カテゴリー
BIOLOGICS KNOWLEDGE

[Bio-Edu] 免疫グロブリン様受容体; IgLR (FcR, FcγR), 2004年の文献から ID19276 [2020/08/20]

[Bio-Edu] 免疫グロブリン様受容体; IgLR (FcR, FcγR), 2004年の文献から ID19276 [2020/08/20]
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

IgLR; 免疫グロブリン用受容体

2004年と2005年の文献から,FcRに関する基礎情報を理解する.

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417

以下のレジメは、「免疫グロブリン様受容体 (IgLR) 分子群による免疫制御, 2004」より。

  • 免疫グロブリン様受容体(Immunoglolumin-Like Recepotrs ;IgLR)
  • 細胞外のI型膜貫通タンパク質
    • 細胞活性化シグナル : 免疫レセプターチロシン活性化モチーフ(immunoreceptor tyrosine-based activation motif: ITAM)を持つ
    • 抑制性シグナル : 免疫レセプターチロシン抑制モチーフ(immunoreceptor tyrosine-based inhibitory motif: ITAM)を持つ
  • FcR : ほとんどの免疫系細胞上に発現している(最初の報告は,1996年)
    • I型アレルギー関連
    • 自己免疫関連
    • がん免疫関連
    • 抗原提示から始まる免疫応答における活性化と抑制
    • α鎖はIgスーパーファミリーのI型膜貫通型蛋白質
    • FcRのα鎖には,γ鎖(シグナル伝達に関与)が会合
    • γ鎖(FcRγ)の細胞内ドメインには,ITAMがあり,LynなどのSrc型チロシンキナーゼによりリン酸化 → Ca濃度上昇,Ras経路活性化 → 細胞の活性化
  • KIRs : natural killer; NKに発現するkiller cell IgLRs (KIRs)やimmunoglobulin-like transcript (ILT)/leukocyte immunoglobulin-like receptor (LILR)と呼ばれる
    • リガンド
      • 腫瘍組織適合性抗原(major histocompatibility complex; MHC) class I分子
      • MHCの相同分子
    • 自己認識に関わる機能
  • paired IgLR (PIR)
    • KIRやILTの相同分子である
    • PIR-AとPIR-Bのアイソフォーム
    • PIR-Aのα鎖には,γ鎖(シグナル伝達に関与)が会合
    • γ鎖(FcRγ)の細胞内ドメインには,ITAMがあり,LynなどのSrc型チロシンキナーゼによりリン酸化 → Ca濃度上昇,Ras経路活性化 → 細胞の活性化
  • FcRγ欠損マウスでは以下の機能が消失する
    • マクロファージによるIgG依存性貪食能の消失(FcγRI, FcγRIII, PIR-Aは,IgGと結合するが,その発現/機能が失われため)
    • IgEを介するアナフィラキシー反応の消失(FcεRIはIgEと結合するが,その発現/機能が失われるため)
    • IgGを介するII型,III型アレルギー反応の消失
  • FcγRIIB, PIR-Bはモノマーで存在 (抑制:免疫反応を負に制御)
    • 細胞内に,ITIMを有する
    • B細胞レセプター(B cell receptor;BCR)と共架橋 → ITIMのチロシンリン酸化 →
      • → FcγRIIB : Src homology 2 (SH2) domain-containing inositol 5′ phosphatase (SHIP)のフォスファターゼ活性化 → Ca導入のブロック(抑制活性)
      • → PIR-B : SH2-domain-containing protein tyrosine phosphatase (SHP)-1のフォスファターゼ活性化 → Ca導入のブロック(抑制活性)
    • FcγRIIB欠損マウス
      • IgGを介する受身皮膚アナフィラキシー反応の増強
      • IgGなどの抗体作成の促進
    • B cell (FcγRIIB + (BCR + (抗BCR抗体 or 抗原抗体複合体)) ) → 架橋刺激 → B cellにおける抑制性のシグナル
    • B cell (FcγRIIB + (n/a + (抗BCR抗体 or 抗原抗体複合体)) ) → 架橋刺激 → SHIPの活性化されず → B cellアポトーシス
      • BCR発現が低い場合にB cellの選別機構となっている
      • 具体的には,脾臓,リンパ節での杯中心で活性化されたB cellのみを選別している
  • PIR-Bは無刺激でもITIMがチロシンリン酸化されている
    • SHP-1と恒常的に会合している
    • 無刺激では機能しない
    • レセプター架橋刺激依存的ではない
    • B cellのみではなく,マスト細胞,樹状細胞
  • FcRによる抗原提示
    • FcR, PIRはマクロファージ, 樹状細胞(DC)に発現
    • 樹状細胞による貪食/エンドサイトーシス
      • IgGでコートされた可溶性免疫複合体を取り込み
      • 細胞内での分解処理 → 抗原ペプチドをMHC class I, II分子に提示 → T細胞を活性化
