カテゴリー
BIOLOGICS education purification

[Bio-Edu] 排除体積効果 – タンパク質を精製する時に、知っておきたい知識 – ID2701 [2020/06/25]

[Bio-Edu] 排除体積効果 – タンパク質を精製する時に、知っておきたい知識 – ID2701 [2020/06/25]
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

はじめに

バイオ医薬など高分子を取り扱う場合,排除体積効果について知っておかなければならない.排除体積効果は,タンパク質の塩析の原理に関わる.また,高濃度のバイオ医薬品の処方組成をUF/DFで調整する場合,pH shift (Donnan effect)を理解する上で必須のナレッジである.

スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

排除体積効果

スポンサーリンク
by Rakuten ID:15895

  • 排除堆積効果とは、巨大分子(macromolecule)によって占有される空間体積における熱力学的効果です1)
  • 例えば、細胞内(細胞質)には、細胞の活動に必要なタンパク質(巨大分子)が局在状況(空間の体積を排除している状況)となっている1)
  • その結果、macromoleculeは、互いに接近しておりエントロピーが増加注)、また、分子間引力が働きやすくなり、分子同士の解離定数が減少する
  • macromoleculeが高密度で存在する環境では、その配置の多重度は増加しています。そうすると分子同士が結合する状況も生まれます。エントロピーが最小になるように均衡しています
  • その他、分子間に働いている力
    • イオン結合力、ファンデンワールス力、水素結合、疎水性相互作用、枯渇力source
  • 注) 重力と位置エネルギーの関係と同様の理屈で、重力すなわち分子間力が大きくなれば、位置エネルギーすなわち、分子の熱エネルギーが大きくなりますsource

液晶が並ぶ理由2)

窮屈な状態には最も楽な状態になろうとする.ポイントは,①分子間力,②排除体積効果(),③パッキング(整列した方がよい,オーダーパラメータS=1は同じ方法,S=0はランダム),④温度(低い温度の方が安定),電気的力(+と+又は-と-よりは,+と-).

活動係数4)

高分子の活動係数は,濃度に影響を受ける.なぜなら,高分子であるが故,排除体積効果が無視できず,エントロピーが濃度により変化するためである.

分子の濃度は,容積モル濃度(体積変化があるため温度に影響される),重量モル濃度(温度に影響されない),モル分率があり,熱力学を扱うには,モル分率表示が適する.希薄溶液の全モル予数を水分子のモル数に近似(55.5, 1kg)すると,溶液自身によるエントロピー変化,すなわち,アニタリー・エントロピー変化(ΔSu)を求めるられる.

Gurney(1953)は,このΔSuの大小から,水素構造を壊すイオン(order-destorying ions)と水を構造化するイオン(order-producing inons)に分別した.

Kauzmann(1956)は,疎水性分子を非極性溶媒から水溶液に移動させたときのエントロピー変化から求めたΔSuは負(<0)になることを見出し疎水性分子の界面間の相互作用の一因と考えた(疎水結合).

疎水性結合による会合メカニズム

脂肪性炭化水素や芳香族炭化水素を非極性溶媒から水溶液を移した場合,ユニタリー・エントロピー変化(ΔSu)は,-24 ~ -16 e.u.,ユニタリー・自由エネルギー変化(ΔGu)は,+3~+5 kcal/mol増加した.構造化した水槽(ice-berg)が疎水性分子の表面に形成された結果である.この系の状態は,不安定である.不安定であるため,疎水性分子は,お互いに会合(水素結合)しようとして,ice-berg量(直接的な報告としては最も多い)を減らそうとすることになる.2003年の中性子,X線反射率を使用したの報告では,iced-bergは,1.5~2nmの構造があるとされる.

