カテゴリー
english

今日の英語 – it could be costly コストがかかる可能性がある – will, can, shall, may もまとめて – ID20628 [2020/12/29]

今日の英語 – it could be costly コストがかかる可能性がある – will, can, shall, may もまとめて – ID20628 [2020/12/29]

スポンサーリンク: ID6183593457

could; 可能性がある

スポンサーリンク
  • 究極の英語リスニングVol.1 SVL1000語レベルで1万語 (アルク) by Amazon - ID 20637
  • キクタン【中学英単語】高校入試レベル【旧版】例文+チャンツ音声(アルク/オーディオブック版) by Amazon - ID20639
  • 基本の78パターンで 英会話フレーズ800 by Amazon - ID20640
  • ネイティブがよく使う! 英会話 瞬間返しフレーズ100 Audible Studios by Amazon - ID20643
  • 留学しないで「英語の頭」をつくる方法 KADOKAWA by Amazon - ID20645
  • キクタン ビジネス【Basic】例文音声 (アルク/ビジネス英語/オーディオブック版) ALC by Amazon - ID20645
「could」は「can」より控え目な表現になります。「will, can, shall, may」がそれぞれが「過去形」になると「would, could, should, might」、それぞれの持つ意味はそのままに、「控え目な表現, 他人に対して話す時などに使う表現」になるとイメージしておけば良いです。難しい仮定法などは実用的でないです。単純に実用面として、控え目に言いたい時が、過去形を使うシチュエーションです。

I will : します、I would : したいと思います
I can : できます、I could : できると思います
I shall : (willより強いニュアンス)
I may : するかもしれない、I might : するかもしれない、かも。

it could be costly.
コストがかかる可能性がある

could : 同様の助動詞は、過去形になると弱い言い回しの意味となるため、 可能性がある、のような表現になる

The error could be costly.
そのエラーは、コストがかかる可能性がある

「can」が「could」になり控え目な表現となった場合、「可能性がある」となりますが、「may」もかもしれない、可能性があるという意味なので、よく似ています。ただ、canは「できる」であり、mayは「かもしれない」なので、コアイメージは、canの方が、mayより可能性が高いのです。

英語の契約書などに、willやshallを使う場合に参考となります。- LEGAL MALL BIZ –

https://business.best-legal.jp/1436/

編集履歴

スポンサーリンク
by Rakuten ID:15895

2020/07/29 Mr. Harikiri
2020/12/29 「will, can, shall, may」の過去形は、仮定法などと意識せず、控え目な表現になるとイメージする

用語の解説、関連タグ付き投稿の抽出

スポンサーリンク ID 7130582967

- 以下のツールに敬意を示します -
Support to AMP (Accelerated Mobile Pages) by official AMP plugin for WordPress, and compatible powered by
Post viewing : Flex Posts - Widget and Gutenberg Block