    • 抗原のみの取り込みの場合と比べて,その提示機能は,著しく効率が高い
  • FcγRIIB
    • 抑制的であるが,抗原提示機能がある
  • 濾胞性樹上細胞 (folicular dendritic cell; FDC)
    • FcRとFcγRIIBのみ発現
    • FcγRIIBを介して免疫複合体を抗原提示する
  • RIPによるTヘルパータイプ1/2 (Th1/2)の制御
    • DCの機能制御 : FcR, PIR
    • PIR-B(抑制性)の欠損マウス : 典型的Th2型反応
      • 胸腺依存性抗原に対する免疫応答であるIgG1, IgE産生(↑),IgG2a(↓)
      • 免疫後のリンパ節細胞は,IL-4(↑),IFN-γ(↓)
      • bone-derived DC (BMDC)は,wild typeと比較して,MHC class II分子,補助刺激分子CD80, CD86 は低下(↓)
        • 無刺激又は顆粒球マクロファージ刺激因子(granulocyte macrophage-colony stimulating factor;GM-CSF)の刺激による細胞内タンパク質のチロシンリン酸化が亢進されるものの,GM-CSFレセプターβ鎖のリン酸化は一過性である
      • 抗原刺激時のIL-12(↓)
    • PIR-BはDCにおいて,通常,レセプター刺激なしでも恒常的に抑制機能を発揮している
  • ADCC
    • 抗体依存性細胞障害; antibody-dependent cell-mediated cytotoxity)
    • NK細胞上のFcRであるFcγRIIIを介して,抗体で捕捉された細胞が破壊される
      • パーフォリン
      • グランザイム
表1. Fcレセプター
ReceptorStructure and apparent Affinity Mouse IgAffinity Human IgConstitutive ExpressionInduced ExpressionType
FcγRIa
(CD64)
α: 70kDa
γ: 9kDa + ITAM
1e7M-1 to IgG2a>>3,1,2b1e7~1e9M-1 to IgG1 >=3>4>>2Macrophage
Monocyte
Neutrophils,
Eosinophils,
Dendritic cells (DC)
I
FcγRIIa
(CD32A)
α: ~40kDa +ITAM – likenot found<1e7M-1 to IgG3>=1, 2>>4Newutrophils, Nonocytes, Eosinophils, Macrophages, DC,
Platelets
I
FcγRIIb
(CD32B)
40~60kDa + ITIM<1e7M-1 to IgG1,2a,2b>>3
3e5M-1 to IgE
<1e7M-1 to IgG>=1>4>2II B1 : B cell
II B2 : mast cell, basophil, DC, Leukocyte(LC), macrophage, eosinophil, newtrophil
I
FcγRIIc
(CD32C)
NK cells, LCI
FcγRIIIa
(CD16A)*
α: 50~80kDa
γ or ζ + ITAM
<1e7M-1 to IgG1, 2a,2b>>3
5e5M-1 to IgE
1e7M-1 to IgG1,3>>2,4Macrophage, NK cell, Monocytes, Mast cell, eosinophil, LC, neutrophil (mouse)Dendritic cellsI
FcγRIIIb
(CD16B)
~50kDa + GPI linknot found<1e7M-1 to IgG1,3>>2,4Newtrophil,EosinophilsI
FcεRI
(CD23)
α: 45~65kDa +β: 32kDa
γ+ITAM
>1e10M-1 to IgE>1e10M-1 to IgEMast cell, basophil, eosinophil, LC (human), CD (human)Neutrophils, Eosinophils, T cells, Monocytes, MacrophagesII
FcαRI
(CD89)
α: 55~75kDa
γ+ITAM
not found2e7M-1 to IgA1, 2Macrophage, neutrophil, eosinophilI
FcRn (IgG recycling)α: 50kDa
β2m: 12kDa
1e8M-1 to rat IgG2a>2b, 1,2c2e8M-1 to IgGPlacenta, small intestine, monocyte, DC, vascular endothelial cellI
Fcα/μRIα: ~70kDaHigh, but not detemined1e5M-1 to IgM, IgAB cell, macrophageI
poly-IgR~85 kDaHigh, but not deteminedHigh, but not determinedEpithelium, liver, small intestine, lungI
DC-SIGNDendritic cells, MacrophagesII
(1) IgGとアレルギー、アレルギー 54(10), 1183-1189, 2005
(2) Fcγ Receptor Function and the Design of Vaccination Strategies, Immunity, 2017 Aug 15; 47(2): 224-233.

