カテゴリー
AAV BIOLOGICS company COMPANY-FAVOR oxgene

気になる企業 – Oxgene (Oxford Genetics LTD) – LentivirusのPCL/rAAV高生産できるHEK293細胞株/PCLの構築手順 – ID12556 [2020/11/22]

気になる企業 – Oxgene (Oxford Genetics LTD) – LentivirusのPCL/rAAV高生産できるHEK293細胞株/PCLの構築手順 – ID12556 [2020/11/22]
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID24747
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

Oxgene

  • Headquarter : San Francisco (HQ), Ca United States source linke
  • Oxgeneは、Lentivirusに注力するOxford Genetics社の技術ブランドです。その中心的技術は、
  • FaceBookの投稿から、以下の5領域が強みのようです。
    • / Our new packaging and producer cell lines for #scalable #lentiviral manufacture of new #celltherapies.
      (細胞治療としてLentiviralのスケーラブルなのPCL)
    • / An innovative new technology for scalable #AAV production that we hope will completely change the way #genetherapies are manufactured.
      (革新的なAAVのスケーラプルな製造技術)
    • / A mammalian display #antibodydiscovery platform that self-labels when antibodies bind to the target membrane protein
      (哺乳動物細胞による膜タンパク質に結合する抗体があれば自己標識する探索プラットフォーム)
    • / How we’ve adapted our #CRISPR engineering workflow to reliably edit #iPSCs
      (多機能幹細胞を編集する最適化されたCRISPRエンジニアリング・ワークフロー)
    • / How our proprietary in house laboratory information management system is keeping us on track, and keeping our partners informed, in real time.
      (社内の実験情報マネジメント・システムは、情報をリアルタイムに提供する)
  • その他、AAV5を高産生するHEK293細胞株を、GMPでセルバンク化しています。この細胞株は、他の血清型のAAVやレンチウイルスでも高生産性が得られる。
  • OXGENE has developed a novel CHO-based mammalian display antibody technology targeting membrane proteins. 

Oxgene by Oxford Genetics LTD

https://www.oxgene.com/

ショートヒストリー

A Short History of Gene Therapies – News MEDICAL LIFE SCIENCES –

https://www.news-medical.net/whitepaper/20200601/A-Short-History-of-Gene-Therapies.aspx

生産細胞株

Lentivirus

Lentivirus生産株として、GOI plasmidを除くCell Line (Packaging Cell Line)を持っている (Lenti packaging cell line) source

  • 浮遊系細胞であるHEK293
  • 目的遺伝子を導入したProducer Cell Lineの作成にも使用可能
  • Develop and characterisation of cGMP-compliant stable packaging cell line for inducible lentiviral vector production PDF source link
  • source link

Developing lentiviral packaging and producer cell lines

合計3のブラスミドを導入する。2つをトランスフェクションの時点でPackaging cell line, 最後のGOIを導入した時点でProducer cell lineという。

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
  • Step 1 (Design and optimize)
    • VSV-G, Gag/Polのデザインと最適化
    • Plasmid取得
    • HEK293細胞へのトランスフェクション
  • Step 2 (single cell sort)
    • 安定プール細胞をソーティング(50~60/96 well plates
    • 拡大培養とクローンのモニタリング (自動化装置)
  • Step 3 (10クローン選択)
    • クローン選択
      • growth kinetics
      • VSV-G and Gag/Pol 導入
      • 誘導なしの拡大培養
      • 500~600クローンから40~50選択(トランスジーンを含む)
      • 10クローン選択 (lentiviral生産)
  • Step 4 (Top clone選択)
    • 拡大培養
    • 培養のCharacterize and Optimize
    • lentiviral生産の条件
    • growth profile
    • VSV-G and Gag/Pol コピー数
    • 適する培地、トランスフェクションにおける細胞濃度、トランスフェクション試薬、添加剤
  • Step 5 (final pre-packaging cell line取得)
    • 試験
      • stability
    • further rounds of cell line development
    • Cell banking
  • Step 6 (GOIデザインと最適化とpackaging cell lineへのトランスフェクション)
    • Rev (packaging cell lines), Gene of interest (GOI)のデザイン
    • Transfect to pre-packaging cell line)
    • 安定プール株の選択
  • Step 7 (Single cell sort)
    • 20-30 clones to 96 well plates
    • expand
    • monitor clone growth
  • Step 8 (スクリーニング to 300~400 clones)
    • growth kinetics
    • Rev and or GOI integration
    • lentiviral production
  • Step 9 (Top 10 selection)
    • further expand
    • characterize
    • optimize growth
    • transfection/induction condition
    • growth profile
    • VSV-G
    • Gag/Pol
    • Rev and/or GOI copy number
    • Supplementation
    • if neccessary, goto step 6 as a allternative route to develop producer cell lines from lentiviral packaging cell lines
  • Step 10
    • Select final packaging and producer cell line(s)
  • Step 11 (process development)
    • optimize growth
      • packaging cell line
      • producer cell line
    • transfection conditions
      • packaging cell line
      • improve final titer
    • transfection-free
      • producer cell line

