カテゴリー
business KNOWLEDGE

[Business] フレームワーク: 「戦略」とは – 存在意義→方針→戦略→戦術、と具体かしていく – ID21235 [2020/08/13]

[Business] フレームワーク: 「戦略」とは – 存在意義→方針→戦略→戦術、と具体かしていく – ID21235 [2020/08/13]

スポンサーリンク: ID6183593457

戦略

戦略とは、古来の戦争における戦い方を意味しており、著名な賢者が研究を重ねてきました。目的(ビジョン)達成のための手段です。

戦略を具体化したものが、戦略です。戦略は、方針が立てられてから練られます。方針の上にも、その存在意義を明確に示すような、考え抜かれた概念を持つこともあります。それは、存在意義といえばいいかも知れません。企業では、その企業の存在意義、個人であれば、その個人の存在意義です。自ら考えることが大事です。

戦略のポジション

  • 存在意義 → 方針 → 戦略 → 戦術
  • 存在意義 : 上位概念なので、抽象的で幅広く表現する。「お客様のために~を提供する」
  • 方針 : 少し具体化する
  • 戦略 : これを作成するには、沢山の先人たちのフレームワークがあります。
  • 戦術 : 戦略を具体化

戦略を作る・策定する目的は何か。

  • 戦うべき相手を知り、環境と自力を踏まえて、戦い方を塾考し作成した成果物を、「戦略」と定義できる
  • 自力とは、自分自身の能力、会社の組織形態/能力、である

戦略を策定するために、古今東西でいろいろなフレームワークが考案されています。戦略を策定するとは、温故知新が必要です。

  • 孫氏の兵法
    • 敵を知り己を知れば百戦危うべからず
  • クラウゼビッツの戦略論
    • 一点突破

ビジネスへの応用

スポンサーリンク
by Rakuten ID:15895

もともと戦略は、古今東西の戦争論です。ビジネスへの応用では、著名な学者が基本理論を考案してきました。

  • アンゾフ
  • チャンドラー
  • P.F. ドラッカー
  • コトラー
  • M. ポーター

スポンサーリンク: ID4219953367

フレームワーク

SWOT

基本的なフロームワークとして、環境、自分の2軸で考案された、SWOT分析が有名です。横軸に強みS、弱みWを、縦軸に機械O、脅威Tを配置して4象限で描画します。

  • 強み (Strengths)
  • 弱み (Weaknesses)
  • 機会 (Opportunities)
  • 脅威 (Threats)

分析の仕方は、各交点の戦い方を塾考していきます。

例えば、

  1. 交点(S/O)では、強みを機会に活かす
  2. 交点(S/T)では、強みを脅威に対応させる
  3. 交点(W/O)では、弱みを補強・克服して機会に適応する
  4. 交点(W/T)では、弱みの克服はしない

ファイブフォース分析

現状の環境分析として、(1) 自社・競合を含めた「競争環境」、そこに、同製品・同サービスに関わる (2)売り手(製造メーカー、サプライヤー、卸)、(3)買い手(直接の顧客、自己がメーカーの場合では卸やB2Cの直接的な顧客)、また、同製品・同サービスが現存するもので代替される場合の(4)代替品(技術革新によって思いもしない新製品も含む)、最後に現状の競争環境に現れる企業を(5)新規参入として、「競争環境」を現状分析及び未来分析する。

図的には、(1)競争環境を中心に、周りの環境としての(2)から(5)が関わっている図となる。

  1. 競争環境(現状)
  2. 売り手(現状)
  3. 買い手(現状)
  4. 代替品(現存・未来)
  5. 新規参入(未来)

競争優位の戦略

M. ポーターの競争優位とは、1つの軸には、(1)コスト、(2)差別化が基本である。もう1つの軸には、集中について、する/しないで戦略を区別する。

コストリーダーシップ

コスト低減化の戦略を、特にコストリーダーシップという。いかなる組み合わせでも良いが、基本的には、組み合わせが増えるほど、そのオペレーションは増大し戦略の意味が薄れてくる。戦略とは、何かを捨てることにあるからである。

差別化

コスト以外の差別化をいう。サービス、品質、機能、技術力、などについて、どれを前面に出すかである。

集中

集中とは、自己視点ではない、顧客への差別化と言える。目的の顧客を顧客層に絞り、中高年をターゲットにしたり、地理的なロケーションを絞ったりして、自己の領域を定め集中する。

まとめ

戦略の策定について、至って表面的な分析手法を紹介した。その心を知るには、更に深堀りの戦略策定を行う事も必要である。

それは、戦術よりの分析も必要となるという事である。具体的には、組織構造や、組織と戦略との関わりとしての組織が先か戦略が先かの議論も必要になる(チャンドラー, 組織は戦略に従う、アンゾフ, 戦略は組織に従う)。7S分析、QCD, 商業的な分析では、AIDMA分析などの人間の情緒も扱うフレームワークなど、他種、多様のフレームワークがあり、分析をプラットフォームして進めることも必要になってくる。

編集履歴
2020/08/13 Mr.HARIKIRI

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

AIDMA

five force

strategy

[Business] フレームワーク: ビジョンから戦術まで – ID21207 [2020/08/12]

SWOT

[Business] フレームワーク – 現状分析 – 課題解決は現状分析から始めてギャップ分析にり課題設定、アクションプランへ – ID3101 [2022/03/13]

フレームワーク

[Business] フレームワーク: 「5S」とは – 綺麗な状態を突き詰める – ID21395 [2020/08/17]
[Business] フレームワーク: ビジョンから戦術まで – ID21207 [2020/08/12]
スポンサーリンク ID 7130582967

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block