カテゴリー
BIOLOGICS cell education

[Bio-Edu] バイオ医薬品における生産細胞株の構築の方法 – ID5029 [2020/08/19]

本編 >

[Bio-Edu] バイオ医薬品における生産細胞株の構築の方法 – ID5029 [2020/08/19]
スポンサーリンク

by Google Ads ID:8603

細胞株の構築

最近のバイオ医薬品の生産細胞株構築フローを以下に示します。

Host Cell

目的のタンパク質を発現させるために使用する出発材料となる最適化された細胞

Transfection

遺伝の導入プロセス

Selection & Cloning

高い生産性と世代安定性を示すモノクローンを選択するプロセス

Cell Bank

MCBの候補となるセルバンク

Master Cell Bank (MCB)

Characterized cell bank/品質試験されて正式に決定した生産細胞株

Working Cell Bank (WCB)

Expanded MCB/マスターセルパンクの拡大培養により増やして、MCBと同様に品質試験されて正式に決定した生産細胞株。ルーチン製造に使用される。

生産細胞株の構築フロー

導入遺伝子の構築

  • gene配列の合成
  • Plasmid DNAの合成
目的遺伝子をのりしろ付きで合成し、Plasmidにパッケージする

制御遺伝子には、Promoter、Enhancer などがあり、高い生産性を目的とする。抗生物質耐性遺伝子は、目的遺伝子が正しく細胞に導入された場合、それと共に発現するため、抗生物質を添加した培地でも生き延びることが可能となる。遺伝子が導入できなかった細胞は、死滅させることができる。

遺伝子導入とは

遺伝子の導入 (transfection)するの目的は、ある細胞に目的遺伝子を導入(Transfection)することで、宿主細胞の力を借りて、その遺伝子にコードされている蛋白質を生産させることである。

どんな細胞を使うか

一般的に通常の細胞は寄り添います。たとえば、皮膚細胞は、それぞれの細胞は積み上がることなく横に広がる性質があります( monolayer cell ).

バイオ医薬品に使用される細胞は、1個1個の細胞が単独で浮遊するように改良が加えられており、細胞の培養において、個々の細胞に栄養分が均一に行き渡らせることが可能です。コントロールしやすい細胞になっています。

長い歴史の中で、HEK細胞、CHO細胞などが、遺伝子導入する細胞として適しているとして多くのバイオロジクスで使用されています。

原材料

細胞とPlasmid DNAについて

  • 1個の細胞を使って1のPlasmid DNAを、その細胞に導入できる技術は、世の中にはありません。
  • 細胞もPlasmid DNAも物理化学的に不安定な部類です。人工的な処理やある環境下では、一定の確立で死ぬか壊れてしまいます。
  • 実際の導入には、細胞やPlasmidが、死ぬか壊れるかを考慮し、確実に細胞に遺伝子を導入するために、細胞数として数十万個、あるいは数百万個を用意します。
  • 細胞の中に導入したいPlasmid DNAも細胞に対して等倍はあり得ず、複数倍を用意します。経験則も存在します。

導入 ( Transfection )

導入法の種類

  • リン酸カルシウム
    • リン酸カルシウム溶液とPlasmid DNA複合微粒子を細胞に混和すると、プラス荷電化によりマイナス荷電している細胞膜表面に結合し、その後、エンドサイトーシス機構で取り込まれる
  • 陽イオン性脂質 (lipofection*1)
    • Plasmid DNAを包含したリン脂質と細胞膜が膜融合する原理で導入する
    • 試薬 ThermoFisher
  • マグネットフェクション (magnetofection)
    • 作製した磁気ナノパーティクルとPlasmid DNAの結合物を、底に沈めた細胞がある容器に注入し、細胞へ向かうように容器の下から磁気をかけて導入する
    • 試薬 funakoshi
  • エレクトロポレーション (electroporation)
    • エレクトロトランスポレーターを使用して電気のパルスをかけて細胞膜に小さな穴を開けてPlasmid DNAを導入する
    • 装置 参考記事*
  • ウイルス (virus vector)
    • 原理的にはLipofectionと類似。包含体としてのキャリアとしてウイルスを使われる。retrovirusなどが使われる

参考記事

[Bio-Equipment] Transfection for Plasmid to cells – ID8653

遺伝子導入装置 バイオ医薬品の目的タンパク質をコードする遺伝子を産生細胞株に注入する装置 MaxCyte ExPERT 遺伝子導入装置 (MaxCyte) https://kiko-tech.co.jp/products […]

続きを読む

遺伝子導入から細胞株構築まて

遺伝子増幅

スポンサーリンク

by Google Ads ID:19417(C)

