[用語] IgG; Immunoglobuin G – ID18714

IgG

免疫グロブリンG; Immunoglobulin G。歴史上の血清の研究において、アセテート膜電気泳動で得られる泳動位置が、血清アルブミン、α1、α2、β、およびγと便宜上付けられて分析されていた頃、そのγの位置に来るのがIgG(IgA, IgMも含む)であった。

pH8.6では、100種類以上ある血漿由来タンパク質の全ては、マイナスに荷電する。これを利用して、プラス電極側にタンパク質を引っ張るのがアセテート膜電気泳動です。

泳動後の膜は、染色液でタンパク染色して得られる染色パターンを確認します。疾患によってはそのパータンが正常の血漿のパターンと異なります。


分子量 : 約150kDa

蛋白分解の検査と臨床的意義 (H22)

https://www.city.hiroshima.med.or.jp/hma/center-tayori/201001/center201001-10.pdf

スポンサーリンク(広告1): ID6183593457

編集履歴

2020/07/10 Mr.HARIKIRI

投稿日

カテゴリー:

,

投稿者:

タグ: