カテゴリー
AAV BIOLOGICS equipment-chromato purification resin thermo

[Bio-Equip] Thermo Fisher 「CaptureSelect」 – AAV1~AAXをキャプチャリングできるAffinity resin – [2019/09/21]

[Bio-Equip] Thermo Fisher 「CaptureSelect」 – AAV1~AAXをキャプチャリングできるAffinity resin – [2019/09/21]

ID2320

スポンサーリンク: ID6183593457

CaptureSelect

CaptureSelectは、複数種類のアデノ随伴ウイルス(AAV)に対応するアフィニティ精製用の樹脂(resin)です。

抗体医薬での精製方法がプラットフォーム化されているように、遺伝子治療薬のデリバリーシステムであるAAVの精製に欠かせない担体です。

CaptureSelectは、抗体医薬のキャプチャリングとして使用するProtein Aレジンに相当するステップに使用します。

動画による説明 : CaptureSelect

ラクダ抗体を利用したAffinity Resin技術

Binding Capacity: >10e13~10e14

ウイルスベクター精製用 POROS CaptureSelect 樹脂および試薬 , より

再生処理

スポンサーリンク
by Rakuten ID:15895

吸着・溶出してAAVを精製した後は、レジンの再生処理が必要です。十分な洗浄を行って、再利用することで実製造でのコスト低減が可能でなければなりません。0.5M NaOHなどのアルカリ再生処理が可能であることに越したことはありませんが、リガンドがタンパク質なのでアルカリ洗浄には対応していないようです。3M GuHClでの再生処理が可能であるので、取り敢えずは合格というところでしょうか。本当はアルカリ耐性が欲しいところですが。

  • Resistance: 4M Ures, 3M GuHCl

スポンサーリンク: ID4219953367

文献

1) データシート

Enabling technologies for efficient downstream processing of biosimilars, vaccines and gene therapy vectors:

https://www.thermofisher.com/content/dam/LifeTech/latin-america/promotions/pdf/bioproducao/12-Shelly-Parra-Efficient-downstream-processing-of-biosimilars-vaccines.pdf

編集履歴

2019/09/21, Mr.Harikiri
2021/11/02,追記(解説、再生処理)

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

rAAV-production

[Bio-Edu] Surfactant – PF-68, PS80 の添加は常識 – 凝集の抑制 – ID12904 [2021/06/19]
[rAAV] rAAVのUSP/DSP – 製造方法 – emptyとfullの比重, 2015 – SM-ID2585 [2019/10/05]
[rAAV-Edu] rAAV9の精製方法 – 特許, 2017 – ID2566 [2019/10/05]
[rAAV-Edu] rAAV9の精製方法 – 特許,2018 – △ID2559 [2019/10/05]
[rAAV] rAAVの精製方法 – 澄明ろ過及び膜製品による精製 – ID2532 [2019/11/05]

ラクダ抗体

[Bio-Edu] ラクダが持っている抗体は、一般的なIgGとは異なる構造の重鎖抗体 – ID2300 [2019/09/21]
[rAAV-Edu] POROS CaptureSelect (AAV精製 resin) の性能とAEXによるfull/emptyの分離 – ID2271 [2019/09/18]
スポンサーリンク ID 7130582967

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block