カテゴリー
BIOLOGICS equipment-ufdf

[Bio-Process] UF/DF for chromatography – 溶液組成の置換と目的物の濃縮/膜の選定に関する考慮点 – ID8446 [2021/01/05]

[Bio-Process] UF/DF for chromatography – 溶液組成の置換と目的物の濃縮/膜の選定に関する考慮点 – ID8446 [2021/01/05]
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

UF/DF工程

UF/DF工程は、Ultrafilterを用いたUltrafiltration/Diafiltration工程である。UF膜は、分子量分画を目的としており、目的のタンパク質の分子量に応じたサイズを選択する。

UF/DF工程の組み入れ目的は、次工程の目的によって異なる。例えば、クロマトグラフィーを目的としている場合は、ロードに適する組成に置換することが処理目的となる。最終的なサンプル組成を目的としている場合は、組成の置換と目的タンパク質の濃度調整も処理目的となる。

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

UF/DF実施の考慮点

スポンサーリンク
by Rakuten ID:15895

  • 抗体では、30kDa~50kDaの分子量カットのものを使用する
  • AAV Vectorの場合は、理論分子量が1,000kDaであるため、それより小さい500kDaで濃縮できるはずだが、メーカーや製品によるバラつきもあり、漏れる量に違いが生じる。できるだけ漏れを少なくするには、100kDaの膜サイズを使用する。また、バッファ組成によっては、「漏れ率」が変化するため、予備検討が必要である。以下に示したTMPやCross Flow Rateによっても、漏れ率は異なるため、条件設定には、十分に理解して検討を進める。
  • TMPの設定
    • 膜システムの出と入の圧力差の設定
    • システムの配管口径に依存する
      • 高濃度のタンパク質では、極端に配管口径が小さい場合、TMPを標準に設定できたとしても、Cross Flow Rateが適切に設定できない場合がある
  • Cross Flow Rateの設定
    • 膜付近で濃縮されたタンパク質を洗い流す効果を効率的に設定する必要がある
    • システムの配管口径に依存する
      • 高濃度のタンパク質では、システム口径は、出来る限り最大化を目指す
    • 膜面積当たりのポンプ流速
  • メーカーの違い
    • Pall Millipore
    • GE
    • Nova
    • etc.
  • 処理する目的物の組成の違い
    • pH
    • 伝導度 (塩濃度、塩の種類、etc)
  • UF膜の材質の違い
    • PES
    • 再生セルロース
  • 処理温度
    • 室温(18-24℃)
    • 15℃
    • 4℃
  • 構造
    • 平膜
    • ホローファイバー
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

編集履歴

2020/02/02 Mr.Harikiri
2021/01/05 文言整備、追記(漏れ率、条件設定における考慮するポイントなど)
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

Pallの製品

日本ポール

https://www.pall.jp
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

関連

analysis, BIOLOGICS, production
[Bio-Equip] キャピラリー電気泳動システム – PA 800 Plus – SDS-PAGEおよびIEX分析 – ID17286

Post Views: 23 CESI 8000 Plus 抗体医薬を製造して品質を分析しますが、その分析項目には、電気泳動分析が含まれます。数年前では、プリキャスト・ゲルを使用した分析です。 キャピラリー電気泳動は、オ […]

analysis, BIOLOGICS, production
[Bio-Equip] SoloVPE – 高濃度タンパク質の無希釈測定 – GMP対応 – ID17284

Post Views: 24 目次1 SoloVPE2 編集履歴 SoloVPE 抗体医薬品のタンパク質濃度は、患者利便性から静注から皮下注に移行が進められているため、高濃度化製剤となってきています。 高濃度タンパク質は […]

analysis, BIOLOGICS, production
[BIo-Equip] ACQUITY UPLC H-Class PLUS Bio – Waters – 分析用液体クロマトシステム – ID11528 [2020/03/06]

Post Views: 17 目次1 ACQUITY UPLC H-Class PLUS Bio1.1 抗体2 関連 ACQUITY UPLC H-Class PLUS Bio 抗体 抗体の定量は、Protein Aカラ […]

analysis, BIOLOGICS, culture, process, production
[Bio-Equip] Imaged cIEF and CE-SDS – proteinsimple – ID11524 [2020/03/06]

