カテゴリー
BIOLOGICS CMO COMPANY-FAVOR EirGenix

気になる企業 – EirGenix, Inc. 台湾で最も技術力のあるBiologics CDMO – Sandozとの共同研究でBiosimilar開発 – ID16405 [2020/05/29]

本編 >

気になる企業 – EirGenix, Inc. 台湾で最も技術力のあるBiologics CDMO – Sandozとの共同研究でBiosimilar開発 – ID16405 [2020/05/29]
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23410
  • by Google Ads ID23293

EirGenix, Inc.

  • 2019/06/18に台湾市場に上場(株式公開)しました source

台湾のBiologics CDMOで、最も技術力のあるCDMOの1つで、且つ、バイオテクノロジー企業です。

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
  • Employee : 182

その理由として例えば、以下の開発力から分かります。

biosimilar開発

trastuzumabは、中外製薬がオリジナルで、ハーセプチンという製品名です。Sandoz からの委託契約でtrastuzumabのbiosimilarをin houseで開発しています。2019/4現在、世界11カ国でPhase IIIが実施されています。Sandozとの契約では、Sandozは、中国、台湾を除く全てのグローバル市場において、EirGenixのEG12014の独占的な商業的権利を所得しました。2019/6には、EirGenixは、この契約の成功報酬として$500万を受け取っています。

現時点での「trastuzumab」のbiosimilar

  • セルトリオン・ヘルスケア・ジャパン
  • pfizer
  • 日本化薬
  • 第一三共

www.eirgenix.com

編集履歴
2020/05/29 はりきり(Mr)

Map

EirGenix,, Inc. map
EirGenix,, Inc. (Zhubei) map
スポンサーリンク

by Google Ads ID23409

Service

以下に、CDMOとしての実力を知るために設備を中心に情報をまとめました。設備については知る機会がなかなかありませんが、EirGenixの設備について、360°で詳細を見ることができます(virtual tour)。

ServiceSummary
Cell Line DevelopmentDNA to stable cell line
cell line : CHO, NS0, PER.C6, E.coli, Pichia
identified in 19 weeks
serum-free medium screening platform
Cell BankingcGMP production facilities for MCB and WCB
Process Development1) Upstream
-1. process optimization, troubleshooting, media, feeding, process parameter
– mammalian: flask, 2L, 5L, 50L SUB
– microbial: 2L, 20L fermentor
2) Downstream
-1. experience
– mammalian: recombinant protein, fusion and mAb
– microbial: inclusion body and soluble, pegylated protein, fusion and Plasmid DNA
-2. equipment
– LCS: AKTA PRIME, AKTA Pilot, AKTA Avant; column size: 1mL HiTrap to 14cmφBPG column
– MF & UF system, UF/DF system,centrifuge of Disc and continuous, tank (316L SS), Homogenizer (Microfluidizer and APV)
3) Formulation
-1. preformulation : Lyophilizer, Stability chamber, programmable controlled freezing and thawing system
4) Purity analysis
– Three Agilent HPLC, one UPLC
Analytical/QC– method development; method transfer; method qualification and validation; stability testing;
Characterization : glycan analysis, glycan profile and ratio, monosaccharide, secondary or more analysis
– Item– Potency/Activity : ELISA, Cell base assay
– Impurity : Host cell DNA, Host cell protein, Protein A residue, Others
– Biological safety : Endotoxin, Bioburden, Microbial enumeration
– Analytical method qualification and validation : Specificity, Linearity & range, Accuracy and precision, LOD/LOQ
– Glycan analysis : N and O-linked carbohydrates site and structure: HPLC/UPLC; N and O-linked glycan mapping and ratio : CE, LE/MS; N-glycan ratio : CE, LC/MS
– Monosaccharide analysis : HPIC
– Secondary and higher order structures: CD (Circular Dichroism), DSC (Differential Scanning Calorimetry), Fluorescence Spectrometer
– Heterogeneity analysis : IEF/cIEF, CIX-HPLC
cGMP Manufacturing Mammalian
Certificates : 2005(T-FDA), 2014(T-FDA), 2017(foreign manufacturer)
– GMP facility (bioreactor), 360 virtual tour1st Floor : 10,000ft2
– Media preparation : 50L ~ 700L
– 100L/500L SS
– 50L/200L/1,000L SUB
– Millipore POD and 3M CUNO filtration system
– UF/DF (0.1~14 m2)
– Column : 3mm ~ 10mmφ, 5cm~60cmφ
– one purification room
– one final purification room
– Washer room and autoclave room
– 2 x 2,000L SUB in northern part of Taiwan
– experienceBasically, clinical trial
– Anti-IL20(CHO, PER.C6)
– Anti-HSV (CHO)
– Anti-TNFα(CHO)
– Bio-similars (CHO
cGMP ManufacturingMicrobial
Certificates : 2013(T-FDA), 2014(T-FDA), 2017(foreign manufacturer)
– GMP facility (bioreactor)5th Floor : 4,000ft2
– cell banking area (provide maximum 400 vials/batch)
– inoculation suite
– fermentation & harvest suite
– – fermentor 20L/100L fermentor
– – mixer tank 100L/200L/400L
– – homogenizer 10L/hr, 100L/hr
– purification suite
– – UF/DF 0.5 ~ 5 m2
– – Centrifuge 10~100L semi-continuous
– – Column 3mm ~ 6mmφ, 7cm ~ 45cm
– bulk fill room
– buffer preparation room
– wash & autoclave room
– experience – recombinant proteins
– – soluble protein, Pichia
– – complexes soluble protein, E.coli
– – Pegylated proteins inclusion body, E.coli
– Protein vaccines
– – soluble protein, E.coli
– Bio-similars
– – Inclusion body, E.coli
– Plasmid DNA (E.coli)
SpecialAntibody Drug Conjugate
(Four ADC commercial >60 in clinical in world situation)
– Strategic partnerFormosa Laboratories (58 chemists, 9 process patents)
– high potency drug manufacturing
– 2000L scale of APIs manufacturing
– 50~1000L SS Reactor
– 50~1000L chromatography column
– Isolator (glove box)
– 280L Falling Film Evaporator
– Linkers by partnerLinkers are key component in ADC
EirGenix has partners with the leading linker development companies
編集履歴
2020/05/2o Mr.HARIKIRI

