カテゴリー
ear HEALTH

[健康-偉人] 難聴から「ベートーべン; Beethoven」を学ぶ – [2020/11/23] ID24944

[健康-偉人] 難聴から「ベートーべン; Beethoven」を学ぶ – [2020/11/23] ID24944

スポンサーリンク: ID6183593457

はじめに

音楽の事業で最初に覚えた偉人の名前は、ベートーベンでした。小学生や中学生の頃、音楽教室には、音楽家の肖像画が壁に飾れていたことを思い出します。もう、おぼろげな記憶です。耳が悪かったことは、最初に知ったように記憶しています。それ以上のことは、今まで知りません出した。

Beethoven

スポンサーリンク
by Rakuten ID:15895

ベートーベン (Ludwig van Beethoven)wikipediaは、ドイツの作曲家です。2020/11/23, 朝10、NHKでベートーベンについて番組があったので、何気に見ていた。僕も片耳が「突発性難聴」になったので興味があったからです。そうです、ペートーベンは、二十代から難聴を発症し、50歳代では、殆ど聞こえなくなりました。ベートーベンの難聴は、友人への手紙などから、難病指定である「若年発症型両側性感音難聴、指定難病304」だったようです。この難病は、遺伝的に、蝸牛が壊れやすい遺伝子を持っていることがわかっているとの事です。

ベートーベンは、難聴になる前は、ピアニストとして有名でしたが、難聴後は、難聴を知られないように人付き合いをしないために家にこもり、作曲家としての活動に入っていきました。

自殺も考えたベートーベンでしたが、平等を掲げて戦うフランス革命のナポレオンに心を打たれ、思いとどまり、これまで貴族のものだった音楽を、作曲によつて平等を広めるため、これまでになかった様式の楽曲を作りました。当時、作曲家の先輩として、モーツァルトがいました。それまでの貴族のための楽曲は、お茶を飲みながら聴けるBGMが主流でした。

ベートーベンは、コンサートホールで聞くための重い楽曲を作りました。

最初に作った交響曲は、「英雄」です。ナポレオンに捧げられたものと言われているようです。ナポレオンは、平等をかがて革命をなそうと戦っていたため、周辺の大国であるイギリス、ドイツ、スペインなどからは、けしからん人間でした。当時は、不平等は当たり前の時代でした。生まれながらに不平等でした。

ベートーベンは、56歳でなくっています(1770/12/16頃生まれ、1827/03/26没)。亡くなる3年前には、「第九」の第四楽章:喜びの歌wikepediaを発表しました。第九の第四楽章にある、あの有名なサビの部分は、1時間の演奏の後に、やっと演奏されるのだそうです。私も全部を聞いたことがないので、今まで知りませんでした。一度聞いてみたいと思います。できれば生で。

これまで、交響曲に歌い手の声を入れることはなかったのを、ベートーベンは、ソプラノ歌手による高い歌声を延々と入れました。ソプラノ歌手にとっては、非常に苦しい楽曲になっていると言います。第九の作曲に影響を与えたのは、詩人のシラーです。シラーは、政府の検疫を逃れるために、平等とい単語を喜びと変えたのだそうです。

難聴を発症してから徐々に高音が聞こえなくなるについて、その作曲に使われる音符の割合が変化しました。晩年の作曲では、使用される高音の音符が少なくなったとの研究結果があります。しかし、ほとんど聴力を失った、ベートーベンは、純粋に高音域の音符を求め、第九に思いを載せました。平等を謳う楽曲です。それで、ベートーベンの想いは、完結したのです。

ベートーベンは、毎日欠かさなかったお酒により、黄疸が出るようになりました。現在では、不治の病ではありませんが、アルコール性肝炎でした。当時は、死刑宣告と同じ意味でした。

スポンサーリンク: ID4219953367

高音が聞こえなくなる機序

カタツムリの様な形を作っている「三半規管」と「蝸牛」の内、高音を聞き取っているのが、三半規管と蝸牛の途中に位置する胴体部分です。低音を聞き取っているのが、渦巻の部分です。

高音から聞き取りにくくなる難聴では、蝸牛の動体部分が壊れてしまうという事です。

  • 高音 -> 蝸牛の胴体部分が担う
  • 中低音 -> 蝸牛の渦巻部分が担う

編集履歴

ear, HEALTH
[健康-偉人] 難聴から「ベートーべン; Beethoven」を学ぶ – [2020/11/23] ID24944

Post Views: 71 スポンサーリンク: ID6183593457 はじめに 音楽の事業で最初に覚えた偉人の名前は、ベートーベンでした。小学生や中学生の頃、音楽教室には、音楽家の肖像画が壁に飾れていたことを思い出 […]

ear, HEALTH
[健康] 突発性難聴の診断と治療 (KOMPAS) – ID2719 [2019/10/13]

Post Views: 90 スポンサーリンク: ID6183593457 はじめに 僕が興味を持つ健康について記事を作っています。突発性難聴は、僕自身にも降りかかった健康障害になってしまったことから、主観的な記事ななっ […]

ear, HEALTH
[健康] 体験記 – 突発性難聴になる1、2年前からふらつきがあった事を思い出した – ID1555 [2020/06/24]

Post Views: 77 スポンサーリンク: ID6183593457 はじめに 2018/12に突発性難聴に襲われました。2020/06で1.5年が経過しましたが、症状はあまり改善していません。ドクターが言うように […]

ear, HEALTH
[健康] 体験記 – 突然起きためまいは突発性難聴と診断された – その後 – ID535

Post Views: 91 スポンサーリンク: ID6183593457 はじめに 2018/12のある日、少し気分が悪くなり、その後吐き気、ふらつき感、3時間後には、壁伝いでないと歩けない程の平行かんかんの欠落が起こ […]

ear, HEALTH
[体験記] 突然起きた強烈なめまいと吐き気は、メニエール病 か突発性難聴か? – 完治しない場合、平衡感覚の不良により健康的な運動も難しい – ID29 [2020/08/15]

Post Views: 83 スポンサーリンク: ID6183593457 突発性難聴の症状と経過 結論から言うと、突発性難聴であった場合は、1週間後のステロイド大量投与では遅い。町医者で診療してしまうと1週間を無駄にす […]

2020/11/23, Harikiri(Mr)
2022/02/24, 文言整備

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

deafness

[健康] 突発性難聴の診断と治療 (KOMPAS) – ID2719 [2019/10/13]
[健康] 体験記 – 突発性難聴になる1、2年前からふらつきがあった事を思い出した – ID1555 [2020/06/24]
[健康] 突発性難聴と付き合うためのギア-ソニーのお洒落な集音器 – ID1288 [2019/08/16]
[健康] 体験記 – 突然起きためまいは突発性難聴と診断された – その後 – ID535
スポンサーリンク ID 7130582967

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block