カテゴリー
HEALTH

[健康] COVID-19に対する「ポビドンヨードによるうがい」- 大阪府が公表した効果を考える – ID20867 [2020/08/05]

[健康] COVID-19に対する「ポビドンヨードによるうがい」- 大阪府が公表した効果を考える – ID20867 [2020/08/05]
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID24747
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

ポビドンヨード

ポビドンヨードとは所謂、消毒薬の褐色のイソジンです。

2020/08/04, 大阪府、吉村知事がポビドンヨードの「うがい」により、軽症患者(対象群を含めて41人)の唾液中の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が日に日に(継時的に)低下する試験データを公表しました。 source

以下の「うがい」の詳細は、TV番組「ひるおび」の松山晃文先生(はびきの医療センター・次世代創薬創生センター長)に対してのインタビューからまとめた(2020/08/05)

  • 毎日4回、唾液中のPCR検査の実施
  • うがいの方法
    • うがいは、朝食の前(1), 昼食の前(2), 夕食の前(3)及び寝る前(4)
    • 唾液サンプルは(1)の前に取得してPCR検査
    • 60mL水に4mLのポビドンヨード(エビデンスとして2mLのデータはなかったので、4mLで実施した)
    • (60+4 mL)を3回に分けて「うがい」
      • 15秒 – 下を向いて、口の中全体のクチュクチュ
      • 15秒 – 上を向いて、ガラガラうがい
      • 15秒 – 上を向いて、ガラガラうがい
  • RCR検査中が、ポビドンヨードうがいをする群では、しない郡と比較して、日々低下した
  • うがいをしない群でも、日に日にウイルス量は低下してしていることが分かった。これは、発症2日前から感染させ得るウイルス量が出ているという事実から考えると、その後、ウイルス量が低下していくことは妥当であると思われる(by Mr.はりきり)
  • SARS-CoV-2が感染してから6時間後に増えて出てくるので、6時間間隔のうがい間隔を設けたとのこと
  • SARS-CoV-2のSタンパク質は、ACE2受容体に結合して細胞内に入り込む
  • 作用機序として考えられる事は、ヨードによって、Sタンパク質に結合して感染を阻害する効果がある可能性とDNAの酸化による無害化する可能性があるとのこと
  • マレーシアとシンガポールの試験管研究では、ポビドンヨードがSARS-CoV-2を無毒化する報告があるとのこと
  • 副作用についての注意。妊娠中、授乳中の方、甲状腺に問題があるかたなどは、医者の指示に従うこと。

公表されたデータは、どのような意味があるのか、以下に素直に考察します。

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417

考察

スポンサーリンク
by Rakuten ID:15895

公表されたデータの要点は1点です。「ポビドンヨードでの”うがい”により、軽症患者の唾液中のSARS-CoV-2の量が日に日に(継時的に)低下していく」

  • 喉を含む口の中のウイルス量が低下することは、ないを意味するのか?
    • ヒトの体内における口の中というクラスターをたたく効果になっていると考えられる
      • もしも、口腔内のクラスターが重要な意味を持つならば、計り知れない効果が期待できる
    • 味覚異常につながる舌へのウイルスによる持続的な攻撃が少なくなると考えられる
      • 味覚異常という後遺症の低減化につながる可能性がある
    • 口中のウイルスが、気管支を降って肺に行くウイルス量が少なくなり、肺へのウイルスによる持続的な攻撃が少なくなると考えられる
      • これが奏功すれば、肺炎リスクが低下すると考えられる
    • 環境へのウイルスの放出を低くできると考えられる (廊下、家具、テーブルへのウイルス拡散の低減化)
      • これが奏功すれば、家庭内感染リスクが低下すると考えられる
    • 他人にウイルスを移すリスクが低くなると考えられる(ヒトとのコミュニケーション時のウイルス拡散の低減化)
      • これが奏功すれば、市中感染リスクが低下すると考えられる
    • 生体内でのウイルスの巣の一つである口腔内のウイルス量を低減化できることは、当然、生体内全体としてのウイルス量の低減化につながると考えられ、生体にとっての免疫力の振り向け先を効率化できると考えられる
      • これが奏功すれば、治癒までの期間が短くなる可能性が考えられる
編集履歴
2020/08/05 Mr.HARIKIRI
スポンサーリンク
  • by Amazon ID13211
  • by Amaozn ID13196

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

COVID-19

[COVID-19] pfizerに続いて、modernaとAstrazenecaのワクチンが承認 – ID30044 [2021/05/21]
COVID-19 – 日本で3度目の緊急事態宣言 / 東京・大阪・京都・兵庫 (期間4/25~5/11) – 大阪を中心に新規感染者数が増加 – スパイクタンパク質の変異: N501Y, E484K, E484Q, L452R – ID29406 [2021/06/26]
[COVID-19] 最近知った情報のまとめ(1) – ID27016 [2021/01/16]
[Vaccine] 世界で開発された 新型コロナウイルス用ワクチンの有効性 – Pfizer, Moderna, Astrazeneca, Sinovac – ID24996 [2021/06/15]
新型コロナワクチン開発、日本はどうする? – ID23138 [2020/06/07]
[健康] 新型コロナウイルス感染症・今日までの世界のトレンドをまとめた – 世界的な新規感染者数は高止まりしつつある – (~2020/08/27) – ID21804

