カテゴリー
HEALTH kidney

[健康] タンパク質を摂取して、最終産物である「尿素」ができるまで – ID7105 [2020/01/13]

[健康] タンパク質を摂取して、最終産物である「尿素」ができるまで – ID7105 [2020/01/13]
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

尿素は、余分なタンパク質の最後の姿

摂取したタンパク質は、アミノ酸に分解されます。余分なアミノ酸は、最終的に尿素になり、尿として体外に排泄されます。よって、尿素の量は、タンパク質の摂取状態により、変動することになります。

尿素の分子量

  • 約60

尿素 – KEGG –

https://www.genome.jp/dbget-bin/www_bget?dr_ja:D00023

尿素の量

尿素の量は、直接措定できないため、間接的にその値を求めます。酵素分解法によって尿窒素の量を求め、尿素の値に変換する方法です。

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417

タンパク質から尿素

蛋白質(食事) → 塩酸分解 → アミノ酸(に分解) → 腸から吸収 → 門脈(腸から肝臓までのホットライン) → 肝臓 → (超過アミノ酸は、アミノ酸骨格からアミノ基がアンモニアに変換) → アンモニア(グルタミン、アラニンの形で血中に滞留) → 肝臓 → アミノ基転移によりグルタミン酸 → アンモニアは能毒性があるので → 尿素に変換 → 腎臓でろ過 → 膀胱 → 排泄

クレアチニン

スポンサーリンク
by Rakuten ID:15895

クレアチニンは、尿以外からの排泄がないため、血中クレアチニン濃度は、腎機能の指標になっています。クレアチニンは、筋肉を動かすエネルギーを作るときに生成されます。アスリートは、クレアチニンを多く生成しています。女性より男性の基準値が高くなっているのは、筋肉量の違いが理由です。

分子量

クレアチニンの分子量は、尿素より大きいため、腎臓での濾過効率は、尿素よりも低いと考えられます。

  • 約113

クレアチニン – KEGG –

https://www.genome.jp/dbget-bin/www_bget?dr_ja:D03600

基準値

以下の「eGFR計算機」のサイトに、クレアチニンの数値を入力すると、腎機能を数値として計算してくれます。

  • 男性:0.65~1.09 mg/dL
  • 女性:0.46~0.82 mg/dL

おしっこと採血から分かること – クレアチニン値がたかかったら

eGFR計算機

https://jin-lib.jp/pb/creatinine.html

尿素回路

過剰のアミノ酸を分解する代謝回路、尿素回路または、オルチニン回路).過剰アミノ酸の窒素源はアンモニアに分解され、グルタミンとアラニンの形で体内で滞留し、肝臓で最終的に尿素に変換される。

http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/ureacycl.htm

尿素窒素(BUN)とは、尿素の測定は直接的にできないので、尿素を特異的に分解できる酵素を添加して生じるアンモニアを測定することで、尿素を間接的に定量した値。

尿素窒素測定法森下 芳孝 1

https://webview.isho.jp/journal/detail/abs/10.11477/mf.1543906015

蛋白質の摂り過ぎやエネルギー摂取不足→(BUN/Cr比)

2.高窒素血症(老廃物の増加) ~食欲はありますか?~

http://www.twmu.ac.jp/NEP/mansei-gappei/gappeishou-kouchisso.html

シスメックス 尿素窒素 – より

https://primary-care.sysmex.co.jp/speed-search/index.cgi?c=speed_search-2&pk=124

血清尿素窒素(BUN)が少し高いと言われました – より

http://www.jrcla.or.jp/kensanohanashi/img/h30_07.pdf

「慢性腎不全(CKD)だけどあんとドアを楽しむ人のブログ」より

http://utsubokun.hatenablog.com/entry/2019/12/28/192245

「慢性腎不全(CKD)だけどあんとドアを楽しむ人のブログ」より

http://utsubokun.hatenablog.com/entry/2019/01/24/134710

スポンサーリンク
  • by Amazon ID19245
  • by Amaozn ID13196

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

アンモニア

[健康] タンパク質を摂取して、最終産物である「尿素」ができるまで – ID7105 [2020/01/13]

腎不全

[健康] タンパク質を摂取して、最終産物である「尿素」ができるまで – ID7105 [2020/01/13]
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID24747

