カテゴリー
AAV BIOLOGICS education

[Bio-Edu] rAAV vectorの製造・品質に関するリフレクションペーパー – △[2019/07/21]

[Bio-Edu] rAAV vectorの製造・品質に関するリフレクションペーパー – △[2019/07/21]

ID1065

スポンサーリンク: ID6183593457

リフレクションペーパー

リフレクションペーパーとは、その後成熟してガイドラインとなる。

日本のpmdaは、遺伝子治療用製品についてのリフレクションペーパー(総19ページ)を発行した。

参考となる欧米ガイドライン

スポンサーリンク
by Rakuten ID:15895

Guideline on the quality, non-clinical and clinical aspects of gene therapy medicinal products – 22 March 2018 EMA/CAT/80183/2014 – EUROPEAN MEDICINES AGENCY –

1. Draft at April 2014
2. Adoption by CAT at February 2018
3. Adoption by CHMP at March 2018

https://www.ema.europa.eu/en/documents/scientific-guideline/guideline-quality-non-clinical-clinical-aspects-gene-therapy-medicinal-products_en.pdf

EMA, 2011, 遺伝子治療用製品の設計変更

FDA, 2018, 遺伝子治療用製品の製法変更を含めた考え方をしめしたが、基本的にはバイオ医薬品のICH Q5Eに沿った同等性評価を求めている。

  • ベクターゲノムのIntegryty
  • ベクターの翻訳後修飾
  • 安全性評価: 感染細胞での持続発現性
  • カルタヘナ対応

ispe.gr.jp – EMAからの最新のガイドライン

https://www.ispe.gr.jp/ISPE/05_fda_issue/05_08.htm

Cellular & Gene Therapy Guidances

関連のガイダンスが1998年から最新の2020までが収録されている

1. Vectorに関して3件
2. 製造関連で2件
3. Human Cellに関して3件
4. その他

https://www.fda.gov/vaccines-blood-biologics/biologics-guidances/cellular-gene-therapy-guidances

スポンサーリンク: ID4219953367

編集履歴

2019/07/21, Mr. Harikiri

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

guideline

[Bio-Edu] Bio Safety Levelとは – 遺伝子組換え実験と輸送など – カルタヘナ法に関わる – ID144 [2020/10/28]

レフレクションペーパー

スポンサーリンク ID 7130582967

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block