Sars-Cov-2

[健康] COVID-19に対する「ポビドンヨードによるうがい」- 大阪府が公表した効果を考える – ID20867 [2020/08/05]
[Edu] Creative Biolabs Inc.が公開しているビデオから – COVID-19の原因ウイルスである新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の構造について学ぶ – ID16089 [2020/05/21]

新型コロナウイルス

[健康] COVID-19に対する「ポビドンヨードによるうがい」- 大阪府が公表した効果を考える – ID20867 [2020/08/05]
[Edu] Creative Biolabs Inc.が公開しているビデオから – COVID-19の原因ウイルスである新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の構造について学ぶ – ID16089 [2020/05/21]
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145

Update ID21920

AAV, BIOLOGICS, education
[GT] 遺伝子治療の課題 – H30, 経済産業省より – ID2031△ [2020/01/08]

Post Views: 36 2019現在における遺伝子治療薬の製造課題 Full particleとEmpty Particleの比率の増大化改善 Full Particle定量法の精度改善 効果的なスケールアップ: […]

AAV, AVIGEN, BIOLOGICS, company, COMPANY-FAVOR
気になる企業 – AVIGEN – Genezymeに買収 – ID11266 [2020/03/03]

Post Views: 33 現在は、Avigen社は存在しない。 「気になる企業」シリーズ。バイオ医薬品に関わる企業の情報を取りまとめています。遺伝子治療薬の開発ベンチーであった「Avigen」社は、Genezymeに […]

更新された投稿の最新順

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
スポンサーリンク
  • by Amazon ID13339
  • by Amazon ID19245
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID24747

最新記事(健康, ID:14731)

HEALTH
[健康] 咳 (せき) – 長引く咳 – それは「マイコプラズマ」かも!? – ID30435 [2021/01/01]

Post Views: 8 目次1 はじめに2 マイコプラズマ肺炎3 百日咳4 まとめ はじめに 長引く咳の場合、喘息症状が見られるが、その原因となるのは、感染性の疾患の可能性がある。 マイコプラズマ肺炎 肺炎と言われる […]

HEALTH
[健康] 大腸の内視鏡カメラ検査の手順 – ID27254 [2021/06/06]

Post Views: 5 目次1 はじめに2 検査前と当日の投薬3 検査に出向く はじめに 地元には、胃カメラ、大腸カメラを専門に行っている診療所があります。通常は内科も診療してくれますが、胃や腸に不調がある場合は、即 […]

HEALTH
[COVID-19] pfizerに続いて、modernaとAstrazenecaのワクチンが承認 – ID30044 [2021/05/21]

Post Views: 17 目次1 日本で承認されたCOVID-19ワクチン2 日本の企業による開発状況3 武田製薬はmodernとNovavaxと提携4 編集履歴 日本で承認されたCOVID-19ワクチン 今日(20 […]

HEALTH
COVID-19 – 日本で3度目の緊急事態宣言 / 東京・大阪・京都・兵庫 (期間4/25~5/11) – 大阪を中心に新規感染者数が増加 – スパイクタンパク質の変異: N501Y, E484K, E484Q, L452R – ID29406 [2021/06/26]

Post Views: 18 目次1 はじめに2 3度目の緊急事態宣言3 政府の対応4 今日の日本におけるCOVID-19の状況5 被要請側の対応6 インドの状況は他人事ではない6.1 酸素不足7 編集履歴 はじめに 今 […]

HEALTH, kidney
[健康] 血中クレアチニン(Cr)濃度とeGFR /関連表の理解と腎機能の閾値 – クレアチニンを下げれるかも(只今実験中) – eGFRはCr/年齢/性別で計算 – ID27337 [2021/06/27]

Post Views: 40 目次1 はじめに2 クレアチニン(Cr)とは2.1 クレアチニン(Cr)濃度が高い2.2 クレアチニン(Cr)値の改善策2.3 1日に1.8L(56歳以上)の水分摂取プラン3 血中クレアチニ […]

HEALTH
[COVID-19] 最近知った情報のまとめ(1) – ID27016 [2021/01/16]

Post Views: 41 肺に直接入ったウイルスは、肺の細胞に感染するため、ワクチンで生成された血中に存在する抗体の効果は限定的である 鼻に付着したウイルスは、ゆっくりであるが血中に入り込むなどして、血中に存在する抗 […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
Page: 1 2 11
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145

その他記事(ALL-RANDOM, ID:16786)

BIOLOGICS
[Bio-Edu] タンパク質の濃度を求める理論式 – ID16354 [2019/05/27]

Post Views: 29 目次1 タンパク質の濃度1.1 Paceの方法1.2 Gill & Hippelの方法 タンパク質の濃度 分子量が小さいタンパク質であれば、簡易的にはA280nmの値が1であれば、1 […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
KNOWLEDGE
[Kw] サイバティネクス – ラルフモシャー – ID1825 [2019/09/05]

Post Views: 38 ラルフモシャー (~2008) ロボットと人間の融合を目指し、腕だけの700kgもある試作機を作るも実用化されなかった。 シャモーが開発した油圧システムは、現在では、小型化され工事用の重機や […]

analysis, BIOLOGICS, process, production
[Bio-Analysis] Release Test – 医薬品の規格を確認する試験 – 合格すると出荷可能となる – ID14056 [2020/04/22]

Post Views: 35 目次1 Bio-Analysis1.1 培養液の試験1.2 理化学的試験1.3 生物学的試験 Bio-Analysis 医薬品全般そうであるが、バイオロジクス製品の製造が完了し、品質試験の結 […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID:11143(2)

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block