カテゴリー
plugin Synology WordPress

[WordPress] Autoptimize プラグインの威力 – ブログ・サイトのスピード改善対策プラグイン – 更にAMP対応まで進めた結果 – ID7804 [2020/05/15]※

本編 >

[WordPress] Autoptimize プラグインの威力 – ブログ・サイトのスピード改善対策プラグイン – 更にAMP対応まで進めた結果 – ID7804 [2020/05/15]※
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23410

概要

当サイトのGoogleSpeed Insightsで、サイトのスピードを測定(2020/02)したところ、モバイルでのスピードは、4~5%でした。そこで、サイトスピードを改善するプラグインを検討したところ、「Autoptimize」を基本に、その他キャッシャ関連のプラグインを組み合わせると、10倍程度の劇的な改善(40%程度)が可能でした。

スポンサーリンク
  • Synology DS517 by Amazon ID:22173
  • Synology DS920+ by Amazon ID:22172
  • オムロン BY50S用パック by Amazon ID:22171
  • オムロン BY50S by Amazon ID22170
  • Synology 高機能無線ルーター VPN Plus対応 日本正規代理店アスク サポート対応 保証2年 NT934 RT2600ac by Amazon ID24327
  • エレコム LANケーブル CAT6A 5m 爪折れ防止コネクタ ホワイト LD-GPA/WH5 by Amazon ID24327

サイトのスピード

自分のサイトのスピードを知るには、Google Search Consoleを使っているなら、速度(試験運用版: PageSpeed Insights)で測定してくれます。

お知り合いになっていただいている観音寺さんから、当サイトの速度が遅いことのご指摘を頂き、測定してみたところ、その結果は、4~5%とさんざんでした。

これでは、誰もみてくれませんね。

また、Chromeの拡張機能(Windows版)の「Lighthouse」でもサイトの速度を測定してくれます。Lighthouseでは、50%程度の結果でした。
(Google Search Consoleは、どうやらLighthouseのエンジンを使っているようですが、測定結果は少し異なっているようです)

そこで、対策としてプラグイン (Plugin)を探してみました。試したのは、

「Autoptimize」

です。

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417

PageSpeed Insightsの測定で、4~5%であった性能が、20~30%に劇的に改善しました。

その後は、微調整を行いました。キャッシュ(cache)も当然良いのでは無いかと思って、キャッシュ・プラグイン (cache plugin) の併用効果として、

「WP Fastest Cache」

で確認しました。当サイトの環境ではこのプラグインでは逆効果でした。

最後に、Google Analyticsが、時間を食っているのがわかったので、

「Flying Analytics」

https://wpspeedmatters.com/how-to-optimize-google-analytics-in-wordpress/

で、Google Analyticsをミニ化してその改善具合を確認しました。

詳細は、以下ご覧ください。

サイトの測定結果の概要

Autoptimizeの有無での測定概要は、以下の通りです。

  • PageSpeed Insightsでは、モバイルでの速度が4~5%、それが25%に改善 (これでは、まだまだですが、改善度は高いです)
  • Lighthouseでは、50%から90%、更に100%に改善

さらなるスピードアップには、その他プラスアルファのPluginをリコメンドしてくれています。

以下は、JavaScript関連、CSS関連、HTML関連について設定の有無で、どれだけ効果があったかをテストしてみました。

Autoptimizeの効果 – Page Speed Insights測定

Page Speed Insightsでの測定に際して、Autoptimizeの設定項目は、以下で行った設定検討の結果を元にして決めた項目にて、測定を行いました。

図1. Autoptimizeの効果 – PageSpeed Insights測定結果

Autoptimizeの効果 – Lighthouse測定

設定項目を、(1)CSS, (2)JavaScriptおよび(3)HTMLの順番で、効果の出そうな順に設定し、Lighthoutsで測定しました。

Autoptimize無し

21%のPerformanceしか出ていません。

Autoptimize有り

以下では、Autoptimizeで各設定項目を段階的に有効化したときのLighthouseでの測定結果です。

連続2回措定しました。cacheが効いているので、2回目の結果は少し良い値が出ています。

  • CSSコードの最適化
  • JavaScriptの最適化
  • HTMLの最適化

(1) CCSコード設定

CCSコード最適化を
Aggregate CSS-files?
インラインのCSSを連結

(1+α) CSSコード設定に更に、データを生成:画像をURI化を追加

CCSコード最適化を
Aggregate CSS-files?
インラインのCSSを連結
データを生成 : 画像をURI化

以上の結果から、「データを生成 : 画像をURI化」は、あまり効果がなさそうなので、このチェックは外すことにします。

(2) +α : JavaScript設定

Aggregate JS-files?

