カテゴリー
plugin Synology WordPress

[WordPress] Autoptimize プラグインの威力 – ブログ・サイトのスピード改善対策プラグイン – 更にAMP対応まで進めた結果 – △ID7804 [2020/05/15]

レンタルサーバーのWordPressには余り考えなくてもよいblogのレスポンス速度ですが、自宅NASに構築したWordPressのレスポンス速度は、クリティカルな問題です。Autoptimizeというプラグインでシンプルな設定で、レスポンス速度の改善が可能です。

[WordPress] Autoptimize プラグインの威力 – ブログ・サイトのスピード改善対策プラグイン – 更にAMP対応まで進めた結果 – △ID7804 [2020/05/15]

スポンサーリンク: ID6183593457

概要

当サイトのGoogleSpeed Insightsで、サイトのスピードを測定(2020/02)したところ、モバイルでのスピードは、4~5%でした。そこで、サイトスピードを改善するプラグインを検討したところ、「Autoptimize」を基本に、その他キャッシャ関連のプラグインを組み合わせると、10倍程度の劇的な改善(40%程度)が可能でした。

  1. サイトのレスポンス改善プラグインを未導入: モバイル・スコアは4~5%
  2. Autoptimizeプラグイン導入 : モバイル・スコアは40%
スポンサーリンク
  • オムロン BY50S用パック by Amazon ID:22171
  • オムロン BY50S by Amazon ID22170
  • Synology 高機能無線ルーター 800Mbps + 1,733Mbps(11a/b/g/n/ac対応) 高セキュリティ VPN Plus対応 RT2600ac by Amazon ID24327
  • エレコム LANケーブル CAT6A 5m 爪折れ防止コネクタ ホワイト LD-GPA/WH5 by Amazon ID24327

サイトのスピード

スポンサーリンク
by Rakuten ID:15895

自分のサイトのスピードを知るには、Google Search Consoleを使っているなら、速度(試験運用版: PageSpeed Insights)で測定してくれます。

お知り合いになっていただいている観音寺さんから、当サイトの速度が遅いことのご指摘を頂き、測定してみたところ、その結果は、4~5%とさんざんでした。

これでは、誰もみてくれませんね。

また、Chromeの拡張機能(Windows版)の「Lighthouse」でもサイトの速度を測定してくれます。Lighthouseでは、50%程度の結果でした。
(Google Search Consoleは、どうやらLighthouseのエンジンを使っているようですが、測定結果は少し異なっているようです)

そこで、対策としてプラグイン (Plugin)を探してみました。試したのは、

「Autoptimize」

です。

PageSpeed Insightsの測定で、4~5%であった性能が、20~30%に劇的に改善しました。

その後は、微調整を行いました。キャッシュ(cache)も当然良いのでは無いかと思って、キャッシュ・プラグイン (cache plugin) の併用効果として、

「WP Fastest Cache」

で確認しました。当サイトの環境ではこのプラグインでは逆効果でした。

最後に、Google Analyticsが、時間を食っているのがわかったので、

「Flying Analytics」

https://wpspeedmatters.com/how-to-optimize-google-analytics-in-wordpress/

で、Google Analyticsをミニ化してその改善具合を確認しました。

詳細は、以下ご覧ください。

スポンサーリンク: ID4219953367

サイトの測定結果の概要

Autoptimizeの有無での測定概要は、以下の通りです。

  • PageSpeed Insightsでは、モバイルでの速度が4~5%、それが25%に改善 (これでは、まだまだですが、改善度は高いです)
  • Lighthouseでは、50%から90%、更に100%に改善

さらなるスピードアップには、その他プラスアルファのPluginをリコメンドしてくれています。

以下は、JavaScript関連、CSS関連、HTML関連について設定の有無で、どれだけ効果があったかをテストしてみました。

Autoptimizeの効果 – Page Speed Insights測定

Page Speed Insightsでの測定に際して、Autoptimizeの設定項目は、以下で行った設定検討の結果を元にして決めた項目にて、測定を行いました。

