カテゴリー
BIOLOGICS equipment-virus-inact Lab process purification

[Bio-Process] Low pH Virus Inactivation – ID8305

[Bio-Process] Low pH Virus Inactivation – ID8305
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

Bio-Process

スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

Low pH Virus Inactivation Process

スポンサーリンク
by Rakuten ID:15895

実製造では、Flex bugが使用される。

  • Low pH3~4 as Virus Inactivation Process
  • 容易に破れず、使用しているプラスチックからの溶出物も少ないバイオ医薬品製造用バッグは、様々な工程で使用されている。
  • 抗体医薬製造においても、Low pH処理によるウイルス不活化処理工程の容器として使用されている。

Thermo Scientific Productainer BPC Bag with 3 Ports

https://www.fishersci.com/shop/products/productainer-bpc-bag-3-ports/p-4521461

関連記事

スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

編集履歴

2020/04/24 追記 (関連記事)

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
スポンサーリンク
  • by Amazon ID19245
  • by Amazon ID13339

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

flow-mab

[Bio-Equipment] Transfection for Plasmid to cells – ID23809
[Bio-Equip] Cytiva – AKTA Ready System – ID23805
[Bio-Process] 除菌ろ過 (Sterile filtration) – ID8318 [2020/02/01]
[Bio-Process] UF/DF Process – ID8315 [2020/09/30]
[Bio-Process] Polishing Process of mAb purification – ID8312 [2020/02/01]
[Bio-Process] Low pH Virus Inactivation – ID8305
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

Update ID21920

AAV, BIOLOGICS, drug
[遺伝子治療薬] ZOLGENSMA – AveXis-Novartis社が開発した筋萎縮性側索硬化症 (SMA)治療薬 – UM-ID23165 [2020/07/27]

Post Views: 108 目次1 筋萎縮性側索硬化症2 ZOLGENESMA2.1 薬価収載3 詳細 筋萎縮性側索硬化症 筋萎縮性側索硬化症(Spinal Muscular Atrophy (SMA))は、10万人 […]

BIOLOGICS, purification
蛋白精製ノウハウ – UM-ID8933

Post Views: 23 はじめに 2011/07上旬から記録を開始。頭に有る暗黙知の抽出 先ずは、アウトラインである『蛋白質精製ノウハウ』を作る。これは組換えタンパクの精製における兵法書である。 (1)対峙する組換 […]

Synology, WordPress
[Synology] NAS (DS918+/DS920+)の バックアップを考える – Hyper BackupとSnapshot Replicationの併用 – Smartプラグによる外付けHDDケース電源の管理によるセキュリティアップ – ID3778 [2021/03/28]

Hyper Backupは、暗号化が可能なシステム構成もデータもバックアップできるフルバックアップ・ツールです。Snapshot Replicationは、差分バックアップを主たる機能とする短時間スケジューリングが可能なデータバックアップ・ツールです。これらのツールを併用することで、復元能力が向上します。

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417

更新された投稿の最新順

スポンサーリンク
  • by Amazon ID13211
  • by Amaozn ID13196
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

関連記事(Viras Inactivation)

スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

最新記事(Biologics, ID:14673)

BIOLOGICS
医薬品添加物規格

Post Views: 0 医薬品添加物規格 https://www.mhlw.go.jp/content/11120000/000336088.pdf

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
BIOLOGICS, culture, education
[Bio-Culture] 大腸菌; E.coliの増殖率は細胞長の増大に関わる – ID28121 [2021/02/27]

Post Views: 19 目次1 大腸菌の増殖率2 編集履歴 大腸菌の増殖率 一般的に、大腸菌の増殖率(growth rate)、1時間あたり1未満であり、それを超える増殖率になってくると、大腸菌の長さが増大するのだ […]

BIOLOGICS, culture, education
[Bio-Culture] Poloxamer 188 – バイオリアクターの撹拌翼による細胞のダメージを抑制 – ID28021 [2021/02/24]

Post Views: 16 目次1 Poloxamer 1882 毒性2.1 動物の静脈内注射 (Poloxamer)2.2 ヒトの静脈内注射 (Poloxamer 188)2.3 創傷治癒2.4 動物実験2.5 AM […]

BIOLOGICS, education, purification
[Bio-Edu] イオン交換クロマトグラフィの原理 – バイオロジクスの製造における基本 – ID27722 [2021/02/13]

Post Views: 22 目次1 イオン交換の原理を使ったクロマトグラフィ2 実務では3 原理4 なぜpHを上げていくと電荷がマイナスチャージになるのか4.1 pHの理解5 編集履歴 イオン交換の原理を使ったクロマト […]

BIOLOGICS, safety
気になる企業 — 生物科学安全研究所 (RIAS) – ID27434 [2021/01/03]

Post Views: 26 RIASと丸紅ケミックス 2021年より、日本国内でのウイルス安全性試験の受託強化を図る。日本国内の総代理店は、丸紅ケミックス。 RIASのウイルス測定関連施設の改修によりBSL2, BSL […]

company, gene-therapy
気になる企業: IDファーマ – センダイウイルス・ベクターの技術で希少疾患に対する遺伝子治療薬の開発を進める – ID27360 [2021/01/30]

Post Views: 31 目次1 IDファーマ2 アイロムグループの概要3 編集履歴 IDファーマ 株式会社IDファーマは、CROなどを手がけるアイロムグループの100%小会社で、先端医療関連の開発を担う。センダイウ […]

Page: 1 2 68
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

その他記事(ALL-RANDOM, ID:16786)

plugin, Synology, WordPress
[WordPress] 「AMP」まとめ – ID22520 [2021/02/11]

Post Views: 29 目次1 AMPの記事まとめ2 Google Search Console2.1 AMP3 AMPの「更新済みURL」が作成されない問題と対策4 編集履歴 AMPの記事まとめ AMPページに対 […]

eye, HEALTH
[健康] 白内障治療が謳われる点眼薬を海外のアマゾンから購入 – この活動も白内障手術によって終結する(CAN-C) – ID1029 [2020/06/18]

Post Views: 28 目次1 はじめに2 N-Acetylcarnosineという主成分のCAN-C3 課税価格4 CAN-Cを購入5 シッピング(輸出: Shipping)時6 クレジットカード?7 どこの国の […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
BIOLOGICS, education, mAb
[Bio-Edu] Fcエフェクター活性 – ADCC活性を増強するafucosylation技術 – ID15631 [2020/05/22]

IgG1のFc領域は、FcγRIIIaと結合親和性があり、その結合強度によってADCC活性が増強されます。この結合親和性の強さに影響するのが、Fc領域の糖鎖です。一般的にFc領域には、糖鎖結合部位がありますが、付加されている糖鎖として「フコース; fucose」含有量が少なければ、ADCC活性(エフェクター機能)が高まります。

スポンサーリンク
by Google Ads ID:11143(2)

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block