カテゴリー
BIOLOGICS

[Bio-Edu] タンパク質の濃度を求める理論式 – ID16354 [2019/05/27]

[Bio-Edu] タンパク質の濃度を求める理論式 – ID16354 [2019/05/27]

スポンサーリンク: ID6183593457

タンパク質の濃度

分子量が小さいタンパク質であれば、簡易的にはA280nmの値が1であれば、1mg/mLとしている。この場合、急行係数とい値は、1.0である。分子量が大きくなってくると、それでは誤差が大きくなってくる。

分子量が大きい抗体では、吸光係数は、1.5付近であり、理論式が提唱されているので、アミノ酸配列が分かっている場合は、それを使って計算する。

Paceの方法

εM = Trp x5500 + Tyr x 1490 + Cystine x 125 [A280/mol/cm]

Protein Sci,1995 Nov;4(11):2411-23. doi: 10.1002/pro.5560041120. How to Measure and Predict the Molar Absorption Coefficient of a Protein. C N Pace 1F VajdosL FeeG GrimsleyT Gray

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/8563639/

Gill & Hippelの方法

εM = Trp x 5690 + Tyr x 149 + Cystine x 120 [A280/mol/cm]

Calculation of Protein Extinction Coefficients From Amino Acid Sequence Data. S C Gill 1P H von HippelAffiliations expandPMID: 2610349, DOI: 10.1016/0003-2697(89)90602-7

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/2610349/
編集履歴
2019/05/27 はりきり(Mr)

以上

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

スポンサーリンク ID 7130582967

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block