図1. Autoptimizeの効果 – PageSpeed Insights測定結果

Autoptimizeの効果 – Lighthouse測定

設定項目を、(1)CSS, (2)JavaScriptおよび(3)HTMLの順番で、効果の出そうな順に設定し、Lighthoutsで測定しました。

Autoptimize無し

21%のPerformanceしか出ていません。

Autoptimize有り

以下では、Autoptimizeで各設定項目を段階的に有効化したときのLighthouseでの測定結果です。

連続2回措定しました。cacheが効いているので、2回目の結果は少し良い値が出ています。

  • CSSコードの最適化
  • JavaScriptの最適化
  • HTMLの最適化

(1) CCSコード設定

CCSコード最適化を☑️
Aggregate CSS-files?☑️
インラインのCSSを連結☑️

(1+α) CSSコード設定に更に、データを生成:画像をURI化を追加

CCSコード最適化を☑️
Aggregate CSS-files?☑️
インラインのCSSを連結☑️
データを生成 : 画像をURI化☑️

以上の結果から、「データを生成 : 画像をURI化」は、あまり効果がなさそうなので、このチェックは外すことにします。

(2) +α : JavaScript設定

Aggregate JS-files?☑️

JavaScriptコードの最適化の効果はあるようです。

(3) +α : HTMLオプション – コード最適化

HTMLコード最適化を☑️

HTMLコードの最適化はそこそこ効果があるようです。

最終的に設定した内容

最終的に、以下の通りの設定に落ち着きました。

  • Autoptimize : JavaScript(JS)、CSSの設定のみ(数参照)
  • Cache : WordPress Pluginは不要、DS918+のSSD cacheがワークしているものと思われる
  • Google Analytics : 速度性能にそれほど寄与しないが、しばらくミニGoogle Analyticsを使用してみる

プラスアルファ

その他の併用効果

(1) WP Fastest cache

キャッシュの併用も試してみました。WP Fastest Cacheです。Fee版でも多数の設定項目があります。色々設定して、Page Speed Insightsで測定してみました。結局、無い方がスコアが高く出ることがわかりました。

当サイトのWordPressはSynology DS918+に立てています。SSD cacheも追加で積んでいます。WP Fastest cacheの効果が出なかったのは、おそらく、SSD cacheがあるためと考えれます。二重のcacheは必要ないということですね。

(2) Flying Analytics by WP Speed Matters

最適な設定の組み合わせを探して、試行錯誤で設定、PageSpeed Insightsで測定を繰り返し、その結果を眺めていると、Google Analyticsが結構じゃましているようなレポートがあるのに気が付きました。

以下の測定結果は、All in One SEOに、Google Analyticsを設定した条件で測定した結果です。

以下の測定結果は、All in One SEOに、Google Analyticsを設定した条件で測定した結果です。レペートの診断結果の項目に「第三者のコードの影響・・・」とあります。次の図には、その詳細を示していますが、Google Analyticsが866msも使っています。

デフォルトのGoogle Analytics
ミニサイズのGoogle Analytics

以下の測定結果は、All in One SEOから、Google Analyticsを外して、代わりにFlying AnalyticsでミニサイズのGoogle Analyticsを設定した場合の測定結果です。

PageSpeed Insightsによる最終的な速度レポート

以上の設定を全て組み込んで、PageSpeed Insightsで測定しました。

当初、1桁だった速度性能が、モバイルで50%程度、今回の取り組み始めには、パソコンでの性能評価は、気にしていなかったため、パソコンの速度性能値は、参考値になりますが、モバイルよりも 高い値のがでます。

モバイル
パソコン

まとめ

指摘を受けなければ気がつかなかった、サイトの速度でしたが、当初1桁であったのが、50%まで速度性能を改善することができました。約10倍です。

  • JavaScriptの最適化
  • CSSの最適化
  • HTMLの最適化
  • Cacheの設置(Synology NASにSSD搭載のため、プラグインは逆効果)
  • Google Analyticsは、1/10にしたミニ化も少し寄与
  • Google Font: 削除設定で、モバイルが5~10ポイント早くなることを確認。測定毎に約半分の確率でスコア50を超えるようになった(ページの作りも簡素化していることも良い影響がでている)。しばらくこの設定で運用することにした(2020/02/13)

今後

更なる速度改善は、以下の項目が考えられますが、個人サイトで出来るものとそうでないものもリストしました。

  • WordPressのDatabase関連 : 最適化でできるらしい
  • 別のCache Plugin : WP Optimizeはすでにためしてみました
  • PHPバージョン : Ver.5よりVer.7が早らいしい
  • Budget.json: よくわからないキーワードですが。
  • DOM : 1500以下に抑えなさいと言われますが、綺麗に見せるstyleにするとトレードオフです。
  • CDN : 個人では無理?
  • インフラ頼み : 5G、今回のこんな苦労は要らなくなるかも

