カテゴリー
Gear

[Gear-Soft] Flexcil – iOSアプリ – 学生における勉強、仕事での資料のまとに活躍するPDFファイルを素材とした学習ツール – ID1377 [2020/08/02]※

本編 >

[Gear-Soft] Flexcil – iOSアプリ – 学生における勉強、仕事での資料のまとに活躍するPDFファイルを素材とした学習ツール – ID1377 [2020/08/02]※
スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23410

Flexcil

PDFファイルを素材にしてラインマーカーやフリーハンドで追記すると共に、学習帳にも同様に記載することができ、更に、PDFと学習帳が連携しているという、非常に効率的な作業が可能なiPad用のアプリです。

Flexcilの機能概要

PDFファイルへのラインマーカー付け、ある領域の文章をPencilで切り取って”学習帳”へ貼り付けたりして、学習帳を作っていく一連の学習をサポートしてくれます。

学習帳では、アプリ内に保管したPDFとのリンクを作リます。結果的に、Flexcilに保管した複数のPDFと学習帳は、シームレスに相互参照できるようになります。これが、Flexcilの最重要機能です。

  • PDFとスタディノートのシームレスな編集
    • PDF内の検索はできるが、スタディノート内の検索はできない
    • ラインマーカー
    • ペン
    • テキスト入力
    • PDFファイルからスタディノートに貼り付けた領域は、それぞれから相互リンクされているので、それぞれからジャンプ可能
    • 写真の貼り付け
    • 定規及び三角定規による直線及び連続直線の描画
    • フリーハンド描画
    • 消しゴム

annotationアプリ

[今は昔] iPadのPDFにannotationするアプリは、色々と使ってみましたが、iPadはPCと違って、やはり処理能力は劣っています。

それを前提にすると、直接PDFをいじるAdobeのAcrobatのように処理するのは、iPadでは役不足でした。

  • [今は昔] iAnnotate: 好きなアプリでしたが、開発者は、アプリの機能について迷走した挙句に、上記の理由で数年前の一時期チープな機能に落ち着いてしまいました。iPad Proも無かった当時では、志(こころざし)は、高かったものと称賛します。現在のバージョンでは、機能も性能も安定しています。
スポンサーリンク
  • ABS使用可 造形サイズ175×175×175mm オープンフィラメント可 オートキャリブレーション機能付き レーザー刻印機能拡張可 金属系PLA拡張可 3FJSPXJP00G - ダビンチ Jr.Pro X+ XYZプリンティングジャパン by AMAZON ID21509
  • XYZプリンティング3Dプリンター|ダヴィンチ1.0 pro|オートキャリブレーション機能付|オープンフィラメント可|ABS対応|造形サイズ20×20×20cm|レーザー刻印機能拡張可|積層ピッチ0.02mm~|高性能|3F1AWXJP00F - ダビンチ 1.0 Pro - XYZプリンティングジャパン by AMAZON ID21511
  • 3Dプリンター ダヴィンチ Jr. 1.0(造形サイズ15×15×15cm) - 環境に優しい土に返るPLAフィラメント - ダビンチ Jr. 1.0 XYZプリンティングジャパン by AMAZON ID21513

Flexcilの開発アプローチ

Flexcilは、PDFの機能を直接いじるアプローチではなく、ノートを取るというアプローチを採用することで、快適な操作性を提供してくれます。

Flexcilの機能詳細

以下は、PDFファイルとノートの連携の仕方です。

  1. PDFファイルのある領域のテキストを枠で囲って、それをノートに貼り付ける。貼り付けられたノートのその領域をPencilでセレクトすると、元のPDFファイルのその場所に飛ぶ
  2. PDFファイルのあるテキストや図などある領域をラベルして注釈に保存、注釈をタップすれば、PDFファイルのページにジャンプ
  3. PDFファイルのあるテキストや図などある領域をノートに転記、その転記位置から印をタップすればPDFファイルのページにジャンプ
  4. 複数のPDFファイルを一つのノートにまとめることができる。当然、ノートからのジャンプはそれぞれのPDFに可能。
  5. etc.