JavaScriptコードの最適化の効果はあるようです。

(3) +α : HTMLオプション – コード最適化

HTMLコード最適化を

HTMLコードの最適化はそこそこ効果があるようです。

最終的に設定した内容

最終的に、以下の通りの設定に落ち着きました。

  • Autoptimize : JavaScript(JS)、CSSの設定のみ(数参照)
  • Cache : WordPress Pluginは不要、DS918+のSSD cacheがワークしているものと思われる
  • Google Analytics : 速度性能にそれほど寄与しないが、しばらくミニGoogle Analyticsを使用してみる
スポンサーリンク

by Google Ads ID23409

プラスアルファ

その他の併用効果

(1) WP Fastest cache

キャッシュの併用も試してみました。WP Fastest Cacheです。Fee版でも多数の設定項目があります。色々設定して、Page Speed Insightsで測定してみました。結局、無い方がスコアが高く出ることがわかりました。

当サイトのWordPressはSynology DS918+に立てています。SSD cacheも追加で積んでいます。WP Fastest cacheの効果が出なかったのは、おそらく、SSD cacheがあるためと考えれます。二重のcacheは必要ないということですね。

(2) Flying Analytics by WP Speed Matters

最適な設定の組み合わせを探して、試行錯誤で設定、PageSpeed Insightsで測定を繰り返し、その結果を眺めていると、Google Analyticsが結構じゃましているようなレポートがあるのに気が付きました。

以下の測定結果は、All in One SEOに、Google Analyticsを設定した条件で測定した結果です。

以下の測定結果は、All in One SEOに、Google Analyticsを設定した条件で測定した結果です。レペートの診断結果の項目に「第三者のコードの影響・・・」とあります。次の図には、その詳細を示していますが、Google Analyticsが866msも使っています。

デフォルトのGoogle Analytics
ミニサイズのGoogle Analytics

以下の測定結果は、All in One SEOから、Google Analyticsを外して、代わりにFlying AnalyticsでミニサイズのGoogle Analyticsを設定した場合の測定結果です。

PageSpeed Insightsによる最終的な速度レポート

以上の設定を全て組み込んで、PageSpeed Insightsで測定しました。

当初、1桁だった速度性能が、モバイルで50%程度、今回の取り組み始めには、パソコンでの性能評価は、気にしていなかったため、パソコンの速度性能値は、参考値になりますが、モバイルよりも 高い値のがでます。

モバイル
パソコン

まとめ

指摘を受けなければ気がつかなかった、サイトの速度でしたが、当初1桁であったのが、50%まで速度性能を改善することができました。約10倍です。

  • JavaScriptの最適化
  • CSSの最適化
  • HTMLの最適化
  • Cacheの設置(Synology NASにSSD搭載のため、プラグインは逆効果)
  • Google Analyticsは、1/10にしたミニ化も少し寄与
  • Google Font: 削除設定で、モバイルが5~10ポイント早くなることを確認。測定毎に約半分の確率でスコア50を超えるようになった(ページの作りも簡素化していることも良い影響がでている)。しばらくこの設定で運用することにした(2020/02/13)

今後

更なる速度改善は、以下の項目が考えられますが、個人サイトで出来るものとそうでないものもリストしました。

  • WordPressのDatabase関連 : 最適化でできるらしい
  • 別のCache Plugin : WP Optimizeはすでにためしてみました
  • PHPバージョン : Ver.5よりVer.7が早らいしい
  • Budget.json: よくわからないキーワードですが。
  • DOM : 1500以下に抑えなさいと言われますが、綺麗に見せるstyleにするとトレードオフです。
  • CDN : 個人では無理?
  • インフラ頼み : 5G、今回のこんな苦労は要らなくなるかも

追記

その後、いろいと調べていると、Googleは、Mobile Firstであり、モバイルに対して特化したページ作りを求めていることが分かりました。

既存のページをAMP(Accelerate Mobile Page)という技術で、速度改善を可能にする開発を行なっていることも分かりました。

結局のところ、現在のページは、今後、生き残らないと判断し、AMP対応ページに移行することにしました。

2020/2/3からAMPプラグインをインストールして、セッティングを開始しましたが、2ヶ月経過した時点で、広告の表示やページ表示の不具合なども解消できました。

AMPプラグインにより、ページの表示速度は、GoogleSpeed Insightsのモバイルのスコアで、キャッシュプラグインを有効にしてですが、60~70%にまで改善しました。