Developing lentiviral packaging and producer cell lines, 2020/11

https://www.regmednet.com/infographics/developing-lentiviral-packaging-and-producer-cell-lines/?utm_campaign=RegMedNet&utm_content=146236346&utm_medium=social&utm_source=linkedin&hss_channel=lcp-11529313
[Bio-Education] 細胞のモノクローナル化のための基本原理 – 最新装置を中心に解説 – ID22024

Post Views: 19 目次1 細胞のモノクローナル化のための3つの基本操作1.1 従来の装置と方法1.2 VIPSおよびCell Metric 細胞のモノクローナル化のための3つの基本操作 細胞をモノクローンにす […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

CRISPER技術

スポンサーリンク
by Rakuten ID:15895

CRISPR関連の技術を有する1)

  • Cell line engineering
  • CRISPR screening
  • Cas9 engineering
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

AAVシステム

  • 優れたAAVシステムを持っている
  • HEK293細胞
    • AAV産生 に最適なクローンの設定を完了している
  • CHO細胞を用いている
  • FUJIFILM Diosynth Biotechにライセンスを提供している
スポンサーリンク

by Google Ads ID8603

CRISPRとは、

  • CRISPR-Cas9(clustered regularly interspaced short palindromic repeats / CRISPR associated proteins)
  • DNA二本鎖の任意の位置を切断(Double Strand Breaks=DSBs)し、新たに遺伝子を挿入したり、遺伝子を置換・削除できる遺伝子改変技術。
  • 2013年に報告されたCRISPR-Cas技術は、ZFN、TALENに続く第3世代のゲノム編集ツールである
  • 標的遺伝子の変更、複数遺伝子のターゲットが容易
  • 現在、哺乳類細胞ばかりではなく、細菌、寄生生物、ゼブラフィッシュ、など細胞や生物種において、そのゲノム編集利用されている。
  • CRISPR-Cas9システムは、細菌や古細菌においてウイルスやプラスミドといった遺伝的要素の侵入物を標的し、排除するよう進化した適応免疫の一つ
1)

CRISPR – Libraries and screening

2)

CRISPR-Cas9の情報

DNA二本鎖を切断してゲノム配列の任意の場所を削除、置換、挿入することができる新しい遺伝子改変技術特集:CRISPR-Cas9 とは – コスモバイオ – より

https://www.cosmobio.co.jp/product/detail/crispr-cas.asp?entry_id=14354
3)

FUJIFILM Diothynth Biotechnologies社との提携

Fujifilm Diothynth Biotechnologies (FDB)社はOxford Genetics社のOxgene独自のAAVシステム(遺伝子治療関連)のライセンスを受けており、FDBの製造サイトでは顧客に対してサービスを提供している

遺伝子治療の分野で、FUJIFILM Diothynth Biotechnologies社との戦略的パートナー契約を結んだ (2020/04) – OXGENEサイト – より

https://www.oxgene.com/News-and-Events/News/2020/04/FDB-partners-with-OXGENE
4) Celebrating 40 Years

Live and let live: the remarkable story of HEK293 cells in April’s Human Gene Therapy – Oxgene より