バックアップ

新しくiPadを購入した場合に、旧iPadに保存してあるFlexcilのデータをバックアップします。

  • 旧iPadで操作する
  • 設定 → バックアップ&リストア → バックアップ → (全てのファイルの前処理) → 保存先指定(icloudなど) → (保存) -> 完了

リストア

FlexcilのデータをリストアしたいiPadから以下を操作してデータをリストアします。

  1. iCloud (左タグにある) → 保存先 → 雲マークのバックアップファイルを選択 → Flexcilのシステムに取り込まれる
  2. 設定 → バックアップ&リストア → 元に戻す → 取り込まれたバックアップファイルがリストされる → 所望のバックアップファイルを選択 → 実行する
  3. “PDFs”を開くと、パックアップしたファイルが見られます
  4. “スタディノート”を開くと、作成した学習帳もリストアされています

具体的な操作方法

初期メニューのアイテム

ファイルを開いた直後の初期メニューは、下図のようになっています。

ファイル閲覧

  • WebDAVもサポートしています。
  • マークは、各種設定ができます。

(設定)

  • アプリ設定 : ファイルのエクスポート形式の設定
  • クラウド設定 : Dropbox, Google Drive, OneDriveおよびWebDAVのコネクション設定
  • バックアップとリストア : 前述の項を参照
  • 情報
  • ヘルプ
  • 意見 : メールで意見

最近使用したファイル

ノートマーク

  • ノートマークでノートの表示/非表示
  • 実際のノートの様子

ペンを出す

メニューバーの中央部をタップすると操作パネルが出てくる

ペン・メニューの基本操作

  • ペンアイテム : フリーハンドで描けるペン各種
  • 「+」 : ペンを追加する
  • 「V」: ペンの削除
  • 消しゴム : ペンで書いたものを消す
  • 定規 : 直線を引く(ガイドが現れる)
  • 三角定規 : 直線で多角形を描く

右側のメニューの基本操作

初期メニューの状態

  • 検索 : PDFファイル文書内の検索を行う
  • 表示の設定 : 操作中の表示の設定画面を表示する (下図、中央)
  • すべてのヒント : Flexcilの操作に関するヘルプ画面を表示する(下図、左)。閲覧状況をパーセントで表示されている
  • ページ : PDFファイルの各ページのサムネイルを表示する(下図、右)

ノートを取る基本操作の概要

  • PDFファイルをFlexcilにダウンロードする
  • PDFファイルを開きある場所にラベル付けて、注釈にリスト化する
  • 同様にしてPDFファイルのある場所をノートに貼り付ける

ノートを取る操作の例示

まずは、PDFファイルを開く

スポンサーリンク
  • by Amazon ID13211
  • by Amaozn ID13196
  • by Amazon ID13339
  • by Amazon ID19245

学習するときの基本操作の概要

  • ノートからは、ノートした内容を学習しつつ、不明な点がでてきたら、そのラベルをタップしてPDFファイルを開く。
  • 注釈からは、PDFの目次から必要な箇所を探すことができる。ノートにとっている場合、注釈をタップしてPDFファイルを開いたり、ノートを開いたりして、内容を確認できる。もう一度タップすれば、ノートをとっている場合、ノートのページを表示できる。
  • PDFファイルからは、ラベルした印をタップすると、ノートに貼り付けている場合、そのノートのページが現れる。とったノートの内容を確認できる。
編集履歴
2019/08/19 はりきり(Mr)
2019/12/25 追記(具体的なノートの取り方)
2019/12/29 追記(機能について)
2020/03/07 追記(iAnnotateについて、現在のVersionで図を増やして解説)
2020/08/02 追加 (機能概要動画)
2020/09/03 文言整備

ここまで

< 本編はここまで。

スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23410

Update ID21920

english
今日の英語 – Head-to-Head – 直接という意味 [2020/09/24]

Head-to-Head 「直接」という意味Head-to-Head Comparison of the IgG1 and IgG4 SubclassIgG1とIgG4のサブクラスを直接比較

plugin, Synology, WordPress
[WordPress] WP-Optimizer プラグイン – ID10746 [2020/09/24]

