カテゴリー
BIOLOGICS production

[Bio-Edu] バイオロジクス精製バルクの凍結保管に際して、その緩衝液のpHは適切か ID19312 [2020/07/19]

[Bio-Edu] バイオロジクス精製バルクの凍結保管に際して、その緩衝液のpHは適切か ID19312 [2020/07/19]

緩衝液のpH

緩衝液の調製に際し、そのpHは3局対応の試験法に従って測定し調整される。その測定する温度は、室温付近に規定されている。しかし、リン酸緩衝液は、室温から凍結(-30℃など)までの範囲で、大きなpH変換を生じる。

リン酸緩衝液に続いて、pH変動が大きい緩衝液は、Tris緩衝液である。抗体医薬でよく使用されているHistidine、酢酸緩衝液では、その変動は少ない。

25℃から-30℃のpH変化

  • pH7に調整されたリン酸緩衝液の温度とpH変化
    • pH変化は激しい
    • 25℃から0℃ : pH7
    • 0℃から-5℃ : 一気にpH4.5~pH5に低下
    • -5℃から-30℃ : 徐々にpH変化率は低下してpH3.4に至る
  • pH5.7に調整された酢酸緩衝液の温度とpH変化
    • pH変化は緩やか
    • 25℃から0℃ : pH5.7
    • 0℃から-30℃ : 一定割合でpH6.1に至る

主な緩衝液の25℃から35℃でのpH変化

BufferpH at 25℃pH at 0℃pH at -35℃
50 mM Sodium phosphate7.007.023.36
20 mM Sodium acetate5.635.666.14
20 mM L-Histidine-HCl5.375.866.19
20 mM Histidine-acetate5.525.976.48
20 mM Sodium citrate6.166.495.93
20 mM Tris-HCl7.377.938.54
20 mM sodium Succinate5.555.605.85

Impact of Freezing on pH of Buffered Solutions and Consequences for Monoclonal Antibody Aggregation

https://www.researchgate.net/publication/40806387_Impact_of_Freezing_on_pH_of_Buffered_Solutions_and_Consequences_for_Monoclonal_Antibody_Aggregation
編集情報
2020/07/19 Mr.はりきり
ID 19312

スポンサーリンク: ID6183593457

その他参考

Examining the freezing process of an intermediate bulk containing an industrially relevant protein

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0141022915000046

以上

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

formulation-pH

スポンサーリンク ID 7130582967

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block