URF

5′ UTR:Five prime untranslated region)と呼ばれ、その5′ 端は成熟mRNA ではキャップ構造の付加が起こる。一方下流の非翻訳領域は3′ 非翻訳領域(3′ UTR:Three prime untranslated region)と呼ばれ、その3′ 端は成熟mRNA ではポリアデニル化によりpoly(A) 鎖の付加が起こる。これらキャップ構造やpoly(A) 鎖の付加はmRNA の安定性を高め、キャップ構造はリボゾームを呼び込む働きを持っている。

URF

5′ UTR:Five prime untranslated region)と呼ばれ、その5′ 端は成熟mRNA ではキャップ構造の付加が起こる。一方下流の非翻訳領域は3′ 非翻訳領域(3′ UTR:Three prime untranslated region)と呼ばれ、その3′ 端は成熟mRNA ではポリアデニル化によりpoly(A) 鎖の付加が起こる。これらキャップ構造やpoly(A) 鎖の付加はmRNA の安定性を高め、キャップ構造はリボゾームを呼び込む働きを持っている。