カテゴリー
BIOLOGICS KNOWLEDGE

[Bio-Edu] 免疫グロブリン様受容体; IgLR (FcR, FcγR), 2004年の文献から ID19276 [2020/08/20]

[Bio-Edu] 免疫グロブリン様受容体; IgLR (FcR, FcγR), 2004年の文献から ID19276 [2020/08/20]
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID:11143(2)
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID24747
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

IgLR; 免疫グロブリン用受容体

2004年と2005年の文献から,FcRに関する基礎情報を理解する.

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417

以下のレジメは、「免疫グロブリン様受容体 (IgLR) 分子群による免疫制御, 2004」より。

  • 免疫グロブリン様受容体(Immunoglolumin-Like Recepotrs ;IgLR)
  • 細胞外のI型膜貫通タンパク質
    • 細胞活性化シグナル : 免疫レセプターチロシン活性化モチーフ(immunoreceptor tyrosine-based activation motif: ITAM)を持つ
    • 抑制性シグナル : 免疫レセプターチロシン抑制モチーフ(immunoreceptor tyrosine-based inhibitory motif: ITAM)を持つ
  • FcR : ほとんどの免疫系細胞上に発現している(最初の報告は,1996年)
    • I型アレルギー関連
    • 自己免疫関連
    • がん免疫関連
    • 抗原提示から始まる免疫応答における活性化と抑制
    • α鎖はIgスーパーファミリーのI型膜貫通型蛋白質
    • FcRのα鎖には,γ鎖(シグナル伝達に関与)が会合
    • γ鎖(FcRγ)の細胞内ドメインには,ITAMがあり,LynなどのSrc型チロシンキナーゼによりリン酸化 → Ca濃度上昇,Ras経路活性化 → 細胞の活性化
  • KIRs : natural killer; NKに発現するkiller cell IgLRs (KIRs)やimmunoglobulin-like transcript (ILT)/leukocyte immunoglobulin-like receptor (LILR)と呼ばれる
    • リガンド
      • 腫瘍組織適合性抗原(major histocompatibility complex; MHC) class I分子
      • MHCの相同分子
    • 自己認識に関わる機能
  • paired IgLR (PIR)
    • KIRやILTの相同分子である
    • PIR-AとPIR-Bのアイソフォーム
    • PIR-Aのα鎖には,γ鎖(シグナル伝達に関与)が会合
    • γ鎖(FcRγ)の細胞内ドメインには,ITAMがあり,LynなどのSrc型チロシンキナーゼによりリン酸化 → Ca濃度上昇,Ras経路活性化 → 細胞の活性化
  • FcRγ欠損マウスでは以下の機能が消失する
    • マクロファージによるIgG依存性貪食能の消失(FcγRI, FcγRIII, PIR-Aは,IgGと結合するが,その発現/機能が失われため)
    • IgEを介するアナフィラキシー反応の消失(FcεRIはIgEと結合するが,その発現/機能が失われるため)
    • IgGを介するII型,III型アレルギー反応の消失
  • FcγRIIB, PIR-Bはモノマーで存在 (抑制:免疫反応を負に制御)
    • 細胞内に,ITIMを有する
    • B細胞レセプター(B cell receptor;BCR)と共架橋 → ITIMのチロシンリン酸化 →
      • → FcγRIIB : Src homology 2 (SH2) domain-containing inositol 5′ phosphatase (SHIP)のフォスファターゼ活性化 → Ca導入のブロック(抑制活性)
      • → PIR-B : SH2-domain-containing protein tyrosine phosphatase (SHP)-1のフォスファターゼ活性化 → Ca導入のブロック(抑制活性)
    • FcγRIIB欠損マウス
      • IgGを介する受身皮膚アナフィラキシー反応の増強
      • IgGなどの抗体作成の促進
    • B cell (FcγRIIB + (BCR + (抗BCR抗体 or 抗原抗体複合体)) ) → 架橋刺激 → B cellにおける抑制性のシグナル
    • B cell (FcγRIIB + (n/a + (抗BCR抗体 or 抗原抗体複合体)) ) → 架橋刺激 → SHIPの活性化されず → B cellアポトーシス
      • BCR発現が低い場合にB cellの選別機構となっている
      • 具体的には,脾臓,リンパ節での杯中心で活性化されたB cellのみを選別している
  • PIR-Bは無刺激でもITIMがチロシンリン酸化されている
    • SHP-1と恒常的に会合している
    • 無刺激では機能しない
    • レセプター架橋刺激依存的ではない
    • B cellのみではなく,マスト細胞,樹状細胞
  • FcRによる抗原提示
    • FcR, PIRはマクロファージ, 樹状細胞(DC)に発現
    • 樹状細胞による貪食/エンドサイトーシス
      • IgGでコートされた可溶性免疫複合体を取り込み
