カテゴリー
AAV BIOLOGICS education purification

[rAAV] rAAVベクターの精製方法 – Universal Method (2018) – △ID2266 [2019/09/18]

[rAAV] rAAVベクターの精製方法 – Universal Method (2018) – △ID2266 [2019/09/18]

スポンサーリンク: ID6183593457

はじめに

遺伝子治療薬のデリバリー・システムとしてAAV使用が盛んです。今後は、AAVの精製についても抗体医薬と同様に精製方法のプラットフォーム化が進むと予想されます。それを目指して精製関連機材メーカーは、意欲的な製品を発表しているところです。

ここでは、AAVの精製方法について情報を集めてみたいと思います。現状が把握できれば、今後の方向性も自ずと見えてきます。

文献の内容

スポンサーリンク
by Rakuten ID:15895

AAVの血清型に依存しないプットフォーム化された精製方法に関する文献

GE HealthcareのAVB SepharoseとPOROSの CaptureSelect AAV8及びAAV9の比較

トリビア: 欧州で開発された最初の遺伝子治療薬Glybera (AAV1-LDL)

Affinity精製の不利な点は、遺伝子が封入の有無(Empty/Full)にかかわりなく精製されること。

AEXは、EmptyとFullの分離が可能であり、微妙な電荷の違いが存在することを示唆している。

この文献では、AffinityとAEXを使用することで精製プラットフォームを提案している。

Affinity精製サンプルのAUC分析では、多数のピークが確認され、Full以外のEmptyやその他のCapcid蛋白質などの不純物が多く含まれていた。

Affnity後のAEX精製サンプルのAUC分析(UVモニター)では、1つの主ピークを認め、精製度が上がっている画分は、AEXのクロマトプロファイルとしてA260/A280比は、1を超えておりFull画分と考えられた。

編集履歴
2019/09/18 はりきり(Mr)
2020/06/12 整備(Gutenberg blockに変換)

精製方法の骨格

Affinityクロマト→イオン交換クロマト

対象文献

Universal Method for the Purification of Recombinant AAV Vectors of Differing Serotypes, 2018

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5767896/pdf/main.pdf

参考文献

AVB SepharoseTM High Performance, GE Healthcare

https://www.gelifesciences.co.jp/catalog/pdf/28920754ab.pdf

アデノ随伴ウイルス精製用アフィニティー担体 – GE Healthcare –

https://www.gelifesciences.co.jp/catalog/1259.html

POROSTM CaptureSelectTM AAV Resins: AAV8, AAV9, AAVX – Thermo Fisher –

https://assets.thermofisher.com/TFS-Assets/LSG/manuals/100038399_POROS_CapSel_AAV8_AAV9_Resins_UG.pdf

Enabling Custom Solutions for Downstream Processing for Future Therapies: AAV Case Study, BioProcess International, 2016 – bioprocess international –

https://bioprocessintl.com/ask-the-experts/aav-case-study-poros-resins-captureselect-ligand-webcast/

スポンサーリンク: ID4219953367

編集履歴

2019/09/18, Mr. Harikiri
2021/11/02,記載整備

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

Vector

[rAAV-Edu] rAAVベクターのFull/Empty ratioの改善のヒント
[Bio-Process] 配列からベクターDNAを作るまでの概要 – ID16682
[Bio-Vector] 人工染色体 – 目的細胞に導入して安定発現細胞株を作る – AAVベクターの生産株として適用できるのか? – chromocenter/TaKaRa – ID26979 [2021/01/15]
[Gene Therapy] AAV Vectorの特徴、および他のベクターとの比較 / その他、参考文献 / ID444 [2021/01/04]
気になる企業 ベクタービルダー /デザイン/受託/開発/GMP製造 [2020/11/21] ID24901
スポンサーリンク ID 7130582967

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block