カテゴリー
plugin Synology WordPress

[WordPress] 「AMP」プラグイン と広告プラグイン: 「Advance Ads Pro」- 高速化と広告表示の両立を図る – △ID10304 [2020/09/11]

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは、モバイル端末に最適化してレスポンスの向上を図っているサイトやその技術そのものを指す。広告プラグイであるAdvanced Ads Proとの両立を図るための設定と運用について解説する。

[WordPress] 「AMP」プラグイン と広告プラグイン: 「Advance Ads Pro」- 高速化と広告表示の両立を図る – △ID10304 [2020/09/11]
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

はじめに

当サイトのblogは、自宅のNASWordPressを導入してblogを発信してしています。レンタルサーバーと比較して、サイトのレスポンスでは劣っていると思います。因みに、ネット環境は、1ギガです。これも大きな要因になっていると思われますが、WordPressのプラグインを適用して、最大限、サイトのレスポンス改善を検討しました。以下、レスポンスを改善し、それを維持したまま、Google AdSenseとAmazon Affiliateの広告を表示するための設定について解説します。

スポンサーリンク
  • Synology DS517 by Amazon ID:22173
  • Synology DS920+ by Amazon ID:22172
  • オムロン BY50S用パック by Amazon ID:22171
  • オムロン BY50S by Amazon ID22170
  • Synology 高機能無線ルーター 800Mbps + 1,733Mbps(11a/b/g/n/ac対応) 高セキュリティ VPN Plus対応 RT2600ac by Amazon ID24327
  • エレコム LANケーブル CAT6A 5m 爪折れ防止コネクタ ホワイト LD-GPA/WH5 by Amazon ID24327

必要なプラグイン

スポンサーリンク
by Rakuten ID:15895

  • AMP
    • AMP対応ページにする
  • Advance Ads Pro
    • AMPページにGoogle AdSense広告を表示する
    • アップデートによって、以下のプラグイン「Head, Footer and Post Injection」は、Advance Adsが実行する広告表示には、必要としなくなっています
  • Head, Footer and Post Injection
    • AMPから提供させる専用のJavaScriptを使用できるように、Header部にその宣言をするコードを挿入する
    • Amazon Affiliate の広告コードに「iframe」が使われている場合に、amp-iframe使えるようになる

AMPとは

AMPは、Accelerated Mobile Pagesの略号で、携帯電話などのモバイルによるWebの閲覧を高速度化するGoogleが提唱する技術やルールです。

AMP プラグイン

AMP

誰もが簡単に素晴らしいページ・エクスペリエンスを得られるように。Powered by AMP.

AMP Project Contributors

これまで、Autoptimizeなどの速度アッププラグインやcache、画像の圧縮など多数のプラグインにより、PageSpeed Insights (PSI)のスコアは改善できましたが、そのスコアは、Mobileで40代に留まり(PCでは~80程度)、それ以上の改善は、同種のプラグインを変更しても達成できませんでした。しかし、以下の調整作業の結果、Mobileスコアは、~70に、PCスコアは、~98にそれぞれ改善されました。

今回、サイトのレスポンスの根本的な解決として、、AMPプラグインを導入し、サイト全体をAMP化する事で、解決を試みました。

その結果、超えられなかったスコアの壁を超える事ができました(Mobile: 40→70、PC: 80→>95)。しかし、AMPの制約(ルール)があため、標準意外のプラグンで提供されているJava Scriptが、100%互換では動かない場合が多くあります。

現在、シンプルなプラグンに集約を進めています。具体的には、これまで導入していたプラグインである(1)目次プラグイン「Content of Post Plus」は、表示が少しおかしかったり、目次をたたむことが出来なくなったりします。(2)吹き出しプラグイン「Encyclopedia」は、PCでは正常に機能しますが、Mobile(iOS)では、吹き出し機能とリンク・ジャンプ機能の区別ができなくなりました。これらのブラングインは、これまでに削除を完了させました。当サイトは、シンプルな表示に舵(かじ)を切りました。

AMPの開発オフィシャルサイト

https://amp-wp.org

広告コード導入

Advanced Ads Pro

AMP対応の広告を自由な位置に挿入することができます。

Advanced Ads – Ad Manager & AdSense

Manage and optimize all ad types. Support for Google AdSense Auto ads, Amazon, image banners, HTML, page builder, ad widget, ad rotations, ads.txt