CD16

  • wild type
    • ファゴサイトーシス
    • 酵素分泌
    • 炎症性メディエータ
    • ADCC
    • マスト細胞脱顆粒
    • 免疫複合体の排除
  • 176Val/V158
    • 高結合性
  • 176Phe/F158
    • 低結合性
  • ホモ接合体では、自己免疫疾患や治療IgG抗体への反応感受性に影響する可能性

免疫グロブリン様受容体 (IgLR) 分子群による免疫制御, 2004

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjph1987/18/2/18_2_59/_article/-char/ja/

IgGとアレルギー、アレルギー 54(100, 1183-1189, 2005(平17), 東北大学加齢医学研究所遺伝子導入研究分野、高井俊行

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjph1987/18/2/18_2_59/_article/-char/ja/

Fc receptor proteins – ACRO Biosystems –

https://www.acrobiosystems.com/A712-Fc-Receptor-Proteins.html?utm_source=google&utm_medium=kw&utm_campaign=fc-PC&utm_content=both&utm_term=300X600&gclid=EAIaIQobChMI0LTeuMS46gIVT0tgCh2RsAUQEAEYASAAEgJdSPD_BwE

Fc受容体 – Sino Biological –
ターゲット抗体のタイプを知ることができる

https://jp.sinobiological.com/research/fc-receptor/fc-receptor-proteins

AlphaLISA FCGR3A Binding Kit – Perkin Elmer –

http://www.perkinelmer.co.jp/assays/tabid/1997/Default.aspx

Fcγ Receptor Function and the Design of Vaccination Strategies –

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5573140/

NK Cell-Fc Receptors Advance Tumor Immunotherapy 2019
NK細胞は、RcγRIIc(CD32c)を発現できる

https://res.mdpi.com/d_attachment/jcm/jcm-08-01667/article_deploy/jcm-08-01667-v2.pdf
編集情報
2020/07/18 Mr.はりきり
2020/08/20 追記
スポンサーリンク
  • by Amazon ID13339
  • by Amazon ID13211

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

FcR

[Bio-Edu] 免疫グロブリン様受容体; IgLR (FcR, FcγR), 2004年の文献から ID19276 [2020/08/20]
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

Update ID21920

KNOWLEDGE
[Kw] コンサル会社 – デロイトトーマツ – ID8628 [2020/02/05]

Post Views: 24 デロイトトーマツ https://www2.deloitte.com/jp/ja.html

Gear
Gear – 電動ノコギリ – 隣宅との間で巨大化した木を切り倒す方法と注意点 – ID15368 [2020/05/07]

1、2年前までは草だと思っていた物が、気が付けば高さ12m(最大の幹直径20cm)の木になっていた。ここまで大きくなった木は、手引きのこではもう切り倒すことはできず、切り倒すための電動ノコギリを購入し切り倒した。その電動ノコギリの選び方、その他必要な備品と切り倒すときの注意点及び実際の作業について記録した

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417

更新された投稿の最新順

スポンサーリンク
  • by Amazon ID19245
  • by Amaozn ID13196
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

最新記事(Knowledge, ID:14684)

KNOWLEDGE
[教訓] 石橋を叩くかどうか考えている内に、巨人が渡っていった ID25659 [2021/03/31]

Post Views: 4 目次1 石橋を叩いて壊す2 石橋を叩くかどうか考えている内に、巨人が渡っていった 石橋を叩いて壊す 石橋を叩いて壊す、という諺(ことわざ)がありますが、慎重すぎることを、揶揄(やゆ)する言葉で […]

KNOWLEDGE
[Small Town] 大阪城 – 2018年の台風で大きな木々がなぎ倒されていたが、やっと今ではその被害の影は薄れてきた – ID26448 [2021/12/01]

Post Views: 21 目次1 大阪城2 編集履歴 大阪城 大阪城の周辺は、2重の堀があり大阪城公園として整備されています。2018年に上陸した台風によって大きな被害が出ました。我が家の屋根も瓦が破損し雨漏りしたく […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
KNOWLEDGE, security
[サイバー攻撃] 最近のサイバー攻撃対策をCanonのESETソリューションの解説から理解する ID26175 [2020/12/20]

Post Views: 20 目次1 サイバー攻撃2 1. 基本的防御2.1 CanonのESETソリューション3 2. プラスアルファ防御4 事後対策5 予防対策 サイバー攻撃 標的型攻撃 APT(高度で持続的な脅威) […]

KNOWLEDGE
[Kw] 柳田國男と河童 – 民俗学の父 – 遠野物語 – ID26039 [2020/12/16]

Post Views: 21 目次1 はじめに2 柳田國男3 河童 はじめに 「柳田國男」って聞きたことはありますが、恥ずかしながらよく知りませんでした。遠野物語も聞き覚えはありましたが、日本の民俗学の有名な書籍であるこ […]

