カテゴリー
BIOLOGICS medicine product

[抗体医薬] デュピクセント; dupilumab – アトピー性皮膚炎 – Regeneron/Sanofi、個人的には画期的な医薬品と思ったが、薬価はそうは判断していない – ID3809 [2020/05/21]

[抗体医薬] デュピクセント; dupilumab – アトピー性皮膚炎 – Regeneron/Sanofi、個人的には画期的な医薬品と思ったが、薬価はそうは判断していない – ID3809 [2020/05/21]
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID23293
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

デュピルマブ

SanofiとRegeneronの製品。適応症は重症のアトピー性皮膚炎

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
  • 抗体医薬
  • IgG4
  • 炎症性サイトカインのIL-4とIL-13の過剰な働きを抑制する、抗IL-4/IL-13受容体抗体 source: pmda 非臨床概要
    • IL-4Rαサブセットに対する抗体
    • IL-4Rαに結合することで、I型受容体とII型受容体によるシグナル伝達を疎外する
    • I型受容体(IL-2RγとIL-4Rα複合体)
    • II型受容体(IL-13Rα1とIL-4Rα)
    • IL-4シグナル伝達、IL-13シグナル伝達を阻害する
  • ステロイド外用薬との併用も可能

アトピー性皮膚炎に抗体医薬登場 (引用、日経メディカルより)

Regeneron 社(売上高約80億ドルInvesting.com調べ)が開発したデュピルマブ(商品名デュピクセント皮下注300mgシリンジ, 薬価83152円, 2019/12現在、サノフィ販売)は、アトピー性皮膚炎治療薬(AD)として、2018年1月19日に製造販売承認がなされた。用法用量は、成人に対して初回は600mgを投与し、その後2週間隔で300mgを投与する。

IL-4, IL-13の受容体

  • Th2細胞がIL-4とIL-13を放出
  • 刺激を受けたB細胞は、IgEを放出
  • IgEはマスト細胞に結合し、そのIgEにアレルゲンが結合
  • 刺激を受けたマスト細胞は、Histamine, Leukotrieneを放出
  • 気道過敏を生じる source, 2003
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

EUでは、

スポンサーリンク
by Rakuten ID:15895

2017/09/28, SanofiとRegeneronは、EUで重症のアトピー性皮膚炎の成人患者に対する抗体医薬としてdupilumabの承認取得を発表したsource

編集履歴
2019/12/03 はりきり(Mr)
2020/05/21 追記(薬価改定)
2020/06/25 追記 (I及びII型受容体、EUでの承認取得)

スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

ジュピクセント

(150mg/mL x 2mL, 300mg)

薬価

2019/12現在¥83,152
2020/03改定¥66,356
https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00067283

Advice

 AD (atopic dermatitis)は、掻くことで更に増悪し、2型炎症反応による皮膚の炎症反応、活性化Th2細胞から産生されるサイトカイン(IL-4、IL-13)によって、引き起こされる。

無名の空売り投資家が小規模バイオ株で大当たり-臨床試験失敗で急落 (引用,Bloombergより)

スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

参考情報

デュピルマブと同じ適用症(アトピー性皮膚炎)を狙ったAnaptysBio社が開発していた「エトキマブ」は、Phase 2b (ATLAS)で主要評価項目を達成できなかった(2019/11/8発表)。

スポンサーリンク
  • by Amazon ID13211
  • by Amaozn ID13196

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

AD

[抗体医薬] デュピクセント; dupilumab – アトピー性皮膚炎 – Regeneron/Sanofi、個人的には画期的な医薬品と思ったが、薬価はそうは判断していない – ID3809 [2020/05/21]

AnaptysBio

[抗体医薬] デュピクセント; dupilumab – アトピー性皮膚炎 – Regeneron/Sanofi、個人的には画期的な医薬品と思ったが、薬価はそうは判断していない – ID3809 [2020/05/21]

Regeneron

気になる企業 – Regeneron – 2つのモノクローナル抗体(カクテル)でCOVID-19治療 – [2020/10/05] ID15697
[抗体医薬] デュピクセント; dupilumab – アトピー性皮膚炎 – Regeneron/Sanofi、個人的には画期的な医薬品と思ったが、薬価はそうは判断していない – ID3809 [2020/05/21]