HEK細胞(E1遺伝子がインテグレートされている)でのみ増殖できるアデノウイルス(E1遺伝子を欠く)のグラハム(Graham, 1973~)の研究 – E1遺伝子は、E1遺伝子がHEK293細胞とE1遺伝子を欠いたアデノウイルスとに、完全に切り分けできていないため、重複する領域が存在する。そのことで、相同組換えが起こり、そのアデノウイルスは、E1を獲得して野生型となっていまう問題があるることがわかりました。1999年の臨床試験では10代の肝臓関連の患者が死亡しました。2016年には、アデノウイルスは、腫瘍溶解による癌治療として使用されています。遺伝子補充療法分野では、AAVとレンチウイルスベクターが使用されるようになりました。
現在の遺伝子補充療法分野での課題は、スケーラプルな製造方法です。現状では、遺伝子治療にはね200万ドル以上かかると試算されます。OXGENEでは、HEK293細胞を技術の中心にして、AAV5などを効率的的に生産できるように研究をしています。(1)メディア、(2)AAV作成が高いHEK293細胞のクローニング、(3)その他のAAVやレンチウイルスでも高い生産性を示しました。この細胞株をGMPによるセルバンクとすることができました。

https://www.liebertpub.com/doi/10.1089/hum.2020.29116.oxg
5)

Achieving High-Yield Production of Functional AAV5 Gene Delivery Vectors via Fedbatch in an Insect Cell-One Baculovirus Sytstem (2019) – Methods & Clinical Development – より

https://www.cell.com/molecular-therapy-family/methods/pdf/S2329-0501(19)30020-8.pdf
6)

Scalable Production of AAV Vectors in Orbitally Shaken HEK293 Cells (2018) – Methods & Clinical Development -より

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6305802/#!po=26.7045
7)

Manufacturing of viral vetors for gene therapy: part I. Upstream processing (2014) – Pharm. Bioprocess -より

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6305802/#!po=26.7045

関連記事

AAV, BIOLOGICS, company, COMPANY-FAVOR, oxgene
気になる企業 – Oxgene (Oxford Genetics LTD) – LentivirusのPCL/rAAV高生産できるHEK293細胞株/PCLの構築手順 – ID12556 [2020/11/22]

Post Views: 17 目次1 Oxgene1.1 ショートヒストリー1.2 生産細胞株2 CRISPER技術3 AAVシステム3.1 CRISPRとは、 Oxgene Headquarter : San Fran […]

AAV, BIOLOGICS, genome-editing, reference
[ゲノム編集] デュアルAAVデリバリーシステムによるマウスのデュシェンヌ型筋ジストロフィーの治療研究 (CRISPR-Cas9を補助する) – ID9877 [2020/08/22]

ジュジェンヌ型筋ジストロフィーの治療薬の研究として、AAVを活用したゲノム編集型遺伝子治療研究の文献を概説し、既に市販されているアンチセンス核酸医薬品の作用機序などを示して、筋ジストロフィーという希少疾患を知る。

BIOLOGICS, genome-editing
[Bio-Edu] ゲノム編集 (工事中) – ID1960 [2019/10/06]

Post Views: 15 目次1 CRISPR2 用いる材料 CRISPR 京都大学より CRISPRとはClustered Regularly Interspaced Short Palindromic Repea […]

編集履歴
2020/03/25 はりきり(Mr)
2020/05/24 追記 (ウイルスを高生産するHEK293細胞株)
2020/09/16 追記 (5つの主たる強み)
2020/11/22 追記 (lentivirusのPLCの作り方)
スポンサーリンク
  • by Amaozn ID13196
  • by Amazon ID19245

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

Genome Editing

スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

Update ID21920

anime
[アニメ] 真月譚 月姫; しんげつたん つきひめ (2003) – 当時の人気ゲーム「月姫」が原作らしい – ID26966 [2021/01/28]

Post Views: 22 真月譚 月姫(しんげつたん つきひめ) 2003年のアニメ作品です。2003年当時のことを思い起こしながら試聴しました。当時人気のゲーム「月姫」が原作らしいです。僕自身は何をしてい […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
HEALTH, kidney
[健康] 血中クレアチニン(Cr)濃度とeGFR /関連表の理解と腎機能の閾値 – eGFRはCr/年齢/性別で計算 – ID27337 [2021/01/28]

Post Views: 21 目次1 はじめに2 血中クレアチニンでeGFRを計算3 計算された簡易表4 編集履歴 はじめに 高尿酸血症は、痛風につながります。痛風を持っていると腎臓の機能にも影響すると言われています。痛 […]

company, gene-therapy
気になる企業: IDファーマ – センダイウイルス・ベクターの技術で希少疾患に対する遺伝子治療薬の開発を進める – ID27360 [2021/01/30]

Post Views: 23 目次1 IDファーマ2 アイロムグループの概要3 編集履歴 IDファーマ 株式会社IDファーマは、CROなどを手がけるアイロムグループの100%小会社で、先端医療関連の開発を担う。センダイウ […]

