カテゴリー
BIOLOGICS material purification resin

[Bio-Material] ポリッシング用精製担体 – CHT (セラミック・ハイドロキシアパタイト)とは、BIO-RAD – ID9865

[Bio-Material] ポリッシング用精製担体 – CHT (セラミック・ハイドロキシアパタイト)とは、BIO-RAD – ID9865

スポンサーリンク: ID6183593457

CHTについて

  • BIO-RAD製品
  • 通常は、針状結晶で脆い結晶性ハイドロキシアパタイト(リン酸カルシウム)を、ある程度の結晶サイズに整えて、それを集めてある程度の粒子サイズにし、焼結することで物理的に強固にした製品
  • 製品名は、CHT セラミックハイドロキシアパタイト、(Ca5(PO4)3OH)3 
  • 精製が困難な蛋白質などのポリッシング用担体

結晶ハイドロキシアパタイト

スポンサーリンク
by Rakuten ID:15895

  • (Ca5(PO4)3OH)2
  • リン酸カルシウムの一種です
  • 5つの 2- カルシウム (C-sites) と 2 つのヒドロキシル含有 3- リン酸 (P-sites) が反復する幾何学的なパターンで配置
  • 本材料の電子顕微鏡像では、反復する六方晶構造
  • 六角面がCaが配置されているため、陰イオン交換作用がある
  • 円柱面は、リン酸が配置されているため、陽イオン交換作用がある

スポンサーリンク: ID4219953367

CHT製品

  • 2 タイプの CHT セラミックハイドロキシアパタイト
  • タイプ I およびタイプ II は 3 つの粒子サイズ、20、40、および 80 µm
  • どちらのタイプも結晶性ハイドロキシアパタイトと同等の溶出特性を持つが、いくつか重要な違いがあります。
  • 400°C で焼結したタイプ I は、より高いタンパク質結合能を示し、酸性タンパク質に対してより優れた容量を有します
  • 700°C で焼結したタイプ II は比較的低いタンパク質結合能を有しますが、核酸および一部のタンパク質の分解能に優れます。また、アルブミンとの親和性が非常に低く、多くの種および綱の免疫グロブリンの精製に非常に適しています。

ヒドロキシアパタイトには、正電荷を持つカルシウムと負電荷を持つリン酸基の 2 種類の結合部位があります。 これらの部位は、マトリックスの結晶構造を介して定期的に分配されます。 溶質種は主として、リン酸基を介した陽イオン交換および/またはカルシウム原子を介した金属アフィニティーによって相互作用します。

CHT セラミックハイドロキシアパタイト Type II 担体, BIO-RAD

https://www.bio-rad.com/ja-jp/product/cht-ceramic-hydroxyapatite-type-ii-support?ID=a642d16e-5ca8-4981-acf2-a57271984632

製品タイプ別

TypeParticle Size (μm)焼結温度(℃)
I20400
I40400
I80400
II20700
II40700
II80700

仕様書

機能グループCa2+、PO43-、OH
さまざまな粒径が使用可能20、40、および 80 µm (公称値)
推奨される線流速50 ~ 1,000 cm/時
動作 pH 範囲6.5–14
化学的適合性 (>24 時間)1 M NaOH、8 M 尿素、8 M 塩酸グアニジン、エタノール、メタノール、100% アセトニトリル
再生0.4 ~ 1.0 M リン酸バッファー、0.5 M リン酸ナトリウム pH 7
リン酸 3 ナトリウム 1.0 M、pH 11 ~ 12
消毒1 ~ 2 N NaOH
オートクレーブ滅菌 ( 121µC、20 分)はい
充填密度 (g/ml 充填ベッド)0.63 g/ml
 タイプ Iタイプ II
動的結合能>25 mg リゾチーム/g>12.5 mg リゾチーム/g
標準的な IgG 結合能 (500 cm/時の場合)25 ~ 60 mg/ml15 ~ 25 mg/ml
公称孔径600–800 Å800–1,000 Å
最大動作圧力100 bar (1,500 psi)100 bar (1,500 psi)

セラミックヒドロキシアパタイトの特徴

 タイプ Iタイプ II
観察された IgG の動的結合能25 ~ 60 mg IgG/ml CHT*15 ~ 25 mg IgG/ml CHT**
標準的な線流速の範囲50 ~ 1,000 cm/時 
pH 安定性***6.5 ~ 14 pH 
ベース安定性1 N NaOH で 21 か月以上 
再生500 mM リン酸ナトリウム、pH 7 
 リン酸 3 ナトリウム 1,000 mM、pH 11 ~ 12 
オートクレーブ滅菌 (バルク)121°C、リン酸バッファーに 20 分、pH 7 
消毒1 ~ 2 N NaOH 
推奨されるカラム保管法0.1 M NaOH 
有効期限 (ドライ、未使用原料)乾燥し、密閉され、室温で 85 か月保管 

* 40 µm 粒子、300 cm/時、5 mM リン酸ナトリウム、pH 6.5
** 40 µm particles, 300 cm/hr, 5 mM sodium phosphate, pH 6.5
*** pH 5.5 ~ 6.0 については、セクション 3.1.1 バッファーおよびテーブル 1 を参照してください

編集履歴
2020/02/20 Mr.はりきり
2020/07/29 文言整備

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

bio-material

CHT

[Bio-Edu] 組換え大腸菌で造らせたタンパク質のリフォールディングおよび、その後の精製手順 – △ID18567 [2020/08/19]
[Data Link] rAAV特許 – アパタイト・クロマト精製法 [工事中] – △ID4443 [2019/12/20]
スポンサーリンク ID 7130582967

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block