アトピー性皮膚炎

[抗体医薬] デュピクセント; dupilumab – アトピー性皮膚炎 – Regeneron/Sanofi、個人的には画期的な医薬品と思ったが、薬価はそうは判断していない – ID3809 [2020/05/21]
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID24747
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

Update ID21920

security, Synology, WordPress
[Synology] NAS/Router ログ・センターは、毎日1回は見るべし – サーバーへの総当たり攻撃を発見、システムのログイン制限の適切な設定と自動ブロック- ID16720 [2020/06/06]※

目次1 はじめに1.1 Log Center2 対策2.1 DS918+のアクセス制限の適切な設定2.2 設定例2.2.1 例12.2.2 例22.2.3 例33 設定の効果4 メール通知5 永遠にブロックする6 まとめ […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
english
今日の英語 – クリスマスカードに書く – happy new year – ID6507 [2021/01/22]

目次1 happy new year2 編集履歴 happy new year 以下は、チャレンジです。あえて日本語の1つの文章にはしません。文節毎に訳して見ます。その方が、日本語に囚われずにすみ、理解が進むからです。 […]

HEALTH
[COVID-19] 最近知った情報のまとめ(1) – ID27016 [2021/01/16]

肺に直接入ったウイルスは、肺の細胞に感染するため、ワクチンで生成された血中に存在する抗体の効果は限定的である 鼻に付着したウイルスは、ゆっくりであるが血中に入り込むなどして、血中に存在する抗体により弱毒化の可能性が、肺感 […]

AAV, BIOLOGICS, Charles River, COMPANY-FAVOR
気になる企業 – Charles River – ID14016 [2021/01/21]

目次1 Charles River1.1 サービス2 編集履歴 Charles River チャールスリバーはCROです.医薬品の研究開発のあらゆる段階のサポートをしてくれます.バイオロジクスでは,20,000以上の試験 […]

AAV, BIOLOGICS, cell
[Bio-Vector] 人工染色体 – 目的細胞に導入して安定発現細胞株を作る – AAVベクターの生産株として適用できるのか? – chromocenter/TaKaRa – ID26979 [2021/01/15]

目次1 はじめに2 ウイルスベクターの新たな作り方3 人工染色体の特徴4 人工染色体の構造5 遺伝子搭載サイズ6 従来ベタクーとの比較7 chromocenter社の方法7.1 ドナー細胞の作成7.1.1 1. 挿入型遺 […]

BIOLOGICS, key-word
[用語] HEK293細胞 – その他派生種の概説 – ID24370 [2020/12/22]

目次1 HEK293細胞2 派生種2.1 HEK293T2.2 HEK293H2.3 HEK293E2.4 HEK293S2.5 HEK293F2.6 HEK293FT2.7 HEK293FTM2.8 HEK293SG2 […]

更新された投稿の最新順

スポンサーリンク
  • by Amazon ID19245
  • by Amazon ID13339
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

最新記事(Biologics, ID:14673)

analysis, BIOLOGICS, equipment-chromato, vaccine
[Bio-Equip] 培養シャーレ – セルスタック ; CellSTACK – [2021/01/20] ID27145

セルスタック Corning CellSTACK培養チャンバー。プラスチック製の接着細胞用の多段の培養シャーレです。 5段の製品 : Cell STACK5 培養面積 : 3,180cm²  注入口 : 直径 […]

BIOLOGICS, manufacturing, safety
[用語] pharmacovigilance 安全性情報管理 – ID27100 [2021/01/19]

目次1 pharmacovigilance; 安全性情報管理2 編集履歴 pharmacovigilance; 安全性情報管理 製薬会社における薬の安全性に関わる業務を意味します。医薬品の適正管理を維持するために、市販後 […]

AAV, BIOLOGICS, cell
[Bio-Vector] 人工染色体 – 目的細胞に導入して安定発現細胞株を作る – AAVベクターの生産株として適用できるのか? – chromocenter/TaKaRa – ID26979 [2021/01/15]

