カテゴリー
BIOLOGICS Lab

[Lab-Equip] SDS-PAGE電気泳動システム – ID9509 [2020/02/16]

[Lab-Equip] SDS-PAGE電気泳動システム – ID9509 [2020/02/16]

スポンサーリンク: ID6183593457

SDS-PAGEシステム

硫酸ドデシルナトリウムを添加したポリアクリルアミド・ゲル・電気泳動は、タンパク質の純度を分析する最も一般的な方法です。40年前では、自作のゲルを1日かがりで作り、翌日に、さんプルをゲルに載せて、電圧を付加して泳動し、その夕方から染色を一晩し、翌日から脱色するという工程を行なっていました。パイオの世界では、これらの作業もプレキャスト・ゲル(既製品)が登場することで、研究活動の姿は、一変しました。当時の電気泳動槽は、現在の10cm四方のプレキャスト・ゲルよりも2倍よりももっと大きなものもあって、ガラス製で価格も40~50万円と高価でした。

電気泳動を行うには、直流のパワーサプライも必要です。

タンパク質ゲル電気泳動槽システム, ThermoFisher

https://www.thermofisher.com/jp/ja/home/life-science/protein-biology/protein-gel-electrophoresis/protein-gel-electrophoresis-chamber-systems.html

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

Lab-Equip

[Bio-Lab] HORIBA pH Meter – ID9527 [2020/02/16]
[Bio-Lab] Pipette – ID9523 [2020/02/16]
[Bio-Lab] NanoDrop – タンパク質濃度の測定 – ID9517 [2020/02/16]
[Bio-Lab] Empty Column, PD-10 – ID8584

SDS-PAGE

電気泳動

スポンサーリンク ID 7130582967

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block