      • 細胞内での分解処理 → 抗原ペプチドをMHC class I, II分子に提示 → T細胞を活性化
    • 抗原のみの取り込みの場合と比べて,その提示機能は,著しく効率が高い
  • FcγRIIB
    • 抑制的であるが,抗原提示機能がある
  • 濾胞性樹上細胞 (folicular dendritic cell; FDC)
    • FcRとFcγRIIBのみ発現
    • FcγRIIBを介して免疫複合体を抗原提示する
  • RIPによるTヘルパータイプ1/2 (Th1/2)の制御
    • DCの機能制御 : FcR, PIR
    • PIR-B(抑制性)の欠損マウス : 典型的Th2型反応
      • 胸腺依存性抗原に対する免疫応答であるIgG1, IgE産生(↑),IgG2a(↓)
      • 免疫後のリンパ節細胞は,IL-4(↑),IFN-γ(↓)
      • bone-derived DC (BMDC)は,wild typeと比較して,MHC class II分子,補助刺激分子CD80, CD86 は低下(↓)
        • 無刺激又は顆粒球マクロファージ刺激因子(granulocyte macrophage-colony stimulating factor;GM-CSF)の刺激による細胞内タンパク質のチロシンリン酸化が亢進されるものの,GM-CSFレセプターβ鎖のリン酸化は一過性である
      • 抗原刺激時のIL-12(↓)
    • PIR-BはDCにおいて,通常,レセプター刺激なしでも恒常的に抑制機能を発揮している
  • ADCC
    • 抗体依存性細胞障害; antibody-dependent cell-mediated cytotoxity)
    • NK細胞上のFcRであるFcγRIIIを介して,抗体で捕捉された細胞が破壊される
      • パーフォリン
      • グランザイム
表1. Fcレセプター
ReceptorStructure and apparent Affinity Mouse IgAffinity Human IgConstitutive ExpressionInduced ExpressionType
FcγRIa
(CD64)
α: 70kDa
γ: 9kDa + ITAM
1e7M-1 to IgG2a>>3,1,2b1e7~1e9M-1 to IgG1 >=3>4>>2Macrophage
Monocyte
Neutrophils,
Eosinophils,
Dendritic cells (DC)
I
FcγRIIa
(CD32A)
α: ~40kDa +ITAM – likenot found<1e7M-1 to IgG3>=1, 2>>4Newutrophils, Nonocytes, Eosinophils, Macrophages, DC,
Platelets
I
FcγRIIb
(CD32B)
40~60kDa + ITIM<1e7M-1 to IgG1,2a,2b>>3
3e5M-1 to IgE
<1e7M-1 to IgG>=1>4>2II B1 : B cell
II B2 : mast cell, basophil, DC, Leukocyte(LC), macrophage, eosinophil, newtrophil
I
FcγRIIc
(CD32C)
NK cells, LCI
FcγRIIIa
(CD16A)*
α: 50~80kDa
γ or ζ + ITAM
<1e7M-1 to IgG1, 2a,2b>>3
5e5M-1 to IgE
1e7M-1 to IgG1,3>>2,4Macrophage, NK cell, Monocytes, Mast cell, eosinophil, LC, neutrophil (mouse)Dendritic cellsI
FcγRIIIb
(CD16B)
~50kDa + GPI linknot found<1e7M-1 to IgG1,3>>2,4Newtrophil,EosinophilsI
FcεRI
(CD23)
α: 45~65kDa +β: 32kDa
γ+ITAM
>1e10M-1 to IgE>1e10M-1 to IgEMast cell, basophil, eosinophil, LC (human), CD (human)Neutrophils, Eosinophils, T cells, Monocytes, MacrophagesII
FcαRI
(CD89)
α: 55~75kDa
γ+ITAM
not found2e7M-1 to IgA1, 2Macrophage, neutrophil, eosinophilI
FcRn (IgG recycling)α: 50kDa
β2m: 12kDa
1e8M-1 to rat IgG2a>2b, 1,2c2e8M-1 to IgGPlacenta, small intestine, monocyte, DC, vascular endothelial cellI
Fcα/μRIα: ~70kDaHigh, but not detemined1e5M-1 to IgM, IgAB cell, macrophageI
poly-IgR~85 kDaHigh, but not deteminedHigh, but not determinedEpithelium, liver, small intestine, lungI
DC-SIGNDendritic cells, MacrophagesII
(1) IgGとアレルギー、アレルギー 54(10), 1183-1189, 2005
(2) Fcγ Receptor Function and the Design of Vaccination Strategies, Immunity, 2017 Aug 15; 47(2): 224-233.