追記

その後、いろいと調べていると、Googleは、Mobile Firstであり、モバイルに対して特化したページ作りを求めていることが分かりました。

既存のページをAMP(Accelerate Mobile Page)という技術で、速度改善を可能にする開発を行なっていることも分かりました。

結局のところ、現在のページは、今後、生き残らないと判断し、AMP対応ページに移行することにしました。

2020/2/3からAMPプラグインをインストールして、セッティングを開始しましたが、2ヶ月経過した時点で、広告の表示やページ表示の不具合なども解消できました。

AMPプラグインにより、ページの表示速度は、GoogleSpeed Insightsのモバイルのスコアで、キャッシュプラグインを有効にしてですが、60~70%にまで改善しました。

AMP対応にするには、プラグインを使用しますが、これを使うと、「Autoptimize」プラグインの使用は、必要無くなります。

スポンサーリンク: ID6183593457

編集履歴

2020/01/25 はりきり(Mr)
2020/02/13 追記 (Google Fontの削除設定)
2020/02/23 AMPに対応
2020/04/15 「追記」を追記
2020/05/15 文言整備

関連記事

plugin, Synology, WordPress
[WordPress] サイトのスピード測定 – GTmetrix.com – △ID9721 [2020/07/24]

Post Views: 59 スポンサーリンク: ID6183593457 はじめに サイトのスピード測定には、GTmetrix.comとPageSpeed Insightsがあるが、それぞれ測定方法に違いがあることを、 […]

plugin, Synology, WordPress
[WordPress] Flex Posts – Widget and Gutenberg Block プラグイン – Gutenberg エディター対応 – ID8804

Post Views: 96 スポンサーリンク: ID6183593457 はじめに 僕は、WordPress歴が1年とNewcomerなので、余りしがらみも無く新しいエディタ Gutenbergを使用しています。 Sy […]

plugin, Synology, WordPress
[WordPress] Adminimize プラグイン — ログイン・ユーザー毎に表示するメニュー項目を選択的に非表示にできる – △ID11816

Post Views: 59 スポンサーリンク: ID6183593457 課題 WordPressの編集時に、邪魔なメニューを消します。そのプラグインが、「Adminimize」です。 バックエンド・メニューの表示数を […]

plugin, Synology, WordPress
[WordPress] プラグインのアンインストールで残骸が残るプラグイン -アンインストールで共通する問題の備忘記録 – ID16755 [2021/10/16]

Post Views: 113 スポンサーリンク: ID6183593457 はじめに WordPressのプラグインで必要でなくなれば、即削除するのが通常と思われますが、そのプラグインの残骸が残るケースを体験しました。 […]

mail, plugin, Synology, WordPress
[WordPress] Synology (新)NASに立ち上げたWordPressから外へメールを飛ばす – WP Mail SMTP by WPFormsプラグインとGMail APIの設定 – ID22422 [2020/09/13]

Post Views: 162 スポンサーリンク: ID6183593457 はじめに レンタルサーバーでのWordPressの運用とは違い、Synology NASにWordPressを構築して、サイト外へのメール送信 […]

plugin, Synology, WordPress
[WordPress] Duplicate Page プラグイン – △ID10710

Post Views: 49 スポンサーリンク: ID6183593457 Duplicate Page プラグイン 機能 同じような記事を書く場合、標準のWordPressには、投稿を複製する機能が有りません。Dupl […]

plugin, Synology, WordPress
[WordPress] 自宅サーバーのWordPress – プラグインで致命的なエラーにより管理画面(ダッシュボード)に入れなくなった場合の対処法 – △ID4394

Post Views: 58 スポンサーリンク: ID6183593457 プラグインによる致命的なエラー どなんプラグインでも起こり得ることだか、今回、初めてのプラグイン関連の致命的なエラーを経験をしたので、詳細をのこ […]

plugin, Synology, WordPress
[WordPress] スパム・コメント対策にreCaptchaプラグイン – 更に、「Statify」/ 「SiteGuard WP」でログイン画面の守りを固める – セキュリティ対策△

