カテゴリー
BIOLOGICS education protein

[Protein] 免疫グロブリン – IgMは感染初期から作られ、その後、IgGにバトンタッチ! – ID18203

免疫グロブリンの種類と役割 免疫グロブリンは、自然免疫の代表格ですが、その種類は5つあり、それぞれ役割があります(図1)。 ひと昔前では、測定技術低さ・検出感度の低さの問題から、IgMの増加タイミングは、1~2週間後から […]

カテゴリー
BIOLOGICS

[Bio-Edu] 免疫グロブリンG; IgG – ID8697

免疫グロブリンには、複数のタイプが存在する。微生物やウイルス感染の初期2周後に生体内では、IgMという免疫ブロプリンが産生され、初期免疫が開始される。IgMは、IgGの基本構造を1単位とすると5単位で構成されている。分子 […]

カテゴリー
BIOLOGICS education purification

[Bio-Edu] IgGの精製はProtein Aに対する親和性を利用する -ID7074

IgGの精製 IgGという蛋白質は、Protein Aという蛋白質に対して強い結合親和性を持っている。この原理を利用してIgGを特異的に吸着させて集めることを専門用語でキャプチャリングという。 ヒトの皮膚などに常在してい […]

カテゴリー
BIOLOGICS key-word

[用語] IgG; Immunoglobuin G – ID18714

IgG 免疫グロブリンG; Immunoglobulin G分子量 : 約150kDa 編集履歴 2020/07/10 Mr.HARIKIRI