Thomas Maier, Advanced Ads GmbH

当サイトでは、投稿ページのAMP化と広告プラグイン(Advanced Ads)の組み合わせで、素行錯誤を繰り返してサイト構築をしてきました。現在は、固定ページはAMPから外しています。最近のAMPプラグインのバージョンアップ(Ver.2)により、AMPのページを指定できるようになりましたのが理由です。

  • Google AsSenseの表示
    • AMPページには、Advanced Adsプラグインで表示させる
  • Amazon Affiliateの表示
    • Head, Footer and Post InjectionsでAMP対応のためのコードを埋め込む

Head, Footer and Post Injections

Head, Footer and Post Injections

Header and Footer プラグインを使用すると、ブログのヘッダーとフッターのセクションにHTMLコードを追加することができます。

Stefano Lissa

Amazon Affilicate用

このプラグインの「Head and footer」タグに、以下のコードを入力しています。

<script async custom-element="amp-iframe" src="https://cdn.ampproject.org/v0/amp-iframe-0.1.js"></script>
<script async custom-element="amp-script" src="https://cdn.ampproject.org/v0/amp-script-0.1.js"></script>
<script data-ad-client="ca-pub-1277399675163968" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>

AMP用

このプラグインの「AMP」タグに、以下のコードを入力しています。もしかすると、Advanced Adsプラグインで、同様のコード挿入はされているかも知れませんが、この状況で安定しているので、今回は追求はしません。

<script data-ad-client="ca-pub-1277399675163968" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>

Advanced Adsプラグインは、AMPにも対応する広告プラグインです。設定による自動広告、コード挿入による手動広告を、ページの色なん指定した箇所に挿入できます。両プラグインのアップデートも進み、最近、特に動作が安定してきました(2020/09/09)。

AMP バージョンの WordPress サイトに広告コードを挿入する – Advanced Ads プラグイン –

https://support.google.com/adsense/answer/9579782?hl=ja

AMPの恩恵をうけるには、以下のプラグインをインストールして、各ページをAMPに対応させる確認作業が必要です。

設定

図1を見てください。最初の設定をします。以下に示したように、「Standard」、「Transitional」及び「Reader」の内、1つを選びます。これらの設定を、適宜、付けたり外したりするのは、その下の「Supported Templates」の︎で行えます。いちいちAMP Pluginの無効化をせずに、AMP設定を外すことが可能なようです(十分な検証はできていません)。

AMP → Generalの設定

  • Standard
    • サイトについて AMP 対応バージョンのみで構築される
    • AMPにもノーマルにも完全に対応したサイトになるため、サイト内のリンク先もAMPに対応したページ/投稿である
  • Transitional (過渡期)
    • サイトの AMP バージョンと非 AMP バージョンの両方で構築される
    • モバイル専用ページにリダイレクトされないが、Googleなどの検索からリンクしてもらえ
    • ページ、投稿の単位でしか機能しないので、ページにありサイト内リンクは、AMPページではなく標準ページとなる
  • Reader
    • サイトの AMP バージョンと非 AMP バージョンの両方で構築される
    • モバイル専用ページにリダイレクトされないが、Googleなどの検索からリンクしてもらえる
    • ページ/投稿の単位でしか機能しないので、ページにありサイト内リンクは、AMPページではなく標準ページとなる
  • Supported Templates
    • AMP Pluginを有効化のまま、AMPを付けたい外したりできます
図1. 設定 (標準; Standard)

図2. 設定 (トランジショナル)

AMP → Invalited URLs

AMPをインストールした後は、全てのページの確認が行われて、AMP → Invalited URLsにAMP文法に合っていないリストが保存されます。

これらのリストの文書について、AMP非対応文書とするかAMP対応文書にするかを設定をしなければなりません。

赤のラインやアイコンが出ている文書(アラート)は、そのままでは、AMP対応ではないことを意味しています。

アラートがでている文書をクリックして、個別に設定します。

インストール後の運用

AMPプラグインのインストール後は、新しい投稿やページがAMPに対応しているか、編集を「更新」する都度行われ、プペファイルが作られる/更新されるようです。そのため、マシンパワーを結構使いますし、待ち時間が、これまで以上にかかります(20~30秒)。

  • レンタルサーバーでは、気にならないかもと思いますが、自宅のSynology NASのWordPressを構築している場合、非力を露呈しているのかもしれません
  • 当サイトでは、当初、PHPのバージョンを5にしていました。これでは、AMP関連でタイムエラーが続出しました。PHPのバージョンは最新版を使うべきです
  • PHPのバージョンを7.2に変更したところ、AMP関連のタイムエラーは出なくなると共に、投稿の更新時の待ち時間も短縮されました(2020/07/05 Mr.はりきり)

