カテゴリー
automation Gear

[Gear] スマートホーム – 「SwitchBot」を導入 -家電の消し忘れ、エアコンを手動ではなく温度条件による強制ONなどは、QOLを高める – ID21348 [2020/09/11]

睡眠時のエアコンのタイマー設定によるエアコンOFFが、最悪、熱中症のリスクにつながる。今回、のSwitchbotの導入により、室温が高くなったらエアコンを強制的にONにする条件設定が可能です。これは万全ではないものの、安全対策の1つとして機能することになり、熱中症の罹患リスクを少なくすることも可能です。

睡眠時のエアコンのタイマー設定によるエアコンOFFが、最悪、熱中症のリスクにつながる。今回、のSwitchbotの導入により、室温が高くなったらエアコンを強制的にONにする条件設定が可能です。これは万全ではないものの、安全対策の1つとして機能することになり、熱中症の罹患リスクを少なくすることも可能です。