カテゴリー
BIOLOGICS equipment-storage production

[Bio-Equip] Deep Freezer; 超低温保管庫 – ID9756

[Bio-Equip] Deep Freezer; 超低温保管庫 – ID9756

Bio-Equipment

超低温保管

バイオロジクスの場合、製剤化する前の原薬の保管は、殆どが凍結保存であり、一般的には、-80℃のDeep Freezerが使用されています。

その理由は、タンパク質の安定性が、凍結温度が低い程、高くなるためでです。

新しいモダリティーであるmRNAワクチンも例に漏れず、安定性があまり良くないため、-80℃で保存される製品がある。

因みに、安定性は、補助剤の種類とその濃度を最適にすれば高めることも可能です。ただし、薬の効果が低下する場合もあるので、沢山の条件を検討しなければ、安定性と薬効の両方を最適にできる条件を見つけることは難しいのです。

編集履歴
2020/02/17 Mr.HARIKIRI

日本フリーザー

フリーズ超低温槽

関連記事

Page: 1 2 3

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

フリーザー

[Bio-Analysis] Release Test – 医薬品の規格を確認する試験 – 合格すると出荷可能となる – ID14056 [2020/04/22]
スポンサーリンク ID 7130582967

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block