Adminメニューを表示にしているなら、ページを表示してみると、トップメニューに以下のように表示されます

  • : AMPに対応している
  • : 一部対応していないコードが存在するが、構造を壊すほどではない場合
  • : AMPに対応できないコードが存在するため、AMPによるコード変換が行われない。すなわち、高速化の恩恵を受けられない

統合の更新を実行した時、画面のトップにフロート・メッセージがでなければ、AMPに対応した投稿/ページということになります。高速化の恩恵をうけることができます。

もし、フロート・メッセージとして、以下のメッセージが出るかもしれません。

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417

“There is 3 issue from AMP validation which needs review. 1 issue is directly due to content here. Nevertheless, the invalid markup has been automatically removed.“Review issues

もし出ても、以下の図のように、右の文書ブロックにある「Enable AMP」が「ON」になっていれば、大きな問題ではないため、AMPの恩恵が受けられることを意味しています。

もしも、このメッセージが出たときは、”Review issues”リンクをクリックして確認することができます。

左メニューのAMP -> Validated URLsでの個別の文書に飛びます。

処理方法

AMPにとって高速化コードに書き換えることが難しいJS, CSS及びHTMLのコードを「Removed」(削除してしまう)か「Kept」(そのままにしておく)か、どちらかの処理を示されます。

  • Removed (削除)
  • Kept (保存)

AMPを有効にしたければ、3つの方法があります。

  • 提案を受け入れる(Removed提案、Kept提案をそのまま受け入れて、AMP画面を更新する)
  • プラグインを削除する (前述したように、Content of Post PlusプラグインとEncyclopediaは削除しました/機能を放棄しました)
  • AMPにコンパチブルなプラグインに置換する(AMPにコンパチブルなプラグインは、そうそう見つけられません、ある程度の機能の劣化を許容して、その他のプラグインに置換)

詳細

提案を受け入れる

  • 提案を受け入れて、すべての「Kept」項目を「Removed」にする。この場合、AMPルールに引っかかっているプラグインの作用は、そのままにしておけます。
  • 表示を確認する
  • 表示結果が壊れている場合や気に入らない場合は、提案の受け入れは失敗になります。
  • 1つでも「Kept」があると、AMPは非対応になり、サイトの速度は上がりません。

プラグインを削除する

  • AMPの提案を受け入れられない場合は、不要であればプラグインの無効化または削除を行います。
  • 削除しなくてもいいかもしれません。当サイトの環境では、キャッシュが有効なので、削除する必要があったのかもしれませれん。
  • 問題が解消されない場合は、無効化だけではなく削除も検討してください。

AMPにコンパチブルな別のプラグインに置き換える。

当サイトでは、写真やイメージ(メディア)を表示するプラグインを新しいプラグインに置き換えたのですが、以下の工夫で乗り切りました。

  • メディアのキャプションを設定している方は少ないと思いますが、キャプションを指定しておくと検索が可能です。
  • 古いプラグインから、貼り付けた写真のキャプションに、検索のための単語や文章を設定します。
  • 新しいプラグインから写真のキャプションを検索で探して、貼り直します。

invalidのRemoved(除去)を選択して、Updateし、全てのシグナルをグリーンできれば、AMPが可能な状態になリマス。

運用 (ルーチン)

  • プラグインを変更したり、プラグインの設定を変更した場合、AMPに対応しなくなる場合があります。
  • 理由は、AMPプラグインが、ページをコンパイル(AMPページに変更)しているため、コンパイル時点の環境を前提にしているためです
  • 対策は、プラグインの変更は、極力避ける
  • 新たにプラグインの削除/導入があった場合でも、レスキューは可能です。AMP「検証済みURL」から、文書ごとに設定、一括操作できます

1. 文書ごとに設定

以下では、AMP disabledになっている。そこで、Removedにする

Status -> AMP enagedがブルーとなりAMPが有効となると共に、「Update」ボタンが押せるようになる。

「Update」ボタンを押すと、その設定が反映され、「Update」ボタンが押せなくなる。

ページを表示させて表示具合、動作を確認する。

2. 一括操作

プラグインを新規導入したり、既存のプラグインの設定を変更したりすると、基本的に全てのページに影響が及びます。

影響が多数のページに及んだ場合は、一括操作をします。

  • 左メニューからAMPを選択
  • 検証済みURLを選択
  • 以下の2つの一括操作が可能
    1. 忘れる
      • AMP Pluginから設定ができなくなりますが、そのページ設定されていた「AMP}の有効/無効は、その時のままページは存在します
      • そのページを、再度AMP Pluginの管理下に置くには、投稿画面から更新すれば管理が可能になります
    2. 再検証 : 以下に解説

