カテゴリー
BIOLOGICS company mRNA

気になる企業 – Sanofi – 新型コロナワウイルス・ワクチンの開発を組換えタンパク質ベースとmRNAで臨床試験が進められている – ID20840 [2021/03/12]

気になる企業 – Sanofi – 新型コロナワウイルス・ワクチンの開発を組換えタンパク質ベースとmRNAで臨床試験が進められている – ID20840 [2021/03/12]

Sanofi

  • France (54, rue La Boétie 75008 Paris)、Home Page
  • 2019年の売り上げは、€36.1 bn (約4.4兆円)
  • Insulin製剤の3大メーカーの1つ
  • Insulin plant
  • Sanofi-Aventisの社名は、2012年まで
  • ビジネスユニット
    • Sanofi Genyme
    • Sanofi Pasteur

Sanofi Pasteur

Sanofi Pasteurは、Sanofi社のワクチン部門です。

mRNAによるSARS-Cov-2ワクチン

Translate Bio (NASDAQ:TBIO) 社と共同で開発していた新型コロナウイルス(Sars-Cov-2)に対するmRNAワクチン (MRT5500) の動物試験のデータが出てきました。

マウスとカニクイザルでのデータです。3週後に2回目を投与することで更に中和抗体価は高まり(セロコンバージョン)ました。この結果を受けて、2020/Q4から、ヒトでの臨床試験(P1/2)が開始されるようです。source

  • Sタンパク質
    • 2つの変異
      • 2P : 細胞膜結合前の状態に関わる変異
      • GSAS : 宿主細胞が分泌するfurinによる切断による変異
  • 前臨床(マウス)
    • 3週間間隔で2回のワクチン接種
    • 投与量 : 0.2、1、5、および10 µg
  • 前臨床(非ヒト霊長類; NHP)
    • 3週間間隔で2回のワクチン接種
    • 投与量 : 15、45、および135 µg
    • 力価測定 : 2種類の中和アッセイ
      • 偽ウイルス中和
      • マイクロ中和
    • 結果
      • 最初の投与後、NHPの大部分はSARS-CoV-2スパイクタンパク質に反応する中和抗体が確認された
      • 抗体価は2回目の投与後にさらに増強され、NHPの100%が日ごとに増加し、投与開始後35日までは、ヒトの回復期血清の抗体価よりも有意に高いレベル達した
  • Th1細胞の応答優位が示された。Th1(細胞性免疫, ヘルパーT細胞、CD4+)、Th2(液性免疫)

MRT5500の進展

2021/03/12, mRNACOVID-19ワクチン候補の第1/2相臨床試験を開始)

  • 前臨床データが高い中和抗体レベルを示した後の安全性、免疫応答および反応原性を評価するための臨床試験
  • 415人の参加者を登録する予定。
  • 2021年第3四半期に予想される中間結果
  • 並行して、新たなSARS-CoV-2変異体に対する追加のmRNA候補を評価するための前臨床試験が進行中。

組換えタンパク質ベースによるSARS-Cov-2ワクチン

mRNAとは別の季節性インフルエンザ・ワクチンと同じ技術である「組換えタンパク質」ベースのSARS-Cov-2ワクチンについても、GSKと共同開発しています。GSKのアジュバントとの組み合わせで、9月にP1/2が開始されています。

Sanofi Genzyme

  • US, サイト
  • 2011年にGenzymeは、Sanofiに吸収されてビジネスユニットとなった source
  • ビジネスユニット領域
    • 日本では、希少疾患領域、希少血液疾患領域、オンコロジー領域、免疫領域、リウマチ領域の5つ
  • Genzymeは、2005年に遺伝子治療薬開発のAvigen, Incの技術を取り込んでいる
  • 製品
    • Aldurazyme (laranidase)
    • Alprolix (Coagulation Factor IX)
    • Aubagio (teriflunomide)
    • Cablivi (caplacizumab-yhdp)
    • Cerdelga (eliglustate) capsules
    • Cerezyme (imiglucerase for injection)
    • Clolar (clofarabine injection)
    • Dupixent (dupilumab) injection
    • ELITEK (rasburicase)
    • Eloctate (Anthihemophilic factor(Recombinant), Fc Fusion Protein
    • ELOXATIN (oxaliplatin)
    • Fabrazyme (agalsidase beta)
    • JEVTANA (cabazitaxel)
    • KEVZARA (sarilumab) injection
    • LEMTRADA (alemtuzumab
    • LIBTAYO (cemiplimab-rwlc) injection
    • Lumizyme (alglucosidase alfa)
    • Sarclisa (isafuxamab-irfc) injection for Intravenous Use
    • TAXOTERA (docetaxel) injection
    • ZALTRAP (ziv-aflibercept) injection for intravenous injusion
  • 開発品
    • 19のmAbの免疫疾患(biosimilar,その他)
    • 23のmAbのガン領域(ADC含む)
    • その他mAb(to C1s, etc)
    • RNAi
    • small molecle

Sanofi Genezyme

https://www.sanofi.co.jp/ja/about-us/product/genzyme

Division of MediciNova Inc.
www.avigen.com : 今はもう無い

Avigen, Inc.’s Gene Therapy Technology Acquired By Genzyme Corporation

https://www.biospace.com/article/releases/avigen-inc-s-gene-therapy-technology-acquired-by-genzyme-corporation-/

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

COVID-19

今日の英語 – COVID-19蔓延防止阻止対策の解除 – to lift COVID-19 quasi-emergency measures nationwide [2022/03/16]
[健康] 新型コロナウイルス感染後の後遺症について [2022/01/08]
[COVID-19] オミクロン株 – 感染力が強いBA.1、更に感染力も重症化リスクも強いとされる亜型のBA.2も日本で検出さた – スパイクタンパク質に30か所の変異 [2022/02/27]
[COVID-19] ファイザーが開発している飲む治療薬 ritonavir (Paxlovid) – EUの当局(EMA)が臨床データ検討を開始 [2021/11/19]
[COVID-19] 飲む治療薬 Molnupiravir (Lagevrio) – EUの当局(EMA)が各国に対して使用に関するアドバイスを発行した [2021/11/19]

sanofi

[Kw] Novo Nordisk, Lilly、および Sanofiの3社はInsulin製剤を寡占している – ID690
スポンサーリンク ID 7130582967

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block