カテゴリー
KNOWLEDGE patent

[特許] FTO調査 – 自らの技術が特許侵害していないか – ID15640 [2021/05/07]

FTO調査とは FTO (Freedom to Operate) 調査とは、侵害リスクを予測するために実施する、自らに関わる特許に関連した技術調査です。 特許要件は、新規性、進歩性、産業上の利用可能性、先願、及び 公序良 […]

カテゴリー
BIOLOGICS KNOWLEDGE patent vaccine

[特許関連/記事紹介] 新型コロナウイルスに関する特許の概説記事から – ID15052 [2020/05/02]

記事へのリンクのみ 新型コロナウイルスの特許について、現状を踏まえて概説している記事です。特許の学習として実務的に参考になります。 SARS-CoV-2 Coronavirus and patents20 · 02 · […]

カテゴリー
KNOWLEDGE patent

[特許] クレーム内容を理解するために文献レビュー —「対象発明の理解を通じたクレーム作成方法の提案、そしてその応用」、パテント (2013),Vol.66, No.13 – / Udemyのオンライン・ビデオ講座 で完結する – ID13101[2020/11/29]

執筆者が開発した特許の請求項を構造化するメソッドにより、請求項は、「要素」、「続税、および「関係」の3つに分類され、それを簡潔にまとめるメソッド。まとめた各要素の説明文を、ほとんどそのまま使用することで、請求項を書き上げていくメソッド。特許の明細書を作成或いは読む初学者には、大きな第一歩になる、是非、このメソッドを知ってほしい。

執筆者が開発した特許の請求項を構造化するメソッドにより、請求項は、「要素」、「続税、および「関係」の3つに分類され、それを簡潔にまとめるメソッド。まとめた各要素の説明文を、ほとんどそのまま使用することで、請求項を書き上げていくメソッド。特許の明細書を作成或いは読む初学者には、大きな第一歩になる、是非、このメソッドを知ってほしい。

カテゴリー
KNOWLEDGE patent

[Patent] アメリカの特許法は2011年からやっと先発明主義から先願主義になった – ID7979 [2020/01/25]

先発明主義 世界の特許制度は、先願主義であったがアメリカは2011年まで先発明主義であり、かつ、公表制度がなかったため、「ステルス特許」と呼ばれる特許が問題になっていた。 米国の特許制度 – ウィキペディアよ […]

カテゴリー
IT KNOWLEDGE patent

KH CODER – テキストマイニング – 特許文献の内容を短時間で理解するために使う – ID4553 [2020/12/05]

テキストマイニング テキストマイニングをご存知だろうか? ある長文の文書について、出現する単語の種類・出現頻度・単語同士の関連度・などを統計的に解析して、どのよとうな文書であるのか知る手法である。KH CODERという現 […]

カテゴリー
KNOWLEDGE patent

[Data Link] 特許調査 – ID2577 [2019/10/05]

特許出願制度の概要についての解説 出願制度の概要(特許庁、H30) PCT国際出願の流れ(フロー) 分かりやすいフローが示されています。 PTC国際特許の権利発生までのフロー http://www.yakupat.jp/ […]