残骸を削除 プラグインを色々と試している内に、プラグインが作るデータベースが消えずに残っていることがあります。そのような場合は、このWP-Optimizeプラグインが役に立ちます。 下図のように、データベースには、テーブ […]

AAV, BIOLOGICS, company, COMPANY-FAVOR, oxgene
気になる企業 – Ultragenyx – ID23062 [2020/09/17]

Ultragenyx Pharmaceutical Headquarter : 60 Leveroni Court Novato, CA 94949, United States ホームページ 2020/01, 同社が保 […]

plugin, Synology, WordPress
[WordPress] Contact Form 7 – 「お問い合わせ」フォーム・プラグイン – ID14858

目次1 問い合わせフォームをインストールする2 Contact Form 73 flamingo4 参考4.0.1 参考15 今後 問い合わせフォームをインストールする reCAPTCHA V3に対応する「お問い合わせフ […]

Synology, WordPress
[WordPress] WordPressのコード修正に必要なWindows用エディター「EmEditor」とWindows/robocopy.exeによるバックアップ – ID719

目次1 WordPressの内部を知るためにはエディターは重要2 EmEditorをWindows10にインストールする2.1 マイクロソフト・ストアー3 WordPressのバックアップ3.1 バックアップの方法3.1 […]

BIOLOGICS, material, purification, resin
[Bio-Material] ポリッシング用精製担体 – CHT (セラミック・ハイドロキシアパタイト)とは、BIO-RAD – ID9865

目次1 CHTについて2 結晶ハイドロキシアパタイト3 CHT製品3.0.1 製品タイプ別3.0.2 仕様書3.0.3 セラミックヒドロキシアパタイトの特徴 CHTについて BIO-RAD製品 通常は、針状結晶で脆い結晶 […]

スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23410

最新記事(ギア, ID:14750)

スポンサーリンク
  • by Google Ads ID23293
  • by Google Ads ID:11145
  • by Google Ads ID23410

その他記事(ALL-RANDOM, ID:16786)

BIOLOGICS, education, material, purification
[Bio-Material] バイオロジクス・3Mの清澄ろ過膜 – ID9266

https://www.3mcompany.jp/3M/ja_JP/company-jp/all-3m-products/~/3M-Zeta-Plus-吸着デプスフィルターディスク-SPシリーズ/?N=5002385+8 […]

plugin, Synology, WordPress
[WordPress] 自宅NASに設置のWordPressのプラグイン更新を出先から行う場合に、毎回出てくるパスワード入力を省略する設定 – ID89

出先から自宅NASのWordPressのプラグインを更新する 自宅に設置したDS918+にWordPressを立ち上げています。既にWordPressにログインしていても、WordPressのプラグイン更新には,デフォル […]

plugin, Synology, WordPress
[WordPress] 「AMP」まとめ – ID22520 [2020/09/13]

AMPの記事まとめ AMPページに対応すべく奮闘しています。当サイトで記事にしたAMP関連と情報リンクをまとめました。 AMP: a well-lit path to optimizing for Google’s pa […]

BIOLOGICS, COMPANY-FAVOR, culture, Danaher, equipment-filtration
気になる企業 Pall – ろ過膜の総合メーカー – ID21324

目次1 Pall1.1 会社情報2 Pall 関連記事2.1 Depth filter2.2 Virus Reduction Filtration2.3 Tangential Flow Filtration2.4 TFF […]

LIFE
[Life] VMAXというバイク、昔乗っていた当時は、1200cc、今は1700cc (写真by Goo) – ID3103 [2020/08/10]※

目次1 VMAX2 映画やアニメに VMAX VMAXはYAMAHAのバイクだ。僕が乗っていたのは、1990年代で1200cc, 145馬力でした。当時、10秒代と凄いマシンだった。04とは、用意ドンで400mを何秒で走 […]

Page: 1 5 6 7 135
スポンサーリンク
by Google Ads ID:11143(2)

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block