[Bio-Process] UF/DF Process [2020/09/30] ID8315

UF/DF工程

目的物資の安定な電気伝導度とpHに組成を変更することを目的とします。

  • 膜面積
  • 処理時間
  • 室温と冷温室
  • TMPの設定 (システムへの入りの圧力と出の圧力管理)
  • クロスフロー(ポンプ速度)は、高濃度あるいは高粘度の処理には、適切な設定が必要となる
  • バッファ交換: 通常は8 diavolumeで1000倍希釈を目指す

ラボシステムとして、Sartorius StedimのVIVA FLOW 200を以下に示します。

Fisher Scientific –

https://www.fishersci.fi/fi/en/catalog/search/products?keyword=Sartorius+VivaFlow+200

関連記事

Post Views: 211 遺伝子導入装置 バイオ医薬品の目的タンパク質をコードする遺伝子を産生細胞株に注入する装置。その操作の後、導入できた細胞のセレクション → クローニングへと進む。 MaxCyte ExPER…
Post Views: 241 AKTA Ready System Flow Kitというシングルユースの配管キットを装置する方式のクロマト装置である。配管の洗浄が必要なく、バイオロジクスのCMOでは汎用されている。 ク…
Post Views: 138 処理目的 得られたサンプルは、in vitro, in vivo試験で評価するために、除菌ろ過を行い、無菌状態にする 考慮事項 膜面積 サンプルの状態 (プレフィルターの必要性) 処理時の…
Post Views: 141 UF/DF工程 目的物資の安定な電気伝導度とpHに組成を変更することを目的とします。 ラボシステムとして、Sartorius StedimのVIVA FLOW 200を以下に示します。 F…
Post Views: 143 Polishing (高度精製) 目的 一般的な高度精製は、陰イオンと陽イオン交換クロマトグラフィで行われる それでも十分な精製度が得られない場合、疏水やマルチモーダルの担体が用いられる …
Post Views: 138 Bio-Process Low pH Virus Inactivation Process 低pH処理によるウイルス不活化は、pHの調整後は静的な保管条件が維持されるため、基本的にはプロセ…
Post Views: 316 ハーベスト 規定の期間の培養が終了した細胞培養液は、細胞を取り除き培養上清を取得する。この工程をHarvestと呼美ます。 図1に示すミリポアのPODファイターはカセット式になっていて、図…