AMP対応にするには、プラグインを使用しますが、これを使うと、「Autoptimize」プラグインの使用は、必要無くなります。

編集履歴

2020/01/25 はりきり(Mr)
2020/02/13 追記 (Google Fontの削除設定)
2020/02/23 AMPに対応
2020/04/15 「追記」を追記
2020/05/15 文言整備

関連記事

スポンサーリンク
  • by Amaozn ID13196
  • by Amazon ID19245
スポンサーリンク

ここまで

< 本編はここまで。

スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23410

Update ID21920

anime, LIFE
[アニメ] ザ・サード〜蒼い目の少女〜 (2006) – 3つ目の眼を額にもつ「ザ・サード」が人類を管理している世界 – ID2480 [2020/10/20]

ザ・サード 2006年、TV全24話、人類が犯した過ちを2度と起こさせないために、3つ目の眼を額に持つ「ザ・サード」と呼ばれる存在から管理されている人類。ソードダンサーと呼ばれる少女がいました。この世界では、技術革新は許 […]

anime, LIFE
[アニメ] ヒロイック・エイジ – 宇宙戦闘物語 – ID24353 [2020/10/20]

目次1 ヒロイック・エイジ2 キーワード ヒロイック・エイジ 2007年、TV全26話、宇宙物/宇宙戦艦物/宇宙や人類の発祥の不思議を描いています。3話くらいまでは我慢して視聴してください。おそらく、TVで毎週リアルタイ […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
anime, LIFE
[アニメ] 終わりのセラフ – 人対吸血鬼 – 大人の事情と子供の理想は相ゆずれない – ID2444 [2020/10/28]

終わりのセラフ 2015年、TV全24話、吸血鬼が世界を支配している世界と、一部の人の軍組織は、人の世界を取り戻そうとしている攻防を背景に、家族というテーマを描いてます。しかし、大人の事情は、子供たちの家族の理想にはお構 […]

english
今日の英語 – we are excited to announce ~ – 報告できることを嬉しく思っている表現 [2020/10/28]

We are excited to announce {目的句}  「目的句」に対してエキサイトしています。例文 : Today we are excited to announce the launch of a ne […]

BIOLOGICS, education, guidance
[Bio-Edu] Bio Safety Levelとは – 遺伝子組換え実験と輸送など – カルタヘナ法に関わる – ID144 [2020/10/28]

目次0.1 Bio Safety Level0.2 関係法令1 カルタヘナ法に従う承認申請手続き Bio Safety Level Bio Safety Level (BSL)とは、細菌やウイルスの取り扱いについて、その […]

BIOLOGICS, production, vaccine
[Bio-Edu] Plasmid DNA (pDNA)の製造方法 – ID24375 [2020/10/25]※

目次1 plasmid DNAの抽出方法2 生産フロー3 plasmidの培養方法 plasmid DNAの抽出方法 plasmid DNA (pDNA)の製造で最もクリティカルな工程は、その抽出である。pDNAを生産す […]

スポンサーリンク
  • by Amazon ID13211
  • by Amazon ID13339
スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID23410
  • by Google Ads ID:11145

最新記事(WPプラグイン,ID:14818)

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID23410

最新記事(WordPress, ID:14681)

Synology, WordPress
[Synology] NASの証明書の期限がきれたので更新したのに、前の証明書の内容が残って証明できなかった件 – ID1947

証明書 httpsのページとして公開可能にするには、証明書が必要です。 今日で証明書期限がきれるので、Let’s Encriptionの更新をマニュアルで実施した。更新した証明書の期限は、3ヶ月後の日付に更新されていたが […]

CSS, WordPress
[WordPress] テーマ・カスタマイズ – Twenty Seventyテーマの2カラム表示の幅の拡大 – ID1775 [2019/09/03]

目次1 はじめに2 Twenty Seventyテーマの2カラム化2.0.1 設定方法 はじめに WordPressでblogを始めた頃は、先人の投稿を参考にしテーマを「Twenty Seventy」にしていました。20 […]

WordPress
[Synology] WordPress/robots.txtの設定が不良で新版Google Search Consoleで”ブロックされている”と表示される件 – ID1474

目次1 robots.txtの問題2 自前でrobots.txtを用意2.1 アクセス権が正しい「robots.txt」雛形ファイルを作る2.2 robots.txtを配置する2.3 Googleにクロールさせる2.4 […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
CSS, WordPress
ブログの表示スタイルを2カラムに変更 – ID4008 [2019/08/23]

