カテゴリー
HEALTH kidney

[健康] 血中クレアチニン(Cr)濃度とeGFR /関連表の理解と腎機能の閾値 – クレアチニンを下げれるかも(只今実験中) – eGFRはCr/年齢/性別で計算 – ID27337 [2021/06/27]

はじめに 高尿酸血症は痛風につながります。痛風を持っていると腎臓の機能にも影響すると言われて久しくなります。エビデンスも出ています。痛風によっておこる腎臓の障害を「痛風腎」と言います。僕は若い頃から、血中の尿酸値が高く、 […]

カテゴリー
HEALTH kidney

[健康] 高尿酸血症の痛風リスクと食事 (血液中の尿酸値と寿命, 2015-より) – ID17187 [2020/06/07]

尿酸値 兵庫県保健医協会のホームページから、血液中の尿酸値と寿命について言及されていたのでその内容1)をまとめた。 血液中の尿酸とは、遺伝子の材料であるプリン塩基の最終産物、すなわち老廃物である 尿酸自体は、活性酸素を抑 […]

カテゴリー
HEALTH kidney

[Data Link] フェブリク投与ガイド – ID8187 [2020/01/30]

製品情報 https://medical.teijin-pharma.co.jp/iyaku/product/fe/fet/index.html がん化学療法に伴う高尿酸血症 フェブリク錠投与ガイド(RMPに基づく適正使 […]

カテゴリー
HEALTH kidney

[健康] フェブリクはいい薬だが、生活面の改善を組み入れると更に良い — コーヒーを飲むことで利尿作用を高め「尿酸」の排泄が高められる – ID7273 [2020/01/16]

はじめに 尿酸の値が高いと、腎機能にも影響する。できるだけ適正値にすることで、腎機能への影響がないようにすることが重要です。フェブリクを投薬することで、尿酸を低く抑えることができますが、利尿剤などによる尿酸の排泄にも気を […]

カテゴリー
HEALTH kidney

[健康] タンパク質を摂取して、最終産物である「尿素」ができるまで – ID7105 [2020/01/13]

尿素は、余分なタンパク質の最後の姿 摂取したタンパク質は、アミノ酸に分解されます。余分なアミノ酸は、最終的に尿素になり、尿として体外に排泄されます。よって、尿素の量は、タンパク質の摂取状態により、変動することになります。 […]

カテゴリー
HEALTH kidney

[健康] フェブリク投薬、そろそろやめたい – 血糖値の管理と同様に尿酸値の管理は、健康管理上避けてはいけない〜服薬患者による自己実験記 – 僕は続ける – ID17195 [2020/08/22]

体質として高尿酸血症予備軍(基準値内で高め)であった私は、年齢を重ねる事で、とうとう基準値を超えて治療対象になった。同時に発症したのは「関節の激痛発作」ではなく「鈍痛」だったため治療薬を飲み始めても半信半疑で服用を続けた結果、血中尿酸値は、これまでより更に正常な正常値になり関節痛もなくなった。しかし、何年も服用していて良いのか? 人生のQOLから考える。

体質として高尿酸血症予備軍(基準値内で高め)であった私は、年齢を重ねる事で、とうとう基準値を超えて治療対象になった。同時に発症したのは「関節の激痛発作」ではなく「鈍痛」だったため治療薬を飲み始めても半信半疑で服用を続けた結果、血中尿酸値は、これまでより更に正常な正常値になり関節痛もなくなった。しかし、何年も服用していて良いのか? 人生のQOLから考える。

カテゴリー
HEALTH kidney

[健康] キサンチン – 体内における代謝 : キサンチン → 尿酸 – ID5111 [2019/12/30]

キサンチン キサンチン(xanthine)は、プリン塩基の一つで、化学的には、酸性条件下、グアニンを亜硝酸で処理すると得られる。コーヒー豆、茶などの食品に含まれる。水に対して難容性である1)。 体内では、ある酵素が、キサ […]

カテゴリー
HEALTH kidney

[健康] 血中の尿酸値の目標値は基準より厳しい「5」は、糸球体濾過率、腎血漿流量、輸入細動脈血管抵抗、糸球体内圧が共に全て良好となりCKDリスク低下を期待できる – ID1944 [2019/09/08]

尿酸値は、高いと腎機能に悪影響することは良く知られているが、低くても良くないことが分かってきている

尿酸値は、高いと腎機能に悪影響することは良く知られているが、低くても良くないことが分かってきている