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417

AOモデルによる会合メカニズム(Asakura & Oosawa)

立体モデルとして高分子を大きな球,小さい分子を小さな球とする.大きな分子が互いに接近しない環境下では,小さい分子の並進運動は,使用可能空間として最大になっている.もしも,大きい分子が接近して接触し会合したとすると,会合面周辺も含めて排除領域が小さくなるため,小さい分子の並進運動に利用できる空間容積が増加する.すなわち,並進運動エントロピー(traslational entropy)は,増加して,その結果,自由エネルギーは減少する.Kauzmannも出もAOモデルもエントロピーに基づいて結合を説明している 4)

注) エントロピーが高い状態とは,散らかっている状態,低い状態とは,整頓されてい状態.分子が取りうる可能性の大きさ.

注) 希薄溶液は,理想気体の理論に近似できる.ΔG = -TΔS 5)

スポンサーリンク

by Google Ads ID8603

高分子鎖の広がりと排除体積効果 (1983)3)

Werner Kuhn,P.J.Floryは,それを思索した.Kuhnは分子の形の問題に深い関心を持つ続け,糸状分子に関する論文(1934)では,両端と中央の比率6:2.3:1の楕円体に近似できることを明らかにし、式(2)のように見積もった.

[η] = (5/2)(N/M)[1+(p2/75)]・・・(1)

[η]に対する分子の広がりωと形pの効果

  • [η] :固有粘度は棒の長さの2乗に比例する
  • ω :分子実体
  • NA :Avogadro定数
  • M: モル質量または分子量
  • p :軸比
  • 大かっこ[]: 形状因子

ω0=(1/36)(π/3)1/2<R2>03/2・・・(2)

<R2>0: 2乗平均末端距離

等価セグメントの数 (n)と長さ(b)で表すと,式(3)となる

Staudinger則の指数a(すなわち[η])=2では,直線の糸状分子,0.5はある程度まとまりかけた分子,0は完全に糸まりとなった状態.Kuhnはこの糸まりの膨張が,理想気体の状態方程式にタイル巣van der waalsの排除体積補正と本質的に同じ原因でおこるものと考えた

排除体積効果と第二ビリアル係数

Staudinger則は,いまだ,低分子の一般粘度式で成立するが,Schulzらにより鎖状高分子溶液(数万以上の固有粘度と分子量の関係)の浸透圧測定法が確立された(1935)

浸透圧事態は,第二ビリアル係数A2がMの違いに関わらないことが明らかにされた.低分子の場合,A2はMに反比例する

編集履歴
2019/10/13 はりきり(Mr)
文献3)のクラスター展開法の解説以降は省略
2020/06/25 追記(排除堆積効果の説明に具体例追加)

文献

1) 排除体積効果

https://www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/keyword/2832.html

2) 液晶が並ぶ理由

https://www.rs.noda.tus.ac.jp/~furuelab/lc_align.html

3) 高分子鎖の広がりと排除体積効果 (1983)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/kobunshi1952/32/1/32_1_26/_pdf/-char/ja

4) 生理現象と高分子排除体積効果(Excluded Volume Effect) ─高分子活量係数(I) (2006)

 http://physiology.jp/wp-content/uploads/2014/01/068010004.pdf

5) エントロピーと自由エネルギー

 http://www.twmu.ac.jp/Basic/physics/entropy.pdf

スポンサーリンク
  • by Amaozn ID13196
  • by Amazon ID13211

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

donnan-effect

[Bio-Edu] 排除体積効果 – タンパク質を精製する時に、知っておきたい知識 – ID2701 [2020/06/25]

UF/DF

[Bio-Process] UF/DF for buffer exchange – タンパク質溶液の緩衝液組成の変更 – ID8458 [2020/02/02]
[Bio-Process] UF/DF for chromatography – 溶液組成の置換と目的物の濃縮/膜の選定に関する考慮点 – ID8446 [2021/01/05]
[Bio-Edu] 排除体積効果 – タンパク質を精製する時に、知っておきたい知識 – ID2701 [2020/06/25]

排除体積効果

[Bio-Edu] 排除体積効果 – タンパク質を精製する時に、知っておきたい知識 – ID2701 [2020/06/25]