生産量を増加させるには、導入遺伝子の増幅が行われるDHFR(Dihydrofolate reductase)系、GS(Glutamine synthetase)系などがある。

  • DHFR
    • DHFRの拮抗剤である MTX(methotrexate)の添加
    • dhfr 遺伝子が増幅す る現象を利用
    • dhfr 欠損 CHOを使用する
      • DG44
      • DXB11
    • 増幅方法 : MTX の濃度を徐々に上げていく

蛋白質科学会アーカイブ, 2, e050 (2009)

http://www.pssj.jp/archives/files/articles/050.pdf

スクリーニングとクローニング

スクリーニングとモノクローニングは、手法によって前後することができる。

スリーニング

スクリーニングの目的

染色体DNAに導入された数十・数百万個の細胞には、以下のような違いが生じます。それを均一な集団にしていく作業がスクリーニングです。

  • 導入操作によって死んでいたり、弱っているいる細胞が混在している
  • 導入位置よっては、今は死んでいないが、数世代の分裂増殖によって細胞が弱わり死んでしまう細胞が混在している
  • 目的遺伝子による目的蛋白質の生産性が低い細胞が混在している
  • 元気がよく、目的蛋白質の生産性が高い細胞が非常に低い確立で含まれている

スクリーニングの操作

  • まだ、クローンになっていない段階をプール(株)といいます。トランスフェクション後の細胞について、大まかな集団を一塊として、選別を行なっていきます。
  • 選別基準
    • 高い細胞増殖性 : 組み込んだ遺伝子により、生産される目的物質の生産量が培養当に多くなる
    • 高い培養期間生産性 : 一定の培養期間で高い生産性により、生産される目的物質の生産量が培養当に多くなる
    • 培養安定性 : スクリーニング過程では、継時的な培養が進められます。その過程では、細胞の世代数が進んで行きます。即ち老化です。すると、死んでいくプールもあり脱落します。元気に生きていくプールが残って行きます

クローニング

クローニグの目的

スクリーニングによって元気が良く、目的蛋白質の生産性が高い細胞について、何種類かを選別できたあと、1つの細胞から増やしてクローン株として取得します。

クローニングの操作

  • 先ずは、目的達成のために、処理する母数を増やす
  • 最終的には、1個の細胞のみを小さい容器に振り分ける操作の実施(限界希釈法)
    1. 数十個から数百個の細胞プールとして小さい容器に振り分ける(数千から数万プール)
    2. 培養装置により増殖させて元気がいい細胞プールを選別する。
    3. 1と2を何回か繰り返し、細胞プールを数十に絞る
    4. 限界希釈法により計算上1の細胞になるよう容器に振り分ける
    5. 元気が良いものを選び、生産性も高い10個程度の方法細胞を選出する
    6. 最終的には、生産する蛋白質の品質を確認し良い細胞1つに決定する。
    7. 選んだ細胞がモノクローンであることを確認する。

Cell Bankの調製

限外希釈により、1個の細胞しか、1の培養ウェルに入っていないことを確認して、拡大培養させます。ある程度の細胞数が得られたたら、それをCell Bankとして、クリオバイアルに分注して、液体窒息保管します。

細胞融合法

トラディショナルな技術です。

ELISA用の抗体など、試薬に使用する抗体は、マウス由来の免疫抗体がほとんどです。ずいぶん昔では、このような抗体でもそのままか、抗体のフレームにヒトの配列と差し替えたりしてキメラ化した抗体が、医薬品として使用されていたこともあったようですが、免疫原性の問題を解決すべく、最近の抗体医薬は、完全ヒト化がほとんどです。

細胞融合法による抗体産生細胞株の作成方法の概要は以下の通りです。

  • 細胞融合法の手順
    • 抗原取得(精製品)→
    • 動物に接種(免疫)→
    • サクリファイ→
    • 抗体産生細胞の取得(脾臓)→
    • 不死化細胞と細胞融合(ミエローマ; SP2/0, etc)→
    • ハイブリドーマ(hybridoma cell)→
    • スクリーニング→
    • 増殖性を獲得した抗体産生モノクローナル細胞
  • 細胞融合法には。
    • 融合効率は、1e-6 ~ 1e-4 (細胞1万個から100万個から1個)
    • PEG法
    • 電気融合法 (以下に最初の文献リンク)

高効率細胞融合技術の開発

https://www.tosoh.co.jp/technology/assets/2009_02_02.pdf

Human Hybridoma Cells Produced by Electro-Fusin
FEBS Letters, Vol.147, Issue 1, 1982