AMP 検証済みURL

再検証
  • 左上の設定を「再検証」を選択、「︎URL」にチェックをいれて、「適用」を実行します。
  • マシンパワー : Synology DS920+でfull powerになるほどパワーを使います
  • 途中でタイムエラーが出る場合がありますが、PHPが原因になっている可能性があります。古いバージョンを使用している場合は、新しいバージョンに変更しましょう。少なくともバージョン5は使用しないで、7以上を使います。
    • Synology NASのDSMにログインして、Web Station起動
    • PHP関連の設定で、バージョンを7以上に設定
    • もしも、該当するPHPバージョンが無い場合は、パッケージセンターからインストールする
    • バージョン5と7とでは、相当なパフォーマンスの違いがあります。是非、新しいバージョンに置き換えましょう

エラーのインデックス

個別のエラーが1つずつ表示されています。同様にして処理します。左上の設定を「削除」、「︎エラー」にチェックを入れて、「適用」を実行します。

当サイトの改善程度

AMP導入前

AMPを導入するまでは、速度アッププラグインやcache、画像の圧縮など多数のプラグインにより、PageSpeed Insights (PSI)のスコアは改善できたものの、40代に留まり、それ以上の改善は、同種のプラグインを変更しても達成できませんでした。

AMPの威力

そこで、今回、AMPを導入することで、根本的な解決を試みました。

基本条件は、Autoptimizeプラグインを併用です。

その結果、PSIモバイル・スコアは、50から80, 90にも届くようになりました。広告を表示させたり、本文の量が多くなったりすると、実用的には、~70くらいです。

劇的です。

バカチョンのプラグインと比べると少しハードルが高いことは確かですが、スピードにお困りの場合は、ご検討の余地はあると思います。

追記(2020/05/29) : AMPとAutoptimizeとの併用効果については確認してみました。

  • Autoptimizeプラグインを1ヶ月程度、無効にしてAMPプラグインとWP-Optimizeプラグインでの運用をしていましが、PSIモバイル・スコアが45程度と不良であったページがあったため、以下のように確認してみました
  • Autoptimizeプラグイン(無効) – あるページについて
    • PSI-モバイル・スコア : 45程度
    • PSI-PC・スコア : 85程度
  • Autoptimizeプラグイン(有効) – 同じページについて
    • PSI-モバイル・スコア : 55程度に改善
    • PSI-PC・スコア : 95以上に改善
  • 結論、AMPプラグインは、モバイル専用であり、PCについては、その恩恵を与えない可能性がある。よって、Autoptimizeプラグインは、併用すべきと言論した。

広告挿入プラグイン

広告コードの挿入方法ネイティブペアクラシック
Advanced Ads プラグイン(自動広告と広告ユニットの両方に対応)
Ad Inserter プラグイン(自動広告と広告ユニットの両方に対応)
Insert Headers and Footers プラグイン(自動広告のみ)
Genesis テーマ(自動広告のみ)

安定運用

高速化とAdsense表示の両立

AMPもAdvanced Adsもバージョンアップが進み安定してきました。

ここで、方針を明確にすることにしました。以下の通りです。

  • AMPページに対応させる/させないページを明確にする
    • 投稿ページ : AMP対応とする
    • 固定ページ : 通常ページとする
  • メンバーシップ・ページに対応
    • 当サイトでは、今後のことにも備えて、Ultimate Mebers (UM)プラグインをインストールしています
    • AMPに対応していないので、AMP(Ver.2)プラグインの設定から、「抑制」設定にしてプラグインのコードが挿入されないようにします

以上の設定で、AMP対応の投稿ページは、UMプラグインによるメンバーシップによる隠れプロックの指定はできません。固定ページでは、逆にUMプラグインの恩恵を受けることができます。

AMPページで広告が表示されない場合

AMPページでAdvanced Adsプラグインによる広告が表示されない場合があります。具体的には、Amazonの広告は表示されますが、Googleの自動設定の広告では、表示されないことがあります。すごくシビアに反応して広告の非表示となります。