更新された投稿の最新順

スポンサーリンク
  • by Amazon ID13211
  • by Amazon ID13339
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID24747
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

最新記事(気になる企業,ID:14809)

company, gene-therapy
気になる企業: IDファーマ – センダイウイルス・ベクターの技術で希少疾患に対する遺伝子治療薬の開発を進める – ID27360 [2021/01/30]

Post Views: 23 目次1 IDファーマ2 アイロムグループの概要3 編集履歴 IDファーマ 株式会社IDファーマは、CROなどを手がけるアイロムグループの100%小会社で、先端医療関連の開発を担う。センダイウ […]

company, shionogi
[気になる企業] シオノギ製薬 – ID26071 [2020/12/17]

Post Views: 18 塩野義製薬 日本 Home Page 新型コロナウイルスのワクチン(組換えタンパク質)として、国内2例目の臨床試験を開始(2020/12/16)朝日新聞

BIOLOGICS, company, vaccine
気になる企業 – Bayer – ID24577

Post Views: 21 Bayer; バイエル ドイツのバイエルも、米Asklepios BioPharmaceutical社を買収することで、遺伝子治療の分野に本格的に参入するようです。もともとバイエル社は、遺伝 […]

BIOLOGICS, company, PALL, vaccine
[Bio-Edu] ワクチンの製造 – Pallのソリューション – ID24238 [2020/10/14]

Post Views: 16 目次1 はじめに2 ワクチン製造2.1 Automated Systems2.2 Biocontainers2.3 Hardware2.4 Mixers2.5 Powder Transfer […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
BIOLOGICS, company, vaccine
気になる企業 – Vaccibody – ID24078 [2020/10/07]

Post Views: 14 Vaccibody HomePage 新しい免疫療法の発見と開発に専念する臨床段階のバイオ医薬品会社 個別化癌新抗原ワクチンの急速に発展する分野のリーダーであり、Vaccibody技術を持つ […]

Page: 1 2 18
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID24747
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

最新記事(rAAV)

AAV, BIOLOGICS, cell
[Bio-Vector] 人工染色体 – 目的細胞に導入して安定発現細胞株を作る – AAVベクターの生産株として適用できるのか? – chromocenter/TaKaRa – ID26979 [2021/01/15]

Post Views: 20 目次1 はじめに2 ウイルスベクターの新たな作り方3 人工染色体の特徴4 人工染色体の構造5 遺伝子搭載サイズ6 従来ベタクーとの比較7 chromocenter社の方法7.1 ドナー細胞の […]

AAV, BIOLOGICS, gene-therapy
[Bio-Edu] 遺伝子治療医薬品の開発における、研究グレードとGMP – ID26219 [2020/12/22]

Post Views: 21 目次1 はじめに2 マテリアルの選択2.1 候補(導入遺伝子)がない2.2 候補がある2.3 前臨床が完了していない2.4 前臨床か完了している3 開発プロセス はじめに Vigene社がサ […]

AAV, BIOLOGICS, CMO, gene-therapy
気になる企業 – Molecular Medicine ;MolMed – ID12516 [2020/11/09]

Post Views: 16 目次1 MolMed1.1 サービス2 AGCが買収 MolMed イタリア ウイルス・ベクターを用いた遺伝子治療薬製造のCDMO サービス MolMed独自のテクノロジーを持っている。 M […]

AAV, BIOLOGICS, education
[Bio-Edu] ウイルスの等電点(pI) – 組換えAAVでは,empty/fullの違いでpIは異なる – 分離精製は工業化の課題である – ID24561 [2021/02/23]

Post Views: 18 目次1 はじめに2 ウイルスの等電点(pI or IEP)3 ウイルスの等電点の検証結果の詳細4 AAV1~AAV10のpI計算5 AAV8, AAV9のpI6 AAV tree7 編集履歴 […]

AAV, BIOLOGICS, drug
[遺伝子治療薬] ZOLGENSMA – AveXis-Novartis社が開発した筋萎縮性側索硬化症 (SMA)治療薬 – UM-ID23165 [2020/07/27]