透析

[Bio-Edu] 排除体積効果 – タンパク質を精製する時に、知っておきたい知識 – ID2701 [2020/06/25]
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID24747
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

Update ID21920

anime
[アニメ] 真月譚 月姫; しんげつたん つきひめ (2003) – 当時の人気ゲーム「月姫」が原作らしい – ID26966 [2021/01/28]

Post Views: 22 真月譚 月姫(しんげつたん つきひめ) 2003年のアニメ作品です。2003年当時のことを思い起こしながら試聴しました。当時人気のゲーム「月姫」が原作らしいです。僕自身は何をしてい […]

HEALTH, kidney
[健康] 血中クレアチニン(Cr)濃度とeGFR /関連表の理解と腎機能の閾値 – eGFRはCr/年齢/性別で計算 – ID27337 [2021/01/28]

Post Views: 21 目次1 はじめに2 血中クレアチニンでeGFRを計算3 計算された簡易表4 編集履歴 はじめに 高尿酸血症は、痛風につながります。痛風を持っていると腎臓の機能にも影響すると言われています。痛 […]

company, gene-therapy
気になる企業: IDファーマ – センダイウイルス・ベクターの技術で希少疾患に対する遺伝子治療薬の開発を進める – ID27360 [2021/01/30]

Post Views: 23 目次1 IDファーマ2 アイロムグループの概要3 編集履歴 IDファーマ 株式会社IDファーマは、CROなどを手がけるアイロムグループの100%小会社で、先端医療関連の開発を担う。センダイウ […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417

更新された投稿の最新順

スポンサーリンク
  • by Amazon ID13339
  • by Amazon ID19245
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID23293
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

最新記事(Biologics, ID:14673)

BIOLOGICS, culture, education
[Bio-Culture] 大腸菌; E.coliの増殖率は細胞長の増大に関わる – ID28121 [2021/02/27]

Post Views: 10 目次1 大腸菌の増殖率2 編集履歴 大腸菌の増殖率 一般的に、大腸菌の増殖率(growth rate)、1時間あたり1未満であり、それを超える増殖率になってくると、大腸菌の長さが増大するのだ […]

BIOLOGICS, culture, education
[Bio-Culture] Poloxamer 188 – バイオリアクターの撹拌翼によるダメージを抑制 – ID28021 [2021/02/24]

Post Views: 8 目次1 Poloxamer 1882 毒性2.1 動物の静脈内注射 (Poloxamer)2.2 ヒトの静脈内注射 (Poloxamer 188)2.3 創傷治癒2.4 動物実験2.5 AME […]

BIOLOGICS, education, purification
[Bio-Edu] イオン交換クロマトグラフィの原理 – バイオロジクスの製造における基本 – ID27722 [2021/02/13]

Post Views: 14 目次1 イオン交換の原理を使ったクロマトグラフィ2 実務では3 原理4 なぜpHを上げていくと電荷がマイナスチャージになるのか4.1 pHの理解5 編集履歴 イオン交換の原理を使ったクロマト […]

BIOLOGICS, safety
気になる企業 — 生物科学安全研究所 (RIAS) – ID27434 [2021/01/03]

Post Views: 17 RIASと丸紅ケミックス 2021年より、日本国内でのウイルス安全性試験の受託強化を図る。日本国内の総代理店は、丸紅ケミックス。 RIASのウイルス測定関連施設の改修によりBSL2, BSL […]

company, gene-therapy
気になる企業: IDファーマ – センダイウイルス・ベクターの技術で希少疾患に対する遺伝子治療薬の開発を進める – ID27360 [2021/01/30]

Post Views: 23 目次1 IDファーマ2 アイロムグループの概要3 編集履歴 IDファーマ 株式会社IDファーマは、CROなどを手がけるアイロムグループの100%小会社で、先端医療関連の開発を担う。センダイウ […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
analysis, BIOLOGICS, equipment-chromato, vaccine
[Bio-Equip] 培養シャーレ – セルスタック ; CellSTACK – 接着性の細胞の培養を効率的に作業できるアイデアに満ちた構造 – ID27145 [2021/01/20]