Post Views: 19 目次1 Maurice2 関連 Maurice バイオ医薬品の同一性、純度、および不均一プロファイルの再現性分析と定量分析を行うことができます。サンプルあたり15分以内で迅速に結果を得られま […]

analysis, BIOLOGICS, production
[Bio-Analysis] Comparability Test – バイオ医薬品における同等性 – ID8641△ [2020/02/02]

Post Views: 64 目次1 規格試験によるリリース2 編集履歴 規格試験によるリリース Comparability Protocols for Human Drugs and Biologics: Chemis […]

スポンサーリンク
  • by Amazon ID19245
  • by Amazon ID13339

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

production-flow

[Bio-Analysis] Release Test – 医薬品の規格を確認する試験 – 合格すると出荷可能となる – ID14056 [2020/04/22]
[Bio-Process] 原薬の超低温保管 ID9640 [2020/02/02]
[Bio-Process] Sterile Filtration – ID8462
[Bio-Process] UF/DF for buffer exchange – タンパク質溶液の緩衝液組成の変更 – ID8458 [2020/02/02]
[Bio-Process] Virus Reduction Filtration – ウイルス除去膜 – ID8631 [2020/02/02]
[Bio-Process] Affinity & Polishing chromatography – ID8453 [2020/02/02]

TFF

[Bio-Equi] TFF – MerckMillipore – ID23123 [2020/9/19]
[Bio-Process] UF/DF for chromatography – 溶液組成の置換と目的物の濃縮/膜の選定に関する考慮点 – ID8446 [2021/01/05]

UF/DF

[Bio-Process] UF/DF for buffer exchange – タンパク質溶液の緩衝液組成の変更 – ID8458 [2020/02/02]
[Bio-Process] UF/DF for chromatography – 溶液組成の置換と目的物の濃縮/膜の選定に関する考慮点 – ID8446 [2021/01/05]
[Bio-Edu] 排除体積効果 – タンパク質を精製する時に、知っておきたい知識 – ID2701 [2020/06/25]
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID24747
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

Update ID21920

WordPress
[WP] UMをSimple WP Membershipに変更 – ID29745 [2021/05/13]

Post Views: 0 目次1 はじめに2 編集履歴 はじめに WordPressサイトでメンバーシップ機能を実現するプラグインの話です。Ultimate Member (UM) プラグインについては、当サイトをいず […]

AAV, BIOLOGICS, drug
[遺伝子治療薬] ZOLGENSMA – AveXis-Novartis社が開発した筋萎縮性側索硬化症 (SMA)治療薬 – UM-ID23165 [2020/07/27]

Post Views: 115 目次1 筋萎縮性側索硬化症2 ZOLGENESMA2.1 薬価収載3 詳細 筋萎縮性側索硬化症 筋萎縮性側索硬化症(Spinal Muscular Atrophy (SMA))は、10万人 […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
KNOWLEDGE
[Kw] Soft Bankの2020年度の最終利益が4.99兆円と発表 – 今、昔を思うこと – ID29721 [2021/05/12]

Post Views: 0 Soft Bankで思うこと もう35年も前のことです。Soft Bankは書籍を出していました。シャープが開発したApple Computerを目指す意欲的なPC、X68000です。Soft […]

更新された投稿の最新順

スポンサーリンク
  • by Amazon ID13211
  • by Amaozn ID13196
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID24747
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

関連記事(UF/DF)

BIOLOGICS, equipment-ufdf
[Bio-Process] UF/DF for buffer exchange – タンパク質溶液の緩衝液組成の変更 – ID8458 [2020/02/02]

Post Views: 21 目次1 抗体2 rAAV 抗体 抗体の精製の場合、バッファ組成を調整しないで次工程に進むことも多い rAAV 次工程のAffinityクロマトグラフィにロードするために緩衝液の組成を調整する […]

BIOLOGICS, equipment-ufdf
[Bio-Process] UF/DF for chromatography – 溶液組成の置換と目的物の濃縮/膜の選定に関する考慮点 – ID8446 [2021/01/05]

