カテゴリー
BIOLOGICS education

[Bio-Edu] ラクダが持っている抗体は、一般的なIgGとは異なる構造の重鎖抗体 – ID2300

ラクダの重鎖抗体 一般的にラクダ抗体は、通常の抗体IgGとは異なる構造の重鎖抗体と呼ばれる少し分子量が小さい抗体を持っている。 特にラクダ科のアルパカでは抗体の内50%は、この重鎖抗体を占めるという。結合ドメインは一般的 […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS education purification

[rAAV] rAAVベクターの精製方法 – Universal Method for the Purification of Recombinant AAV Vectors of Differing Serotypes (2018) – ID2266

AAVの血清型に依存しないプットフォーム化された精製方法に関する文献 GE HealthcareのAVB SepharoseとPOROSの CaptureSelect AAV8及びAAV9の比較 トリビア: 欧州で開発さ […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS education purification

[Data Link] Purification of rAAV-1 and -9 with ultracentrifugation-free technique towards GMP production.(2013-2015, 科研費研究) – ID2225

Purification of rAAV-1 and -9 with ultracentrifugation-free technique towards GMP production: https://kaken.ni […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS education guidance

[rAAV-Edu] AAVベクターに関する「生物多様性影響評価書」の作成 – ID2177

生物多様性影響評価書 rAAVなどを用いた遺伝子治療による治験を予定している場合、当局申請のための生物多様性影響評価書の作成が必要である 生物多様性影響評価書の記載内容は以下の通りである。 自然界における分布 歴史 特性 […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS education stability

[Bio-Edu] AAV およびrAAV vector について- 長所/短所、立体構造、分子量および血中半減期 及び他ベクターとの比較 – ID2174 [2020/11/05]

はじめに 遺伝子治療用に使用されるウイルスベクターには、AAVの他にLentivirus, Retrovirusがありますが、これらは、物理的な強度がAAVと比較して低いため精製での扱いに注意が必要です。例えば、Lent […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS education

[Data Link] rAAV vector/遺伝子治療薬に関する文献調査 [~2020/08/24] – ID2033

Key Considerations in Gene Therapy Manufacturing for Commercialization, 2018 – Cell Culture DISH (1) Pha […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS education

[Bio-rAAV] アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターを使用する意義(特徴)と製造概要 – ID1862

rAAVベクターの特徴 遺伝子がランダムに導入される理由を掘り下げて調査した。 導入目標: レトロウイルスでは分裂細胞にしか遺伝子導入できないが,AAVでは,分裂,非分裂を問わず導入可能で長期発現が可能 免疫原性: セン […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS education gene-therapy

[Kw] 現在の遺伝子治療の技術は目標半ば – その先の遺伝子治療技術 – ID1108

遺伝子治療 遺伝子導入による治療 正常遺伝子をある細胞に補充 RNA編集による治療 ゲノムから翻訳されたRNA段階での異常遺伝子を正常遺伝子に、そのRNAの寿命の期間一時的に正常にする治療法 ゲノム編集による治療 異常遺 […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS education

[Bio-Edu] rAAV vectorの製造・品質に関するリフレクションペーパー – ID1065

リフレクションペーパー リフレクションペーパーとは、その後成熟してガイドラインとなる。 日本のpmdaは、遺伝子治療用製品についてのリフレクションペーパー(総19ページ)を発行した。 Reference : h […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS education

[Edu] AAVウイルス感染のメカニズム – ID1039

AAVおよびAAVベクターの特徴 AAV(アデノ随伴ウィルス)はパルボウイルス科(Parvoviridae)のデペナドウイルス属(Dependovirus) 直径20nm直径 32個のカプソメアからなる正20面体の粒子構 […]