Update ID21920

AAV, BIOLOGICS, education
[GT] 遺伝子治療の課題 – H30, 経済産業省より – ID2031△ [2020/01/08]

Post Views: 36 2019現在における遺伝子治療薬の製造課題 Full particleとEmpty Particleの比率の増大化改善 Full Particle定量法の精度改善 効果的なスケールアップ: […]

AAV, AVIGEN, BIOLOGICS, company, COMPANY-FAVOR
気になる企業 – AVIGEN – Genezymeに買収 – ID11266 [2020/03/03]

Post Views: 32 現在は、Avigen社は存在しない。 「気になる企業」シリーズ。バイオ医薬品に関わる企業の情報を取りまとめています。遺伝子治療薬の開発ベンチーであった「Avigen」社は、Genezymeに […]

更新された投稿の最新順

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
スポンサーリンク
  • by Amazon ID13339
  • by Amazon ID13211
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293

関連記事(慢性腎炎, ID:16781)

HEALTH, kidney
[健康] 血中クレアチニン(Cr)濃度とeGFR /関連表の理解と腎機能の閾値 – クレアチニンを下げれるかも(只今実験中) – eGFRはCr/年齢/性別で計算 – ID27337 [2021/06/27]

Post Views: 40 目次1 はじめに2 クレアチニン(Cr)とは2.1 クレアチニン(Cr)濃度が高い2.2 クレアチニン(Cr)値の改善策2.3 1日に1.8L(56歳以上)の水分摂取プラン3 血中クレアチニ […]

HEALTH, kidney
[健康] 高尿酸血症の痛風リスクと食事 (血液中の尿酸値と寿命, 2015-より) – ID17187 [2020/06/07]

Post Views: 35 尿酸値 兵庫県保健医協会のホームページから、血液中の尿酸値と寿命について言及されていたのでその内容1)をまとめた。 血液中の尿酸とは、遺伝子の材料であるプリン塩基の最終産物、すなわち老廃物で […]

HEALTH, kidney
[Data Link] フェブリク投与ガイド – ID8187 [2020/01/30]

Post Views: 69 製品情報 https://medical.teijin-pharma.co.jp/iyaku/product/fe/fet/index.html がん化学療法に伴う高尿酸血症 フェブリク錠投 […]

HEALTH, kidney
[健康] フェブリクはいい薬だが、生活面の改善を組み入れると更に良い — コーヒーを飲むことで利尿作用を高め「尿酸」の排泄が高められる – ID7273 [2020/01/16]

Post Views: 33 目次1 はじめに2 腎機能3 生活面の工夫4 効用を考察する5 まとめ6 編集履歴 はじめに 尿酸の値が高いと、腎機能にも影響する。できるだけ適正値にすることで、腎機能への影響がないようにす […]

HEALTH, kidney
[健康] タンパク質を摂取して、最終産物である「尿素」ができるまで – ID7105 [2020/01/13]

Post Views: 35 目次1 尿素は、余分なタンパク質の最後の姿1.1 尿素の分子量1.2 尿素の量1.3 タンパク質から尿素2 クレアチニン2.1 分子量2.2 基準値 尿素は、余分なタンパク質の最後の姿 摂取 […]

HEALTH, kidney
[健康] フェブリク投薬、そろそろやめたい – 血糖値の管理と同様に尿酸値の管理は、健康管理上避けてはいけない〜服薬患者による自己実験記 – 僕は続ける – ID17195 [2020/08/22]

体質として高尿酸血症予備軍(基準値内で高め)であった私は、年齢を重ねる事で、とうとう基準値を超えて治療対象になった。同時に発症したのは「関節の激痛発作」ではなく「鈍痛」だったため治療薬を飲み始めても半信半疑で服用を続けた結果、血中尿酸値は、これまでより更に正常な正常値になり関節痛もなくなった。しかし、何年も服用していて良いのか? 人生のQOLから考える。

HEALTH, kidney
[健康] キサンチン – 体内における代謝 : キサンチン → 尿酸 – ID5111 [2019/12/30]

Post Views: 56 目次1 キサンチン1.1 体内代謝2 参考文献 キサンチン キサンチン(xanthine)は、プリン塩基の一つで、化学的には、酸性条件下、グアニンを亜硝酸で処理すると得られる。コーヒー豆、茶 […]

