カテゴリー
BIOLOGICS CAR T company

気になる企業 Cellectis – 遺伝子編集 – ID7662 [2020/01/29]

気になる企業 Cellectis – 遺伝子編集 – ID7662 [2020/01/29]

Cellectis

  • 2011年, Cellectics社が保有する独自のメガヌクレアーゼ技術を使用して、CDMO大手であるLonzaが所有の独自宿主細胞株CHO-K1SV細胞のグルタミン合成酵素(GS)をノックアウトすることに成功した。LonzaのGS Gene Expression System製品をさらに進化させた source: Manufacturing Chemist
  • ホームページ
  • 拠点: フランス、米国
  • 2019年、売り上げは、約20億円
  • 主要領域 : ゲノム工学とゲノム手術
  • 事業内容
    • ゲノム工学技術の研究、開発、商品化
    • 免疫系にがん細胞を標的とする免疫療法の開発
    • いくつかの子会社を保有
  • 主要技術
    • TALEN®による遺伝子編集
      • 移植片対宿主病からの保護、拒絶反応の軽減、自殺スイッチの統合による安全性
    • メガヌクレアーゼ組換えシステム(MRS)による遺伝子の切り出し、修正、または置換に関する技術
    • CAR T*療法の開発
    • * CAR T: Chimeric Antigen Receptor T Cell
  • 製品パイプライン
    • 上市品はまだなく、探索段階から臨床試験(Phase I)に6つの候補品の開発が進められている source

Cellectics に関する情報 – investing.com より

https://jp.investing.com/equities/cellectis

スポンサーリンク: ID6183593457

編集履歴

2020/01/29, Mr. Harikiri

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

Cellectis

LONZA

[Vc] Moderna – COVID-19 ワクチン臨床(Phase 3の中間結果は94.5%の有効性を示した – ID19527 △[2020/11/16]
気になる企業 – LONZA – 遺伝子治療薬の製造も含めたバイオロジクスCDMOとして投資を進め世界の需要に応える△ – ID17690 [2021/05/29]
[Bio-Edu] mRNAワクチンの剤形 – LNP; Lipid Nano Particle – △[2021/12/05]
気になる企業 – Moderna – 新モダリティ(mRNA)・ワクチン (新型コロナウイルス) で駆ける / Phase IIIの中間結果では94.5%の有効性を示す – LNP製剤による2~8℃保存が可能である優位性 – △ ID15029 [2020/12/03]
[Bio-Edu] Drug development lifecycle 医薬品の開発ステージ毎の – コスト、期間、次期移行確率 by Lonza – ID8649 [2020/02/05]
スポンサーリンク ID 7130582967

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block