CD16

  • wild type
    • ファゴサイトーシス
    • 酵素分泌
    • 炎症性メディエータ
    • ADCC
    • マスト細胞脱顆粒
    • 免疫複合体の排除
  • 176Val/V158
    • 高結合性
  • 176Phe/F158
    • 低結合性
  • ホモ接合体では、自己免疫疾患や治療IgG抗体への反応感受性に影響する可能性

免疫グロブリン様受容体 (IgLR) 分子群による免疫制御, 2004

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjph1987/18/2/18_2_59/_article/-char/ja/

IgGとアレルギー、アレルギー 54(100, 1183-1189, 2005(平17), 東北大学加齢医学研究所遺伝子導入研究分野、高井俊行

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjph1987/18/2/18_2_59/_article/-char/ja/

Fc receptor proteins – ACRO Biosystems –

https://www.acrobiosystems.com/A712-Fc-Receptor-Proteins.html?utm_source=google&utm_medium=kw&utm_campaign=fc-PC&utm_content=both&utm_term=300X600&gclid=EAIaIQobChMI0LTeuMS46gIVT0tgCh2RsAUQEAEYASAAEgJdSPD_BwE

Fc受容体 – Sino Biological –
ターゲット抗体のタイプを知ることができる

https://jp.sinobiological.com/research/fc-receptor/fc-receptor-proteins

AlphaLISA FCGR3A Binding Kit – Perkin Elmer –

http://www.perkinelmer.co.jp/assays/tabid/1997/Default.aspx

Fcγ Receptor Function and the Design of Vaccination Strategies –

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5573140/

NK Cell-Fc Receptors Advance Tumor Immunotherapy 2019
NK細胞は、RcγRIIc(CD32c)を発現できる

https://res.mdpi.com/d_attachment/jcm/jcm-08-01667/article_deploy/jcm-08-01667-v2.pdf
編集情報
2020/07/18 Mr.はりきり
2020/08/20 追記
スポンサーリンク
  • by Amazon ID13339
  • by Amazon ID19245

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

FcR

[Bio-Edu] 免疫グロブリン様受容体; IgLR (FcR, FcγR), 2004年の文献から ID19276 [2020/08/20]
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID:11143(2)
  • by Google Ads ID23293

Update ID21920

BIOLOGICS, Lab
[Bio-Lab] QPix400 Imager 全自動微生物コロニーピッキングシステム – ID18403 [2020/06/03]

Post Views: 50 QPix400 複数枚の培養プレートに対応し多検体処理が可能。 サイトの説明から。モレキュラーデバイスの全自動微生物コロニーピッキングシステムでは、マーカーを事前にスクリーニングし、希望する […]

BIOLOGICS, Lab
[Bio-Lab] グラスファイバーフィルター 接着剤使用, AP20, 55 mm – ID16692 [2020/06/03]

Post Views: 46 ラボ製品-グラスフィルター グラスフィルターは、タンパク質の非特異吸着が多いため、用途には気を付ける。具体的な用途としては、大腸菌で産生させたInclusion body状のタンパク質のRe […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
BIOLOGICS, Lab
[Bio-Lab] Alexa Fluor® 488 色素 – ID16697 [2020/06/03]

Post Views: 51 ラボ製品-標識試薬 Alexa Fluorはタンパク質に傾向標識する試薬キットである。 精製したタンパク質を使って、細胞を用いた評価系で評価をしたい場合、タンパク質の標識に使用する サイトの […]

更新された投稿の最新順

スポンサーリンク
  • by Amaozn ID13196
  • by Amazon ID13211
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11143(2)

最新記事(Knowledge, ID:14684)

KNOWLEDGE
[Kw] – コンサルティング会社 – まとめ中

Post Views: 9 ID30760 [2021/09/014] コンサルティング会社 経営コンサルティング会社は、やはり欧米です。 マッキンゼー・アンド・カンパニー (McKinzey & Company […]

KNOWLEDGE
[Kw] Soft Bankの2020年度の最終利益が4.99兆円と発表 – 今、昔を思うこと – 「X68000」という当時は話題となったコンピュータを思い出す – ID29721 [2021/05/12]

Post Views: 28 目次1 Soft Bankで思うこと2 ゲーム3 最後に Soft Bankで思うこと もう35年も前のことです。Soft Bankは書籍を出していました。シャープが開発したApple Co […]

KNOWLEDGE, patent
[特許] FTO調査 – 自らの技術が特許侵害していないか – ID15640 [2021/05/07]

Post Views: 37 目次1 FTO調査とは2 均等論2.1 通常の侵害判断2.2 均等論による判断3 5つの要件4 パテントダンス5 参考文献 FTO調査とは FTO (Freedom to Operate) […]

KNOWLEDGE
[教訓] 石橋を叩くかどうか考えている内に、巨人が渡っていった ID25659 [2021/03/31]