HEALTH, kidney
[健康] 血中の尿酸値の目標値は基準より厳しい「5」は、糸球体濾過率、腎血漿流量、輸入細動脈血管抵抗、糸球体内圧が共に全て良好となりCKDリスク低下を期待できる – ID1944 [2019/09/08]

尿酸値は、高いと腎機能に悪影響することは良く知られているが、低くても良くないことが分かってきている

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID24747

最新記事(健康, ID:14731)

HEALTH
[健康] 咳 (せき) – 長引く咳 – それは「マイコプラズマ」かも!? – ID30435 [2021/01/01]

Post Views: 8 目次1 はじめに2 マイコプラズマ肺炎3 百日咳4 まとめ はじめに 長引く咳の場合、喘息症状が見られるが、その原因となるのは、感染性の疾患の可能性がある。 マイコプラズマ肺炎 肺炎と言われる […]

HEALTH
[健康] 大腸の内視鏡カメラ検査の手順 – ID27254 [2021/06/06]

Post Views: 5 目次1 はじめに2 検査前と当日の投薬3 検査に出向く はじめに 地元には、胃カメラ、大腸カメラを専門に行っている診療所があります。通常は内科も診療してくれますが、胃や腸に不調がある場合は、即 […]

HEALTH
[COVID-19] pfizerに続いて、modernaとAstrazenecaのワクチンが承認 – ID30044 [2021/05/21]

Post Views: 17 目次1 日本で承認されたCOVID-19ワクチン2 日本の企業による開発状況3 武田製薬はmodernとNovavaxと提携4 編集履歴 日本で承認されたCOVID-19ワクチン 今日(20 […]

HEALTH
COVID-19 – 日本で3度目の緊急事態宣言 / 東京・大阪・京都・兵庫 (期間4/25~5/11) – 大阪を中心に新規感染者数が増加 – スパイクタンパク質の変異: N501Y, E484K, E484Q, L452R – ID29406 [2021/06/26]

Post Views: 18 目次1 はじめに2 3度目の緊急事態宣言3 政府の対応4 今日の日本におけるCOVID-19の状況5 被要請側の対応6 インドの状況は他人事ではない6.1 酸素不足7 編集履歴 はじめに 今 […]

HEALTH, kidney
[健康] 血中クレアチニン(Cr)濃度とeGFR /関連表の理解と腎機能の閾値 – クレアチニンを下げれるかも(只今実験中) – eGFRはCr/年齢/性別で計算 – ID27337 [2021/06/27]

Post Views: 40 目次1 はじめに2 クレアチニン(Cr)とは2.1 クレアチニン(Cr)濃度が高い2.2 クレアチニン(Cr)値の改善策2.3 1日に1.8L(56歳以上)の水分摂取プラン3 血中クレアチニ […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
HEALTH
[COVID-19] 最近知った情報のまとめ(1) – ID27016 [2021/01/16]

Post Views: 41 肺に直接入ったウイルスは、肺の細胞に感染するため、ワクチンで生成された血中に存在する抗体の効果は限定的である 鼻に付着したウイルスは、ゆっくりであるが血中に入り込むなどして、血中に存在する抗 […]

Page: 1 2 11
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145

その他記事(ALL-RANDOM, ID:16786)

LIFE
[Life] 2020 謹賀新年(令和2年) by はりきり(Mr) – ID5276 [2020/01/01]

Post Views: 36 皆さま、新年明けましておめでとうございます。 今年は、特に健康を優先したいと思っています。 皆さまも、このストレス社会、日本は特に海外諸国と比べて、そのレベルは高いと久しく言われています。働 […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
AAV, BIOLOGICS, education, production
[rAAV] rAAVの従来からの精製方法 (PEG沈殿、超遠心), 2010 – ID2417 [2019/09/26]

Post Views: 70 目次1 rAAV vectorの精製方法2 精製手順 rAAV vectorの精製方法 Standard purification Optimized purification Transf […]

AAV, BIOLOGICS, purification
[rAAV-Lab] Purification of Adeno-associated Virus (AAV) Vectors Using Norgen’s AAV Purification Kit – ID2407 [2019/09/26]

Post Views: 35 目次1 キット1.1 AAV Production2 AAV Purification3 DNA Extraction3.1 qPCR Quantification3.2 In vitro […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID:11143(2)

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block