カテゴリー
HEALTH kidney

[健康] フェブリクはいい薬だが、生活面の改善を組み入れると更に良い — コーヒーを飲むことで利尿作用を高め「尿酸」の排泄が高められる – ID7273

本編 >

[健康] フェブリクはいい薬だが、生活面の改善を組み入れると更に良い — コーヒーを飲むことで利尿作用を高め「尿酸」の排泄が高められる – ID7273
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID23410
  • by Google Ads ID:11145

腎機能

若い頃から血中の尿素窒素、尿酸、クレアチニンが少し高く、正常値の上限で推移していました。

50歳ごろに、尿酸値が8を超えたため、フェブキソスタッドの服用をはじめました。

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417

これまで5年間(2018年現在)、フェブリク20mg錠剤/日で、尿酸値は5程度に安定させることができています。

スポンサーリンク
  • Synology DS517 by Amazon ID:22173
  • Synology DS920+ by Amazon ID:22172
  • オムロン BY50S用パック by Amazon ID:22171
  • オムロン BY50S by Amazon ID22170
  • Synology 高機能無線ルーター VPN Plus対応 日本正規代理店アスク サポート対応 保証2年 NT934 RT2600ac by Amazon ID24327
  • エレコム LANケーブル CAT6A 5m 爪折れ防止コネクタ ホワイト LD-GPA/WH5 by Amazon ID24327

生活面の工夫

血中クレアチニンの値から腎機能の計算ができます。 僕の場合、慢性腎不全手前の計算結果です。

腎臓に負担をかけないように、フェブリクの服薬を始めて以来、以下の排尿量を上げる工夫をしています。

排尿量を上げることは、尿酸値の低減化に多少の寄与があると思っています。

ブラック・コーヒーを毎日飲むこと。

  • コーヒーを最低でも朝、昼前、3時に1杯ずつ
  • 夕方4時以降は睡眠に影響が出るらしいので、積極的には飲まないが、休日の前などには、スタパで飲むこともある

実際、2015年のアメリカの大規模研究では、高尿酸血漿になるリスクは、毎日6杯以上コーヒーを飲んでいると、リスクは、0.4倍とのことで、高尿酸血漿のリスクを下げることが期待できます1)

それまで、コーヒーを生活の中で飲むことは滅多にありませんでした。実際にコーヒーを飲みだすと、その利尿作用を実感できました。

最初は、缶コーヒーで実践していましたが、当時の缶コーヒー製品には,糖分が多く含有しているものが多かったので、ソルブルコーヒーをブラックで飲むようにしました。苦くて美味しいとはおもいませんでした。

今では、コーヒーの苦さには、慣れてしまいました。

効用を考察する

血液の粘度が高く(ドロドロに)なると腎臓への負担が高まるため、腎臓の損傷が進みます。

  • 血液の粘度が高いと、血圧があがるため腎臓の毛細血管を壊しやすくなる
  • 尿量が少ないと、腎臓による血液のろ過による老廃物の排泄効率が低下するため、その老廃物による腎臓の損傷が生じる
  • 水での水分補給では、利尿作用が高くなく、飲み過ぎに陥りやすいので下痢になり易く、下痢では体内への水分補給になっていないため、血液への水分補給にはなりません
  • コーヒーによって下痢症が改善しました。

まとめ

生活に取り入れやすく簡単で継続可能な血液への水分補給として、コーヒーを飲むこと選択しました。コーヒーは、ブラックで飲む(飲める)ようにしました。余分な糖や脂質は、体に悪影響を及ぼしかねないためです。

以上

1) コーヒーは高尿酸血漿のリスクを下げる・・・

血液中の尿酸値と寿命 (2015)

http://www.hhk.jp/kenko-telservice/2015/0702-181713.php

編集履歴

2020/02/25 文言整備
2020/05/07 追記 (関連記事)

スポンサーリンク
  • by Amaozn ID13196
  • by Amazon ID13339

ここまで

< 本編はここまで。

スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID23410
  • by Google Ads ID:11145

Update ID21920

Raid, Synology, WordPress
[Synology] DS918+ 初期導入時にはbasic HDD、その後、メモリ増設・SSDキャッシュ増設・HDD追加でRAID 5によりフルスペック化 — さてどうなったか – ID33 [2020/09/19]※

