カテゴリー
AAV BIOLOGICS cell

[Bio-Vector] 人工染色体 – 目的細胞に導入して安定発現細胞株を作る – AAVベクターの生産株として適用できるのか? – chromocenter/TaKaRa – ID26979 [2021/01/15]

はじめに 遺伝子組換えで目的物を作る方法には、一過性発現と安定発現細胞株を使う方法があります。目的物が1種類の場合、例えは抗体医薬の場合、殆どは一過性発現ではなく安定発現細胞株を樹立し製造に使用されます。 遺伝子治療で使 […]

カテゴリー
BIOLOGICS gene-therapy

[Gene Therapy] AAV Vectorの特徴、および他のベクターとの比較 / その他、参考文献 / ID444 [2021/01/04]

はじめに ウイルスベクター 遺伝子治療用のウイルスべクター(非増殖性)は、ウイルスが細胞に感染する機構を利用して、組み換えた遺伝子を細胞内に導入できる レトロウイルス 染色体への組み込み : 有り(挿入変異) 構造 エン […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS company COMPANY-FAVOR oxgene

気になる企業 – Ultragenyx – ID23062 [2020/10/09]

Ultragenyx Pharmaceutical Inc. Headquarter : 60 Leveroni Court Novato, CA 94949, United States ホームページ クリニカル・ステ […]

カテゴリー
BIOLOGICS education HEALTH

[Virus-Edu] 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染機序 – ID20003 [2020/07/27]

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染機序と、その感染機序から感染を阻止できると考えられるポイントに対して作用する、治療薬剤について同時に解説する。

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染機序と、その感染機序から感染を阻止できると考えられるポイントに対して作用する、治療薬剤について同時に解説する。

カテゴリー
BIOLOGICS vaccine

[Vc] アデノウイルス・ベクター・ワクチンとは – 新型コロナウイルスのワクチン開発で威力を発揮する – 必要な遺伝子のみを残す試行錯誤で、現在は第三世代 – ID19393 [2021/02/26]

アデノウイルス・ベクターにいて、複数の文献を網羅的にレビューした英語の文献を基に、アデノウイルス・ベクターは、HEK293細胞と依存関係があり、その歴史的な成り立ち、免疫原性や細胞毒性の低減化改善の歩みとして、第一世代から現在に至る第三世代までのベクターの特徴について解説した。

アデノウイルス・ベクターにいて、複数の文献を網羅的にレビューした英語の文献を基に、アデノウイルス・ベクターは、HEK293細胞と依存関係があり、その歴史的な成り立ち、免疫原性や細胞毒性の低減化改善の歩みとして、第一世代から現在に至る第三世代までのベクターの特徴について解説した。

カテゴリー
AAV BIOLOGICS gene-therapy

[Bio-Edu] AAV血清型別の組織別の感染親和性 – ID18048 [2020/06/23]

AAVの特徴 AAV の遺伝子はAAVS1遺伝子座にインテグレートしますが、rAAV vectorでは、2つの遺伝子を除去しているためインテグレートされません.又、エピソーム(episomal)のままであり、非分裂細胞( […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS catalent CMO company COMPANY-FAVOR

気になる企業 – Catalent Biologicsの特徴は、retrovectorを使うGMEx技術による高生産性 – ID12544 [2020/08/05]

Catalent Biologics 2019年の売り上げは、約2,520億円 source 2022年からBloomington Siteの拡張オープン バイオロジクスにおいて、生産株の構築技術に関してretrovec […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS genome-editing reference

[ゲノム編集] デュアルAAVデリバリーシステムによるマウスのデュシェンヌ型筋ジストロフィーの治療研究 (CRISPR-Cas9を補助する) – ID9877 [2020/08/22]

ジュジェンヌ型筋ジストロフィーの治療薬の研究として、AAVを活用したゲノム編集型遺伝子治療研究の文献を概説し、既に市販されているアンチセンス核酸医薬品の作用機序などを示して、筋ジストロフィーという希少疾患を知る。

ジュジェンヌ型筋ジストロフィーの治療薬の研究として、AAVを活用したゲノム編集型遺伝子治療研究の文献を概説し、既に市販されているアンチセンス核酸医薬品の作用機序などを示して、筋ジストロフィーという希少疾患を知る。

カテゴリー
AAV BIOLOGICS CMO company COMPANY-FAVOR vigene

気になる企業 – Vigene Biosciences – GMP準拠のPLCサービス – ID3756 [2020/12/22]

Vigene Home Page : Vigene Biosciences 下表に示したように独自に開発したProducer Cell Lineを持っている source Cell Line Platform Cultu […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS production

[rAAV] rAAVのUSP/DSP – 製造方法 – emptyとfullの比重, 2015 – SM-ID2585 [2019/10/05]

rAAVの製造 2015年時点のrAAV製造、Upstream, Downstreamに関するReview文献. 基本情報 目的の遺伝子をAAVに包含させて作ったAAVベクターが、遺伝子治療薬になります。ここで、目的の遺 […]