カテゴリー
BIOLOGICS education HEALTH

[Virus-Edu] 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染機序 – ID20003 [2020/07/27]※

新型コロナウイルスの感染機序 新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染のある過程で、以下に説明する薬剤の臨床試験における抗ウイルス効果のポイントが存在する。 1a Fusionでの感染 SARS-CoV-2は、 […]

スポンサーリンク

by Google Ads ID:19430 (D)
カテゴリー
BIOLOGICS education

[Bio-Edu] mAbの不安定性について – ID17993 [2020/07/31]

mAbの不安定性 IgG抗体の構造 バイオ医薬品は、遺伝子組換え技術の発展とともに80年代以降劇的に拡大しました。モノクローナル抗体(mAb)は、ジスルフィド架橋で連結された4本の鎖(2本の軽鎖と2本の重鎖)で構成される […]

スポンサーリンク

by Google Ads ID:19430 (D)
カテゴリー
BIOLOGICS education purification

[Bio-Edu] 組換え大腸菌で造らせたタンパク質のリフォールディング (refolding) および、その後の精製手順 – ID18567 [2020/07/11]

Refoldingとは タンパク質は、アミノ酸の数珠つなぎでできています。酵素が活性化するときは、一般的には、ある活性化酵素によって、その前駆体の酵素のどこか一か所が切断され、二本鎖と呼ばる構造になり、立体構造が変化して […]

スポンサーリンク

by Google Ads ID:19430 (D)
カテゴリー
BIOLOGICS education protein

[Protein] 免疫グロブリン – IgMは感染初期から作られ、その後、IgGにバトンタッチ! – ID18203

免疫グロブリンの種類と役割 免疫グロブリンは、自然免疫の代表格ですが、その種類は5つあり、それぞれ役割があります(図1)。 ひと昔前では、測定技術低さ・検出感度の低さの問題から、IgMの増加タイミングは、1~2週間後から […]

スポンサーリンク

by Google Ads ID:19430 (D)
カテゴリー
BIOLOGICS education KNOWLEDGE

[Kw] 脳下垂体 – 6のホルモンを分泌 – ID18055 [2020/06/23]

脳下垂体 脳下垂体からは6つのホルモンが分泌される。 成長ホルモンsource (脳下垂体→) Growth Hormone →(肝臓→) IGF-I → (細胞の受容体) source: wikipedia 甲状腺刺激 […]

スポンサーリンク

by Google Ads ID:19430 (D)
カテゴリー
AAV BIOLOGICS education gene-therapy

[Bio-Edu] Plasmid – バイオロジクスには欠かせないトラディショナルな遺伝子組換え技術、そして rAAVを作るまで! – ID12915 [2020/08/05]※

はじめに rAAVによる遺伝子治療薬の開発には、遺伝子組換え技術が使われている為、この知識がなくてはならい。 rAAVを作るには、これまでのタンパク質を作ることとは、何倍も複雑かつ多数の手間が掛かっている。 遺伝子組換え […]

スポンサーリンク

by Google Ads ID:19430 (D)
カテゴリー
BIOLOGICS culture education production

[Bio-Edu] バイオロジクスの培養プロセス技術移管 -スールアップで考慮すべき項目 – ID17887 [2020/06/20]

培養のスケールアップ バイオロジクスの製造では、商用化に備えてコマーシャル製造に対応した製造所での製造を行うことになり、開発サイトからコマーシャルサイトへの技術移管のプロスセか発生します。 大半の場合、その技術移管には、 […]

スポンサーリンク

by Google Ads ID:19430 (D)
カテゴリー
BIOLOGICS cell education

[Bio-Edu] バイオ医薬品 (バイオロジクス)は、CHO細胞の技術革新と共に進展してきた – ID15624 [2020/08/05]

抗体医薬品・Fc融合タンパク質 抗体医薬品について学ぶには、以下の項目を押さえておくことが重要です。「国立医薬品食品衛生研究所」のサイトに、「抗体」医薬品と「Fc融合タンパク質」について、まとめられたサイトがあります。 […]

スポンサーリンク

by Google Ads ID:19430 (D)
カテゴリー
BIOLOGICS education mAb

[Bio-Edu] Fcエフェクター活性 – ADCC活性を増強するafucosylation技術 – ID15631 [2020/05/22]

はじめに ADCC活性は、NK細胞などの免疫エフェクター細胞(immune effector cells)上に存在する抗体のFc領域に対するレセプターであるRcγRIIIaが関与しています。 IgG1のFc領域は、Fcγ […]

スポンサーリンク

by Google Ads ID:19430 (D)
カテゴリー
BIOLOGICS education mAb safety

[Bio-Edu] バイオ医薬品におけるウイルス・クリアランス試験 – ID16246

はじめに Biologics (生物製剤)では、混入する可能性のあるウイルスについて、商用製品では、製造工程のウイルス・クリアランス試験が必須である*1。実状は臨床サンプルについてもウイルス・クリアランス試験として、1~ […]

スポンサーリンク

by Google Ads ID:19430 (D)