目次1 概要1.1 DS918+の仕様1.2 後継機、DS920+1.2.1 DS920+を導入しました1.3 初期の構築方法1.3.1 最小構成1.3.2 性能評価1.4 その後の更新方法1.4.1 SSD Cache […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
BIOLOGICS, mRNA, vaccine
[Vc] mRNAワクチンとは – Sanofi, Modernaなどが開発を進めている – ID15091 [2020/05/23]※

目次1 mRNAワクチンとは1.1 mRNAワクチンの優位性2 歴史的経緯3 mRNAを医薬にするためには4 mRNA医薬の構造5 mRNA医薬の方向性6 課題6.1 ワクチン6.2 がんワクチン6.3 一般治療7 特許 […]

AVIGEN, BIOLOGICS, company, COMPANY-FAVOR, sanofi
気になる企業 – Sanofi – 新型コロナワウイルス・ワクチンの開発を組換えタンパク質ベースとmRNAで臨床試験が進められている – ID20840 [2020/10/22]

目次1 Sanofi1.1 Sanofi Pasteur1.1.1 mRNAによるSARS-Cov-2ワクチン1.1.2 組換えタンパク質ベースによるSARS-Cov-2ワクチン1.2 Sanofi Genzyme Sa […]

BIOLOGICS, CMO
[Bio-CMO] 台湾のバイオCDMOリスト – ID18354 [2020/10/22]

台湾の委託先リスト ここ数年、台湾は、国策としてバイオロジクスCDMOの育成を精力的に図っています. 以下のリストは、台湾のバイオロジクスCDMOリストです。 台湾のバイオロジクスCDMOの有名どころ、および個人的に知っ […]

AAV, BIOLOGICS, company, COMPANY-FAVOR, Yposkesi
気になる企業 – Yposkesi (イポスケシ) – ヨーロッパ最大のAAV/Lentivirus Vectorの生産能力を謳う – ID12817

YposkesiはフルサービスCDMOである。 フランス Genenthonのスピンオフ, 2016 患者団体 AFM-Telethon (イタリア) SPI投資ファンド 50,000 ft2 (5,000m2) up […]

BIOLOGICS, production, vaccine
[Bio-Edu] Plasmid製造方法 まずは、情報収集から- ID24375 [2020/10/22]※

目次1 生産フロー2 plasmidの培養方法3 精製方法 生産フロー 参考文献4)、1~200L規模のcGMPによるplasmidの製造 Vectorのデザイン copy数 plasmidサイズ (不要な配列の除去)、 […]

スポンサーリンク
  • by Amazon ID13211
  • by Amazon ID19245
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23410
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145

関連記事(慢性腎炎, ID:16781)

スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23410
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293

最新記事(健康, ID:14731)

HEALTH
[健康] 過呼吸; 過換気症候群: 血液中の炭酸ガス濃度が低下する – 新型コロナウイルス感染対策のマスク装着で注意する事 – 血液のpHがアルカリ性になることが危険の原因 – ID20996 [2020/08/20]※

過換気症候群 不安や極度の緊張により過呼吸になると、その呼吸により体内の二酸化炭素が体外への放出過剰に繋がり、血液中の炭酸ガス濃度が低下する事で、危険な症状が現れる。これを過換気症候群という。 呼吸中枢は、血中の二酸化炭 […]

HEALTH
[健康] COVID-19に対する「ポビドンヨードによるうがい」- 大阪府が公表した効果を考える – ID20867 [2020/08/05]

目次1 ポビドンヨード2 考察 ポビドンヨード ポビドンヨードとは所謂、消毒薬の褐色のイソジンです。 2020/08/04, 大阪府、吉村知事がポビドンヨードの「うがい」により、軽症患者(対象群を含めて41人)の唾液中の […]

HEALTH, KNOWLEDGE
COVID-19関連 — PCR全自動検査装置: エリートインジーニアス – フランスから感謝状が送られたとい素晴らしい装置 – Precision System Science社、は日本の企業です – ID20650 [2020/07/30]