対応策をいかに示しました。AMPプラグインの機能と、その運用に関連して、Googleの広告の非表示が起こるため、投稿ページのAMPプラグインによる処理が対策の中心になります。

  • プラグインを更新した場合、AMPプラグインは、それを察知し、以下の図のように「最新でない結果」と表示されます。この場合、Google AdSenseの広告が表示されなくなっています。
  • 対策は、「再検証」の処理をする事です。それにより、問題がなければ、この「最新でない結果」は、消えます。そして、Google AdSenseは表示されるようになります。
  • もしも、その処理で、「最新でない結果」が消えなければ、投稿内容について更新する必要がありということになります。具体的には、当該、投稿ページの編集画面に行き、何もせずに、「更新」をしてください。これで、「最新でない結果」は消えます。
  • もしからすると、「最新でない結果」が表示されている投稿は、既にページとして削除したかで無くなっている場合があります。その場合、この表示は、実質的に問題にならないので、放置しても良いですが、AMPプラグインから、「忘れる」をクリックして消すことも可能です。

問題点

AMPのバージョン 2.0.2で問題が残っています。再検証を一括でやるのですが、ある確率で「忘れる」が起こります。AMPにしない設定として、「忘れる」という操作があります。その操作をしていないのに、検証されたURLから消えてしまいます。すなわち、「忘れる」を実行したような現象になるのです。その忘れたベージを探すのは、投稿数が多いほど至難の技になります。AMPのページ対応になっていないことで、広告が表示されなくなります。このことで「忘れる」が起こっていることがわかりますが、確認するのには相当の退屈な時間が必要です。この「忘れる」になってしまったページを再度、AMPに登録する方法は、投稿の編集画面から、更新ボタンを押せず可能です。しかし、そのページを探すのが大変なのです。何か、良い方法がないのでしょうか。地道に退屈な時間を使いましょうか(2020/09/21)

編集履歴
編集履歴
2020/02/27 はりきり(Mr)
2020/05/29 追記(AMPとAutoptimizeの併用効果はある)
2020/07/05 update
2020/07/20 追記
2020/08/21 追記(はじめに)、修正(”AMP for WP”に関する記載を削除)
2020/09/09 追記( AMPのバージョンアップ(2.0)となったので、その改善された機能)
2020/09/11 追記(必要なプラグインリスト、Head, Footer and Post Injectionプラグインとその追加したコード)
2020/09/21 追記(「忘れる」になったページは、一括で再検証した時に、ある程度の確率で起こる)
スポンサーリンク
  • by Amaozn ID13196
  • by Amazon ID19245
スポンサーリンク
  • 【Amazon.co.jp 限定】HP USBメモリ 128GB USB 3.1 スライド式 金属製 HPFD796L-128 GJP by Amazon - ID 24751
  • 3Dプリンター ダヴィンチ Jr. 1.0(造形サイズ15×15×15cm) - 環境に優しい土に返るPLAフィラメント - ダビンチ Jr. 1.0 XYZプリンティングジャパン by AMAZON ID21513
  • 3Dプリンター|ダヴィンチ1.0 pro|オートキャリブレーション機能付|オープンフィラメント可|ABS対応|造形サイズ20×20×20cm|レーザー刻印機能拡張可|積層ピッチ0.02mm~|3F1AWXJP00F - XYZプリンティングジャパン by AMAZON ID21511
  • ABS使用可 造形サイズ175×175×175mm オープンフィラメント可 オートキャリブレーション機能付き レーザー刻印機能拡張可 金属系PLA拡張可 3FJSPXJP00G - ダビンチ Jr.Pro X+ XYZプリンティングジャパン by AMAZON ID21509
  • zedela 5-in-1 USB-Cハブ【3ポート5Gbps by Amazon - ID 24751
スポンサーリンク