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/6982832/

用語

*1: Lipofection : DNAを封入した脂質二重膜を細胞と接触させて、膜融合の現象により、DNAを細胞内に取りませんるTransfection手法の1つ

スポンサーリンク
  • by Amazon ID13339
  • by Amazon ID19245
  • by Amaozn ID13196
  • by Amazon ID13211

参考文献

徹底網羅!トランスフェクションにおける化学的手法、生物学的手法、物理的手法まとめ

https://www.thermofisher.com/blog/learning-at-the-bench/gene-delivery-technologies/

MATra-Magnet Assisted Transfection / Lipofection - マグネットフェクションとリポフェクションの原理に関する参考文献

https://www.nacalai.co.jp/update/pdf/Information-441-light.pdf

MSD マニュアル プロフェッショナル版 – 医療についての情報サイト

https://www.msdmanuals.com/ja-jp/プロフェッショナル

MSD マニュアル 家庭版 – 医療についての情報サイト

https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム

3.遺伝子導入と発現シリーズ 遺伝子導入と発現(1),

https://www.jstage.jst.go.jp/article/manms/7/2/7_2_92/_pdf

安定型細胞株作成のガイドライン

http://www.lonzabio.jp/tech/pdf/tech_12.pdf

トランスフェクション手法の紹介・比較

https://www.funakoshi.co.jp/contents/65100
編集履歴
2020/01/11 はりきり(Mr)
2020/04/23 追記 (Cell Bankの調製)
2020/06/26 追記 (細胞融合法によるHybridoma cell取得)
2020/08/19 追記 (構築フロー)

ここまで

< 本編はここまで。

Update ID21920

AAV, BIOLOGICS, company, COMPANY-FAVOR, GENETHOD
気になる企業 – GENETHOD – ID5079

GENETHONとBRAMMERの共同発表 目次1 GENETHON2 Brammer Bio GENETHON 参考文献1 (2015)からの発表 フランスのエブリーにあるGenethonは、フランスの筋ジストロフィー […]

BIOLOGICS, company, COMPANY-FAVOR, Merck
気になる企業 – Merck.com – 主力製品は、抗PD-1抗体 (Keytruda) – ID18051 [2020/06/23]

目次1 Merck2 製品ラインナップ Merck Merckは、ドイツとアメリカにあり、それぞれ別の会社です。第一次世界大戦時に、政治的理由でアメリカに押収されたのが、現在、アメリカにあるMerckです。 製品ラインナ […]

AAV, BIOLOGICS, education, gene-therapy
[Bio-Edu] Plasmid – バイオロジクスには欠かせないトラディショナルな遺伝子組換え技術、そして rAAVを作るまで! – ID12915 [2020/08/05]※

目次1 はじめに2 まずは、遺伝子組換え技術2.1 大腸菌とPlasmid2.2 制限酵素2.3 DNAリガーゼ (ligase)3 大腸菌にタンパク質を作らせる4 Competent Cell4.1 製品4.1.1 X […]

BIOLOGICS, mAb
[抗体/情報] 年々増える抗体医薬 – Antibody Societyでは抗体医薬がリストされている – ID15492 [2020/05/08]

目次1 Antibody Societyサイトの紹介2 編集履歴 Antibody Societyサイトの紹介 抗体医薬の承認数は増加するばかりです。バイオ紙ミラー以外の新薬に関する承認済みやレビュー中のリストは、「An […]

plugin, Synology, WordPress
[WordPress] 自宅NASに設置のWordPressのプラグイン更新を出先から行う場合に、毎回出てくるパスワード入力を省略する設定 – ID89

出先から自宅NASのWordPressのプラグインを更新する 自宅に設置したDS918+にWordPressを立ち上げています。既にWordPressにログインしていても、WordPressのプラグイン更新には,デフォル […]

analysis, BIOLOGICS
[Bio-Edu] 進化するPCR – droplet digital PCRまで – 原理を解説する ID19081 [2020/07/16]

PCR Polymerase chained reaction デジタルPCRとは。そして更に、ドロップレットPCRの原理は、シンプルで美しい。 ~20,000ウェルの微細なナノウェルにDNA分子をランダムに分配する 0 […]

スポンサーリンク

by Google Ads ID:19417(C)

最新記事(Biologics, ID:14673)

BIOLOGICS, education, KNOWLEDGE
[Kw] 脳下垂体 – 6つのホルモンを分泌 – ID18055 [2020/06/23]

脳下垂体 脳下垂体からは6つのホルモンが分泌される。 成長ホルモンsource (脳下垂体→) Growth Hormone →(肝臓→) IGF-I → (細胞の受容体) source: wikipedia 甲状腺刺激 […]