biosimilar関連

スポンサーリンク
  • by Amazon ID19245
  • by Amazon ID13339

ここまで

< 本編はここまで。

スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23410

Update ID21920

BIOLOGICS, culture, education, production
[Bio-Edu] CHO細胞培養プロセス – スケールアップ – ID17887 [2020/10/30]

目次1 はじめに2 培養のスケールアップ2.1 目的2.2 考慮事項2.3 インプット因子2.4 アウトプット因子2.5 手段3 Bioreactorのスケールアップ4 ambrを使用したスケールアップ・パラメータの設定 […]

anime, LIFE
[アニメ] ザ・サード〜蒼い目の少女〜 (2006) – 3つ目の眼を額にもつ「ザ・サード」が人類を管理している世界 – ID2480 [2020/10/20]

ザ・サード 2006年、TV全24話、人類が犯した過ちを2度と起こさせないために、3つ目の眼を額に持つ「ザ・サード」と呼ばれる存在から管理されている人類。ソードダンサーと呼ばれる少女がいました。この世界では、技術革新は許 […]

anime, LIFE
[アニメ] ヒロイック・エイジ – 宇宙戦闘物語 – ID24353 [2020/10/20]

目次1 ヒロイック・エイジ2 キーワード ヒロイック・エイジ 2007年、TV全26話、宇宙物/宇宙戦艦物/宇宙や人類の発祥の不思議を描いています。3話くらいまでは我慢して視聴してください。おそらく、TVで毎週リアルタイ […]

anime, LIFE
[アニメ] 終わりのセラフ – 人対吸血鬼 – 大人の事情と子供の理想は相ゆずれない – ID2444 [2020/10/28]

終わりのセラフ 2015年、TV全24話、吸血鬼が世界を支配している世界と、一部の人の軍組織は、人の世界を取り戻そうとしている攻防を背景に、家族というテーマを描いてます。しかし、大人の事情は、子供たちの家族の理想にはお構 […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
english
今日の英語 – we are excited to announce ~ – 報告できることを嬉しく思っている表現 [2020/10/28]

We are excited to announce {目的句}  「目的句」に対してエキサイトしています。例文 : Today we are excited to announce the launch of a ne […]

更新された投稿の最新順

スポンサーリンク
  • by Amaozn ID13196
  • by Amazon ID13211
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID23410

最新記事(CMO, ID:14827)

スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23410

最新記事(Biologics, ID:14673)

スポンサーリンク
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID23410

その他記事(ALL-RANDOM, ID:16786)

adsense, Synology, WordPress
Google Adsense導入に必要な手順とセッティング – ID9539

目次1 手順の概要2 Adsenseプラグインは、以下の2つが候補。3 Advanced Ads4 スピード改善5 AMP 手順の概要 Google Adsense申請 (サブディレクトリは不可) Emailで承認を受け […]

english
今日の英語 – 何が起こったかわかりました、と伝える ID19021

問題があり、その理由として何が起こったのかわかったと伝える I think I have worked out what has happened.何が起こったのか分かりました 訳に到るイメージ「何が起こったのか分かった […]

BIOLOGICS, education, purification
[Bio-Edu] 沈殿化法によるタンパク質の回収・分離 – 検討方法 – ID4376 [2020/09/23]

目次1 はじめに1.1 Ribonuclease Aの沈殿精製1.1.1 逆ミセル抽出法1.1.2 逆ミセルからタンパク質の抽出1.1.3 逆ミセル抽出法の改良 (Shinらの方法)2 トラディショナルな沈殿法3 検討方 […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
BIOLOGICS, education, purification
[Bio-Edu] IgGの精製はProtein Aに対する親和性を利用する -ID7074

IgGの精製 IgGという蛋白質は、Protein Aという蛋白質に対して強い結合親和性を持っている。この原理を利用してIgGを特異的に吸着させて集めることを専門用語でキャプチャリングという。 ヒトの皮膚などに常在してい […]

AAV, BIOLOGICS, CMO
調査 – 遺伝子治療 – LONZAの動向 – ID3803 [2020/05/07]

目次1 AAV2 背景3 LONZAの動向4 参考 – Lonza AAV関連のGoogle調査結果 AAV AAVは、病原性が無いとされるウイルスである。正式名はAdeno Associated Viris […]

BIOLOGICS, cell, key-word
[用語] Master Cell Banking ID21618

Master Cell Banking GMPに従いマスターセルバンクを製造し液体窒素による超低温保管する 編集履歴 2020/08/24 Mr.はりきり

Page: 1 134 135 136 141
スポンサーリンク
  • StarTech.com パスワードロック機能搭載SATA 3.0対応2.5インチHDD/SSDケース USB 3.0接続 256ビットAES暗号化アルゴリズム S2510BU33PW by Amazon - ID 24410
  • Western Digital SSD 1TB WD Blue PC PS4 2.5インチ 内蔵SSD WDS100T2B0A-EC , ID19284

スポンサーリンク
by Google Ads ID:11143(2)

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block