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

AMP

[WordPress] AMP対応化で、使用しているその他のプラグインによるエラーが出ないようにするために – プラグイン別 [2020/11/16] ID24858
[WordPress] 高速化プラグイン「AMP」と定期的に全てのページの静的キャッシュ作成プラグイン「WP Super Cache」で再構成した △- [2020/12/11]
[WordPress] 「AMP」まとめ – ID22520 [2021/02/11]
[WordPress] このサイトの表示に関係する使用している「テーマ」と「プラグイン」のリスト△ – [2020/09/11]
[WordPress] 広告プラグイン – Advanced Ads Pro (有料版)の応用機能(Header/Footerにコードを挿入) – △ ID15074 [2020/05/03]
[WordPress] メンバーシップ・サイトを構築プラグイン – Ultimate Member プラグインの使い方をAMP対応とともに解説 – △ [2021/03/07]

basic-plugin

[WordPress] 広告プラグイン – Advanced Ads Pro (有料版)の応用機能(Header/Footerにコードを挿入) – △ ID15074 [2020/05/03]
[WordPress] AMPページ対応の広告プラグイン – Advanced Ads Pro (有料版) – 導入と運用 – △ID11202 [2020/12/10]
[WordPress] 「AMP」プラグイン と広告プラグイン: 「Advance Ads Pro」- 高速化と広告表示の両立を図る – △ID10304 [2020/09/11]
[WordPress] Redirectionプラグイン – △ID10813
[WordPress] Multibyte patch プラグイン – △ID10707 [2020/08/11現在インストール中]
[WordPress] All in One SEO プラグイン – △ID10704 [2021/03/13]

cache

[WP-Plugin] WP-OptimizeからW3 Total Cacheに変更 ID19320 [2021/10/25]
[WordPress] 高速化プラグイン「AMP」と定期的に全てのページの静的キャッシュ作成プラグイン「WP Super Cache」で再構成した △- [2020/12/11]
[WordPress] 「AMP」プラグイン と広告プラグイン: 「Advance Ads Pro」- 高速化と広告表示の両立を図る – △ID10304 [2020/09/11]
[WordPress] WP-Optimizer プラグイン – △ID10746 [2020/09/24]
[WordPress] Lazy Load Optimize プラグイン – △ID10744
[WordPress] EWWW Image Optimize プラグイン – △ID10740

Google-AdSense

[WordPress] 広告プラグイン – Advanced Ads Pro (有料版)の応用機能(Header/Footerにコードを挿入) – △ ID15074 [2020/05/03]
[WordPress] AMPページ対応の広告プラグイン – Advanced Ads Pro (有料版) – 導入と運用 – △ID11202 [2020/12/10]
[WordPress] 「AMP」プラグイン と広告プラグイン: 「Advance Ads Pro」- 高速化と広告表示の両立を図る – △ID10304 [2020/09/11]
[WordPress] Google Adsense導入 – 必要な手順とセッティング – 広告プラグインを選ぶ – 運用の実際 – ID9539 [2021/01/04]
[WordPress] Google AdSense登録の手順 △ID8940 [2020/08/24]
[WordPress] 初期設定でblogサイトに作ってしまったサブディレクトリを外す方法 – Google AdSenseには、サブディレクトリは不要 – △ID8814

minify

[WordPress] 「AMP」プラグイン と広告プラグイン: 「Advance Ads Pro」- 高速化と広告表示の両立を図る – △ID10304 [2020/09/11]
[WordPress] WP-Optimizer プラグイン – △ID10746 [2020/09/24]
[WordPress] Lazy Load Optimize プラグイン – △ID10744
[WordPress] EWWW Image Optimize プラグイン – △ID10740
[WordPress] Autoptimize プラグイン – サイト・速度改善 – △ID10738
[WordPress] キャッシュプラグインの比較 – 「WP Fastest Cache」 vs 「WP-Optimize」- △ID9787 [2020/07/23]

optimize

[WordPress] サイトのスピード測定 – GTmetrix.com – △ID9721 [2020/07/24]
[WordPress] 「AMP」プラグイン と広告プラグイン: 「Advance Ads Pro」- 高速化と広告表示の両立を図る – △ID10304 [2020/09/11]
[WordPress] WP-Optimizer プラグイン – △ID10746 [2020/09/24]
[WordPress] Lazy Load Optimize プラグイン – △ID10744
[WordPress] EWWW Image Optimize プラグイン – △ID10740
[WordPress] キャッシュプラグインの比較 – 「WP Fastest Cache」 vs 「WP-Optimize」- △ID9787 [2020/07/23]

speed

[WordPress] サイトのスピードを測る – EZOIC – △ID11531
[WordPress] 「AMP」プラグイン と広告プラグイン: 「Advance Ads Pro」- 高速化と広告表示の両立を図る – △ID10304 [2020/09/11]
[WordPress] WP-Optimizer プラグイン – △ID10746 [2020/09/24]
[WordPress] Lazy Load Optimize プラグイン – △ID10744
[WordPress] EWWW Image Optimize プラグイン – △ID10740
[WordPress] Autoptimize プラグイン – サイト・速度改善 – △ID10738
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145