Post Views: 43 目次1 石橋を叩いて壊す2 石橋を叩くかどうか考えている内に、巨人が渡っていった 石橋を叩いて壊す 石橋を叩いて壊す、という諺(ことわざ)がありますが、慎重すぎることを、揶揄(やゆ)する言葉 […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
KNOWLEDGE
[Small Town] 大阪城 – 2018年の台風で大きな木々がなぎ倒されていたが、やっと今ではその被害の影は薄れてきた – ID26448 [2021/12/01]

Post Views: 63 目次1 大阪城2 編集履歴 大阪城 大阪城の周辺は、2重の堀があり大阪城公園として整備されています。2018年に上陸した台風によって大きな被害が出ました。我が家の屋根も瓦が破損し雨漏りしたく […]

KNOWLEDGE, security
[サイバー攻撃] 最近のサイバー攻撃対策をCanonのESETソリューションの解説から理解する ID26175 [2020/12/20]

Post Views: 55 目次1 サイバー攻撃2 1. 基本的防御2.1 CanonのESETソリューション3 2. プラスアルファ防御3.1 ESETソリューション4 事後対策4.1 ESETソリューション5 予防 […]

Page: 1 2 12
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11143(2)

最新記事(Biologics, ID:14673)

BIOLOGICS, manufacturing, safety
[用語] ADC : – Antibody Drug Conjugates – ID27100 [2021/01/19]

Post Views: 1 目次1 ADC2 編集履歴 ADC Antibody-Drug-Conjugatesの略号。 抗がん剤などのDrugをある組織に特異的に届けたい場合に、その組織に特異的なモノクローナル抗体(A […]

BIOLOGICS, manufacturing, safety
[用語] CMC; Chemistry, Manufacturing and Contorl – ID27100 [2021/01/19]

Post Views: 1 目次1 CMC2 編集履歴 CMC CMCとは、Chemistry, Manufacturing and Controlの略です。治験薬製造と製造承認申請、商用製造に関わる仕事全判を示します。 […]

BIOLOGICS, company, J&J, vaccine
[Vc] 各社が開発したCOVID-19ワクチン情報リンク – [2021/10/08]

BioNTech社とPfizerが共同開発するmRNAをベースの新型コロナウイルス感染症に対するワクチンです。開発ワクチンは、SARS-CoV-2受容体結合ドメイン(receptor binding domain; RBD)をコードするヌクレオチド修飾メッセンジャーRNAをベースにしている(BNT162b2)

BIOLOGICS, CMO, kaneka
気になる企業 – Kaneka Eurogentech S.A. – バイオCDMO – ID30924 [2021/08/05]

Post Views: 15 Kaneka Eurogentech ベルギー, 1985年設立 2010年にKanekaに買収された 2017年にKaneka Eurogentechに社名変更 バイオCDMO GMP D […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
BIOLOGICS, company, J&J, vaccine
[Vc] J&J/Janssen – 新型コロナウイルスに対するワクチン – ID29399 [2021/08/02]

BioNTech社とPfizerが共同開発するmRNAをベースの新型コロナウイルス感染症に対するワクチンです。開発ワクチンは、SARS-CoV-2受容体結合ドメイン(receptor binding domain; RBD)をコードするヌクレオチド修飾メッセンジャーRNAをベースにしている(BNT162b2)

BIOLOGICS, culture, equipment-harvest, repligen
[Bio-Equip] TFDF – TFFの構造にdepth filterを採用して、高細胞濃度でも濾過能力を高める技術 – REPLIGEN – – ID30880 [2021/07/26]

Post Views: 13 目次1 TFDF2 編集履歴 TFDF 旧来からのTangential Flow Filtration (TFF)技術による濾過機材製品は、低濃度の細胞密度である培養液の濾過には十分に能力を […]

Page: 1 2 70
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID:11143(2)
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145

その他記事(ALL-RANDOM, ID:16786)

BIOLOGICS, equipment-harvest, merckmillipore, process, production
[Bio-Equi] Depth Filter – MerckMillipore – ID23126 [2020/09/19]

Post Views: 50 MerckMillipore Depth Filter 培養終了後の培養液の清澄ろ過、クロマトグラティのロードサンプルろ過によるカラム劣化の保護、など工程間のろ過に使用します。 Merck […]

BIOLOGICS, CMO
気になる企業 – JHL Biotech – バイオCDMO – ID18821 [2021/09/26]

Post Views: 60 目次1 JHL Biotech1.1 開発品1.2 JHLの製造設備 KUBio関連2 CytivaのKUBioとは3 編集履歴 JHL Biotech 台湾、中国企業、サイト スピンオフ企 […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
adsense, WordPress
[WordPress] アフィリエイト/グールグル・アドセンス – アドセンス狩り – ID226 [2019/11/11]

Post Views: 56 目次1 アフィリエイト2 Google AdSense アフィリエイト アフィリエイトは、Web上の広告システム。登録サイトも色々あるらしい。登録申請が必要。 アフィb A8 iTunes […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID:11143(2)

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block