Post Views: 549 -ID4929 [2021/09/17] スポンサーリンク: ID6183593457 はじめに 自前NASにWordPressを導入してblogを発信していることを前提にしています。Sy […]

plugin, Synology, WordPress
[WordPress] Multibyte patch プラグイン – △ID10707 [2020/08/11現在インストール中]

Post Views: 56 WP Multibyte patch WordPressの開発は、世界中でGNUのもとで行われています。主導をとっているのは、やはり欧米であるため、日本語はローカル扱いです。Unicodeな […]

plugin, Synology, WordPress
[WordPress] Cool Timeline プラグイン – △ID10768 [2020/02/25]

Post Views: 57 Cool Timeline スポンサーリンク: ID6183593457 機能 タイムライン表示にはあまり使っていませんが、フローを描く時に便利なので流用しています。もちろん、クールなタイム […]

Page: 1 2 8
スポンサーリンク
  • 【Amazon.co.jp 限定】HP USBメモリ 128GB USB 3.1 スライド式 金属製 HPFD796L-128 GJP by Amazon - ID 24751
  • 3Dプリンター ダヴィンチ Jr. 1.0(造形サイズ15×15×15cm) - 環境に優しい土に返るPLAフィラメント - ダビンチ Jr. 1.0 XYZプリンティングジャパン by AMAZON ID21513
  • 3Dプリンター|ダヴィンチ1.0 pro|オートキャリブレーション機能付|オープンフィラメント可|ABS対応|造形サイズ20×20×20cm|レーザー刻印機能拡張可|積層ピッチ0.02mm~|3F1AWXJP00F - XYZプリンティングジャパン by AMAZON ID21511
  • ABS使用可 造形サイズ175×175×175mm オープンフィラメント可 オートキャリブレーション機能付き レーザー刻印機能拡張可 金属系PLA拡張可 3FJSPXJP00G - ダビンチ Jr.Pro X+ XYZプリンティングジャパン by AMAZON ID21509
  • zedela 5-in-1 USB-Cハブ【3ポート5Gbps by Amazon - ID 24751
スポンサーリンク

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

AMP

[WordPress] AMP プラングインの運用 – DS920+のシステムメモリ(4GB)を8GBに増設すると一括検証可能数は、デフォルト「8」から「> 41」に増加 – する[2022/02/06]
[WordPress] AMP対応化で、使用しているその他のプラグインによるエラーが出ないようにするために – プラグイン別 [2020/11/16] ID24858
[WordPress] 高速化プラグイン「AMP」と定期的に全てのページの静的キャッシュ作成プラグイン△-「WP Super Cache」で再構成した [2021/11/05]
[WordPress] 「AMP」対応奮闘記 – プラグインAMPはVer.2.20になったけれど。[2022/01/05]
[WordPress] このサイトの表示に関係する使用している「テーマ」と「プラグイン」のリスト – [2020/09/11]

autoptimize

[WordPress] WP-Optimizeのキャッシュの設定 – Autoptimizeとの併用効果 – ID14373

cache

[WP-Plugin] WP-Optimizeのキャッシュ機能はW3 Total Cacheに変更 ID19320 [2021/10/25]
[WordPress] 高速化プラグイン「AMP」と定期的に全てのページの静的キャッシュ作成プラグイン△-「WP Super Cache」で再構成した [2021/11/05]
[WordPress] 「AMP」プラグイン と広告プラグイン: 「Advance Ads Pro」- 高速化と広告表示の両立を図る – △ID10304 [2020/09/11]
[WordPress] WP-Optimizer プラグイン – △ID10746 [2020/09/24]
[WordPress] Lazy Load Optimize プラグイン – △ID10744

Plugin

[Synology] セキュリティ改善法 – Threat Preventionとファイヤーウォールの運用を連携する – [2021/08/01]
[WordPress] 2020年初心者によるWordPressを構築し快適に運用するための必須プラグイン一覧 (2020/03/10現在) – ID10673
[WordPress] キャッシュプラグインの比較 – 「WP Fastest Cache」 vs 「WP-Optimize」- △ID9787 [2020/07/23]
[WordPress] Google Adsense導入 – 必要な手順とセッティング – 広告プラグインを選ぶ – 運用の実際 – ID9539 [2021/01/04]
[WordPress] PhastPress プラグイン Ver.1.33 – Databaseを不適正にいじってしまう(バックアップ教訓)- △ID14393 [2020/1/29]
スポンサーリンク ID 7130582967

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block