カテゴリー
BIOLOGICS education purification

[Bio-Edu] 排除体積効果 – タンパク質を精製する時に、知っておきたい知識 – ID2701 [2020/06/25]

はじめに バイオ医薬など高分子を取り扱う場合,排除体積効果について知っておかなければならない.排除体積効果は,タンパク質の塩析の原理に関わる.また,高濃度のバイオ医薬品の処方組成をUF/DFで調整する場合,pH shif […]

カテゴリー
BIOLOGICS education purification

[Bio-Edu] タンパク質の沈殿化法の原理 – ID2669 [2019/10/10]

塩 無機塩は、タンパク質を沈殿させる基本です。 ホフマイスター系列 1888年からのHofmeisterらの色々な塩を使った塩析実験から得られた塩析の強さは、ホフマイスター系列と呼ばれます。塩析効果の高い塩は利尿作用があ […]

カテゴリー
BIOLOGICS education

[Protein] Prothrombin – ID2643

カテゴリー
BIOLOGICS education
[Protein] Prothrombin – ID2643

ヒトプロトロンビン  分子量 72,000 Da 血中濃度 100mg~150mg/dl ドメインこうせい: 2つのKrigleドメインに続きセリンプロテアーゼドメインがつながる。 文献 Prothrombin […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS education production

[rAAV-Edu] rAAV9の精製方法 – 特許,2018 – ID2559 [2019/10/05]

rAAV9 vectorの精製方法 培養液のバッファ組成をTFF処理で調整、硫安(AmSo4)沈殿処理と第4級アンモニウム陰イオン交換クロマトグラフィー(HiPrep Q XL)によるFlow through mode、 […]

カテゴリー
BIOLOGICS education

[Protein] Fibrinogen – ID2549

カテゴリー
BIOLOGICS education
[Protein] Fibrinogen – ID2549

Fibrinogen Fibrinogenは、血液中にある血液凝固因子である。出血時にトロンビンによりある部位に切断を受ける事で、分子同士が絡むことが可能となり、Fibrin線維となる。 立体構造 Fibrinogen […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS education

[rAAV] Parvovirusに属するアデノ随伴ウイルス(AAV)をベクター(rAAV)にして遺伝子治療を行う — rAAVの特徴と臨床 (2003) – ID2516 [2019/10/02]

AAVベクター Adeno associated virus (AAV) ベクター(rAAV : recombinant AAV)作成に関する現在の技術 (2019現在でも)では、Rep/Cap遺伝子と目的の治療用遺伝子 […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS education production

[rAAV] 遺伝子治療薬としての遺伝子組換えAAV(rAAV)の沈殿法による精製のいろいろ – ID2452 [2019/09/27]

はじめに 遺伝子治療薬として、ヒトの細胞に感染させ目的の遺伝子をその細胞に導入するするために、目的遺伝子を封入したAAVベクターという器をきれいに精製する方法の紹介。 PEG沈殿 超遠心機を使用しないPEG 8000を使 […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS education production

[rAAV] PEG沈殿法によるrAAVの精製手順, 2012 – ID2429

rAAV vectorの精製方法 以下のReviewにおけるOptimized purificationの精製方法は、Ultracentrifugationを用いずにAAVを精製している文献である。

カテゴリー
AAV BIOLOGICS education production

[rAAV] rAAVの従来からの精製方法 (PEG沈殿、超遠心), 2010 – ID2417

rAAV vectorの精製方法 Standard purification Optimized purification Transfection Transfection ︎ ︎ Centrifugation&nbs […]

カテゴリー
BIOLOGICS education

[Bio-Edu] ラクダが持っている抗体は、一般的なIgGとは異なる構造の重鎖抗体 – ID2300

ラクダの重鎖抗体 一般的にラクダ抗体は、通常の抗体IgGとは異なる構造の重鎖抗体と呼ばれる少し分子量が小さい抗体を持っている。 特にラクダ科のアルパカでは抗体の内50%は、この重鎖抗体を占めるという。結合ドメインは一般的 […]