Post Views: 18 目次1 セルスタック1.1 多品種には セルスタック Corning CellSTACK培養チャンバー。プラスチック製の接着細胞用の多段培養シャーレです。これはもう「ラボ用」とは呼べないかも […]

Page: 1 2 68
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID23293
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

最新記事(Education)

BIOLOGICS, culture, education
[Bio-Culture] 大腸菌; E.coliの増殖率は細胞長の増大に関わる – ID28121 [2021/02/27]

Post Views: 10 目次1 大腸菌の増殖率2 編集履歴 大腸菌の増殖率 一般的に、大腸菌の増殖率(growth rate)、1時間あたり1未満であり、それを超える増殖率になってくると、大腸菌の長さが増大するのだ […]

BIOLOGICS, culture, education
[Bio-Culture] Poloxamer 188 – バイオリアクターの撹拌翼によるダメージを抑制 – ID28021 [2021/02/24]

Post Views: 8 目次1 Poloxamer 1882 毒性2.1 動物の静脈内注射 (Poloxamer)2.2 ヒトの静脈内注射 (Poloxamer 188)2.3 創傷治癒2.4 動物実験2.5 AME […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
BIOLOGICS, education, purification
[Bio-Edu] イオン交換クロマトグラフィの原理 – バイオロジクスの製造における基本 – ID27722 [2021/02/13]

Post Views: 14 目次1 イオン交換の原理を使ったクロマトグラフィ2 実務では3 原理4 なぜpHを上げていくと電荷がマイナスチャージになるのか4.1 pHの理解5 編集履歴 イオン交換の原理を使ったクロマト […]

AAV, BIOLOGICS, education
[Bio-Edu] ウイルスの等電点(pI) – 組換えAAVでは,empty/fullの違いでpIは異なる – 分離精製は工業化の課題である – ID24561 [2021/02/23]

Post Views: 17 目次1 はじめに2 ウイルスの等電点(pI or IEP)3 ウイルスの等電点の検証結果の詳細4 AAV1~AAV10のpI計算5 AAV8, AAV9のpI6 AAV tree7 編集履歴 […]

BIOLOGICS, education
[Bio-Edu] DNAとRNAの違い – レジメ – ID24191 [2020/10/11]

Post Views: 19 目次1 DNARNAの違い1.1 3つの部品単位 DNARNAの違い DNAはRNAの設計図になります。 DNAを設計図にして、RNAポリメラーゼという酵素により、RNAが作られる 3つ […]

BIOLOGICS, education
[Bio-Education] 医薬品の開発スケジュール – ID23493 [2021/04/08]

Post Views: 18 目次1 医薬品の開発スケジュールの概要2 バイオロジクスの開発における細胞株から製造方法3 Cell Bankの作成3.1 Fraunhofer ITEMのサービスから4 ICHQ5D5 編 […]

Page: 1 2 13
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

その他記事(ALL-RANDOM, ID:16786)

BIOLOGICS, vaccine
[Vc] mRNAワクチンの優位性 (Morderna社) – 従来ワクチンとの比較 – ID15083 [2020/05/03]

Post Views: 18 目次1 mRNAワクチンの優位性2 はじめに3 既存のワクチンのパラダイム4 核酸ワクチン4.1 1. DNAワクチン4.2 2. mRNAワクチン5 参考文献 mRNAワクチンの優位性 最 […]

HEALTH
COVID-19 – WHOはパンデミックであると宣言した – 主なイベントを記録・世界、大阪・東京の感染者数の動向 – ID12111 [2020/03/11~20204/30]

Post Views: 19 3/11、WHOはパンデミックを宣言した。時事メディカル – より https://medical.jiji.com/topics/1576 2020/03/13 世界でのCOV […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
key-word
[用語] 脊髄性筋萎縮症; SMA – ID21964

用語説明とその治療薬に関する情報

スポンサーリンク
by Google Ads ID:11143(2)

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block