BIOLOGICS, company, COMPANY-FAVOR, Merck
気になる企業 – Merck.com – 主力製品は、抗PD-1抗体 (Keytruda) – ID18051 [2020/06/23]

目次1 Merck2 製品ラインナップ Merck Merckは、ドイツとアメリカにあり、それぞれ別の会社です。第一次世界大戦時に、政治的理由でアメリカに押収されたのが、現在、アメリカにあるMerckです。 製品ラインナ […]

AAV, BIOLOGICS, gene-therapy
[Bio-Edu] AAV血清型別の組織別の感染親和性 – ID18048

目次1 AAVの特徴1.1 AAV血清型の違いによる組織別の感染親和性 AAVの特徴 AAV の遺伝子はAAVS1遺伝子座にインテグレートしますが、rAAV vectorでは、2つの遺伝子を除去しているためインテグレート […]

AAV, BIOLOGICS, education, gene-therapy
[Bio-Edu] Plasmid – バイオロジクスには欠かせないトラディショナルな遺伝子組換え技術、そして rAAVを作るまで! – ID12915 [2020/08/05]※

目次1 はじめに2 まずは、遺伝子組換え技術2.1 大腸菌とPlasmid2.2 制限酵素2.3 DNAリガーゼ (ligase)3 大腸菌にタンパク質を作らせる4 Competent Cell4.1 製品4.1.1 X […]

BIOLOGICS, culture, education, production
[Bio-Edu] バイオロジクスの培養プロセス技術移管 -スールアップで考慮すべき項目 – ID17887 [2020/06/20]

目次1 培養のスケールアップ1.1 目的1.2 考慮事項1.3 インプット因子1.4 アウトプット因子1.5 手段2 Bioreactorのスケールアップ3 ambrを使用したスケールアップ・パラメータの設定4 検討内容 […]

Page: 1 17 18 19 62
スポンサーリンク

by Google Ads ID:19417(C)

最新記事(Education)

その他記事(ALL-RANDOM, ID:16786)

AAV, AVIGEN, BIOLOGICS, company, COMPANY-FAVOR
気になる企業 – AVIGEN – Genezymeに買収 – ID11266 [2020/03/03]※

現在は、Avigen社は存在しない。 遺伝子治療薬の開発ベンチーであった「Avigen」社は、Genezymeに買収されており、現在は、存在していない。 Genzymeは、Sanofiと合併している Sanofi Gen […]

BIOLOGICS, equipment-harvest, filter, process, production
[Bio-Process] ハーベスト工程・培養上清の回収 – ID8290

目次1 Bio-Process-Harvest2 考慮事項 Bio-Process-Harvest BioreactorによるProductionの後、細胞を取り除く工程がHarvestである。 Merck Millip […]

KNOWLEDGE
[Kw] ユトランド/デンマーク/バイキング : アニメ「ビィンランド・サガ」を題材にして – ID13609

目次1 バイキングについて、アニメで学ぶ2 ビィンランド・サガ2.1 登場人物名と歴史上の人物名 バイキングについて、アニメで学ぶ アニメ「ヴィンランド・サガ」は、HNKで放送されたらしいですが、僕は、Amazon Pr […]

anime, LIFE
[Anime] 棺姫のチャイカ – 12話+10話 – ID19266 [2020/07/12]

目次1 棺姫のチャイカ1.1 OPテーマ1.2 EDテーマ 棺姫のチャイカ 2014年作のアニメです。飽きることもなく4日間で視聴完了。面白かった OPテーマ n/a EDテーマ n/a 今のamazon Primeから […]

BiaSeparations, BIOLOGICS, company, COMPANY-FAVOR, purification
気になる企業 – Bia Separations – バイオ医薬品開発で次世代モダリティーに適用するモノリス・カラム製品 – mRNAやAAV精製 – ID7262 [2020/09/20]

目次1 BIA Separations2 次世代モダリティ医薬品2.1 mRNA2.2 AAV3 製品3.0.1 分析用カラム3.0.2 製造用カラム3.0.3 スクリーニングカラム BIA Separations ht […]

ear, HEALTH
[健康] 難聴について – 伝音性と感音性の両方に関わる混合性難聴 – ID1025

目次1 伝音性難聴2 感音性難聴 伝音性難聴 外耳と中耳は伝音性に関わっている。伝音性難聴である場合、手術で改善できることが多いらしい。 感音性難聴 内耳は感音性に関わっている。感音性難聴である場合、治療は困難である。

Page: 1 17 18 19 135
スポンサーリンク

by Google Ads ID:19417(C)
スポンサーリンク

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block

スポンサーリンク

by Google Ads ID:19430 (D)