カテゴリー
AAV BIOLOGICS education

[Bio-Edu] ウイルスの等電点(pI) – 組換えAAVでは,empty/fullの違いでpIは異なる – ID24561 [2020/11/04]

ウイルスの等電点(pI or IEP) 以下,文献によるとウイルスの表面電荷は,およそ酸性から中性です(2.1~8.3).平均値は,5.0±1.3です.ウイルス精製は,陰イオン交換体クロマトグラフィ(AEX)による吸着/ […]

カテゴリー
BIOLOGICS education

[Bio-Edu] DNAとRNAの違い – レジメ – ID24191 [2020/10/11]※

DNAとRNAの違い DNAはRNAの設計図になります。 DNAを設計図にして、RNAポリメラーゼという酵素により、RNAが作られる 3つの部品単位 「糖」と「核酸塩基」の単位を含めて「 ヌクレオシド」といい、更に「リン […]

カテゴリー
BIOLOGICS education

[Bio-Education] 医薬品の開発スケジュール – ID23493 [2020/09/24]

医薬品の開発スケジュール バイオロジクスの開発スケジュールは、以下のようにモダリティの開発を進めつつ、臨床試験を実施し、その結果をもとにさらに臨床試験を実施し、最終的に製造許可を受けます。 その後、製品についてのモニタリ […]

カテゴリー
BIOLOGICS education reagent

[Bio-Edu] 核酸の抽出 – QIAGEN製品 – ID21335 [2020/08/17]

核酸抽出に使用されるキット 検体によって使い分けされます。 Source: DNAチップ研究所 ■ QIAamp DNA Mini Kit (通常組織用)https://www.qiagen.com/jp/shop/sa […]

カテゴリー
BIOLOGICS education HEALTH

[Virus-Edu] 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染機序 – ID20003 [2020/07/27]※

新型コロナウイルスの感染機序 新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染のある過程で、以下に説明する薬剤の臨床試験における抗ウイルス効果のポイントが存在する。 1a Fusionでの感染 SARS-CoV-2は、 […]

カテゴリー
BIOLOGICS education

[Bio-Edu] mAbの不安定性について – ID17993 [2020/07/31]

mAbの不安定性 mAbの不安定性に関する論文をもとに、レジメとしてまとめた。 Physicochemical Stability of Monoclonal Antibodies: A Review, Publishe […]

カテゴリー
BIOLOGICS education purification

[Bio-Edu] 組換え大腸菌で造らせたタンパク質のリフォールディングおよび、その後の精製手順 – ID18567 [2020/08/19]※

はじめに 研究段階のタンパク質の取得は、組換え大腸菌(E.coli)から取得することが多いですが、そのタンパク質は、un-foldingしていることが殆どです。可溶性として取得できたとしても、その活性は非常に低いことも良 […]

カテゴリー
BIOLOGICS education protein

[Protein] 免疫グロブリン – IgMは感染初期から作られ、その後、IgGにバトンタッチ! – ID18203 [2020/06/26]

免疫グロブリンの種類と役割 免疫グロブリンは、自然免疫の代表格ですが、その種類は5つあり、それぞれ役割があります(図1)。 ひと昔前では、測定技術低さ・検出感度の低さの問題から、IgMの増加タイミングは、1~2週間後から […]

カテゴリー
BIOLOGICS education KNOWLEDGE

[Kw] 脳下垂体 – 6つのホルモンを分泌 – ID18055 [2020/06/23]

脳下垂体 脳下垂体からは6つのホルモンが分泌される。 成長ホルモンsource (脳下垂体→) Growth Hormone →(肝臓→) IGF-I → (細胞の受容体) source: wikipedia 甲状腺刺激 […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS education gene-therapy

[Bio-Edu] Plasmid – バイオロジクスには欠かせない遺伝子組換え技術、そして rAAVを作るまで! – AAV Vector配列の例 – ID12915 [2020/08/05]※

はじめに rAAV: recombinant Adeno Associated Virus による遺伝子治療薬の開発には、遺伝子組換え技術が使われている為、この知識がなくてはならい。 rAAVを作るには、これまでのタンパ […]