風を受ける。

VMAXをググってみた。2014年モデルではすでに1700ccになっているのがわかった。中古の2018年モデルで200万円。僕が当時にVMAXを買った価格は、100万円。もちろん、リミッター無しのUS仕様とか北米仕様とか言われていたやつだ。

ぼくは背が高く無いので、大きなバイクをのるために、日々筋トレばかりしてた。メインシートも綿を抜いて低くしていた。すり抜けしやすいように、ハンドルは、左右3cmずつ短くしてたし、当時アニメのAKIRAで金田が着ていた赤の革ジャンの背中にピルが斜めに描かれていたが、それをモチーフにデザインされ、ピルを背中に描かれた黒の革ジャンも来ていた。今でも憧れのバイクだ。

VMAXに乗りたいと思ったきっかけ?

僕が、YAMAHAのXJ400SPに乗っていた頃のある日中、信号待ちをしていた。後ろから、何やらドドドと革ジャンのバイクがやって来て、僕と並んだ。信号が青になると、ドドドとエンジンのうなり音もなく、あっという間に僕を置いてけ堀にした。もちろんその他の車も。

VMAXは、1998年の赤モデルと2000年の黒モデルの2代を乗り潰した。だいたい1年の間にね。

このバイクは、350kgはある。これに乗られると死ぬほど痛いョ。

Gooさんの紹介

https://www.goobike.com/maker-yamaha/car-v_max/index.html

映画やアニメに

スポンサーリンク
by Rakuten ID:15895

ホラー映画の「エルム街の悪夢」では、若者がバイクと一体化していく悪夢のシーン出て来るのが1200ccのVMAX、アニメの「TEXHNOLYZEテクノライズ」のエピソード#9,12分頃にでてくるバイクはVMAXに似たデザインです。

編集履歴
2019/11/10 Mr.はりきり
2020/08/10 追記 (映画やアニメに)

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

スポンサーリンク ID 7130582967

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block