KNOWLEDGE
[Kw] 分かっている人はわかっている – 目的と目標の違い – ID25929 [2020/12/13]

Post Views: 17 目標と目的 目標が多数集まって、目的を達成できるものである。目標は短期的であり、目的は、長期的である。目標は、多数あるはずであり、目的は、一つである。人生の目的は、個々人で異なるが、「お金」 […]

KNOWLEDGE
[Knowledge] Surface Proの純正キーボードを染める (調査)

Post Views: 19 Surface Pro純正キーボード Surface Pro 6とセットで購入した純正キーボードは、店員さんが言うには皮とのことでした。手触りの見た目も確かに皮のようです。 セットで購入した […]

Page: 1 2 12
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

最新記事(Biologics, ID:14673)

BIOLOGICS, culture, education
[Bio-Culture] 大腸菌; E.coliの増殖率は細胞長の増大に関わる – ID28121 [2021/02/27]

Post Views: 11 目次1 大腸菌の増殖率2 編集履歴 大腸菌の増殖率 一般的に、大腸菌の増殖率(growth rate)、1時間あたり1未満であり、それを超える増殖率になってくると、大腸菌の長さが増大するのだ […]

BIOLOGICS, culture, education
[Bio-Culture] Poloxamer 188 – バイオリアクターの撹拌翼によるダメージを抑制 – ID28021 [2021/02/24]

Post Views: 9 目次1 Poloxamer 1882 毒性2.1 動物の静脈内注射 (Poloxamer)2.2 ヒトの静脈内注射 (Poloxamer 188)2.3 創傷治癒2.4 動物実験2.5 AME […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
BIOLOGICS, education, purification
[Bio-Edu] イオン交換クロマトグラフィの原理 – バイオロジクスの製造における基本 – ID27722 [2021/02/13]

Post Views: 14 目次1 イオン交換の原理を使ったクロマトグラフィ2 実務では3 原理4 なぜpHを上げていくと電荷がマイナスチャージになるのか4.1 pHの理解5 編集履歴 イオン交換の原理を使ったクロマト […]

BIOLOGICS, safety
気になる企業 — 生物科学安全研究所 (RIAS) – ID27434 [2021/01/03]

Post Views: 19 RIASと丸紅ケミックス 2021年より、日本国内でのウイルス安全性試験の受託強化を図る。日本国内の総代理店は、丸紅ケミックス。 RIASのウイルス測定関連施設の改修によりBSL2, BSL […]

company, gene-therapy
気になる企業: IDファーマ – センダイウイルス・ベクターの技術で希少疾患に対する遺伝子治療薬の開発を進める – ID27360 [2021/01/30]

Post Views: 24 目次1 IDファーマ2 アイロムグループの概要3 編集履歴 IDファーマ 株式会社IDファーマは、CROなどを手がけるアイロムグループの100%小会社で、先端医療関連の開発を担う。センダイウ […]

analysis, BIOLOGICS, equipment-chromato, vaccine
[Bio-Equip] 培養シャーレ – セルスタック ; CellSTACK – 接着性の細胞の培養を効率的に作業できるアイデアに満ちた構造 – ID27145 [2021/01/20]

Post Views: 19 目次1 セルスタック1.1 多品種には セルスタック Corning CellSTACK培養チャンバー。プラスチック製の接着細胞用の多段培養シャーレです。これはもう「ラボ用」とは呼べないかも […]

Page: 1 2 68
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

その他記事(ALL-RANDOM, ID:16786)

eye, HEALTH
[健康] 白内障 – 術後 – 3.5ヶ月後の経過状態 (体験記) – ID16434 [2020/05/29]

Post Views: 15 目次1 はじめに2 前提3 白内障手術の術前の見え方4 術後3.5ヶ月・現在の見え方4.1 遠くを見る場合4.2 近くを見る場合 はじめに 体験記です。3.5ヶ月前に3泊4日で両面の白内障手 […]

BIOLOGICS, education
[Bio-Edu] 1 ステップ、20 分で高効率にリボソーム RNA や グロビン mRNA を除去できる画期的な新製品 – QIAGEN – ID9331 [2020/02/13]

Post Views: 21 以下、Qiagenのサイトに、細胞内における各種RNAの作用点に関する図があり、参考になります。 Ribonuclease P (RNase P)の細胞内位置 Exosomal RNAの挙動 […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
analysis, BIOLOGICS, process, production
[Bio-Analysis] Release Test – 医薬品の規格を確認する試験 – 合格すると出荷可能となる – ID14056 [2020/04/22]

Post Views: 15 目次1 Bio-Analysis1.1 培養液の試験1.2 理化学的試験1.3 生物学的試験 Bio-Analysis 医薬品全般そうであるが、バイオロジクス製品の製造が完了し、品質試験の結 […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID:11143(2)

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block