Post Views: 23 目次1 UF/DF工程2 UF/DF実施の考慮点3 編集履歴4 Pallの製品5 関連 UF/DF工程 UF/DF工程は、Ultrafilterを用いたUltrafiltration/Dia […]

BIOLOGICS, equipment-ufdf
[Bio-Equip] UF/DF System – ID16605 [2020/06/01]

Post Views: 25 TFF System: Allegro System TFF Systemは、PallのAllegro System (3/8インチ) Allegro, Pall https://biote […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

最新記事(Biologics, ID:14673)

BIOLOGICS
医薬品添加物規格 (薬添規)

Post Views: 3 医薬品添加物規格 https://www.mhlw.go.jp/content/11120000/000336088.pdf

BIOLOGICS, culture, education
[Bio-Culture] 大腸菌; E.coliの増殖率は細胞長の増大に関わる – ID28121 [2021/02/27]

Post Views: 20 目次1 大腸菌の増殖率2 編集履歴 大腸菌の増殖率 一般的に、大腸菌の増殖率(growth rate)、1時間あたり1未満であり、それを超える増殖率になってくると、大腸菌の長さが増大するのだ […]

BIOLOGICS, culture, education
[Bio-Culture] Poloxamer 188 – バイオリアクターの撹拌翼による細胞のダメージを抑制 – ID28021 [2021/02/24]

Post Views: 17 目次1 Poloxamer 1882 毒性2.1 動物の静脈内注射 (Poloxamer)2.2 ヒトの静脈内注射 (Poloxamer 188)2.3 創傷治癒2.4 動物実験2.5 AM […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
BIOLOGICS, education, purification
[Bio-Edu] イオン交換クロマトグラフィの原理 – バイオロジクスの製造における基本 – ID27722 [2021/02/13]

Post Views: 22 目次1 イオン交換の原理を使ったクロマトグラフィ2 実務では3 原理4 なぜpHを上げていくと電荷がマイナスチャージになるのか4.1 pHの理解5 編集履歴 イオン交換の原理を使ったクロマト […]

BIOLOGICS, safety
気になる企業 — 生物科学安全研究所 (RIAS) – ID27434 [2021/01/03]

Post Views: 27 RIASと丸紅ケミックス 2021年より、日本国内でのウイルス安全性試験の受託強化を図る。日本国内の総代理店は、丸紅ケミックス。 RIASのウイルス測定関連施設の改修によりBSL2, BSL […]

company, gene-therapy
気になる企業: IDファーマ – センダイウイルス・ベクターの技術で希少疾患に対する遺伝子治療薬の開発を進める – ID27360 [2021/01/30]

Post Views: 32 目次1 IDファーマ2 アイロムグループの概要3 編集履歴 IDファーマ 株式会社IDファーマは、CROなどを手がけるアイロムグループの100%小会社で、先端医療関連の開発を担う。センダイウ […]

Page: 1 2 68
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID24747
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

その他記事(ALL-RANDOM, ID:16786)

Synology, Theme, WordPress
WordPress 5.3 標準テーマ Twenty Twentyに完全移行 – ID4018

Post Views: 17 WordPress 5.3とTwenty Twenty 古いテーマは、メンテナンスや改良が行われなくなるのは世の常。現在までで、Synology NASWordPressを導入しblogを […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
AAV, BIOLOGICS, education
[GT] 遺伝子治療の課題 – H30, 経済産業省より – ID2031△ [2020/01/08]

Post Views: 22 2019現在における遺伝子治療薬の製造課題 Full particleとEmpty Particleの比率の増大化改善 Full Particle定量法の精度改善 効果的なスケールアップ: […]

BIOLOGICS, education
[Protein] Prothrombin – ID2643 [2019/10/08]

Post Views: 25 ヒトプロトロンビン  分子量 72,000 Da 血中濃度 100mg~150mg/dl ドメインこうせい: 2つのKrigleドメインに続きセリンプロテアーゼドメインがつながる。 […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID:11143(2)

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block