プログ記事を2列の枠付きカラム表示に設定した。@446rさんのコードをいただきました。 @446rさんのBlogに飛び コードコピー 外観->カスタマイズ->追加CSSにペースト

plugin, Synology, WordPress
[WordPress] Cool Timeline Pro プラグイン (有料版)の導入 – ID2195 [2019/08/07]

目次1 Cool Timeline Pro1.1 利用中止 Cool Timeline Pro 有料版のCool Timelineプラグインです。現在利用を中止しています(2020/10/04) 時系列でスタイリッシュに […]

Page: 1 19 20 21 22
スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23410

最新記事(Synology, ID:14676)

Synology, WordPress
[Synology] NAS DS918+のcacheとして挿していた2枚のWestern Digital (WD)製SSDの内、1枚が不調になったので交換 – ID14517

目次1 Synology NASのSSDの不調1.1 概要2 交換方法3 後始末3.1 事前の問合せ3.2 実手続4 まとめ5 編集履歴 Synology NASのSSDの不調 概要 年末に1枚購入してcacheを構築し […]

plugin, Synology, WordPress
[WordPress] 自宅NASに設置のWordPressのプラグイン更新を出先から行う場合に、毎回出てくるパスワード入力を省略する設定 – ID89

出先から自宅NASのWordPressのプラグインを更新する 自宅に設置したDS918+にWordPressを立ち上げています。既にWordPressにログインしていても、WordPressのプラグイン更新には,デフォル […]

Synology, WordPress
[Synology] 自宅にNASを設置しWordPressを構築 – blogサイトを立ち上げる – 動機編 – ID212 [2020/09/24]※

目次1 自宅にサーバー、そしてWordPressを構築する1.1 Synology NASの導入の最初の理由1.2 世の中は進んでいた1.3 レンタルサーバーの選択肢はなかった2 NASサーバーを構築する2.1 Syno […]

Raid, Synology, WordPress
[Synology] DS918+ 初期導入時にはbasic HDD、その後、メモリ増設・SSDキャッシュ増設・HDD追加でRAID 5によりフルスペック化 — さてどうなったか – ID33 [2020/09/19]※

目次1 概要1.1 DS918+の仕様1.2 後継機、DS920+1.2.1 DS920+を導入しました1.3 初期の構築方法1.3.1 最小構成1.3.2 性能評価1.4 その後の更新方法1.4.1 SSD Cache […]

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
Page: 1 19 20
スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID23410

その他記事(ALL-RANDOM, ID:16786)

plugin, Synology, WordPress
[WordPress] Kadence Blocks – Gutenberg Page Boulder Toolkit プラグイン – ID10819

編集履歴 2020/02/26 Mr.HARIKIRI

スポンサーリンク
by Google Ads ID19417
plugin, Synology, WordPress
[WordPress] Flex Posts – Widget and Gutenberg Block プラグイン – Gutenberg エディター対応 – ID8804

目次1 はじめに2 評価項目3 結果4 結論 はじめに 僕は、WordPress歴が1年とNewcomerなので、余りしがらみも無く新しいエディタ Gutenbergを使用しています。 Synology NAS Word […]

Synology
[Synology – Plex] Plex Serverに繋がらなくなったときの対処法 – ID24032 [2020/10/04]

目次1 はじめに2 課題3 対処方法4 Plexの管理画面でできること5 まとめ はじめに Plexは、自宅のサーバーにあるメディア(音楽、動画)をインターネット経由でもストリーム配信できるメディア・サーバーです。 DS […]

AAV, BIOLOGICS, education, gene-therapy
[Bio-Edu] Plasmid – バイオロジクスには欠かせないトラディショナルな遺伝子組換え技術、そして rAAVを作るまで! – ID12915 [2020/08/05]※

目次1 はじめに2 まずは、遺伝子組換え技術2.1 大腸菌とPlasmid2.2 制限酵素2.3 DNAリガーゼ (ligase)3 大腸菌にタンパク質を作らせる4 Competent Cell4.1 製品4.1.1 X […]

PURIFICATION
蛋白質の精製装置とその精製 – ID1531

目次1 蛋白質精製装置の歴史2 蛋白質の精製方法2.1 精製装置の原理2.2 担体の選択2.3 担体の種類3 蛋白質精製装置で目的蛋白質を精製する 蛋白質精製装置の歴史 もう40年も前から蛋白質の精製装置は開発されている […]

Page: 1 19 20 21 141
スポンサーリンク

スポンサーリンク
by Google Ads ID:11143(2)

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block