Update ID21920

BIOLOGICS, equipment-culture
[Bio-Equip] Xuri Cell Expansion System W25 – △ID8624 [2020/02/05]

Post Views: 54 Xuri Cell Expansion System W25 Cytiva社製のロッキング方式の細胞の拡大培養システム Xuri Cell Expansion System W25, GE […]

BIOLOGICS
[Bio-Lab] Empty Column, PD-10 – ID8584

Post Views: 57 目次1 PD-10 Empty Column1.1 用途 PD-10 Empty Column 僕の検討では、タンパク質精製として、カラム条件の検討をする場合に、必ず使います。レジンの充填容 […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
BIOLOGICS
[Bio-Material] Sartobind® Phenyl – ID8626 [2020/02/05]

Post Views: 49 Sartobind Pheny 疎水性クロマト用のメンブラン担体です。レジンを使用するより取り扱いが簡便になり、製造工程がシンプルになります。もちろん、シングルユース仕様です。 Sartob […]

更新された投稿の最新順

スポンサーリンク
  • by Amazon ID13339
  • by Amazon ID13211
スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145

最新記事(WPプラグイン,ID:14818)

plugin, WordPress
[WP-Plugin] WP-OptimizeからW3 Total Cacheに変更 ID19320 [2021/10/25]

Post Views: 1 キャッシュ プラグイン サイト読み込みの高速化にはキャッシュを使用することが1つの方法です。約1年前にW3 Total Cache (W3TC)をテストしたことがあります。当時は、Cache […]

plugin, site setting, WordPress
はりきり(Mr)のプログ・書き方のスタイル – 適当にやっているように見えても最終目的はブレないスタイルはある – ID30216 [2021/05/30]

Post Views: 51 目次1 はりきり(Mr)のブログ・メンテナンス・スタイル2 編集履歴 はりきり(Mr)のブログ・メンテナンス・スタイル 適当です。毎日、決まった時間に発信することはありません。ボリュームもま […]

plugin, WordPress
[WordPress] [link] 記事表示のカスタマイズ – パンクズリストを表示させる – ID30029 – [2021/05/19]

Post Views: 31 パンクズリスト パンクズリストは、サイトで移動した履歴です。表現形態は、フォルダーのパスのようなものです。 パングスリストをサイトに表示させる方法が、「kinsta」に解説されています。方法 […]

plugin, site setting, WordPress
Plugin Maintenance – AMPサイトでのプラグインの運用評価を記録 – ID28378 [2021/04/04]

Post Views: 40 All in One SEOプラグイン (2021/03/13) メタディスクリプション記述のみに使用していたが、このプラグインから依存を完全になくすために、まずは、その記述内容を抜き出し、 […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
Page: 1 2 20
スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145

最新記事(WordPress, ID:14681)

plugin, WordPress
[WP-Plugin] WP-OptimizeからW3 Total Cacheに変更 ID19320 [2021/10/25]

Post Views: 1 キャッシュ プラグイン サイト読み込みの高速化にはキャッシュを使用することが1つの方法です。約1年前にW3 Total Cache (W3TC)をテストしたことがあります。当時は、Cache […]

Synology, WordPress
[Synology] Let’s Encription 証明書をインポートし設定が失敗し、遠隔ログインができなくなった場合の対処法 [2021/10/18]

Post Views: 2 ID32737 目次1 はじめに2 証明書のImportに失敗3 証明書なしで接続する4 最後の手段5 Fire Fox6 その他の接続方法7 編集履歴 はじめに Synology NASでは […]

site setting, Synology, WordPress
[Synology] RT2600ac – FAQ – アクセスログが残っていない – ID30977 [2021/08/12]

Post Views: 19 RT2600ac管理FAQ アクセス・ログが残っていない 考えられる理由は以下の通り ログの保管場所が設定されていない 外部メモリ(SDカード、USBメモリ)を変更した 編集履歴 2021/ […]

plugin, site setting, WordPress
はりきり(Mr)のプログ・書き方のスタイル – 適当にやっているように見えても最終目的はブレないスタイルはある – ID30216 [2021/05/30]

Post Views: 51 目次1 はりきり(Mr)のブログ・メンテナンス・スタイル2 編集履歴 はりきり(Mr)のブログ・メンテナンス・スタイル 適当です。毎日、決まった時間に発信することはありません。ボリュームもま […]

plugin, WordPress
[WordPress] [link] 記事表示のカスタマイズ – パンクズリストを表示させる – ID30029 – [2021/05/19]