Post Views: 80 目次1 筋萎縮性側索硬化症2 ZOLGENESMA2.1 薬価収載3 詳細 筋萎縮性側索硬化症 筋萎縮性側索硬化症(Spinal Muscular Atrophy (SMA))は、10万人あ […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
AAV, BIOLOGICS, PALL, purification
[Bio-Material] Mustang® Q Membrane Units (2004) by Pall – ID23160

Post Views: 14 Pall社の陰イオン交換体: Mustang Q membraneを使用したアデノウイルスの精製方法 吸着/溶出モードによるアデノウイルスの精製.流速,吸着容量の設定の記載あり. 溶出画分は […]

Page: 1 2 14
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID24747
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

最新記事(Biologics, ID:14673)

BIOLOGICS, culture, education
[Bio-Culture] 大腸菌; E.coliの増殖率は細胞長の増大に関わる – ID28121 [2021/02/27]

Post Views: 10 目次1 大腸菌の増殖率2 編集履歴 大腸菌の増殖率 一般的に、大腸菌の増殖率(growth rate)、1時間あたり1未満であり、それを超える増殖率になってくると、大腸菌の長さが増大するのだ […]

BIOLOGICS, culture, education
[Bio-Culture] Poloxamer 188 – バイオリアクターの撹拌翼によるダメージを抑制 – ID28021 [2021/02/24]

Post Views: 8 目次1 Poloxamer 1882 毒性2.1 動物の静脈内注射 (Poloxamer)2.2 ヒトの静脈内注射 (Poloxamer 188)2.3 創傷治癒2.4 動物実験2.5 AME […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
BIOLOGICS, education, purification
[Bio-Edu] イオン交換クロマトグラフィの原理 – バイオロジクスの製造における基本 – ID27722 [2021/02/13]

Post Views: 14 目次1 イオン交換の原理を使ったクロマトグラフィ2 実務では3 原理4 なぜpHを上げていくと電荷がマイナスチャージになるのか4.1 pHの理解5 編集履歴 イオン交換の原理を使ったクロマト […]

BIOLOGICS, safety
気になる企業 — 生物科学安全研究所 (RIAS) – ID27434 [2021/01/03]

Post Views: 17 RIASと丸紅ケミックス 2021年より、日本国内でのウイルス安全性試験の受託強化を図る。日本国内の総代理店は、丸紅ケミックス。 RIASのウイルス測定関連施設の改修によりBSL2, BSL […]

company, gene-therapy
気になる企業: IDファーマ – センダイウイルス・ベクターの技術で希少疾患に対する遺伝子治療薬の開発を進める – ID27360 [2021/01/30]

Post Views: 23 目次1 IDファーマ2 アイロムグループの概要3 編集履歴 IDファーマ 株式会社IDファーマは、CROなどを手がけるアイロムグループの100%小会社で、先端医療関連の開発を担う。センダイウ […]

analysis, BIOLOGICS, equipment-chromato, vaccine
[Bio-Equip] 培養シャーレ – セルスタック ; CellSTACK – 接着性の細胞の培養を効率的に作業できるアイデアに満ちた構造 – ID27145 [2021/01/20]

Post Views: 18 目次1 セルスタック1.1 多品種には セルスタック Corning CellSTACK培養チャンバー。プラスチック製の接着細胞用の多段培養シャーレです。これはもう「ラボ用」とは呼べないかも […]

Page: 1 2 68
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID24747
スポンサーリンク
by Google Ads ID8603

その他記事(ALL-RANDOM, ID:16786)

BIOLOGICS, KNOWLEDGE, patent, vaccine
[特許関連/記事紹介] 新型コロナウイルスに関する特許の概説記事から – ID15052 [2020/05/02]

Post Views: 13 記事へのリンクのみ 新型コロナウイルスの特許について、現状を踏まえて概説している記事です。特許の学習として実務的に参考になります。 SARS-CoV-2 Coronavirus and pa […]

english
今日の英語 – ネット会議中に、「お先に失礼します」 – I will leave this call – ID21486 [2020/08/22]

Post Views: 19 I will leave this call I will leave this call, thanks for the discussion and have nice day.ありがと […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
plugin, Synology, WordPress
[WordPress] 自宅NASに設置のWordPressのプラグイン更新を出先から行う場合に、毎回出てくるパスワード入力を省略する設定 – ID89

Post Views: 15 目次1 出先から自宅NASWordPressのプラグインを更新2 wp-config.phpの編集 出先から自宅NASWordPressのプラグインを更新 自宅に設置したDS918+にW […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID:11143(2)

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block