エリートインジーニアス エリートインジーニアスは、プレシッション システム サイエンス社(Precision System Science; PSS)が開発するPCRの自動検査装置です。機能、オプションの違いにより数種類 […]

BIOLOGICS, education, HEALTH
[Virus-Edu] 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染機序 – ID20003 [2020/07/27]※

目次1 新型コロナウイルスの感染機序1.1 1a Fusionでの感染1.2 1b 貪食での感染 新型コロナウイルスの感染機序 新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染のある過程で、以下に説明する薬剤の臨床試験 […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
HEALTH
[健康] 疾患名: ALS; 筋萎縮性軸索硬化症 – 年間3,000人の内、孤発性は90% – ID19911[2020/10/10]

目次1 ALS2 原因2.1 新説2.2 現説3 参考文献 ALS ALS; 筋萎縮性軸索硬化症 日本では、9000人の患者数 毎年3,000人が発症 孤発性は、全体的の90%を締める グルタミン酸受容体に生ずべきRNA […]

HEALTH
[健康] 疾患名: 心アミロイドーシス – アントニオ猪木さんが公表 – ID19882

目次1 心アミロイドーシス2 ビンダケル3 アミロイドーシス4 トランスサイレチン 心アミロイドーシス 心アミロイドーシスという難病指定の病気があります。アントニオ猪木さんが、数年前から息苦しさを感じており、昨年診断され […]

Page: 1 2 3 10
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23410
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293

その他記事(ALL-RANDOM, ID:16786)

BIOLOGICS, education
[Bio-Edu] Surfactant – PF-68, PS80 の添加は常識 – 凝集の抑制 – ID12904 [2020/05/26]

目次1 界面活性剤1.1 Pluronic F-68 (ploxamer 188)1.1.1 F-68は、凝集抑制に多用される1.1.2 その他情報1.2 Polysorbate2 参考 UF/DF関連 界面活性剤 タン […]

BIOLOGICS, guidance
[Bio-Edu] 生物由来原料基準のレジメ – ID9325 [2020/07/23]

目次1 生物由来原料基準1.1 適用範囲1.1.1 以下の品目に含まれる原材料1.1.2 原材料1.1.3 適用範囲外1.1.4 ウインドウピリオド1.1.5 ウインドウピリオド1.1.6 輸血用血液製剤1.1.7 血漿 […]

plugin, Synology, WordPress
[WordPress] Glossary / Tooltip プラグインを導入すべきか – ID7146 [2020/04/20]

説明したい用語について、末尾に説明しておき、投稿内でアンカーを貼るのもいい。しかし、記事を読んでいる途中で用語の意味を知りたくてジャンプしてしまうと読書性が低下する。 それなら、吹き出し式のGlossaryかToolti […]

AAV, BIOLOGICS, education, purification
[rAAV] rAAVベクターの精製方法 – Universal Method for the Purification of Recombinant AAV Vectors of Differing Serotypes (2018) – ID2266

AAVの血清型に依存しないプットフォーム化された精製方法に関する文献 GE HealthcareのAVB SepharoseとPOROSの CaptureSelect AAV8及びAAV9の比較 トリビア: 欧州で開発さ […]

BIOLOGICS, education
[Bio-Edu] 生体内で起こる蛋白質の酸素を要する糖化(Glycosylation)の5つの種類とメカニズムの説明 – ID3160 [2020/10/14]

Creative Biolabs社のHigh-Affiテクノロジーを使用したグリコシル化特異的抗体産生サービスのサイトから、蛋白質に対する生体内での糖化についての説明をまとめた。サイトのページの背景には、美しい抗体(An […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
BIOLOGICS, KNOWLEDGE
[Bio-Edu] 免疫グロブリン様受容体; IgLR (FcR, FcγR), 2004年の文献から ID19276 [2020/08/20)

IgLR; 免疫グロブリン用受容体 2004年と2005年の文献から,FcRに関する基礎情報を理解する. 以下のレジメは、「免疫グロブリン様受容体 (IgLR) 分子群による免疫制御, 2004」より。 免疫グロブリン様 […]

Page: 1 2 3 140
スポンサーリンク
by Google Ads ID:11143(2)

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block