カテゴリー
AAV BIOLOGICS reference stability

[Bio-rAAV] AAVカプシド蛋白質VP1のpH依存的な構造変化 – エンドソーム脱出につながっているのか – ID8476 [2020/02/02]

VP1の機能 pH酸性(4-6)によりカプシド蛋白質VP1の領域のうち、内部にある部分が表出する、とのこと。 要約 (Goolge翻訳より) 感染に不可欠なカプシドの領域を特定するために、構造解析(X線結晶構造解析と低温 […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS stability

[Bio-AAV] AAVカプシド蛋白質のpH依存的な分解性について-論文紹介 – ID8474

Evidence for pH-Dependent Protease Activity in the Adeno-Associated Virus Capsid (2012) https://www.ncbi.nlm.n […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS education stability

[Bio-Edu] AAV およびrAAV vector について- 長所/短所、立体構造、分子量および血中半減期 及び他ベクターとの比較 – ID2174 [2020/11/05]

はじめに 遺伝子治療用に使用されるウイルスベクターには、AAVの他にLentivirus, Retrovirusがありますが、これらは、物理的な強度がAAVと比較して低いため精製での扱いに注意が必要です。例えば、Lent […]