Post Views: 31 パンクズリスト パンクズリストは、サイトで移動した履歴です。表現形態は、フォルダーのパスのようなものです。 パングスリストをサイトに表示させる方法が、「kinsta」に解説されています。方法 […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
WordPress
[WP] Ultimate MemberをSimple WP Membershipに変更 – ID29745 [2021/05/13]

Post Views: 36 目次1 はじめに2 編集履歴 はじめに WordPressサイトでメンバーシップ機能を実現するプラグインの話です。Ultimate Member (UM) プラグインについては、当サイトをい […]

Page: 1 2 24
スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293

最新記事(Synology, ID:14676)

Synology, WordPress
[Synology] Let’s Encription 証明書をインポートし設定が失敗し、遠隔ログインができなくなった場合の対処法 [2021/10/18]

Post Views: 2 ID32737 目次1 はじめに2 証明書のImportに失敗3 証明書なしで接続する4 最後の手段5 Fire Fox6 その他の接続方法7 編集履歴 はじめに Synology NASでは […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
site setting, Synology, WordPress
[Synology] RT2600ac – FAQ – アクセスログが残っていない – ID30977 [2021/08/12]

Post Views: 19 RT2600ac管理FAQ アクセス・ログが残っていない 考えられる理由は以下の通り ログの保管場所が設定されていない 外部メモリ(SDカード、USBメモリ)を変更した 編集履歴 2021/ […]

security, Synology, WordPress
[Synology] セキュリティ改善法 – Threat Preventionとファイヤーウォールの運用を連携する – ID28980 △[2021/08/01]

Post Views: 40 目次1 はじめに2 ルーチンワークの概要3 ルーチンワークの詳細3.1 Threat Preventionの操作3.2 ネットワークセンターの操作4 Alert4.1 ET POLICY O […]

network, Synology
[Synology] DS918+/DS920+の2つのネットワークインターフェースを一つに束ねると通信速度を速くできるらしい – でも、Windowsとのファイル転送(SMB)で遅くなったのはなぜ? – ID29535 [2021/05/01]

Post Views: 44 目次1 はじめに1.1 Bondの作成1.2 SMBによる転送速度が遅くなった!?2 解決3 まとめと今後4 編集履歴 はじめに Bondの作成 DS918+/DS920+には、2つのLAN […]

folder, Synology
[WP] ブログにおけるメタディスクリプションの意義と設定方法 – ID28775 [2021/03/14]

Post Views: 49 目次1 はじめに2 メタディスクリプションの機能3 メタディスクリプションの設定4 お勧めのプラグイン5 編集履歴 はじめに メタディスクリプションは、検索エンジンで表示されるページの1つの […]

app, Synology
[Synology] 写真の管理 / Photo Station & Moments はDSM 6用 – ID26326 [2021/08/01]

Post Views: 55 目次1 はじめに1.1 必要なもの2 補完的に活用する3 バックアップ4 Windows10のiCloudフォトからバックアップを取る5 MomentsからPhoto Stationのフォル […]

Page: 1 2 21
スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293

その他記事(ALL-RANDOM, ID:16786)

Gear, hard, hard
[Gear] 20cmファンを室内の空気循環も兼ねたルーターやHDDの冷却に使う – ID759

Post Views: 67 冷却用にPCファンを使用する ルターやHDDなど、室内のパイブラックにそれぞれ設置しているが、夏場に備えて冷却をしてやろうと最も最大サイズ200mmを、Amazonで3つ購入した。 1つ13 […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
Synology, WordPress
[WordPress] 初期設定でblogサイトに作ってしまったサブディレクトリを外す方法 – Google AdSenseには、サブディレクトリは不要 – △ID8814

Post Views: 56 目次1 サイトアドレスからサブディレクトリを外したい2 なぜ、サブディレクトリがつくられるか3 サブディレクトリを外す手順と注意点3.1 作業概要3.2 Synology NASの設定の確認 […]

english
今日の英語 – くだけた表現 – gotta ; got to, have to; しなければならない – ID20916 [2020/08/07]

Post Views: 59 目次1 くだけた表現2 参考 くだけた表現 gotta : got to, have toしなければならない George Michail wike– Faith, 1987 よ […]

スポンサーリンク

スポンサーリンク
by Google Ads ID:11143(2)

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block