カテゴリー
AAV BIOLOGICS formulation patent

[rAAV] 製剤組成 – rAAV8の製剤組成 – 特許文献から – ID7881 [2020/01/23]

[rAAV] 製剤組成 – rAAV8の製剤組成 – 特許文献から – ID7881 [2020/01/23]
  • 優先権: US
  • 公開特許公報(A) 2019-537578
  • 公開日 2020/01/12
  • 審査請求 未
  • 予備審査請求 未
  • 出願人 BAXALTA INCORPORATED

特許の流れ

  • 液体及び凍結乾燥
  • 5mM ~ 25mM L-Histidine, 0mM~150mM NaCl, 0.001%(w/v)~0.1%(w/v) Polysorvate 80, 1% ~ 10% (w/v) Sucrose and/or トレハロース (Glycine or mannitol)
  • AAVを含む医薬組成物
  • 出血性疾患を治療する方法
  • pH6.9~7.7 (7.0 ~ 7.5)
  • PS80: Croda SuperRefined (商標)
  • AAV1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10
  • AAV8 (本名)
  • 容器への吸着を防ぐ、分解凝集の抑制
  • 凍結乾燥では、30mM~70mM Glycine (実施例のほとんどにGlycineが含まれる)
  • Lypではね含水率0.2%以下(カールフィッシャー滴定法)

実施例

  • 10mM L-Histidine, 20mM NaCl, 0.005% PS80, 5% トレハロース, 50mM Glycine → 凍結乾燥
  • 10mM L-Histidine, 100mM NaCl, 0.005% PS80, 5% トレハロース, 50mM Glycine → 液体製剤

安定性が高い例(粒子サイズ別粒子数の変動が少ない)

  • Buffer-1: Chatham buffer, 0.005% pS80(Osm 990)
  • Buffer-2: 20mM Histidine, 70mM NaCl, 5% Sucrose, 0.005% PS80, pH7.5 (Osm 309)
  • 5℃、-20℃, -60℃
  • 製剤4の組成: 10mM L-Histidine, 100mM NaCl, 50mM Glycine, 5% Toreharose, 0.005% Croda super refined Tween80, pH7.0

分析

  • SDS-PAGE
  • WAX(弱陰イオン): 完全カプシド測定
  • SEC
  • in vitro生物活性
  • in vivo生物活性
  • FIX-qPCR (第9因子)
  • rAAV8 ELISA
  • 外観
  • pH
  • Polysorbate 80

AAV2は人のゲノムの染色体19q13.4中に組み込まれて潜伏するDNS Virus

rAAVの特徴:

  • ウイルス複製に必要なRep遺伝子の除去
  • 部位特異的組込みに必要な因子の除去
  • 染色体外状態で存在する
  • ゲノムDNAへの組み込み効率は非常に低い

先行文献

  • Data and Berns, Clinical Microbiology Reviews, Pages 583-593 (2008)

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

スポンサーリンク ID 7130582967

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block