目次1 はじめに2 ウイルスベクターの新たな作り方3 人工染色体の特徴4 人工染色体の構造5 遺伝子搭載サイズ6 従来ベタクーとの比較7 chromocenter社の方法7.1 ドナー細胞の作成7.1.1 1. 挿入型遺 […]

BIOLOGICS, gene-therapy
[Gene Therapy] AAV Vectorの特徴、および他のベクターとの比較 / その他、参考文献 / ID444 [2021/01/04]

目次1 はじめに1.1 ウイルスベクター1.2 非ウイルス・ベクター2 ベクターの特徴まとめ3 参考文献4 編集履歴 はじめに ウイルスベクター 遺伝子治療用のウイルスべクター(非増殖性)は、ウイルスが細胞に感染する機構 […]

BIOLOGICS, FDA
[GMP] FDAの発するワーニングレターなどは、FDAの活動について知ることができる – サーチエンジン – ID26297 [2020/12/27]

GMPを知るには FDAは、GMPの番人であると言っても過言ではない。初学者は、そのようにまず認識しておいても間違いない。世界中の医薬品製造サイト(工場)は、FDAの認定を受けている場合、定期的な監査を最低限受ける必要が […]

BIOLOGICS, manufacturing, safety
[用語] Safety; 医薬品の製造から出荷における安全性 – どのように確保されているのか – GMP Compliance – ID26275 [2020/12/25]

目次1 はじめに2 医薬品の安全性3 医薬品メーカーのタイプ4 編集履歴 はじめに 医薬品は、GMPというルールに従い、予め定めた方法に従い作業を実施し、予め定めた品質に合致することを確認することで、製品として流通するこ […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
Page: 1 2 67
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

その他記事(ALL-RANDOM, ID:16786)

TRIP
[Trip] Napa Valleyを行く – Castello di Amorosaは、城造りワイナリー – ID13395 [2020/04/13]

目次1 サンフランシスコだ〜2 Napaだ〜2.0.1 カリフォルニア国際空港方面から北に向かう途中3 ワイナリーだ〜3.0.1 アモローザ・ワイナリーの周辺3.0.2 アモローザ・ワイナリーの中へ3.0.3 アモローザ […]

HEALTH
[COVID-19] 最近知った情報のまとめ(1) – ID27016 [2021/01/16]

肺に直接入ったウイルスは、肺の細胞に感染するため、ワクチンで生成された血中に存在する抗体の効果は限定的である 鼻に付着したウイルスは、ゆっくりであるが血中に入り込むなどして、血中に存在する抗体により弱毒化の可能性が、肺感 […]

key-word
[用語] 脊髄性筋萎縮症; SMA – ID21964 ※

目次1 脊髄性筋萎縮症(SMA)2 治療薬 脊髄性筋萎縮症(SMA) spinal muscular atrophy; SMA 運動ニューロンの弱体化 → 筋萎縮、筋力低下 原因 I, II型では、SMN1遺伝子の90% […]

BIOLOGICS, Lab
[Bio-Lab] CHAPS – 膜タンパク質可溶化剤 – ID16699 [2020/06/03]

目次1 ラボ製品-標識試薬2 Alexa Fluor 488 NHS標識反応に使用 ラボ製品-標識試薬 精製したタンパク質の可溶性を維持したい場合に、後の除去も容易なCHAPSを使用する。 サイトの説明から。両性界面活性 […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
BIOLOGICS, key-word, vaccine
[用語] VLP; ウイルス様粒子 – ID19459

VLP VLP; Virus Like Particle; ウイルス用粒子。ウイルスの殻であるカプシドタンパク質は、それをコードする遺伝子を宿主細胞に組込んで生産させると、生産されたカプシドタンパク質は、自然にウイルス粒 […]

KNOWLEDGE
[Kw] 柳田國男と河童 – 民俗学の父 – 遠野物語 – ID26039 [2020/12/16]

目次1 はじめに2 柳田國男3 河童 はじめに 「柳田國男」って聞きたことはありますが、恥ずかしながらよく知りませんでした。遠野物語も聞き覚えはありましたが、日本の民俗学の有名な書籍であることも同様に知りませんでした。遠 […]

Page: 1 2 153
スポンサーリンク
by Google Ads ID:11143(2)

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block